最終更新日時2019/09/24

長野県軽井沢は、皇室の別荘があることでも知られており、天皇家も度々訪れる誰もが知る日本の避暑地です。別荘も多く建っており、近寄りがたいエリアがある一方で、夏には多くの観光客がここ軽井沢を訪れます。ここでは、そんな時に泊まりたい温泉宿と銭湯を紹介していきます。

1. つるや旅館

さかのぼること江戸時代、中山道の休泊茶屋として開業した「つるや旅館」。明治時代に旅館業に転じた後は、多くの時と歴史を刻んで今に至ります。時代とともに宣教師や文人たちから愛されてきたつるや旅館。今でも、国内外問わず多くの観光客がこの旅館に魅了されています。

四季折々の木々や花を見ながら美しい中庭を散策した後は、大浴場でゆっくりお風呂に浸かってみてはいかがでしょうか。軽井沢の天然水を使用した活性石の湯は、身体をやわらかく包んでくれ、活性石の遠赤外線やマイナスイオン効果により心身共にリフレッシュできます。

昭和初期の家具や調度品のあるロビーでは、クラシック音楽が流れる中、ゆっくりとした時間を過ごす事ができます。つるや旅館が舞台になった本を読みながら当時の背景を想像してみるのもいいかもしれません。窓の外に見える自然を感じ、ただただ過ぎてく時に身を任せたくなる素敵な旅館です。

名称 つるや旅館
住所 長野県北佐久郡軽井沢町旧軽井沢678
営業時間 チェックイン 14:00〜
チェックアウト 11:00
サイト https://www.tsuruyaryokan.jp/

2. 星のや軽井沢

国内外問わず、どの施設も素晴らしい星のや。その始まりである「星のや軽井沢」は、豊かな森に囲まれ素晴らしい自然を感じる事ができます。川のせせらぎや鳥の鳴き声、四季折々の木々や花による様々な色、そして澄んだ空気。この五感が研ぎ澄まされる庭園は素晴らしいの一言です。

広大な庭園は、朝から日が暮れるまで様々な発見をさせてくれます。ずっとこの場所に一人でいると、今まで聞こえてこなかった小さな音も聞こえてきて、一晩でこんなにも全てがリフレッシュされるのかと驚かされる程です。できれば何日か泊まって過ごす事をおすすめします。

星のや軽井沢の温泉は、大正時代に星のやの初代経営者が採掘した事から始まります。宿泊者しか入れないメディテイションバスは、長湯に適した温度。ゆっくりと浸かる事ができ、柔らかな光とのバランスが素晴らしいリラックスの時間をこの温泉でも作ってくれます。

名称 星のや軽井沢
住所 長野県北佐久郡軽井沢町長倉2148
営業時間 チェックイン 15:00〜
チェックアウト 12:00
サイト https://hoshinoya.com/karuizawa/

3. ホテルハーヴェスト旧軽井沢

東急不動産が所有する会員制のリゾートホテル「ホテルハーヴェスト旧軽井沢」。オフシーズンには一般の方も宿泊する事ができます。軽井沢駅から徒歩圏内で、様々なタイプのお部屋があるので子供のいるご家庭でも安心。徒歩圏内とはいえ旧軽井沢に位置するため、交通量なども少なく静かな環境です。

お部屋から一歩外に出ると、そこには広大な森が広がっており、四季折々の景色を楽しむ事ができます。特に、秋の紅葉と新緑の季節は素晴らしく、庭のテラスに座ってコーヒーを飲んだり、広い敷地をお散歩したりと各々がゆっくりと気持ちのいい時間を過ごす事ができます。

この素晴らしい景色は、お部屋や露天風呂からも堪能できます。檜の香りと柔らかなお湯もプラスして更にリラックス、その後はお部屋でまったり過ごす。どんな過ごし方をしても、どこにいても自然を感じる事ができ、いつでも癒される事ができる空間は嬉しいです。

名称 ホテルハーヴェスト旧軽井沢
住所 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1178-493
営業時間 チェックイン 15:00〜
チェックアウト 11:00
サイト http://www.resorthotels109.com/kyukaruizawa/

4. 軽井沢マリオットホテル

東京から新幹線でサクッといける軽井沢は、週末の大人の女子会にもおすすめです。特にこちらの「軽井沢マリオットホテル」は、軽井沢の中でも静かな地区にあり、都心の喧騒を忘れて過ごす事ができます。敷地も広いので、ホテルで1日楽しんでみてはいかがでしょうか。

ノースウィングの全てのお部屋に温泉が備えられていますが、せっかくなら大浴場も楽しみたいところ。軽井沢マリオットホテルの大浴場では、浅間山の「小瀬温泉」を使用、お肌がすべすべになる美肌の湯として知られています。因みに、お部屋の方のお湯は「塩沢温泉」です。

朝食も美味しいと評判の軽井沢マリオットホテル。長野の食材を中心に、軽井沢の老舗ベーカリー「浅野屋」のパンや「沢屋」のジャムなど、地元のグルメが味わえます。和食も信州の味噌や米などを使用しており地元ならでは。最後まで楽しい気分で過ごすことの出来るホテルです。

名称 軽井沢マリオットホテル
住所 長野県北佐久郡軽井沢町長倉4339
営業時間 チェックイン 15:00〜
チェックアウト 11:00
サイト https://www.marriott.co.jp/hotels/travel/mmjkh-karuizawa-marriott-hotel

5. 小瀬温泉ホテル

「小瀬温泉ホテル」は国有林に囲まれた一軒宿のホテル。ここに来るまでも美しい林を通り抜けたりと自然豊かで、他のホテルとはまた違った秘湯感が味わえます。歴史あるホテルの館内は明治初期からの名残が感じられる場所もあり、冬には暖かいストーブの灯りがいい雰囲気です。

小瀬温泉ホテルの温泉は、自家源泉の天然温泉。1時間あたり5割のお湯が入れ替わるほどの豊富な湯量で、完全放流の源泉掛け流しです。自然を感じることの出来る貸切露天風呂も2箇所あるので、一人やプライベートでゆっくりと入りたい方にはこちらがおすすめ。

ロビーに併設されたウッドデッキからは、緑豊かな林を楽しむ事ができます。小川のせせらぎや鳥の声、風の音。全てが穏やかで、心が安らぎます。また、この景色はお部屋からも楽しむ事ができるので、長年連れ去ったご夫婦でのデートにもお勧めしたいホテルです。

名称 小瀬温泉ホテル
住所 長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉字2126
営業時間 チェックイン 13:00〜
チェックアウト 10:00
サイト http://www.koseonsen.com/

6. ルグラン軽井沢ホテル&リゾート

「ルグラン軽井沢ホテル&リゾート」は、2018年にオープンした比較的新しいホテル。軽井沢駅から車で15分の場所にある、7万坪の広大な敷地の中はいくつかのエリアに分かれており、自然はもちろんのこと、プールやスパ、温泉など様々な施設が楽しめます。

この広大な敷地内で入れる温泉は3箇所。本館にある「KOMOREBI」では、四季折々の景色と、時間の流れによる風景を楽しむ事ができます。写真は、日帰り温泉も楽しめる「八風温泉」。切り傷や美肌にも効能があるとされており、柔らかなお湯を感じる事ができます。

こちらに宿泊の際は、ディナーも楽しみの一つ。ミシュラン一つ星を獲得した事のあるシェフによるフレンチや、浅間山の絶景を眺めることの出来るグリルレストランで美味しい食事がいただけます。食事の後は、重厚な雰囲気のバー「Rouge」で〆の一杯はいかがでしょうか。

名称 ルグラン軽井沢ホテル&リゾート
住所 長野県北佐久郡軽井沢町発地864-4
営業時間 チェックイン 15:00〜
チェックアウト 11:00
サイト http://www.legrand-karuizawaresort.jp/

7. 軽井沢プリンスホテル イースト

「軽井沢プリンスホテル イースト」は、広大な敷地の中にある「プリンスグランドリゾート軽井沢」の中の宿泊施設の一つ。一般車両が入れない敷地の中には、ゴルフ場やスパ、温泉にショッピングプラザと様々な施設が揃っており、長期間の滞在でも飽きずに過ごす事ができます。

この施設の中で温泉があるのは、「軽井沢プリンスホテル イースト」のみ。他の施設に宿泊しても入浴することは可能ですが、ウエストに宿泊の方は入れないので注意が必要です。内湯や露天風呂からの温泉ゾーンからは、四季折々の森を眺める事ができとてもリラックスできます。

お食事は西洋料理をはじめ、日本料理や鉄板焼きなどがいただけます。西洋料理のレストラン「All Day Dining Karuizawa Grill」では、クリスマスディナーや季節による旬菜フェアなども開催。行く時期によって様々な料理を楽しむ事ができます。

名称 軽井沢プリンスホテル イースト
住所 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢
営業時間 チェックイン 15:00〜
チェックアウト 11:00
サイト https://www.princehotels.co.jp/karuizawa-east/

8. 塩壺温泉ホテル

「塩壺温泉ホテル」は、自然の中に存在する自然と共にあるホテルです。温泉の庭にはリスがいたり、宿の明神池には古代魚のチョウザメがいたりと、まるで何処かにタイムスリップしたかような気分。ここは豊かな森のある軽井沢とはいえど、不思議な感覚に陥ります。

塩壺温泉ホテルの露天風呂は、鎌倉時代にこちらの地方で初めて発見されたという歴史ある温泉。無性透明のさっぱりとしたお湯は弱アルカリの炭酸泉で、リウマチ疾患やぜんそく、慢性消化器病、婦人病更年期障害など効能も多くあり、身体の芯まで温めてくれます。

明神池ラウンジやお部屋からは、様々な野鳥も見る事ができるので、コーヒーを飲みながら観察してみてはいかがでしょうか。また、ホテルから歩いて10分程の場所には野鳥の森の入り口があり、バードウォッチングを楽しむ事ができます。他のホテルも自然豊かですが、ここはちょっと次元が違うような、そんな気分になるホテルです。

名称 塩壺温泉ホテル
住所 長野県北佐久郡軽井沢町中軽井沢塩壺
営業時間 チェックイン 14:00〜
チェックアウト 10:00
サイト http://www.siotubo.co.jp/

9. 千ヶ滝温泉

「千ヶ滝温泉」はプリンスグランドリゾートが経営する日帰り温泉の施設。休日や特別日は値段が少し上がりますが、料金は平日で大人1,200円です。お風呂は「庭園露天風呂」や「屋根付露天風呂」、「屋内大浴場」など男女別にそれぞれ楽しむ事ができます。

庭園露天風呂は、四季折々の豊かな自然を楽しみながら入浴できるお風呂。泉質は軽井沢ならではの柔らかなお湯で、関節痛や疲労回復に効果があります。屋内大浴場も、大きな窓があり開放感たっぷり。どの温泉からも自然を感じる事ができるのは素晴らしいです。

春夏秋の新緑や紅葉はもちろんですが、冬の景色も美しい千ヶ滝温泉。純白の雪景色を見ながら温泉に入る事ができます。お値段は少々高めですが、日帰りで軽井沢に来られた方にとって、これだけ自然を満喫できる温泉に入れるなら、試す価値があるのではないでしょうか。

名称 千ヶ滝温泉
住所 長野県北佐久郡軽井沢町千ヶ滝温泉
営業時間 平日 12:00〜21:30
土休日&特別日 10:30〜22:00 ※いずれも入場は終了時刻の45分前まで
サイト https://www.princehotels.co.jp/sengataki/

10. 星野温泉 トンボの湯

「星野温泉 トンボの湯」は、星野リゾート経営の日帰り温泉施設。料金は大人1,300円、GWと8月は特別料金1,500円で、源泉掛け流しのお湯を楽しむ事ができます。車で行かれる方は平日がおすすめ。有料期間を除き、駐車場が無料でご利用いただけます。

お風呂は、内湯と露天風呂、サウナに水風呂です。湧出量毎分400リットルのお湯は、美人の湯と言われており、冷え性や皮膚乾燥症、腰痛などにも良いとされています。露天風呂は花崗岩が連なるシンプルで和モダンな造り。内湯は檜の香りが身体を包んでくれます。

お風呂の後は、カフェ「ハングリースポット」で、クラフトビールやソフトクリームはいかがでしょうか。湯上がりにいただく軽井沢高原ビールは最高です。先にご紹介した「星のや」へは泊まれなくても、歴史あるお風呂だけでも味わえるトンボの湯。おすすめです。

名称 星野温泉 トンボの湯
住所 長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉2148
営業時間 10:00〜23:00(最終受付22:00)
サイト https://www.hoshino-area.jp/archives/area/tonbo

自然豊かな温泉ホテルが充実の軽井沢

軽井沢は、昔から避暑地として格式の高い方や多くの文化人に愛されてきただけあり、温泉旅館やホテルも洗練された場所が多いように感じます。また、どの温泉宿も自然豊かで、心の隅々までリラックスさせてくれる要素がたっぷり。週末にサクッとリフレッシュもいいけれど、出来る事なら何日か泊まってゆっくり時間を過ごしたい。そんな魅力に溢れるホテルで一杯です。皆さんも、大切な記念日に数日過ごしてみてはいかがでしょうか。

【関連記事はこちら】

▷軽井沢アウトレットおすすめのお土産17選 これがあれば受け間違いなし。

特集

2020/02/17泊まってよかった!Reluxが紹介する部屋自慢の宿5選

2020/02/14プール付きヴィラと美食を楽しむ “プライベートで贅沢”なファミリーステイ──ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ

人気記事