最終更新日時 2019/02/28

今回は山梨に行ったら必ず訪れたい、おすすめのパワースポットをご紹介します。山梨と言えば、富士山や武田信玄、ぶどうで有名なところです。一方で、山梨には神秘的なパワースポットが多数存在しています。何しろ山梨は自然に囲まれているため、パワースポットの神秘度も必然的に上がってきます。首都圏からも近いので、パワースポット巡りにはうってつけの地です。山梨のパワースポットに行って非日常を楽しみましょう。

新屋山神社

画像素材|PIXTA

新屋山神社は富士山の新屋という地区に存在するパワースポット。日本一と言われるほど金運アップにおすすめなところで、有名なコンサルタントもここを訪れています。本宮と奥宮の2つがありますが、金運アップできると言われているのは、奥宮の方です。もし、お金に困っているようであれば、一度ここを訪れたほうが良いかもしれません。

画像素材|PIXTA

奥宮は本宮よりも標高が高く、1700メートルの地点にあります。金運のイメージとは裏腹にひっそりした感じのスポットですが、本宮よりも神様のパワーを実感できるところでもあります。かつてはストーンサークルが周りを囲んでいました。そう思うと、とても神秘的です。冬季は積雪のために閉鎖されているので、訪れるならGW頃がいいでしょう。

北口本宮富士浅間神社

画像素材|PIXTA

このパワースポットは富士山をご神体としている由緒正しき神社。110年という神話の時代にヤマトタケルと浅間大神が祭られたのが始まりです。北口本宮富士浅間神社は恋愛の聖地としても有名で、カップルがよく訪れます。人間関係の構築や子育てにもご利益があるので、人とのつながりを強めたい方にもうってつけです。

画像素材|PIXTA

北口本宮富士浅間神社観光で注目してほしいのが、「富士太郎杉」という樹木。1000年もの長き時を生き続けた杉で、生命感があふれ出てきます。この木は拝殿の左方向にあるので、参拝の時に体感しましょう。右方向には「夫婦ヒノキ」という木があります。「富士太郎杉」同様1000歳を超えており、拝めるだけで夫婦の縁が深まる感じがします。

身延山久遠寺

画像素材|PIXTA

身延山久遠寺は富士山の西、身延町に鎮座する寺院です。鎌倉時代に建てられた日蓮宗の総本山として知られているところで、日蓮宗の開祖である日蓮は法華経の発展のために、晩年をこの久遠寺で9年間過ごしました。身延山自体が一つのパワースポットで、久遠寺もその影響を受けています。久遠寺を訪れれば仏様のパワーを授かれるでしょう。

画像素材|PIXTA

久遠寺は日蓮によって創設されたため、「お手植え杉」など日蓮関連のパワースポットが存在します。樹齢はおよそ750年くらいで、その大きさは普通の木の倍超えており、長い歴史を感じさせます。その神秘さ溢れる木からは膨大なエネルギーが宿っていることでしょう。全部で4本あるので、パワースポットのエネルギーを4倍もらえますよ。

甲斐善光寺

画像素材|PIXTA

甲斐善光寺とは、信濃善光寺の山梨バージョンと言われている寺院です。信濃を支配していた戦国武将武田信玄は、信濃善光寺の本尊を川中島の戦火を免れるためにこの地に移しました。甲斐善光寺の本尊は一光三尊阿弥陀如来像で、7年に1度の回数で御開帳が行われます。本尊の御利益を受けたいなら、本堂の前にある柱に手を触れるといいでしょう。

画像素材|PIXTA

甲斐善光寺なら、金堂の下で戒壇巡りをしましょう。戒壇巡りは微かな明かりすらなく、本当に暗いです。それでこそ、パワースポットらしい聖域を感じれるもの。戒壇巡りの奥では「極楽の銃前」に触れば御利益を受けることができます。結構暗いので「極楽の銃前」に触ることは簡単ではありません。懐中電灯も使えないので、自分の「手」で触って下さい。

身曾岐神社

画像素材|PIXTA

身曽岐神社とは北杜市にあり、高速道路からのアクセスが近いパワースポット。これだけ立地が良い割に自然豊かですからそのパワーの恩恵を受けやすいのが見どころです。自然のパワーを受ければ、心と体に癒しをもたらしてくれます。「身曽岐」と呼ばれているのもその癒しパワーが由来かもしれません。北杜市ならこの身曽岐神社に行ってみましょう。

画像素材|PIXTA

身曽岐神社では様々な行事が行われています。その中でも車お祓いは交通祈願を目的とし、車に清水をかけてお祓いをする行事です。これで最近問題になっている交通事故などから身を守ることができるでしょう。他にも神様の霊感を味わえる火祥神事や罪悪感を取りはらえる身曽岐祓もあるので、ぜひ一度参加してみてください。

山梨のさらなるパワースポットは2ページ目へ

特集

2019/06/07朝の時間を旅する -明け方の浅草寺-

2019/02/22泊まる、ふたりだけの世界【伊東】 ー宿泊体験記vol.2ー ふたり木もれ陽

人気記事