最終更新日時 2019/04/16

北陸新幹線が開通し、今や定番の観光地となりつつある「金沢」。女子旅やデートなど、人気の高い旅行スポットですよね。かつて「加賀百万石」と呼ばれ繁栄した石川県は、実は金沢以外にも見どころがいっぱいの観光地です。2度目の金沢旅行は、少しゆったりと石川県を満喫するプランにしてみてはいかがでしょうか。

金沢エリアでおすすめの観光スポット5選

1. 兼六園

日本三名園のひとつとして名高い「兼六園」。せっかく金沢を訪れたのであれば、ぜひ訪れたい名所の一つですね。自然ゆたかな「兼六園」は、春夏秋冬、四季折々の表情を見せてくれます。どの季節にいっても風光明美な景色を楽しむことができます。

「兼六園」は、江戸時代の代表的な大名庭園として、代々の藩主によって造られました。加賀百万石の時代に思いをはせながらお散歩を楽しんでみてはいかがでしょうか。早朝開園や、夜間ライトアップを開催しているときもありますので、事前にチェックしてから訪れてみてください。

名称 兼六園
住所 石川県金沢市兼六町1
営業時間 3月1日~10月15日  7:00~18:00 (退園時間)
10月16日~2月末 8:00~17:00 (退園時間)
※早朝開園(無料)を実施している場合があります”
サイト http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kenrokuen/

2. 金沢城

兼六園のお隣にそびえるのが金沢城です。立派な石垣、お堀、門づくりや城郭が、私たちを江戸時代へとタイムスリップさせてくれます。当時の様式を丁寧に復元しているそうなので、じっくりと見学してみてください。特に石垣は、場所によってデザインが違うようですよ。

現在は、城内の敷地を開放していて、広々とした公園としても、楽しめます。また子供連れの方も、気兼ねなく走り回ることができます。周辺に駐車場も多くありますので、兼六園と合わせて観光するのがおすすめです。

名称 金沢城
住所 石川県金沢市丸の内1−1-1
営業時間 “3/1~10/15  7:00~18:00 (退園時間)
10/16~2/末 8:00~17:00 (退園時間)
※早朝開園(無料)を実施している場合があります”
サイト http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kanazawajou/index.html

3. ひがし茶屋街

江戸時代そのままの雰囲気たっぷりに、和スイーツや加賀野菜を使ったカフェや雑貨などのお土産屋さんが立ち並ぶ「ひがし茶屋街」も、人気のスポットのひとつです。この街並みはなんと、国の重要伝統的建造物保存地区にも選定されています。伝統のお茶屋建築を眺めて、古都に思いをはせてみませんか。

「ひがし茶屋街」には、人気のスイーツが勢ぞろいしており、女子旅にもぴったりです。豪華絢爛に大きな金箔をはったソフトクリームや、伝統的な和菓子、金沢名物のお麩がメインの和カフェなど、ぜひ色々と食べくらべをしてみてください。歩きつかれた体に、甘いスイーツが嬉しいですね。

名称 ひがし茶屋街
住所 石川県金沢市東山
営業時間 各店舗による

4. 金沢21世紀美術館

まるで人がプールの中にたたずんでいるように見えるアート作品「スイミング・プール」は、ガイドブックや雑誌で見たことがある人も多いのではないでしょうか。「金沢21世紀美術館」には、その他にも体感できるおしゃれなアートが満載なのでデートにもおすすめです。感想を話しながら、楽しむことができますよ。

その他館内の特別展示では、最新のアートが展示されています。美術館を取り囲む屋外展示も、見どころのひとつです。ぜひ時間をかけてじっくり楽しんでください。入館料なしでも楽しめる場所が多いのも嬉しいですね。

名称 金沢21世紀美術館
住所 石川県金沢市広坂1丁目2番1号
営業時間 展覧会ゾーン:10:00〜18:00(金・土曜は20:00まで)
交流ゾーン:9:00〜22:00″
サイト https://www.kanazawa21.jp/

5. 近江町市場

金沢といえば、海鮮を目当てに訪れるかたも多いのではないでしょうか。そんな方にお勧めしたいのが、金沢の台所ともよばれる「近江町市場」です。地元の雰囲気たっぷりで、ところせましと数多くのお店が並んでいます。

お刺身・海鮮丼など日本食を味わえるとあって、外国人観光客にも大人気。安い値段で、新鮮な魚介を楽しむことができます。とはいえ、エビやカニなど高級魚介類を楽しみたいなら、ランチがおすすめ。とってもリーズナブルなお値段で、いただけますよ。

名称 近江町市場
住所 石川県金沢市上近江町50
営業時間 各店舗による
サイト https://ohmicho-ichiba.com/

加賀・小松エリアでおすすめの観光スポット5選

1. 加賀温泉郷 山中温泉

View this post on Instagram

@oiseaukakuがシェアした投稿

加賀温泉郷は、粟津、片山津、山代、山中の4つの温泉地をもつ、恵まれたお湯どころです。古くから多くの著名人に愛されてきました。そのうちの一つ、山中温泉は渓谷の中にあり、なんと松尾芭蕉が愛した温泉の名所として有名です。

町中には、足湯や公共浴場があり、旅館以外にも気軽に温泉を楽しむことのできる施設があります。中でも「総湯 菊の湯」は、伝統的な建築の中でお風呂が楽しめるとあって、人気の施設です。地元の人にも愛される名湯にぜひ使ってみては?

名称 加賀温泉郷 山中温泉
住所 石川県加賀市山中温泉東町
営業時間 各店舗による
サイト http://www.yamanaka-spa.or.jp/

2. 月うさぎの里

加賀の人気のスポット「月うさぎの里」は、入場無料でうさぎと触れあえる癒しの穴場スポットです。なんと広場には50匹以上のうさぎが放たれています。かわいいうさぎとのふれあいに、子供連れでも、デートでも楽しめること間違いなしです。

珍しい色々な種類のうさぎが、広場でのんびりと遊んでいます。また有料で餌やりを楽しむことができます。「月うさぎの里」には、カフェとレストランが併設されています。うどんや丼もの、カレーなどメニューも豊富ですよ。

名称 月うさぎの里
住所 石川県加賀市永井町43-41
営業時間 9:00~17:00
サイト https://www.tsukiusaginosato.com/

3. 加賀 伝統工芸村 ゆのくにの森

「加賀 伝統工芸村 ゆのくにの森」は、11の館で50種類以上もの伝統工芸が体験できる施設です。吹きガラスや金箔貼りなど、可愛らしい雑貨やアクセサリーを作ることができるので、女子旅や一人たびにもぴったりですね。最近はインスタ映えなイベントが開催されることも。

蒔絵貼りや九谷焼の色付けなど、石川・加賀のご当地の伝統工芸を楽しめるのも嬉しいポイントです。また、自然豊かな森に散策道も併設されているので、四季折々のお散歩も楽しむことができます。大きな駐車場もありますので、車での来場がおすすめです。

名称 加賀 伝統工芸村 ゆのくにの森
住所 石川県小松市粟津温泉ナ-3-3
営業時間 9:00~16:30
サイト https://yunokuni.jp/mori/

4. 加賀フルーツランド

一年を通じて、新鮮なフルーツをその場で収穫し、楽しむことができるのが「加賀フルーツランド」です。新鮮な果物を使ったスイーツのフルーツバイキングもあるので、おなかいっぱい色々な味を楽しむことができます。

また、「加賀フルーツランド」では、BBQやパークゴルフの施設もあります。甘党でないお父さんも楽しむことができますね!春~秋の過ごしやすいシーズンには、屋外でのアクティビティを楽しめる場所になっています。

名称 加賀フルーツランド
住所 石川県加賀市豊町イ59-1
営業時間 9:00~17:00
サイト http://www.furulan.com/

5. 鶴仙渓遊歩道

石川県を代表する山中温泉の近くにある、渓谷美を味わえる観光名所が、「鶴仙渓」。1.3kmほどにわたる遊歩道には、特に秋の紅葉シーズンには多くの観光客が詰めかけますが、新緑のシーズンや夏も美しい緑が楽しめるスポットです。川のせせらぎと木々の美しさに、心癒されてみませんか。

「鶴仙渓」を代表するスポットが「こおろぎ橋」です。鬱蒼とした林の中にたたずむ「こおろぎ橋」は雰囲気抜群です。また、一風変わった鉄橋「あやとり橋」も見所のひとつです。それぞれ、個性的な橋と自然をお楽しみください。

名称 鶴仙渓遊歩道
住所 石川県加賀市山中温泉

野々下・白山エリアでおすすめの観光スポット5選

1. 白山比咩神社

日本全国に3,000社以上ある白山神社の総本宮が、こちらの「白山比咩神社」です。白山をご本尊に構えるこちらの神社は、神聖な雰囲気に身が引き締まる思いを感じさせてくれます。特に毎月1日に行われる「おついたちまいり」は、特別なお参りができます。

古くから伝統のある神社ですが、実は縁結びのご利益もあるようです。北陸鉄道「野町駅」から「鶴来駅」までの「恋のしらやまさん」という特別切符も販売されています。女子旅で、電車でぶらり、わいわいと縁結びの御祈願をしてみるのも楽しそうですね。

名称 白山比咩神社
住所 石川県白山市三宮町ニ105-1
営業時間 9:00~16:00
サイト http://www.shirayama.or.jp/

2. 白山

白山(しらやま)は、富士山、立山とともに日本三名山の一つに数えられる名山のひとつです。古くから信仰の対象とされてきた荘厳な景色は圧巻です。多くの登山家に愛され、チャレンジされてきた白山は、今でも人気が高く、美しい山です。

登山はちょっとハードルが高い…という方もいるのではないでしょうか。そんな方には、白峰から白山を眺めるのがおすすめです。屈指の豪雪地帯の伝統的建築物と山々を合わせて楽しむことのできる観光地になっています。

名称 白山
住所 別当出合登山口:石川県白山市白峰
サイト http://www.kagahakusan.jp/

3. 手取峡谷

白山市は、「白山手取川ジオパーク」として、2011年に日本ジオパークに認定されました。そのため、このあたりには自然がたくさん。特に、この手取川の織り成す景色が見どころのひとつです。「手取渓谷」は、そんな清流、手取川が作り上げた渓谷です。

View this post on Instagram

@moriii8がシェアした投稿

手取渓谷を見に行くためには、「手取峡谷(黄門橋)」駐車場をめざしましょう。そこからでも、高さ20~30mの絶壁を眺めることができます。駐車場に車をとめて、少し川沿いを散策してみても景色を楽しむことができますね。

名称 手取峡谷
住所 石川県白山市吉野

4. 獅子吼高原

獅子吼(ししく)高原では、なだらかに広がる高原の豊かな自然のなかで、トレッキングやバーベキュー、ゴーカートなど色々なアクティビティが楽しめます。なんと、平野を高いところから見渡し、空を巡るパラグライダーもできます。

春~夏の期間では、ゴンドラにのって獅子吼高原山頂へと向かうことができます。空から山や自然を眺めるのは、とてもわくわくしますよね。山頂では約650mの標高に達するそうです。雄大な眺めをぜひ、満喫してください。

名称 獅子吼高原
住所 〒920-2113 石川県白山市八幡町リ110番地
営業時間 10:00~17:00(冬季10:00~16:00)
休館日:火曜日(冬季:火・金曜日)
サイト https://city-hakusan.com/shishiku/

5. 姥ケ滝

「姥ケ滝」は、石川県と岐阜県を結び、白山国立公園の自然を眺めながらドライブを楽しめる有料自動車道「白山白川郷ホワイトロード」内にある観光スポットです。蛇谷園地駐車場で車を止め、森林を20分ほど歩いていくと、「姥ヶ滝」が現れます。

大きな山肌に沿って、水が細かく分かれて流れ落ちるさまは、壮大で威厳のある風景です。マイナスイオンをたっぷり浴びて、リフレッシュしてみるのはいかがですか。「姥ヶ滝」は、「日本の滝百選」の一つに選定されています。「白山白川郷ホワイトロード」の閉鎖期間・時間には行けない場所なので、ご注意ください。

名称 姥ケ滝
住所 石川県白山市中宮 白山白川郷ホワイトロード内
営業時間 6月上旬~11月10日の期間に利用可能
6月~8月 7:00~18:00
9月~11月 8:00~17:00″
サイト http://hs-whiteroad.jp/

能登・輪島エリアでおすすめの観光スポット5選

1. 白米千枚田

「白米千枚田」は、(しろよねせんまいだ)と読みます。急斜面に作られた棚田群で、日本海に向かって美しく広がる小さな水田たちは、まるで模様を作り出し、なんとも不思議な光景です。小泉元総理が、その美しさを大絶賛したそうですよ。

冬の期間の夜には、その棚田のふちに沿って、ライトアップがされるイルミネーションイベントが開催されることも。大地に広がるイルミネーションはとても幻想的な風景です。ロマンチックで、デートや女子旅にぴったりです。

名称 白米千枚田
住所 石川県 輪島市白米町ハ部99番地5
サイト https://senmaida-monogatari.com

2. 道の駅 千枚田ポケットパーク

ご当地の、新鮮で美味しい特産物やお土産を買うなら、定番の道の駅がおすすめです。地元の農家や生産者の顔が見える道の駅には、色々な食品がそろっています。白米千枚田のそばにあるので、観光ついでに車で立ち寄れるのも嬉しいポイントですね。

せっかく千枚田を訪れたのなら、何といっても、ここで収穫されたお米を手にしたいですよね。オリジナルの「絶景米」はここでしか買えない逸品だそうですよ。レストランでは、そのお米を使ったおにぎりもいただけます。

名称 道の駅 千枚田ポケットパーク
住所 石川県輪島市白米町ハ部99番地4
営業時間 8:30~17:30
サイト https://senmaida-monogatari.com/course/seisansha

3. 巌門

大きな岩の絶壁に、真ん丸と空いた穴が目印の日本海の名所は「巌門」。長い時間をかけ、日本海の波が浸食してできたものです。「能登金剛遊覧船」に乗れば、海上から、その壮大な景色を見上げることができます。

周辺は、「巌門」同様に、岩と波によって長い時間をかけて作られた天然の絶景スポットが数多くあります。日本海の荒波を眺めながら、「能登金剛」や「千畳敷岩」などもあわせてさんぽしてめぐるコースがおすすめです。

名称 巌門
住所 石川県羽咋郡志賀町富来牛下
営業時間 特になし

4. 輪島朝市

なんとルーツは、平安時代にまでさかのぼるといわれる「輪島朝市」は、200以上の露店で毎日開催され、いつも大変な賑わいを見せています。新鮮な海の幸はもちろん、山の幸や伝統工芸品などありとあらゆるものを取り扱っています。

おすすめは、なんといっても新鮮な魚介類。季節ごとの旬の魚を、安く食べることができます。能登半島といえば、のどぐろが有名。その場で食べられるお刺身なども購入できるので、食べ歩きにも嬉しいですね。そのほか、いしるせんべいも、ご当地の名産として人気です。

名称 輪島朝市
住所 石川県輪島市河井町1部115
営業時間 8:00~12:00(毎月第2・第4水曜日 定休)
サイト https://asaichi.info/

5. 輪島キリコ会館

「キリコ」を知っていますか?「キリコ」とは能登半島の伝統的なお祭りで使われるとても大きな灯篭のことです。「輪島キリコ会館」ではそんな伝統的なキリコを展示しており、祭り当日の壮大で幻想的な雰囲気をいつでも味わうことができます。

館内では大小さまざまな「キリコ」を見学することができます。最大だとビルの4F程の高さになるそうですよ。実際に祭りで使われる大松明の大きさは、必見です。また、日本海・輪島港を見渡す展望台からの景色も絶景です。

名称 輪島キリコ会館
住所 “石川県輪島市マリンタウン6番1
営業時間 8:00~17:00
サイト http://wajima-kiriko.com/guide/

プラス一泊で、もっと楽しい石川県。

いかがでしたでしょうか。金沢の魅力、そして金沢だけでない色々な石川県の魅力をお伝えしてきました。日本海に面し豊かな自然に恵まれた石川県で、美しい風景と美味しいグルメを楽しんでみてはいかがでしょうか。東京からは北陸新幹線、関西からは特急サンダーバードを使うと、意外とあっという間に旅行できちゃう気軽な観光地のひとつです。レンタカーを借りて、ちょっと足をのばし、新しい石川県をいろいろと満喫してみてください。

【関連記事はこちら】
▷石川県のおすすめ観光スポット10選!情緒溢れる街並みに心奪われる!
▷風情を感じながら街歩き。石川県金沢市のおすすめパワースポット巡り

特集

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー本が彩る私の時間ー 川端里恵さん【後編】

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー 本が彩る私の時間 ー 川端里恵さん【前編】

人気記事