最終更新日時 2019/07/25

葛飾北斎がわざわざ江戸からやってくるほど魅力があった小布施町。石器時代から人々が暮らしている自然に恵まれた土地です。近年、小布施町の特別な歴史と文化にスポットライトが当たり、訪れる観光客も増えてきました。独自の文化が発展した小布施町を巡る、おすすめの観光スポットをご紹介します。

小布施で美術館めぐり!おすすめスポット9選

1. 北斎館

「北斎館」は、誰もが知っている浮世絵画家「葛飾北斎」の美術館です。北斎は80才を過ぎて小布施を訪問し、数々の大作を制作しました。ここでは、北斎による「祭り屋台」が収蔵されています。北斎が唯一手掛けた立体的な造形物を見るために、日本人のみならず、外国人観光客もやってきます。

1976年11月に開館した北斎館には、4つの展示室とシアタールームがあります。北斎館でしか見られない肉筆の作品が多数あり、学習目的で子供を連れてくる観光客もいます。どれも80才を過ぎて小布施で描かれたものばかりです。

名称 北斎館
住所 長野県上高井郡小布施町大字小布施485
営業時間 9:00〜17:30
サイト https://hokusai-kan.com/

2. 古陶磁コレクション 了庵

とても貴重な古伊万里が展示されている「古陶磁コレクション 了庵」。佐賀県の古陶磁を収集しているオーナーが一人で経営しています。ここでしか見る事ができない貴重な古伊万里もあり、見ごたえのあるコレクションです。

喫茶コーナーも併設してあり、コーヒーをいただきながら、古陶磁についてオーナーから学ぶことができます。陶芸を趣味にしている女子会旅や、古伊万里や古陶磁の研究をしている人など、勉強のために訪問しています。

名称 古陶磁コレクション 了庵
住所 長野県上高井郡小布施町小布施88-3
サイト http://park20.wakwak.com/~miryo/

3. 小さな栗の木美術館

「小さな栗の木美術館」は、小布施の名家が所有していた土蔵をリノベーションしたものです。「洲之内コレクション」と呼ばれるものが展示してあります。小さくてかわいらしい美術館ということで、インスタ映えのために女子会旅の目的としても人気です。

美術館はレストラン「泉石亭」の敷地内にあります。レストランを利用すると無料で入館することができます。日本庭園はよく整備されていて、子供でも黙って落ち着くほどの静寂な空気が流れています。美術エッセイストの洲之本徹氏のコレクションが展示してあります。

名称 小さな栗の木美術館
住所 長野県上高井郡小布施町小布施中町779
営業時間 10:00~17:00
サイト http://www.obusekanko.jp/enjoys/museum/obuse144.php

4. おぶせミュージアム・中島千波館

小布施出身の日本画家、中島千波氏の作品を中心に展示されているのが「おぶせミュージアム・中島千波館」です。庭園には季節の花々が咲いていて、日本の美しい四季を感じることができます。一人でぶらりと訪れでゆっくるり過ごすファンもいる美術館です。

別名「花咲くぶらり美術館」と呼ばれるほど、庭園の花が印象的です。小布施町の文化拠点として開設された町立の美術館ということで、町の文化財である祭り屋台も展示されています。デートで訪れてもゆっくり過ごせる、静かな環境です。

名称 おぶせミュージアム・中島千波館
住所 長野県上高井郡小布施町大字小布施595
営業時間 9:00~17:00
サイト https://www.town.obuse.nagano.jp/site/obusemuseum/

5. 小布施歴史民俗資料館

「小布施歴史民俗資料館」は木造の小学校校舎を利用した資料館です。美しい城壁の校舎は、タイムスリップしたかのような懐かしさを覚えます。町の考古資料が集められています。普段の生活道具の変遷も知ることができます。子供たちが郷土の暮らしを学ぶために訪問しています。

資料館のレトロな外観は撮影スポットとして人気です。内部も雰囲気があります。長い廊下は懐かしい木の床で、展示品も並んでいます。小布施には石器時代から人が暮らしており、その資料は貴重です。子供たちのために、糸紡ぎ体験や昔の遊び体験などが企画されています。

名称 小布施歴史民俗資料館
住所 長野県上高井郡小布施町中松松村550
営業時間 9:30~16:00
休館日 月~金 春と夏のイベント期間中は毎日開館
サイト https://www.town.obuse.nagano.jp/soshiki/14/rekishiminzokushiryoukan.html

6. 日本のあかり博物館

小布施町は江戸時代から菜種油の生産をしていました。灯りをともすのに菜種油が使われていたという縁もあり、小布施町に開設されたのが「日本のあかり博物館」です。当時最新だった灯火器や技術を見る事ができます。

日本のあかり博物館では、灯りに関する体験講座がいくつもあり、子供たちの学びに役立っています。特に菜種油絞り体験は、この博物館独特のものです。油を搾るのに大変な力が必要であるということがわかります。他にモザイクキャンドル作り、蜜蝋を使ったろうそく作り、火おこし体験などができます。

名称 日本のあかり博物館
住所 長野県上高井郡小布施町大字小布施973
営業時間 9:00~17:00
休館日 水曜 年末年始
サイト https://nihonnoakari.or.jp/

7. 栗日記ギャラリー

栗の産地としても有名な小布施には「栗日記ギャラリー」があります。カラフルな栗のイラストが展示されています。名古屋のイラストレーターによる作品です。毎日ネット上で栗のイラスト作品を発表しおり、印刷したものを栗日記ギャラリーで観る事ができます。コアなファンが一人でも訪れるスポットです。

栗日記ギャラリーは栗菓子専門店「栗庵風味堂」の2階にあり、入場無料です。1階は材料と手作りにこだわった栗菓子が販売されています。カフェも併設されており、女子会やデートなどに使われています。栗を使った美しいスイーツの数々はインスタ映え間違い無しです。

名称 栗日記ギャラリー
住所 長野県上高井郡小布施町414
営業時間 8:30~17:00
サイト https://www.fumido.co.jp/

8. 高井鴻山記念館

小布施の豪商、高井鴻山について学ぶことができる「高井鴻山記念館」。自らも絵を描くなど、文人として活躍していた鴻山の資料を通して、小布施の貴重な歴史を学ぶことができます。歴女たちの女子会旅が感激する記念館です。

記念館の展示品には、鴻山が自ら描いた絵もあります。葛飾北斎の影響を受けた事が明らかで、北斎と鴻山の関係の深さが伺えます。当時は皆、江戸から歩いて小布施の鴻山を訪ねていました。建物は当時の面影を残していて、歴史好きカップルが静かにデートするスポットにもなっています。

名称 高井鴻山記念館
住所 長野県上高井郡小布施町大字小布施805-1
営業時間 10:00~15:00
休館日 12月31日
サイト https://www.town.obuse.nagano.jp/site/takaikouzan/

9. おぶせ藤岡牧夫美術館

イラストレーターとして人気の藤岡牧夫氏の作品が展示されている「おぶせ藤岡牧夫美術館」。絵本作家としてもよく知られており、カヌーイスト野田知佑さんとカヌー犬ガクの冒険を描いた「ささ舟カヌー」のファンが、一人旅でも訪れる聖地です。

藤岡氏のイラストはどれも明るく優しい筆づかいで、心が和みます。東京で活躍していた藤岡氏が故郷長野に戻り、郷土の自然を描いています。様々なイベントも企画されており、大人から子供まで、日本中からファンが集う美術館です。

名称 おぶせ藤岡牧夫美術館
住所 長野県上高井郡小布施町雁田1171
営業時間 10:00~17:00
休館日 月曜(祝日の場合は翌火曜)
サイト http://fujiokamakio.jp/

小布施の体験 4選

1. 花と木の実 cocochiya

自宅でお花の教室を実施している「花と木の実 cocochiya」。ハーバリウムやプリザーブドフラワーのアレンジやリース作品を体験することができます。資格取得コースもあり、地元の花好き女子会に支持されています。

大きな窓から明るい光が差し込んでくる自宅教室は、とても素敵です。いたるところに季節の花が飾ってあって、インテリア雑誌のようです。庭も良く整備されており、まるでヨーロッパのようです。先生は3人の子供さんのママでもあり、気さくな方です。

名称 花と木の実 cocochiya
住所 長野県上高井郡小布施町山王島90-2
営業時間 10:00~15:00
定休日 日曜・祝日
サイト https://hanatokinomi-cocochiya.amebaownd.com/

2. 富蔵家本館 蕎実亭

小布施町の「富蔵家本館 蕎実亭」は、30名までそば打ち体験の予約ができます。「信州小布施流」のそば打ちを学ぶことができます。そば打ち歴45年で「そば打ち伝道師」と称されるオーナーが自ら指導します。風味の良いそばは外国人にも人気です。

蕎麦実亭には、130名収容の大広間があります。人数に合わせて個室を用意できますので、接待や商談にもよく利用されます。そば打ち伝道師による「そば懐石」はとてもおいしいと、女子会の会場としても喜ばれています。

名称 富蔵家本館 蕎実亭
住所 長野県上高井郡小布施町上町959
営業時間 11:00~15:00
サイト https://www.kyoumitei.com/

3. 有限会社 穀平味噌醸造場

「有限会社 穀平味噌醸造場」では、味噌造り体験を楽しむことができます。5~10名のグループが対象なので、女子会旅や子供連れの家族旅におすすめです。出来上がった味噌は発酵させて自宅に送られます。または、自宅で味噌を発酵できるように整えるサービスもあります。

穀平味噌醸造場では、9種類の味噌を製造・販売しています。贈答用にパッケージしてある商品もあり、外国人観光客にも人気です。本樽仕込みの天然醸造味噌は、とても健康によく深い味わいです。様々な味噌が少量づつパックに入ったセット商品もあって、食べ比べができると人気です。

名称 有限会社 穀平味噌醸造場
住所 長野県上高井郡小布施町小布施734
営業時間 9:00~18:00
味噌造り体験 前期 3月~7月  後期 9月~11月
サイト http://kokuhei.com/nso

4. やきもの 郷の工房

「やきもの 郷の工房」では、やきもの制作体験ができます。貴重な体験ができるのでリピーターも多く存在します。観光客向けの一日体験だけではなく、本格的に陶芸を学びたい人向けに陶芸教室を実施しています。布に絵を描く「手書き染め」の教室もあり、子供たちも楽しんでいます。

やきもの 郷の工房で作られているのは、器だけではありません。陶器の人形がとても特徴的で、絵本の中の小人のようです。先生や生徒さんたちの作品が展示販売されています。ギャラリー喫茶もあり、女子会の会場になることもあります。

名称 やきもの 郷の工房
住所 長野県上高井郡小布施町小布施34-3
営業時間 10:00~17:00
定休日 月曜、火曜
サイト http://www.e-obuse.com/shop.php/sato_k

店・カフェ5選

1. 栗菓子の小布施堂 えんとつ

「栗菓子の小布施堂 えんとつ」で一番人気なのは「モンブラン朱雀」です。見た目にも美しく、栗菓子の老舗らしい味わいです。インスタ映えすると評判で、女子会がよく開かれています。地元の食材を使ったグルメとして高評価を受けています。

小布施堂店主が、自宅にある蔵をリノベーションしてカフェ「えんとつ」をオープンしました。モンブラン朱雀と朱雀コーヒーの専門店です。紅茶は鉄瓶でいれるというこだわりです。アイスティはアールグレイで、豊かな香りです。

名称 栗菓子の小布施堂 えんとつ
住所 長野県上高井郡小布施町808
営業時間 12:00~16:00
サイト http://www.obusedo.com/store/detail/entotsu.html

2. 味郷

とんかつの専門店「味郷」は1970年にオープンしました。とんかつを使った様々なメニューは、ガッツリ食べたい人に人気です。ご当地グルメの「ソースかつ」が苦手な人は、リクエストすればソースを別にして出してくれます。外国人観光客にも喜ばれます。

味郷の店内は木材がふんだんに使われており、ジャズも流れていて落ち着く雰囲気です。とんかつ以外のメニューもあるので子供連れでも安心です。トイレがとても特徴的なので一見の価値があります。庭の家とつながっていて植物も植えられており、とても開放的な不思議な場所です。

名称 味郷
住所 上高井郡小布施町伊勢町1426-3
営業時間 ランチ 11:00~14:15
ディナー17:00~20:00 
定休日 水曜・第2第4木曜 
サイト http://mikyou.net/

3. メイプル

ログハウスが自然とマッチしている「メイプル」は、三日間煮込んだカレーが人気です。バジルなどの自家製ハーブがふんだんに使われた、とてもヘルシーな一皿です。ログハウスの材料は、カナダから運んだ本格的なものです。食事もスイーツもこだわりの材料で作られていて、子供にも安心です。

30人前後のお茶会や発表会で貸切にすることも可能です。女子会での利用やデートなどにも適しています。モーニングサービスはとても安くてお得だと評判です。オリジナルの手作りクッキーも人気があり、お土産に喜ばれます。

名称 メイプル
住所 上高井郡小布施町小布施851-4
営業時間 8:30~18:00(土曜は16:00まで)
店休日 日曜・祝日
サイト http://www.obusekanko.jp/enjoys/food/maple.php

4. 薬師豆富 茶房まめ家

「薬師豆富 茶房まめ家」では、豆腐づくしのコース料理が人気です。大豆を丸ごと使い、おからを出さずに豆腐にしたものです。ここでは「豆富」の文字が使われています。とても濃厚で贅沢な味わいです。特にヘルシー志向の女子会に支持されいます。

「身体にいいものを食べたい」という願いを持った店主は、豆腐の材料にかなりこだわっています。厳選された大豆は日本国産です。にがりは天然100%を使用しています。子供からお年寄りまで安心して食べることができます。コース料理だけではなく、軽く豆腐だけを味わいたい人向けのメニューもあります。

名称 薬師豆富 茶房まめ家
住所 長野県上高井郡小布施町雁田821-10
営業時間 ランチ 11:30~15:00
ディナー 18:00~21:00
定休日 水曜
サイト http://www.obusekanko.jp/enjoys/food/obuse75.php

5. Pepin-Atelier de l’ange (ぺパン アトリエ ドゥ ランジュ)

オーガニック製品にこだわりのある方におすすめなのが「Pepin-Atelier de l’ange (ぺパン アトリエ ドゥ ランジュ)」です。お店にある食材・雑貨・洋服など全てオーガニック素材から作られています。野菜は、オーナー自ら畑を耕して栽培しています。子供のために優しい素材を探しているお母さんから人気です。

ランチは毎日シェフが変わる「ワンデイ・シェフ」システムです。毎日メニューが変わるので、日々新しい発見をすることができます。雑貨はフェアトレード品なども扱っており、国際社会問題などに関心のある人が多く訪れています。外国人観光客からも関心の高いお店です。

名称 Pepin-Atelier de l’ange (ぺパン アトリエ ドゥ ランジュ)
住所 長野県上高井郡小布施町大字小布施1004
営業時間 10:00~17:00
定休日 火曜・水曜
サイト http://www.obusekanko.jp/enjoys/food/obuse1551.php

北斎も愛した小布施町では、独自の文化が発展した!

いかがでしたでしょうか。最近話題の小布施町には、行くべきスポットが沢山ありました。美術館やギャラリーは小規模ですが、満足度の高い展示品がありました。ご当地グルメを味わったり体験するスポットもあります。町を挙げて観光に力を入れており、街並みも美しく、おもてなしの心にあふれていました。独自の文化が発展した小布施町を巡ってみましょう。最新スポットもどんどんできているので、チェックしてから訪問しましょう。

【関連記事はこちら】

▷長野の穴場からリーズナブルなグルメまで、おすすめスポットをご紹介!
▷栗と北斎と花のまち、小布施。長野県小布施町のおすすめ観光スポット20選

特集

2019/11/29【宿泊体験】ドーミーインの和風プレミアムブランド – 天然温泉 凌雲の湯 御宿 野乃 浅草 –

2019/09/27大人を楽しむふたりのためのシークレットステイ。 ──グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾート

人気記事