最終更新日時 2019/02/28

長野県の北部に位置し、アルプスを一望できる安曇野、白馬地区。トレッキングや高山植物鑑賞、スキーリゾートなども多く、高原の魅力が盛りだくさんの地域です。また温泉も多く、ウィンタースポーツで冷え切った身体を温めたり、トレッキングでかいた汗を洗い流したりといったこともできます。北アルプスを望む雄大な景色のもと、澄んだ空気に触れてリフレッシュしてみませんか?

広大なわさび農園を無料でまわれる「大王わさび農場」

大王わさび農園

見渡す限りわさびの農場が広がる日本で一番大きいわさび農場。入場料無料で年中無休、駐車場も無料です。わさび丼やわさびを添えた信州そばなど、わさび農場ならではのお食事が楽しめます。施設内には黒澤明監督の映画「夢」のロケ地としても有名な水車小屋や、アルプスの山々を一望できるアルプス展望台もあり、わさびだけでなくいろいろな楽しみ方ができる施設でもあります。

所在地 〒399-8303 長野県安曇野市穂高3640
営業時間 9時~17時20分
定休日 なし
料金 無料
詳細 http://www.daiowasabi.co.jp/

安曇野の交通の神様「穂高神社」

別表神社

安曇野の穂高にあり、日本アルプスの総鎮守、海陸交通守護の神を祀っている神社です。毎年9月27日に催されるお祭り「御舟祭」では船型の山車に穂高人形を飾った5艘の御舟を祭囃子に乗せて神社へと曳いていきます。御舟がぶつけ合うお祭りのクライマックスは見所です。そのほかにも地域の神社として季節ごとにさまざまな催しを行っています。

所在地 〒399-8303 長野県安曇野市穂高6079
電話番号 0263-82-2003
詳細 http://www.hotakajinja.com/

絵本やカフェも楽しめる「安曇野ちひろ美術館」

chihiroazumim01f

いわさきちひろの母親の実家のあった松本市に、1997年いわさきちひろ美術館がオープンしました。美術館ではいわさきちひろの作品を鑑賞できるほか、小さな子どもが絵本を読めるスペースがあったり、信州のフルーツをふんだんに使ったスイーツを味わえるカフェなどもあります。ちなみに子ども用の椅子にはうさぎの耳が。小さなサイズとあいまって可愛さ満点です。また2016年7月には公園内に「トットちゃん広場」がオープン。「窓際のトットちゃん」に登場する電車の教室が再現され、「食」「農」「いのち」を体験的に学べる子どもにもうれしい公園です。

所在地 〒399-8501 長野県北安曇郡松川村西原3358-24(安曇野ちひろ公園内)
営業時間 9:00~17:00
休館日 第2・4水曜日(祝休日は開館、翌平日休館)
料金 大人800円、高校生以下無料
詳細 http://www.chihiro.jp/azumino/

観光で疲れた足を癒せる「八面大王の足湯」

八面大王足湯

安曇野の穂高温泉郷にある無料で楽しめる足湯です。足湯場の真ん中には大きな柱が立っており、そのてっぺんには八方向に大王のいかめしい顔が。足湯の温泉はアルカリ性単純温泉のかけ流しで肌に優しい温泉。年中無休24時間入浴できます。おしゃべりしながらゆったりとつかれば観光でたまった足の疲れもたちどころに消えてなくなるかもしれませんね。

所在地 安曇野市 穂高有明 7720-4(しゃくなげ荘隣)
お問い合わせ 安曇野市観光交流促進課(0263-71-2000)
詳細 http://www.nagano-tabi.net/modules/enjoy/enjoy_89083002.html

安曇野の芸術家たちの魂に触れる「碌山美術館」

碌山美術館

地元出身の彫刻家荻原碌山の作品などを中心に展示してある美術館です。つたがからまった教会風の建物もまた雰囲気があっておしゃれです。この西欧教会風の建物のほか複数の建物があり、デッサンや彫刻など多数の作品を鑑賞することができます。日本近代彫刻を導いてきた萩原碌山、高村光太郎、戸張孤雁といった作家達が手がけた懇親の彫刻作品が数多く展示されており、近代彫刻の発展の歴史をたどることができる美術館です。

所在地 〒399-8303長野県安曇野市穂高5095-1
お問い合わせ Tel:0263-82-2094 Fax:0263-82-9070
開館日 5月~10月は無休
休館日 11月~4月は月曜日と祝祭日の翌日。12月21日~12月31日。
開館時間 3月~10月は9:00~17:10 11月~2月は9:00~14:10(入館は30分前まで)
詳細 http://www.rokuzan.jp/

白馬のゲレンデ「白馬五竜」

白馬五竜

北安曇野郡白馬村にあるスキー場で広大なエリアを保有し、初心者からベテランまであらゆる人々が楽しむことができるゲレンデです。さらさらのパウダースノーが特徴で、快適なスキーを楽しめます。また北アルプスの絶景を一望できるゲレンデでもあり、雄大な景色の中スキーも楽しめる、ウィンタースポーツが好きな人にはたまらない場所。子ども用の遊び場も用意されているので家族で楽しむこともできますよ。

お問い合わせ 〒399-9211 長野県北安曇郡白馬村神城22548JR神城駅構内
電話番号 0261-75-3700(受付時間9:00~18:00)
詳細 http://www.hakubagoryu.com/

スキーのほか温泉やトレッキングも「栂池高原」

栂池高原

北アルプスの山々をバックにスキーを楽しめるゲレンデを有する高原。スキーやスノーボードといったウィンタースポーツを楽しめるほか、近場に温泉も湧いているためスキーやスノーボードを楽しんだ後はゆっくりと温泉につかって冷えた身体を温めるといったこともできます。また初夏には栂池高原に咲き乱れる高原植物を観察することもできるなど多彩な楽しみ方が可能な高原です。

所在地 〒399-9422 長野県北安曇郡小谷村栂池高原
お問い合わせ 栂池高原観光協会 TEL 0261-83-2515(8:30~17:00)
詳細 http://www.tsugaike.gr.jp/

スキーやトレッキングが楽しめる「白馬八方尾根」

Happo ridge 080429 #17

北アルプスを一望する雄大な景色が魅力のスキー場。初心者から上級者までウィンタースポーツを楽しめる多彩なコース展開が魅力でもあります。ヨーロッパアルプスのような景色を堪能しながら、スキーを楽しめる場所。またスノーシーズン以外にも季節の高原植物を見ることができるトレッキングでも楽しむことができます。

お問い合わせ 八方インフォメーションセンター
営業時間 夏季:6:00〜18:00(4月1日〜12月中旬)
冬季:6:00〜21:00(12月中旬〜3月31日)
電話番号 0261-72-3066
詳細 http://www.happo-one.jp/

八方尾根にある温泉「八方温泉」

白馬八方温泉

八方尾根にある天然温泉です。泉質はアルカリ性単純温泉なので肌に優しく入りやすく、「美肌の湯」としても有名。スキーやスノーボードといったウィンタースポーツの後で身体を温めるのも良し、トレッキングなどでかいた汗を洗い流すも良しです。雄大な北アルプスを眺めながら入れば、とびっきりの開放感を味わうことができますよ。温泉地には複数の温泉施設があるので、八方温泉のHPにて各温泉施設の営業時間などご確認ください。

所在地 長野県北安曇郡白馬村
温泉マップ http://hakuba-happo-onsen.jp/access/
詳細 http://hakuba-happo-onsen.jp/

日本の原風景に出会える「大出の吊り橋」

大出の吊り橋&茅葺き

茅葺屋根の民家、白馬のアルプス、自然豊かな地を流れる姫川のせせらぎなど…「日本の原風景」とも称される里山の景色を堪能できる場所です。吊り橋から眺めるアルプスは絶景で、日本の昔ながらの景観と合わせて別世界に来たような感覚に。撮影スポット数多く用意されているので、思い出の写真をたくさん撮ることができます。

所在地 〒399-9301長野県北安曇郡白馬村北城(大出地区)
料金 周辺の見学は無料
駐車場 第1・第2駐車場(無料)
アクセス JR大糸線 白馬駅から徒歩15分
お問い合わせ 白馬村観光局 TEL.0261-72-7100
詳細 http://www.nagasuki.jp/hakuba/sightseeing/garden/post-8/

昔ながらの里山にタイムスリップできる「青鬼地区」

残雪の北アルプスと新緑の棚田と菜の花(1024x768)

重要伝統的建造物保存地区に選定されている青鬼(あおに)集落。昔ながらの日本の里山風景が残り、石垣で形成された棚田を見ることができます。傾斜に棚田が所狭しと形成されている景色は見事で、秋の収穫期になると黄金の稲穂が金の絨毯のようです。伝統的な土蔵、神社、石仏…日本の原風景を体感できる地区。ここに行けば里山風景が当たり前だった昔の日本にタイムスリップしたような感覚を味わえるかもしれません。また四季折々で表情を変え続ける日本の自然を存分に鑑賞できる場所でもあります。

所在地 〒399-9301長野県北安曇郡白馬村北城(青鬼地区)
駐車場 集落入口に駐車場があります。
アクセス JR白馬駅から車で約20分、約6km
お問い合わせ 白馬村役場 TEL.0261-72-5000
詳細 http://www.nagasuki.jp/hakuba/sightseeing/culture/post-6/

高原の魅力を満喫できる安曇野、白馬周辺

冬はスキーやスノーボード、春から秋までは高山植物を観察しながらのトレッキングなど、高原の魅力を満喫できる地区。温泉も多く湧き出ている地区のため、アクティビティを楽しんだ後はゆったり温泉につかって楽しむこともできます。また北アルプスを一望できる美しい景色も魅力のひとつで、雄大な景色と自然の美しさに心癒される地域です。茅葺屋根の家や土蔵など、日本の原風景が多く残る場所もあるので、美しい自然とともに一昔前の日本にタイムスリップしたような感覚を味わう旅行もオススメです。

長野県のおすすめ旅館・ホテルをさがす

特集

2019/06/07朝の時間を旅する -明け方の浅草寺-

2019/02/22泊まる、ふたりだけの世界【伊東】 ー宿泊体験記vol.2ー ふたり木もれ陽

人気記事