最終更新日時2019/12/09

長野県は山之内町。連なる山麓に抱かれた渋温泉は1300年の歴史を誇ります。石畳と木の格子の家屋が並んだ、懐かしい昔ながらの街並み。ノスタルジックな情緒が魅力の渋温泉で日常を離れてのんびり。ほんとうは誰にも教えたくない、とっておきのお宿をご紹介します。

渋温泉 古久屋

江戸時代から渋温泉の歴史と情緒を守り続ける老舗の宿、古久屋。現在は16代目の当主がその伝統を受け継ぎます。重厚な数寄屋造りの建物と豊富な湯量の温泉は、古の昔から険しい山路を超えていく多くの旅人たちの疲れと心を癒してきました。古久屋名物の「内湯九湯十四槽」は6種類の源泉をそのまま使った、100%天然の掛け流し温泉が9つ揃います。一度に6つの源泉のお湯比べが出来る「福六の湯」。古代檜の湯船に並々とお湯が湛えられた「古代檜風呂」。地獄谷の白濁したお湯が香る「華清の湯」は貸切りが可能。他にも貸切り風呂の「柔肌の湯」「一茶の湯」「清泉」「月泉」、大浴場の「最勝の湯」と、内湯外湯含めて趣のある温泉が楽しめます。

お部屋に露天風呂のついた10のお部屋では、名湯を多彩な趣向で楽しめます。檜造りのジェットバスから志賀高原を眺める「嵯峨野の間」。前室と控えの間のついた格調高い数寄屋造りの「信濃路の間」。専用階段で上がる特別感が嬉しい「紅葉の間」は温泉湯もお部屋専用のブレンドが楽しめます。石造りのお風呂が重厚な「夕焼けの間」「木曽路の間」。「あやめの間」「霞の間」「さくらの間」ではBGMを聞きながら眺めの良いジェットバスに浸かるくつろぎ空間が広がります。その他8、10、14畳の広さの居心地よい客室もご用意。お部屋の露天風呂で静寂を楽しむのも、館内の豊富な湯処で湯めぐりを楽しむのもお好み次第。

渋温泉 古久屋出典:Relux|渋温泉 古久屋

古久屋の地下では、温泉が湧きでる様子を見られる源泉見学窓も。坑道をイメージした通路を辿ればちょっとした探検気分。巨岩の舌から滾々と湧き出るぬるま湯の源泉は、この地を訪れる人たちを癒し続けた魅力を語る、語り部のよう。そして信州の豊富な恵みを専用の食事処「長生庵」「やわらぎ」でいただきます。四季の彩あふれる粋を凝らした懐石料理。目にも舌にもお楽しみください。ご飯は信州きっての銘米「飯山市木島産のコシヒカリ」。メイン料理を信州産の特選牛しゃぶ、又は信州産のヒレステーキに変更できるプランも。香り高い信州の幸をぜひご堪能ください。

渋温泉 古久屋の詳細をみる

春蘭の宿 さかえや

春蘭の宿 さかえや出典:Relux|春蘭の宿 さかえや

温泉旅の楽しみのひとつが心温まる宿のひとびととの出会い。「春蘭の宿 さかえや」はこの地渋温泉と訪れるお客様への、愛と思い遣りのあふれる宿。つつましく木漏れ日の下に咲く春蘭のように。第2回旅館甲子園優勝の実績を持つさかえやが、旅人のご縁と絆を、まごころ尽くしのおもてなしで紡ぎます。チェックインからチェックアウトまでは最大20時間。温泉を満喫して身体を休めるには充分のゆとりの時間。お部屋のタイプは6種類からお選びいただけます。奥信濃の古民家を現代風に再現した「Shinanoモダン」は長野県の伝統工芸の匠の作品とのコラボレーションが見事なお部屋。和の心を重んじるさかえやが作った新しい空間の「都季の蔵」では快適な眠りのために寝具にもこだわります。掘りごたつが心地よい「畳座」では坪庭を楽しめます。ワンランク上の贅沢に包まれるなら最も格調高い「結城の間」で。上質な空間に身を置けば心がほぐれてゆきます。

春蘭の宿 さかえや出典:Relux|春蘭の宿 さかえや

露天風呂は自慢の源泉掛け流し。地獄谷の茶褐色温泉と、多くの鉱物を含んだ源泉自噴泉の2種類をブレンドしており、肌触りが柔らかい弱酸性のお湯です。お風呂に入った後はお肌がスベスベ滑らかになっているはず。季節を肌で感じられる露天風呂と内湯が楽しめます。また、宿泊者無料の外湯、渋温泉名物「九湯めぐり」はぜひ味わいたいところ。温泉街の石畳と街並みを浴衣で散策すれば温泉情緒を満喫できます。

春蘭の宿 さかえや出典:Relux|春蘭の宿 さかえや

渋温泉の歴史と現代の融合ともいえるさかえやのお料理、「創作和懐石」。渋温泉周辺で採れる長野の伝統野菜である前坂大根、小布施丸ナス、ぼたん胡椒、常盤ごぼう、紫アスパラ、坂井芋などの中から旬のものを吟味。信州牛や深雪ポーク、黄金シャモ、信州サーモンなど、地元信州産にこだわった山海の幸を組み合わせ、新しい渋温泉の料理のスタンダードをお届けします。出来立てを食べて頂くため、コースによってはお客様がお席に着いてから作り始めるものも。従来の懐石料理の季節感を残しながら、見た目のの華やかさ、現代的でスタイリッシュな構成を加味。より新鮮により高級感あふれるお料理をご賞味ください。

春蘭の宿 さかえやの詳細をみる

和風の宿 ますや

和風の宿 ますや出典:Relux|和風の宿 ますや

川面に映る四季の移ろいが心安らぐ横湯川のほとり。志賀高原の山々に抱かれたくつろぎの宿があります。創業から140余年。こまやかな心づくしのおもてなしで旅人に愛されてきた「ますや」。どこからかほのかに香る木々の香りとゆとりある空間が、疲れた身体を優しく癒します。信州の名湯、湯田中温泉。豊富な湯量と、様々な効能から、江戸時代には草津と善光寺をつなぐ宿場として多くの人が訪れました。ますやでは4か所の源泉から引かれた温泉を、古の風情を残したお風呂で堪能することができます。露天風呂は、夜空を見上げながら入浴できる「瑠璃の湯」と自然の野趣あふれる「夢殿露天風呂」の2つ。テラスつきの貸切風呂。大浴場には陶器風呂も設けられています。肌を滑るようなトロミのあるお湯で身体の芯から温まります。

和風の宿 ますや出典:Relux|和風の宿 ますや

館内のそこここには、可愛らしい花々や女将手作りの押し花が飾られ、おもてなしの心が細やかに感じられます。可憐なお花を使って、夕食後のひとときに押し花絵はがきづくりの体験も。女将と一緒に可愛らしい野の花の絵葉書を作ったあとは、お好きな切手を選んで旅の便りをしたためるのも良いですね。露天風呂の備わったお部屋は10室。ますや自慢の源泉かけ流し温泉をお部屋で楽しめます。お風呂から横湯川を望む「浮雲の間」。広いバルコニーと和風モダンな洋室でくつろぐ「かがり火の間」。家族旅行には和室二間の「福禄の間」。湯田中・渋の温泉街が眼下に広がる「早蕨の間」。そのほか、川のせせらぎが心地よい横湯川に面した和室や、温泉街に面した和室も。また、宿泊者は「開花の湯」や「楓の湯」などの外湯を無料で楽しめます。ますやでは約50種類の色とりどりの浴衣を取り揃えています。お好みの一着を選んで出かけましょう。似合いの浴衣に帯を締めてぽっくりを履いて。着付けが不安な方には着付けサービスもご用意。石畳をカランコロンと歩けば、しっとりとした温泉情緒を存分に味わえます。

和風の宿 ますや出典:Relux|和風の宿 ますや

お料理は「プロが選ぶホテル旅館100選」にも選ばれた折り紙付き。北信州の四季がはぐくんだ海の幸山の幸など旬の素材を贅沢に使った、彩り鮮やかな郷土料理の数々に思わず舌鼓。食前酒から水菓子まで、一品一品全てがますやの自慢です。食事処は時間気にせずゆっくり味わえる個室料亭風。目で、舌で、信州の味覚をご堪能ください。

和風の宿 ますやの詳細をみる

日本人の心の原風景が残る渋温泉を訪れよう!

子供の頃の懐かしい思い出をくすぐるような風景が今も残る、信州長野の渋温泉。長きにわたり愛されてきた豊かな効能の温泉と、心のこもった一期一会のおもてなしが心と身体を温めてくれます。日常の喧騒を離れた渋温泉で、心潤す旅をお楽しみください。

特集

2020/08/06東京の空に漂う。心解き放つ絶景ステイ──ザ・ゲートホテル雷門 by HULIC

おすすめ記事

人気記事