最終更新日時2019/02/26

1350年前、天智天皇の時代に開湯されて以来、湯田中温泉は長命長寿の湯として人々を癒してきました。地表近くからたくさんの源泉が湧き出しており、地区や宿ごとに異なる源泉を使用しているため、様々なお湯を楽しむことができることが魅力です。今回は文化財に泊まれる贅沢なお宿から、信州の絶景を堪能できる眺望が自慢の宿まで、4つを厳選してご紹介します。

和風の宿 ますや

RP22172_1026出典:Relux|和風の宿 ますや

歴史深い湯田中温泉においても、開業140年を越えるこちらのお宿は、全20室。小規模な旅館ならではの心づくしのおもてなしと、安らぐ和の空間でお客様に親しまれてきました。志賀高原の山の緑、夜間瀬川のせせらぎ、優しい自然と居心地の良さに心の疲れがほぐれていきます。

RP22172_1007出典:Relux|和風の宿 ますや

ほのかな木と畳の香りが心地よい客室は、北アルプスが眺められる山側と、昔ながらの日本の風情が漂う温泉街側があり、どちらも温泉情緒を感じながらほっとできる空間です。2009年には源泉掛け流しの露天風呂がついた客室もオープンし、さらにゆったりと寛ぎの時間を満喫できるようになりました。

RP22172_1038出典:Relux|和風の宿 ますや

こちらのお湯は、地獄谷温泉をはじめ4ヶ所の源泉から引湯する純天然温泉。1つの宿に泊まりながら違う泉質の湯巡りを楽しめてしまう贅沢さです。趣の異なる2つの露天風呂、テラス付きのゆったりとした貸切風呂、異なる源泉を使用した2つの大浴場、すべてに浸かってその効能を堪能したいですね。

RP22172_1039出典:Relux|和風の宿 ますや

お料理は、プロが選ぶホテル旅館100選で入選を果たした、料理長心づくしの郷土会席料理がいただけます。信州牛のステーキ、イワナのしゃぶしゃぶ、山菜料理など四季折々の北信州の味覚を、個室のお食事処でゆっくりと気兼ねなくお楽しみください。

出典:Relux|和風の宿 ますや

女性限定ですが、有料で約50色の本格浴衣からお好みの物を選んでいただけるサービスもございます。帯やぽっくりも合わせて選べますので、夏にはからんころんとぽっくりの音を響かせながら、風情ある石畳の温泉街を散歩してみてはいかがでしょうか。また、ご希望のお客様は、夕食後に女将と押し花絵はがき作りを体験することができます。お土産やプレゼントにもおすすめですし、お好きな切手を選んで温泉街のポストに投函していただくこともできますので、旅の記念にご自身にお手紙を書くのも良い思い出になりそうですね。

和風の宿 ますやの詳細をみる

よろづや 松籟荘

RP24587_1002出典:Relux|よろづや 松籟荘

寛政年間に創業、松代藩の湯治場や善光寺参りの精進落としの湯として親しまれ、200年以上の伝統を誇る松籟荘は、平成15年に登録有形文化財にも指定された名宿です。昭和初期に建てられた木造数寄屋造りの建物と、代々引き継がれたアンティークな調度品が心和む空間を演出しています。

RP24587_1010出典:Relux|よろづや 松籟荘

今では入手困難な銘木を使い、贅を尽くした松籟荘は全12室。2016年にリニューアルされた露天風呂付き客室は、坪庭に面した濡れ縁が美しく、欄間や花頭窓など細部にもこだわった造りになっています。檜の内風呂や茶室が備えられた特別室もあり、お湯はすべて天然温泉を使用していますので、格調高い寛ぎの空間で、湯田中の湯を心ゆくまでお楽しみいただけます。

RP24587_1001出典:Relux|よろづや 松籟荘

純木造伽藍建築で、日本の大浴場100選にも選ばれた名物の桃山風呂は、松籟荘と並んで平成15年に国の登録有形文化財に指定されています。外には野趣溢れる庭園露天風呂もあり、古き良き時代に思いを馳せつつ湯に浸かれば、過去にタイムスリップしたかのような歴史ロマンが感じられます。こちら以外にも趣の異なる4つのお湯がありますので、豊富な湯量の掛け流し温泉に身を委ね、心も体も芯から温まりましょう。

RP24587_1062出典:Relux|よろづや 松籟荘

お食事は、松籟荘専用の厨房で料理人が手作りした、旬の地元食材をメインにした四季折々の本格懐石料理をいただきます。山菜や松茸、信州プレミアム牛や信州サーモンなど、北信州の素材をふんだんに使用し、盛りつけはもちろん器にもこだわったお料理は芸術品のような美しさです。前菜からデザートまで、五感が満たされる至福の時間を過ごしていただけます。

出典:Relux|よろづや 松籟荘

近くには牛に引かれてで有名な善光寺、名産の栗で知られる小布施、夏には高原のドライブ、冬にはスキーが楽しめる志賀高原など、観光スポットがたくさんあります。お猿の温泉として外国人観光客にも人気の地獄谷温泉は、旅館から歩いて30分ほどのところにありますので、お時間があれば湯に浸かる猿達に会いに行ってみてはいかがでしょうか。

よろづや 松籟荘の詳細をみる

あぶらや燈千

RP23098_1001出典:Relux|あぶらや燈千

江戸時代に油問屋として誕生したこちらの宿は、歴史の中で湯屋から湯宿へと姿を変えながら、数多くの旅人達に愛されてきました。時は流れても、これからもずっと旅人の心を癒す行灯の燈火であり続けたい、という宿の想いがその名前にも現れています。

RP23098_1006出典:Relux|あぶらや燈千

2013年には露天風呂付きの客室が9室リニューアルオープン。広々とした開放感溢れる客室は、非日常の贅沢さがありながら自宅のように寛げる空間を目指しており、旅の特別感のなかで日頃の疲れを癒せる、最高のリラックス空間を提供しています。千遊館・和洋室タイプのベッドはシーリー社製に変更され、眠りにつく瞬間から目覚めるまで至福の時間を約束してくれることでしょう。

RP23098_1002出典:Relux|あぶらや燈千

掛け流しの露天風呂から北アルプスの絶景を独り占めできる燈火亭は、テラスにL字ソファを設置しており、夜間瀬川から流れてくる川風を感じながら、四季折々の北アルプスの風景を一望できます。24時間好きなときに、好きなだけ温泉を満喫できるなんて本当に贅沢ですよね。広々とした湯船から信州の山並みを見渡せる2つの大浴場、ご家族で利用できる貸切風呂もありますので、宿泊スタイルに合わせて伝統ある湯田中の湯をお楽しみいただけます。

RP23098_1004出典:Relux|あぶらや燈千

旬の素材や信州伝統野菜を使用した会席料理は、お好みに合わせて3タイプ。グレードアップ会席・燈火では、旬の食材を菜種油でお客様自身で揚げていただき、揚げたての串揚げを食する屋号にちなんだあぶらやフォンデュという一品など、オリジナリティー溢れるコース料理を味わうことができます。個室お食事処は、掘りごたつやテーブル席など、人数やご家族に合わせて23室もありますので、どなたとのご旅行でも安心ですね。

出典:Relux|あぶらや燈千

館内には、マッサージルーム、貸切岩盤浴のほか、心地よい風を感じながら湯上がりの散歩や、夜の休憩の時間を楽しんでいただけるテラスラウンジもございます。CDを聞きながらエスプレッソを飲んだり、インターネットで明日の計画を立てたりと、思い思いの時間をお過ごしください。リラックスできるソファに腰を下ろせば、いつもよりお話もはずみそうです。

あぶらや燈千の詳細をみる

ホテル椿野

RP28665_1021出典:Relux|ホテル椿野

湯田中随一の眺望が自慢のこちらのお宿は、温泉旅館の情緒とホテルの機能性・快適性を兼ね備えた温泉宿です。明るく落ち着ける色調の客室は全室バリアフリー、ご両親やお子様と一緒でも安心してお泊まりいただくことができます。窓からは季節によって色を変えていく北信州の山並みを眺められる、ほっこりと安らげる空間です。

RP28665_1012出典:Relux|ホテル椿野

晴れた日には遠く北アルプスまで望む大浴場では、夕暮れ時に赤く染まる峰、真っ白な雪景色など、湯に浸かりながら季節ごとのパノラマの絶景を満喫していただけます。貸切展望露天風呂TSUBAKIでは、お好きな音楽をBGMにシャンパンを楽しむ、そんな大人の時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

RP28665_1015出典:Relux|ホテル椿野

眺望が自慢の露天風呂は、木のぬくもりが優しい檜風呂と、源泉掛け流しがうれしい陶器風呂、2種類で目の前に広がる山々の絶景を堪能できます。朝には信州の澄んだ空気が目覚めに心地よく、夜には静かに瞬く満天の星空を眺めながら、いつまでも浸かっていたくなる贅沢な時間をお楽しみください。

RP28665_1029出典:Relux|ホテル椿野

お食事は、和食をベースにフレンチや中華のエッセンスを取り入れた新和食をいただきます。信州の豊かな自然に育まれた山の幸・川の幸・里の幸を心を込めて調理した品々は、地元のワインや日本酒ともぴったり。掘りごたつのお食事処でゆったりと召し上がれますので、ご家族やお友達と旅の話に花が咲きそうですね。

ホテル椿野の詳細をみる

湯田中温泉で贅沢なひとときを

いかがでしたでしょうか?今回は、俳人・小林一茶にも愛された歴史ある温泉地、湯田中でおすすめの温泉旅館を4つご紹介しました。周辺には志賀高原、小布施、善光寺など、全国的に有名な観光スポットがあり、温泉を楽しむのはもちろんのこと旅行の拠点としてもぴったりです。ドライブや観光を楽しんだ後は、昔ながらの温泉街の風情と信州の豊かな自然、豊富な源泉から溢れ出る湯が、日頃の疲れを癒してくれることでしょう。温泉にまつわる史跡が点在していたり、お好きな外湯3ヶ所と足湯を廻れる温泉手形が発行されていたり、旅の思い出になるお楽しみもありますので、宿泊してゆっくりと温泉を満喫してくださいね。

特集

2020/06/01港町・函館で日本一の朝食を。温泉も夜景も味わう最高の癒し体験 ──センチュリーマリーナ函館

2020/05/18余韻を楽しむ大人にふさわしい、手の届く贅沢──京都悠洛ホテル Mギャラリー

おすすめ記事

人気記事