最終更新日時2019/11/06

福岡は女性人口率が多いからなのか、はたまたスイーツ好きの男子が多いのか…福岡は絶品スイーツの宝庫!スイーツだけではなく、海鮮やもつ鍋、博多ラーメンなど美味しいものがたくさんの魅力あふれる福岡。そんな舌の肥えた福岡県民の愛する厳選スイーツをご紹介します。

見た目にも美しい、センスの光る福岡のスイーツ9選

1. patisserie Jacques(パティスリー ジャック)大濠店

福岡の言わずと知れた超有名洋菓子店「パティスリージャック」。大濠公園駅そばにある、真っ白な外観が目を引くモダンな建物が印象的です。オーナーシェフは世界で認められた、日本に6人しかいないル・デセールの会員の一人。

こちらでまず食すべきは、店名が付けられたケーキ「ジャック」。果肉が入った洋梨のムース、風味豊かなキャラメルのムース、そしてスポンジが層になったとろけるような逸品です。早めに行かないと売り切れになることも多いのでご注意を。

名称 patisserie Jacques(パティスリー ジャック)大濠店
住所 福岡県福岡市中央区荒戸3-2-1
営業時間 10:00〜18:00
定休日第1・3月曜日、毎週火曜日
サイト http://www.jacques-fukuoka.jp

2. フランス菓子 16区

薬院大通りにある「フランス菓子 16区」は、アーモンド生地を使った「ダックワーズ」を日本で最初に考案したお店として全国的に知られています。一口目にはパリッ、サクッとした食感、その後訪れる柔らかい歯ごたえと口いっぱいに広がるアーモンドの風味がたまりません。

また、店頭には季節限定商品を含むおしゃれなケーキ類もずらりと並び、思わず迷ってしまいます。2階で絶品ケーキ、自家製のソルベ&アイスクリームなどと共にゆったりとティータイムを過ごすことができます。福岡の手土産にも、ダックワーズはいかがでしょうか。

名称 フランス菓子 16区
住所 福岡県福岡市中央区薬院4-20-10
営業時間 10:00~18:00
※2Fの喫茶は、10:00〜17:00
定休日月曜日(祝日の場合は翌日)イートインは木曜日も休み
サイト https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40000550/

3. サイラー (Sailer)

福岡市南区長丘にある、オーストラリア出身のサイラーさんが営むベーカリー「サイラー」。クリムトをイメージした、クラシックの流れるサロン風カフェです。パンはもちろんのこと、店内に並ぶ宝石のようなスイーツの数々はどれも美しく、見ているだけで心が躍ります。

中でもおすすめは季節限定のケーキたち。春は桜、秋は栗のように最も美味しい旬の素材を活かしたケーキたちが並びます。本場仕込みのチーズケーキも一食の価値あり。どれも甘さ控えめでやさしい味わいです。一人でカウンターで優雅な時間を過ごすもよし、ソファ席で女子会利用にもおすすめです。

名称 サイラー (Sailer)
住所 福岡県福岡市南区長丘2-1-5 西村ビル1F
営業時間 7:00~20:00
サイト https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400202/40000552/

4. パティスリー オー フィル ドゥ ジュール

桜坂駅から徒歩5分、天神からほど近い閑静な住宅街にある「パティスリー オー フィル ドゥ ジュール」。パリの5つ星ホテルで修業を積んだパティシエが営む本格派です。繊細かつ複雑な味わいのスイーツの虜に。特におすすめなのが、トップに蜂の巣を模したチョコレートの飾りが乗った「ル・ミエル」。

アカシア蜂蜜を用いたムース、洋梨のクーリ、そして生姜とレモンの味わいがアクセントに。丁寧に作りこまれたプティガトーは目にも美しい芸術品とも言える一品です。生チーズケーキやタルトキャラメルペカンなども人気です。

名称 パティスリー オー フィル ドゥ ジュール
住所 福岡県福岡市中央区桜坂1-14-9
営業時間 10:00~19:00
定休日水曜日+不定休有り
サイト https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400105/40041873/

5. 白金茶房

ゆったりと読書をしたり、くつろぎながら絶品パンケーキがいただける「白金茶房」。薬院駅徒歩5分の場所にあります。黄金色のきめ細やかなそれは完璧な仕上がりで、ひと目見たときにその美しさに目を奪われ、思わず写真を撮ってしまいそう。見た目だけでなくもちろん味わいも格別。

石臼を丁寧に挽いて作られた福岡県産100%の小麦粉を使用し、きめ細やかでしっとりとした生地に仕上げます。甘さは控えめ、メープルシロップと蜂蜜で自分好みの甘さに調節しつつ、バターの塩気をアクセントに楽しんでみてはいかがでしょうか。コーヒーにもこだわっており、とっておきの時間を過ごせます。

名称 白金茶房
住所 福岡県福岡市中央白金1-11-7
営業時間 平日10:00〜22:00(L.O.21:00)
土・日・祝日8:00~22:00(L.O.21:00)
サイト https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40035119/

6. アラペイザンヌ

北九州の近郊、遠賀町にあるログハウス調の外観が可愛らしい「アラベイザンヌ」。こちらでは本場パリで修業を終えたこの道40数年のパティシエが手掛けるバウムクーヘンとフランス菓子のお店です。アラベイザンヌの一番人気はバウムクーヘン「プレーン」。

良質な素材を使用して丁寧に焼き上げられたバウムクーヘンは、しっとり・ふんわりとした食感。プレーンの他はチョコ・むらさき芋・抹茶が定番の味です。ショートニング、着色料などの添加物などは極力使わず素材の風味を感じられ、小さなお子様やご年配の方も安心して食べることができます。

名称 アラペイザンヌ
住所 福岡県遠賀郡遠賀町虫生津94-1
営業時間 10:00~19:00
定休日月曜日(祝日は営業)
サイト https://tabelog.com/fukuoka/A4006/A400603/40004998/

7. ラフェブルー

千代県庁口近くの「ラフェブルー」は、安くて美味しいと人気のケーキ屋さんです。様々なケーキも人気ですが、お店の看板メニューは千代の華(ちのよか)おとこシュー。ごつごつした硬めの皮にアクセントのザラメが散らされ、中にはとろ~りクリームがぎっしり入った一品です。

カスタードクリームにはバニラビーンズが入り、クリーミーで甘さ控えめ、くどくなくぺろりと食べられます。ほかにエクレールやプリン、各種ケーキなどが店内には数多くあります。ぜひお気に入りの一品を見つけてみてください。

名称 ラフェブルー
住所 福岡県福岡市博多区千代3-6-3
営業時間 10:00~19:30
定休日火曜日 (火曜日が休日の場合は水曜日)
サイト https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400106/40006487/

8. bills 福岡

シドニー発の「世界一の朝食」と称されたリコッタチーズのパンケーキやスクランブルエッグが堪能できる「bills 福岡」。西日本エリアの1号店では、自然を感じられる水辺のおしゃれな空間でゆったりと過ごすことができます。こちらでご紹介するスイーツは「パブロバw/ストロベリー、ローズウォータークリーム」。

オーストラリアの郷土料理をアレンジしたスイーツで、ナッツ入れのメレンゲをオーブンで焼き上げ、その上にたっぷりの生クリームと苺を乗せいただきます。苺の酸味の後にはバラの風味が鼻を突き抜けます。リコッタパンケーキはどの世代にも大人気です。

名称 bills 福岡
住所 福岡市中央区西中洲13-1
営業時間 月~木8:30~21:00(L.O. 20:00)
金8:30~22:00(L.O. 21:00)
土日・祝日8:00~22:00(L.O. 21:00)⁣
サイト https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40043471/

9. パティスリー ジョルジュ マルソー

有名フレンチレストラン系列のスイーツ専門店「パティスリー ジョルジュ マルソー」。熊本県産のデコポンや契約農家のさがほのかを贅沢に使用したタルトなど、九州産の厳選素材を用いたスイーツがたくさん並ぶパティスリーです。こちらの看板商品は「チーズケーキ・フォンデュ」。

外はクッキー生地に包まれ、その中はクリームチーズとパルメザンチーズのとろけるようななめらかな食感。今までのチーズケーキのイメージとは違う、まさに一度食べたら忘れられない逸品です。スタイリッシュな店内にはカウンター席・テーブル席が設けられ、一人やデートの来店にもぴったりです。

名称 パティスリー ジョルジュ マルソー
住所 福岡県福岡市中央区渡辺通5-8-19 マイスタア5 1F
営業時間 平日、土曜10:00~21:00
日曜10:00~19:00
サイト https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40040922/

長年福岡の地元の人からも愛されてきたスイーツ5選

1. チョコレートショップ

創業昭和17年。中洲川端駅から徒歩3分の場所にあるその名も「チョコレートショップ」。親子2代に渡りこの店を営み、福岡の人々に愛され続けています。初代の一粒のトリュフチョコレートと出会いが彼の人生を変え、情熱のチョコレート職人へと導きました。

「生チョコ1942 博多の石畳」をはじめ、店内のショーウィンドウには宝石のように美しいヨーロッパスタイルのトリュフチョコレートが並びます。また、チョコレート以外の洋菓子も多数取り揃え、手土産にもぴったり。ぜひとろけるようななめらかなチョコレートを味わってみてください。

名称 チョコレートショップ
住所 福岡県福岡市博多区綱場町3-17
営業時間 10:00~19:00
サイト https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400106/40000666/

2. 鈴懸 本店

本店は中洲川端駅のすぐ側ビルの1階。創業大正12年、和菓子づくり一筋の和菓子の名店「鈴懸」。創業者の中岡三郎は「現代の名工」に賞された工芸菓子の第一人者であり、繊細かつ丁寧に作りこまれたその技術は現代へと引き継がれています。

特におすすめは一口サイズのどら焼き「鈴乃◯餅」(すずのえんもち)と鈴の形をした「鈴乃最中」。〇餅の皮は一枚ずつ手焼きでもちもち、甘さ控えめの餡とのバランスが美味。最中はサクッとした皮と餡のハーモニーが絶妙です。どなたにも喜ばれるこちらは手土産にも最適です。

名称 鈴懸 本店
住所 福岡県福岡市博多区上川端町12-20 ふくぎん博多ビル 1F
営業時間

9:00~20:00

サイト https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400102/40006207/

3. 廣久葛本舗(ひろきゅうくずほんぽ)

創業文政2年、九州産の天然本葛を用いた和スイーツが人気の「廣久葛本舗」。江戸幕府への献上品としても使用されていました。葛切りや葛もちの出来立てを味わうことができます。伝統的手法を受け継ぎ、葛は九州の山野に自生している寒根葛(かんねかずら)の根を何度も水でさらしアク抜きをして作り上げます。

きな粉とコク深い黒蜜を絡めていただく葛餅は、箸で持ち上げれば伸びやかに、口に入れればもっちりなめらかな食感を楽しめます。また、本葛にはイソフラボンが含まれ嬉しい効用も。本格的な抹茶がついた葛もちセットもおすすめです。

名称 廣久葛本舗(ひろきゅうくずほんぽ)
住所 福岡県朝倉市秋月532
営業時間 葛商品販売8:00~17:00
店内飲食・喫茶10:00~16:30
サイト https://tabelog.com/fukuoka/A4008/A400802/40000546/

4. 茶房きくち

太宰府天満宮の参道にある「茶房きくち」。太宰府天満宮の名物「梅が枝餅」を出来立てで食べられる人気のお店です。梅が枝餅はもち米、うるち米、あずき、砂糖、塩の原料のみで作られる饅頭のような和菓子です。もちもちの薄い生地の中に粒あんがたっぷり入っています。

あんは十勝産小豆を使用し、少し感じる塩気が良いアクセントに。焼きたてはサクサク、冷めるともっちりとした食感になり、両方楽しむために2つ以上買って比べてみるのもおすすめです。また、毎月25日限定は「よもぎの梅が枝餅」が限定で販売されます。

名称 茶房きくち
住所 福岡県太宰府市宰府2-7-28
営業時間 定休日木曜日
サイト https://tabelog.com/fukuoka/A4003/A400301/40012584/

5. 山月堂

那珂川町にある大福が人気の「山月堂」。遠方からもこのふわふわの大福を求めて、たくさんのお客さんがやってきます。大福の中身はマンゴー、カフェオレ、抹茶、ティラミスと種類が多く迷ってしまいますが、一番人気は「レアチーズ大福」と「プリン風カスタード大福」。

中のクリームもとろとろですが、外の餅も非常に柔らかく、持つと形が変わってしまうほど。噛む必要がないほどで、口の中に入れるととろけていきます。レアチーズはブルーベリーのジャムが入りさっぱりとした味わい。プリン風はカラメルとカスタードクリームが入っています。

名称 山月堂
住所 福岡県筑紫郡那珂川町五郎丸2-5
営業時間 9:00~19:00
定休日月曜日
サイト https://tabelog.com/fukuoka/A4003/A400301/40003318/

季節の野菜・フルーツを使った福岡のスイーツ5選

1. キャンベル・アーリー

博多駅直結、AMUプラザにあるフルーツ専門店が手掛ける「キャンベル・アーリー」。フルーツのプロが目利きした、新鮮な旬のフルーツをふんだんに使用したスイーツが楽しめます。中でもおすすめなのが、贅沢にフルーツが乗ったフルーツパフェ。

春はあまおうやさちのか、夏にはマンゴーや白桃、秋には栗や梨などの旬の新鮮なフルーツを使用しています。また、パンケーキも人気でパンケーキとミニパフェとドリンクのセットも魅力的。いろいろなものを少しずつ食べたい女子には嬉しいセットです。

名称 キャンベル・アーリー
住所 福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティ 9F
営業時間 11:00~22:00((L.O.21:30)
サイト https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400101/40026335/

2. クルミ (KURUMI)

大濠公園駅より徒歩4分、外観・内観ともに可愛らしいカフェ「クルミ (KURUMI)」。パティシエが「自分が食べたいもの」にこだわり厳選素材を用い、添加物を使用せず作られるこだわりのスイーツが並びます。こちらで不動の人気を誇るのは旬のフルーツを用いた「フルーツタルト」。

また、季節限定のカボチャのタルトもファンが多く、なめらかなカボチャのフィリングと甘さ控えめの生クリームのバランスが秀逸です。ランチメニューにケーキをセットにすることもできるので、女子会などに利用してみてはいかがでしょうか。

名称 クルミ (KURUMI)
住所 福岡県福岡市中央区荒戸2-1-11
営業時間 10:00~19:00
定休日日曜、第1・第3月曜
サイト https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400105/40006698/

3. プリンス オブ ザ フルーツ(PRINCE of the FRUIT )

薬院にあるこちらの「プリンス オブ ザ フルーツ」は、糖度の高い高級フルーツを使った、フルーツパフェが人気のお店。最高に甘いフルーツとそれに組み合わせるトッピングのバランスが素晴らしく、どれもセンスの良さを感じさせます。

どれもおすすめですが、完熟マンゴーのパフェをご紹介。自然に落下するまで樹から栄養を受けた宮崎産マンゴーは、糖度13度以上。アールグレイやココナッツ、濃厚バニラや杏仁、ラズベリーなどのジェラートとの絶妙な味わいがさらにマンゴーのおいしさをを引き立てます。

名称 プリンス オブ ザ フルーツ(PRINCE of the FRUIT )
住所 福岡県福岡市中央区薬院4-18-17 レイナビル1F
営業時間 月~金10:00~18:00
土・日8:00~18:00
定休日火曜日
サイト https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40043138/

4. 五十二萬石 如水庵 博多駅前本店

博多駅近くの「如水庵」は、饅頭や羊羹などの和菓子を取り揃えるお店。中でも有名なのが、丸ごとのフルーツやトマトが入った大福。四季折々の大福が販売され、春はいちご、秋は栗や柿など季節ごとに旬の素材が味わえます。

中でも人気なのが、巨峰が丸ごと一個包まれた「ぶどう大福」。かじれば新鮮な巨峰のジューシーな果汁が滴り落ちます。柔らかな餅となめらかな白あんとジューシーな巨峰が互いの良さを引き立て合い、食感、味共に絶品!手土産にも喜ばれる季節の大福はいかがでしょうか。

名称 五十二萬石 如水庵 博多駅前本店
住所

福岡県福岡市博多区博多駅前1-24-10

営業時間 月~金9:00~19:00
土・日・祝9:30~18:00
サイト https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400101/40002472/

5. あいす工房 らく農家

宗像大社ほど近く、新鮮な食材で丁寧に作られているジェラートのお店「あいす工房 らく農家」。着色料や防腐剤、香料といった添加物不使用で、その日作ったものはその日にしか出さないというこだわりようです。季節限定のフレーバーがたくさんそろっており、いつ行っても飽きることがありません。

定番のジャージー牛乳をはじめ、みかん、佐藤錦、ソルダム、ドラゴンレッド(じゃがいも)、トマト、アスパラガスのジェラートがあります。低脂肪のホームメイドアイスは身体にもいいので、ダブルにすれば少しの差額で2つの味が楽しめるのでおすすめです。

名称 あいす工房 らく農家
住所 福岡県宗像市神湊44-2
営業時間 11:30~日暮れまで
定休日第3火曜・水曜日
サイト https://tabelog.com/fukuoka/A4003/A400302/40020219/

激戦区・福岡の厳選スイーツ!

フランス菓子から、老舗の和菓子店まで様々なスイーツをご紹介してきました。全国的にも有名な「あまおう」をはじめ、みかんやぶどう、いちじくなどの美味しいフルーツもたくさんあり、また豊かな自然に囲まれた福岡は美味しい食材に恵まれたグルメの宝庫!今回はスイーツ激戦区でもさらに人気のお店をご紹介してきました。ちょっと足を延ばして、週末はお目当てのスイーツ巡りに出かけてみてはいかがでしょうか。

【関連記事はこちら】

▷おいしいものがたくさん!福岡での食事で外せないおすすめグルメ20選
▷居酒屋だけじゃない!ランチも美味しい福岡の人気のおすすめ20選

特集

2020/08/06東京の空に漂う。心解き放つ絶景ステイ──ザ・ゲートホテル雷門 by HULIC

おすすめ記事

人気記事