最終更新日時 2019/05/23

山梨県の県庁所在地である「甲府」には、自然あふれる観光名所が多くあります。有名な「昇仙峡」をはじめ、武田信玄公にゆかりがある神社仏閣、甲府の歴史や文化を感じられる美術館や博物館。さらに、山梨の名産ワインや美味しい地元グルメが味わえる横丁など、甲府のおすすめスポットをご紹介いたします。

甲府でおすすめの定番スポット10選

1. 昇仙峡

 

甲府市の北部に位置する「昇仙峡(しょうせんきょう)」は、国の特別名勝にも指定されている渓谷です。その景観は、長い歳月をかけて削り取られた花崗岩の断崖や奇岩・奇石が立ち並らび、日本屈指の渓谷美と絶賛され、日本人はもちろん多くの外国人が訪れる、山梨県を代表する名所です。

見どころは、急峻で直立約180mの昇仙峡の主峰「覚円峰(かくえんぼう)」や、昇仙峡の最奥部に位置する落差30mの「仙娥滝(せんがたき)」、さらに巨大な花崗岩に囲まれた「石門」など、自然の偉大さを実感することができます。また、新緑や紅葉の季節など、四季を通してさまざまな景色が見られるのも魅力のひとつです。

名称 昇仙峡
住所 甲府市秩父多摩甲斐国立公
サイト https://www.shosenkyo-kankoukyokai.com/

2. 武田神社

甲斐の国の名将、武田信玄公をお祀りしている「武田神社」は、信虎・信玄・勝頼の武田家3代が、63年にわたって居住した武田氏館跡(国指定史跡)に1919年に創建されました。勝運の御利益や産業・経済の神としても信仰され、多くの人が参拝に訪れる甲府の名所です。

境内に当時から残る、濠・土塁・石垣・古井戸等などは、見どころのひとつです。さらに、宝物殿には国指定重要文化財の太刀「吉岡一文字」や、信玄公の軍扇、武田二十四将図等、武田家ゆかりの貴重な品々が展示されていて、歴史好きの一人旅で訪れ、ゆっくり鑑賞するのもおすすめです。

名称 武田神社
住所 甲府市古府中町2611
サイト http://www.takedajinja.or.jp/index.html

3. 甲斐 善光寺

「甲斐 善光寺」は、川中島の合戦で兵火が信濃善光寺におよぶのをおそれ、武田信玄公が仏像や教典をこの地に移して建立した浄土宗の寺院です。各地の善光寺と区別するため「甲斐善光寺」や「甲府善光寺」とも呼ばれています。御朱印や記念スタンプがいただける甲府の人気観光地です。

見どころは、重要文化財に指定されている「金堂」や「山門」などの歴史ある建物で、金堂では、手をたたくと多重反響現象による共鳴が起こる「泣き龍」が体験できます。さらに、本尊像「銅造阿弥陀三尊像」も重要文化財ですが、秘仏の為、開帳は7年毎の予定なので、チェックしてみてください。

名称 甲斐 善光寺
住所 甲府市善光寺3-36-1
営業時間 9:00~16:30
サイト http://www.kai-zenkoji.or.jp/

4. 山梨県立美術館

1978年に開館した「山梨県立美術館」は、広大で緑豊かな「芸術の森公園」内にあります。開館以来、ミレーの美術館として広く親しまれ、最初のコレクション「種をまく人」を中心に、約70点のミレー作品を収蔵している人気スポットです。

ミレー以外にも、バルビゾン派の作家やヨーロッパの風景画家、さらに日本の近代美術の収蔵品が約1万点も収蔵されています。また、常設展は季節に合わせて年4回の展示替えを行っているので、何度訪れても楽しめる内容ですよ。

名称 山梨県立美術館
住所 甲府市貢川1-4-27
営業時間 9:00~17:00
サイト http://www.art-museum.pref.yamanashi.jp/index.html

5. 曽根丘陵公園

「甲斐風土記の丘」の愛称で親しまれている「曽根丘陵公園(そねきゅうりょうこうえん)」は、9キロにわたる丘陵にある都市公園です。特徴は、旧石器時代からの遺跡が数多く分布しているところで、「上の平遺跡」や「甲斐銚子塚古墳」、「大丸山古墳」などの遺跡を散策することができます。

園内には、広大な芝生広場や丘陵ならではの展望広場、子供が楽しめるアスレチック遊具、さらにバーベキュー広場など、さまざまな過ごし方ができます。家族連れにもアクティブなカップルのデートにもおすすめの公園です。

名称 曽根丘陵公園 そねきゅうりょうこうえん
住所 甲府市下向山町1271
サイト https://www.sonekyuryo.jp/

6. 山梨県立考古博物館

「山梨県立考古博物館」は、前述した「曽根丘陵公園」内にある、県内の遺跡から発掘された考古学史料を多く収蔵する博物館です。旧石器時代から、縄文、奈良、平安、江戸時代などを経て、現在に至るまでの山梨県内の先人たちの生活をたどることができる貴重な博物館です。

館内には、常設展で約1,400点の縄文土器や石器などが展示され、特に縄文コーナーにある重要文化財は見どころです。また、見るだけでなく土器作りや火起こしなど、さまざまな体験教室などの催しも行われているので、子供から歴史好きの大人まで楽しむことができます。

名称 山梨県立考古博物館
住所 甲府市下曽根町9
営業時間 9:00~17:00
サイト https://www.pref.yamanashi.jp/kouko-hak/

7. 昇仙峡 影絵の森美術館

1992年に開館した「昇仙峡 影絵の森美術館」は、日本を代表する世界的影絵作家「藤城清治」が自ら監修・設計した美術館です。世界初の影絵の美術館としても知られ、1994年にはギネスブックにも掲載されている人気のスポットです。

暗い展示室の中で色彩豊かに浮かび上がる美しい影絵は、訪れる人を魅了します。また、日本のゴッホと呼ばれる「山下清」の作品や、大正浪漫の天才画家「竹久夢二」の作品も常設展示されていることも魅力のひとつです。期間限定の特別企画展もあるので、何度訪れても感動できる施設です。

名称 昇仙峡影絵の森美術館
住所 甲府市高成町1035-2
営業時間 9:00~17:00
サイト https://www.kageenomori.jp/

8. 湯村温泉郷

甲府市郊外の小高い山麓に広がる「湯村温泉郷」は、1200年前に弘法大師が開湯したとされる歴史ある温泉です。武田信玄公のかくし湯として知られ、葛飾北斎の「勝景奇覧 甲州湯村」にも描かれている名湯です。また、井伏鱒二、太宰治など昭和の文豪に愛された湯でもあります。

泉質は、低張性弱アルカリ性高温泉で、神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩などに効能が期待できます。湯村温泉郷の宿泊施設に泊まると無料で発行される「湯巡り手形」があり、加盟施設であればどこの温泉浴場でも「500円」で楽しむことができるので、ぜひチェックしてみてください。

名称 湯村温泉郷
住所 甲府市湯村3-10-5
営業時間 10:00~16:00
サイト https://www.yumura.com/

9. 愛宕山こどもの国

標高428mの緑豊かな愛宕山一帯に広がる「愛宕山こどもの国」は、山梨県が運営する幼児・児童用施設です。1971年に開園したこの公園は、約45ヘクタールという広大な広さと、山の尾根から中腹にかけ、自然の地形を活かした構造になっているのが特徴です。

園内の「自由広場」には、大型遊具にアスレチック、ローラー滑り台などがあり、のびのびと遊ぶことができます。また、時期は限られますが、変わった形の自転車を無料で開放される「変形自転車広場」や、夏に水遊びができる「ライオン広場」など、充実の施設で子供は大満足のスポットです。

名称 愛宕山こどもの国
住所 甲府市愛宕町358-1
営業時間 自由広場
1月~6月、9月~12月 9:00~17:00
7月、8月 9:00~18:00
サイト http://atagoyama.yya.or.jp/

10. サドヤワイナリー

明治の初めに日本で初めてワインを醸造した、ワイン発祥の地である甲府の「サドヤワイナリー」は、1917年に誕生しました。当初は、江戸時代より続く家業の油屋「佐渡屋」でしたが、1909年に洋酒・ビールなどを扱う「サドヤ洋酒店」として転業しました。

現在のサドヤワイナリーでは、約700坪に及ぶ、醸造場・貯蔵庫の地下ワインセラーの見学やワイン造りに関する展示、さらにワインの試飲をすることもできます。また、敷地内にはワインとフランス料理を楽しめるレストランがあり、大人のデートにおすすめです。

名称 サドヤワイナリー
住所 甲府市北口3-3-24
営業時間 10:00~18:00
サイト http://www.sadoya.co.jp/winery/

甲府駅周辺でおすすめのスポット5選

1. 武田信玄公銅像

JR甲府駅南口の駅前広場にシンボルとして存在感を出している「武田信玄公銅像」は、甲府を訪れたらまずチェックしておきたい銅像です。銅像部分の大きさは3.1m、台座が3.1m、全体では6.2mの高さを誇る迫力ある銅像です。

この銅像は、武田信玄公奉賛会が信玄公の遺徳をしのび、県民の気運を高揚することを目的に、県内外の有志から集めた浄財で1987年に完成させました。信玄像の両脇にはソメイヨシノがあり、春には開花した桜と銅像を合わせて見ることができます。

名称 武田信玄公銅像
住所 甲府市丸の内1
サイト https://www.city.kofu.yamanashi.jp/senior/kamejii/023.html

2. 舞鶴城公園

武田氏滅亡後、豊臣秀吉の命により築城された「甲府城」。日本百名城の一つで、かつては20ヘクタールほどの広大な城郭でしたが、現在は城跡の一部が「舞鶴城公園」として開放され、市民の憩いの場所や観光の名所になりました。

天守台からは、甲府盆地が360度見渡すことができ、富士山や南アルプスなども一望できます。さらに、公園から見える富士山は「関東の富士見百景」にも認定されているほどの景観です。園内には、「石垣」「稲荷櫓」「山手御」等の多くの歴史的な資産も残っていて、園内をのんびりと散策しながら回るのがおすすめです。

名称 舞鶴城公園
住所 甲府市丸の内1
営業時間 24時間
サイト https://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/spot/p2_4404.html

3. 甲府市遊亀公園附属動物園

1919年に開園した甲府市のほぼ中心にある都市型の「甲府市遊亀公園附属動物園」。約14000㎡の敷地内には、65種約300点の動物が飼育されています。また、日本では4番目に古く、2019年には100周年を迎える歴史がある動物園です。

園内には、ゾウやライオン、トラなどの迫力の大型動物から、レッサーパンダやフラミンゴなどのさまざまな人気動物を見ることができます。また、ふれあいコーナーもあり、動物を身近に感じることができる人気のスポットです。

名称 甲府市遊亀公園附属動物園
住所 甲府市太田町10-1
営業時間 4~10月 9:00~17:00
11~3月 9:30~16:30
サイト https://www.city.kofu.yamanashi.jp/zoo/

4. 甲府夢小路

JR甲府駅北口から徒歩3分の好立地にある「甲州夢小路」。明治、大正、昭和の甲府城下町を再現した、小江戸情緒が息づく街並みをのんびりと散策することができます。街中には、200年以上住民に時刻を知らせていた「時の鐘」も再現されていて、シンボルとしての役割を果たしています。

甲州夢小路には、山梨の伝統工芸品を扱うショップや宝飾加工や絹織物など、地場産業の商品を購入することができます。また、県産の食材を使ったレストラン、美術館などが集まった商業施設などもあり、グルメや観光も満喫できるのが魅力的です。

名称 甲府夢小路
住所 甲府市丸の内1-1-25 甲州夢小路
営業時間 24時間
サイト http://koshuyumekouji.com/

5. 甲府ぐるめ横丁

JR甲府駅から徒歩12分ほどの場所に位置する「甲府ぐるめ横丁」は、山梨の食文化村として知られています。日本が世界に誇る甲州ワインや名水の郷に生まれた銘酒、地域の人々が大切に育ててきた山梨の食を味わうことができる施設です。

そして、甲府ぐるめ横丁の一番の魅力は、なんと言っても横丁で出会う人と人とのつながりです。常連さんも一見さんも、地元の人も観光客も、はじめて会った人同士が語らい、楽しい時間が味わえるスポットです。活気あふれる横丁に、ぜひ立ち寄ってみてください。

名称 甲府ぐるめ横丁
住所 甲府市中央1-6-4
営業時間 店舗による
サイト http://www.kofu-food.com/gourmet/

甲府でおすすめの穴場スポット5選

1. 不老園

甲府盆地北側山麓に位置し、約5万㎡の広さを誇る「不老園」。尾根を挟んだ自然の地形を活かした梅園で、20数種で約3,200本の梅が植えられ、「甲斐路の春は不老園から始まる」と言われるほどの名所として知られています。

園内には、梅以外にも、赤松・桜・南天・つつじ・もみじ・牡丹等がバランスよく栽培されています。さらに、樹木や奇岩の間を迷路のような「遊歩道」や学問の神をまつる「梅天神」、富士山や南アルプスを一望できる「展望台」など、施設も充実しています。

名称 不老園
住所 甲府市酒折3-4-3
営業時間 9:00~17:00
サイト http://www.furouen.jp/

2. 夫婦木神社

縁結び・子宝のご利益があり、パワースポットとしても知られている「夫婦木(めおとぎ)神社」。「男女で参詣すれば必ず結ばれ、夫婦で参詣すれば必ず子宝に恵まれる」という伝えから、日本人はもちろアジア圏の海外からも足を運ぶ人がいるという神社です。

夫婦木神社が男宮、2キロほど離れた場所にある「夫婦木神社姫の宮」が女宮の対の神社です。男宮・女宮ともにご神体は「木」で、それぞれ男性のシンボル、女性のシンボルを表すものです。縁結び、夫婦円満、夫婦和合、子授け、安産、子育てなど、気になる方におすすめのスポットです。

名称 夫婦木神社
住所 甲府市御岳町2041 
サイト https://www.shosenkyo-kankoukyokai.com/spot/%E5%A4%AB%E5%A9%A6%E6%9C%A8%E7%A5%9E%E7%A4%BE/

3. 金櫻神社

「昇仙峡」を5kmほど上がった場所に鎮座する「金櫻(かなざくら)神社」は、金峰山をご神体とした神社です。疫病退散と万民息災の祈願のため、金峰山山頂に御祭神として「少彦名命(すくなひこなのみこと)」を祀ったのが起源です。

ご神宝は、この地で発掘され、磨き出された水晶「火の玉・水の玉」、さらにご神木は「金櫻」で古くから民謡に唄われている「金の成る木の金櫻」として崇められています。そのため、金運アップのご利益を求めて多くの人が訪れるスポットです。

名称 金櫻神社
住所 甲府市御岳町2347
営業時間 24時間
サイト https://www.shosenkyo-kankoukyokai.com/spot/%E9%87%91%E6%AB%BB%E7%A5%9E%E7%A4%BE/

4. 山梨県立科学館

甲府盆地を一望できる愛宕山山頂付近に位置する「山梨県立科学館」。愛称が「サイエンスシップ」と呼ばれる、船の形の建物が特徴的で、「科学を学びたい、もっと知りたい」と思う心を育む展示や体験をすることができる科学館です。

館内には、参加体験型アイテムが並ぶ「展示室」や科学実験や工作にチャレンジできる「実験工作室」など、興味をそそる内容です。さらに、天体観測室やプラネタリウム、サイエンスショーなど、充実の施設で科学に興味を持つ子供が増えること間違いなしです。

名称 山梨県立科学館
住所 甲府市愛宕町358-1
営業時間 9:30~17:00
夏休み期間 9:00〜17:30
サイト https://www.kagakukan.pref.yamanashi.jp/

5. 山梨ジュエリーミュージアム

かつて水晶の産地であったことで有名な山梨県で誕生し、発展を遂げてきたジュエリー産業の魅力に触れることができる「山梨ジュエリーミュージアム」。山梨の宝飾産業の歴史や、山梨の職人の巧みな技で作り上げられたジュエリー、水晶美術彫刻の作品展示などを見ることができます。

また、山梨で活躍するデザイナー・職人・作家が制作する作品の数々や、高度な技術力とそれを活かすデザインなど、多彩なジュエリーを楽しむことができます。さらに、週末などには職人による実演が見られたり、ジュエリー制作を手軽に出来る体験プログラムなどもあり、デートスポットとしておすすめの施設です。

名称 山梨ジュエリーミュージアム
住所 甲府市丸の内1-6-1山梨県防災新館1階(山梨県庁内)
営業時間 10:00~17:30
サイト https://www.pref.yamanashi.jp/yjm/index.html

自然と歴史を堪能できる甲府へ行こう!

甲府のおすすめスポットをご紹介しましたが、参考になりましたか?甲府には自然あふれる観光スポットや、歴史ある神社仏閣、ワインやグルメスポットなど、幅広く楽しむことができます。子供連れの家族はもちろん、カップルデートやのんびりとした一人旅など、どんなシチュエーションにもピッタリの甲府を、ぜひ訪れてみてくださいね。

【関連記事はこちら】
▷甲府で一度は訪ねたい!おすすめの観光スポットと地元グルメ20選
▷山梨で一度は訪れたい!おすすめの観光スポット30選!

特集

2019/08/26【宿泊体験】唯一無二の宿泊体験を求めて-MAGACHABARU OKINAWA-

2019/06/21泊まる、森に抱かれた大人のためのヴィラ【伊豆高原】ー宿泊体験記vol.5ー ABBA RESORTS IZU -坐漁荘

人気記事