最終更新日時2019/10/08

最近はコンビニでも販売されており、全国的な知名度も高いしろくま。発祥地鹿児島では、ご当地ならではのユニークなしろくまもたくさん揃っています。かわいいしろくまを求めに、デートや女子会で行ってみるのもよし、子供を連れていくのも楽しいはずです。おすすめの最新しろくまをチェックしましょう。

やっぱり本場は格別!?鹿児島のしろくま10選

1. 白熊菓琲

氷白熊の本家とされる「白熊菓琲」は、天文館むじゃきにある喫茶店です。このお店には、入り口で大きな白熊が、お客さんを出迎えてくれます。店内は落ち着いた雰囲気になっていますので、ゆっくりと本格的なしろくまを味わうことができて満足できるでしょう。

もちろん、しろくま以外にも黒豚カツサンドやフレンチトーストといった人気メニューがあるので、甘い物が苦手な方も安心。おすすめは白熊ですが、白熊にもチョコレートやストロベリーなど様々な種類が取り揃えられているので、選ぶ楽しみがあるのが魅力。

氷白熊を食べたことがある人も、まだ挑戦したことがない人も、まず一度は天文館むじゃきに足を運んでみてはいかがでしょうか。天文館むじゃきは居酒屋から洋食、そして鉄板焼きとグルメが揃っている建物です。そして、〆はしろくまで決まり!

名称 白熊菓琲
住所 鹿児島県鹿児島市千日町5-8 天文館むじゃき1F
営業時間 月〜土 11:00〜22:00(L.O.21:30)
日・祝・7~8月毎日 10:00〜22:00(L.O.21:30)
サイト http://mujyaki.co.jp/mujyaki/index

2. サンデココーヒー

鹿児島市役所のそばにある「サンデココーヒー」は、明るい雰囲気が自慢のお店です。このお店は、昼はオシャレなカフェですが、夜はなんと数学塾に返信するという不思議なコンセプトを持っています。お店にも数学関連グッズがあるので、数学に関心がある人にうってつけです。

オシャレな飲み物がメニューに広がるこのお店。他に、黒豚なんこつカレーのようながっつり食べられる料理も揃っています。しろくまに、黒豚やなんこつ、鹿児島だからこそ食べることができる名物料理を食べることができるのが魅力です。

おすすめはフルーツ温泉しろくまの湯です。美味しいかき氷に加え、贅沢に敷き詰められたフルーツの数々があなたをワクワクさせてくれます。家族や恋人と、ワクワクするデザートを楽しみたければこの店に行ってみましょう。子供の数学嫌いも治るかもしれません。

名称 サンデココーヒー
住所 鹿児島県鹿児島市名山町4-1
営業時間 木〜日 10:00~17:30(L.O.17:00)
定休日 月曜〜水曜
サイト https://tabelog.com/kagoshima/A4601/A460101/46009792/

3. cafe彼女の家 天文館店

「cafe彼女の家 天文館店」は、白熊ならぬ、黄熊という新たな名物氷を生み出したお店です。黄熊という名前に聞き覚えがない方も多いかもしれません。これは、このお店でしか食べることができないマンゴー味のかき氷。もちろん、定番の白熊も提供しています。

斬新なだけでなく、黄熊のマンゴーソースにはこだわりも光ります。甘み・あっさり・酸味をポイントにした、3種のマンゴーソース!巨大なかき氷にたっぷりとかけられた自慢の一品が、あなたを満足させます。具材も豊富で、マンゴーとバナナを贅沢にあしらい、バニラアイスと練乳の相性も抜群です。

白熊を食べ尽くしたという方も、まだ一度も白熊を食べていないという方も、まずはこのお店に行ってみてはいかがでしょうか。白熊と黄熊という新旧鹿児島定番スイーツを一度に味わうことができる、ユニークなお店です。くつろぎの空間で、旅の疲れを癒しましょう。

名称 cafe彼女の家 天文館店
住所 鹿児島県鹿児島市東千石町8-18 B1F
営業時間 月~木 11:00~21:30
金・土 11:00~22:30
日 11:00~20:30
サイト http://kanojonoie.client.jp/index.html

4. 柳川氷室

「柳川氷室 」は、40年以上前に創立された歴史のあるお店。氷の卸売を専門に行っていますので、本格的な氷の味を楽しむことができます。オーソドックスなかき氷から、鹿児島名物しろくままで楽しむことができるので、地元でも人気の行列店です。

おすすめは、ベリーしろくまです。特製のミルクがかかり、甘さと氷本来の味が絶妙にマッチした一品は、大人から子供まで満足できます。かき氷の種類が豊富なのも魅力的ですし、コーヒーも販売しているので、観光で歩き疲れたときに、一息つくにも良いでしょう。

家族経営でアットホームな雰囲気の柳川氷室。行列ができているので、すぐに目がつくはずです。並ぶのが億劫に感じてしまうかたも、一度食べるとやみつきになること間違いなし。並ぶ価値が十分にありますよ。本格的なかき氷屋さんの、美味しいしろくま。一度味わってみてはいかがでしょうか。

名称 柳川氷室
住所 鹿児島県鹿児島市堀江町19-6
営業時間 11:00~18:00
サイト https://tabelog.com/kagoshima/A4601/A460101/46005440/

5. 紙風船

「紙風船」は、昭和の雰囲気を醸し出すレトロな喫茶店。賑やかな雰囲気で、わいわいしろくまを楽しむのも良いですが、ゆっくりと贅沢なしろくまを味わいたいという方には、このお店がぴったりです。明るすぎず、店内には、ジャズが流れていて、心地よい空間を味わえます。

落ち着いた雰囲気のこのお店で食べるしろくまは絶品!お子さん向けにはこぐまも用意されていますので、家族揃ってしろくまを楽しむことができます。モーニングメニューも用意されているので、朝から食事としろくまをいただくのも良いでしょう。

昔懐かしい雰囲気を楽しみながら、大人気のしろくまを食べることができるこのお店を一度訪れてみませんか。食欲をそそりたてるチキン南蛮のランチや、お得なモーニングセットがありますし、何と言っても、お店の雰囲気にマッチした贅沢なしろくまを食べることができるのが魅力です。

名称 紙風船
住所 鹿児島県鹿児島市東千石8-24 増田ビル 2F
営業時間 8:00~17:00(L.O.16:30)
定休日 火曜
サイト https://tabelog.com/kagoshima/A4601/A460101/46001471/

6. まき

鹿児島でしろくまを楽しむことができるのは、カフェや喫茶店だけではありません。カジュアルなレストランの「まき」なら、美味しい洋食の数々と一緒に、こだわりのしろくまを楽しむことができまる。洋楽が流れるオシャレなアメリカンスタイルの店内、新鮮な体験ができます。

このお店で味わうことができるしろくまは、白ではなく、なんと「黒」。黒熊と呼ばれる、この店ならではのデザートが自慢です。黒熊は一般的な白熊にコーヒーを加えたものなので、甘さと苦味を同時に楽しめます。コーヒー好きなら一度は挑戦したいデザートです。

鹿児島のどこでしろくまを食べるべきか悩んでいるみなさま。まきでなら、本格的な食事でお腹を満たしつつデザートを楽しむことができます。料理もオムハヤシ・ハンバーグ・唐揚げなど、子供に人気のものばかり。家族で楽しい食事と美味しい黒熊を味わいに行ってみてはいかがでしょうか。

名称 まき
住所 鹿児島県鹿児島市与次郎1-10-28
営業時間 11:00〜21:30
定休日 水曜
サイト https://tabelog.com/kagoshima/A4601/A460101/46003255/

7. 茶房 珈花子

「茶房 珈花子」は、鹿児島で和菓子を提供している会社が運営する菓々子横丁にある喫茶店です。このお店では、名物焼きどうなつを始めとした和菓子や抹茶などのホッとできる品々が揃っていることはもちろん、贅沢な和パフェも提供しています。和の雰囲気を感じたい方にぴったりです。

このお店のかわいらしい白熊は、あんこも入っており甘みも抜群。コーヒーと一緒に楽しむと、なんとも絶妙なコラボレーション。また、このお店の対面には屋根裏ギャラリーがありますので、四季折々の催しや芸術品を楽しむことができ、デートにもおすすめです。

外国人のお友達を案内したり、ゆったりと和の空間を楽しみながらしろくまで体を冷やしたいという方には、このお店がぴったり。和菓子販売も充実していますので、家族へのお土産購入にもよし。さあ、趣ある木造家屋へ行ってみてはいかがでしょうか。

名称 茶房 珈花子
住所 鹿児島県鹿児島市東千石町13-14 天文館菓々子横丁
営業時間 10:00~20:30(L.O.20:00)
サイト http://www.jokiya.co.jp/index.html

8. うふふ しろくま食堂

「うふふ しろくま食堂」は、すべて手作りにこだわっているというやさしい定食が食べることができる食堂です。そして、オシャレなしろくまを食べることができます。アクセスも良いこのお店は、清潔感のある空間が自慢です。

まず、食事のメニューが充実しています。日替わり定食・牛すじカレー・オムライス・ちゃんぽんと、満足できる食事メニューばかりです。そして、手作りのしろくま。かき氷がふわふわであることはもちろん、自家製シロップと練乳が魅力を最大限まで引き立てます。

お父さんはお腹が空いて食事を食べたい、子供はかわくて甘いしろくまを食べたい、お母さんはお値段が気になる、そんな悩みを一気に解決してくれるのがこのお店です。お得なランチが揃っていて、美味しいしろくまも楽しめる。休日は家族で、うふふしろくま食堂へ行ってみましょう。

名称 うふふ しろくま食堂
住所 鹿児島県鹿児島市金生町1-12 三愛ビル1F
営業時間 11:00~17:00
定休日 日曜・祝日
サイト https://shirokumasyokudo.owst.jp/

9. マンゴーの森

「マンゴーの森」は、鹿児島市から車で1時間程度の指宿市にあるマンゴー販売店。自社農園で栽培しているマンゴーを提供しているので、その味は間違いなし。トロピカルでユニークなスイーツメニューや飲み物が揃っているのが魅力です。

宮崎のイメージがあるマンゴーですが、指宿のマンゴーも絶品。ここではマンゴー専門店らしく、地元名物しろくまにまで、マンゴーとパッションソースが贅沢にかけられています。このトロピカルで特別感がある商品は毎回限定発売ですので、早めに行った方が良いかもしれません。

鹿児島でフルーツの王様を存分に味わいたければ、このお店に行ってみてはいかがでしょうか。南国気分で冷たいしろくまもまた格別です。さらに、お土産に新鮮なマンゴーを買っていくと家族にも喜ばれることでしょう。今度のお休みは、ドライブでマンゴーの森に潜入に決まりですね。

名称 マンゴーの森
住所 鹿児島県指宿市山川岡児ケ水1332-4
営業時間 9:30~17:00
サイト http://mango-kameya.com/

10. エアポート山形屋 ファミリーレストラン

鹿児島名物しろくまを食べたかったのに、時間がないもしくは食べ忘れてた、そんな時も大丈夫です。「エアポート山形屋 ファミリーレストラン」には美味しい定食、ラーメンだけでなく、しろくまを楽しむことができます。

ファミレスですので、食事目的でも十分に満足できます。焼きそばにちゃんぽん、スパゲティにうどんと豊富な麺類が揃っている上、お子様向けメニューもありますので、家族みんなが楽しめるレストランです。同じフロアにはお土産店もあるので、時間調整にも適しています。

そして、しろくまはかわいいキャラクターのように作られており、食べるのがもったいないくらいです。焦って旅行中に疲れながらしろくまを食べるよりは、時間合わせに旅の最後でゆっくりと空港でしろくまを味わうのも良いかもしれません。

名称 エアポート山形屋 ファミリーレストラン
住所 鹿児島県霧島市溝辺町麓822 鹿児島空港ビルディング 国内線 2F
営業時間 6:50~最終出発便発の30分前
サイト https://www.yamakataya.co.jp/airport/

鹿児島には、色々なしろくまが揃っている

いかがでしたか。発祥地鹿児島だからこそ、色々なお店でしろくまを楽しむことができます。そして、近年は黄熊や黒熊などの新たな名物商品も誕生しつつあることがわかりました。しろくまを置いてある店も、カフェやファミレス、マンゴー専門店に食堂など様々です。大人気で混雑する店も多いですが、待つ価値は十分あるはず。時間とお腹に余裕があれば、しろくまの食べ歩きなんかも楽しいかもしれません。ぜひあなた好みのしろくまを見つけてみてはいかがでしょうか。

【関連記事はこちら】
▷おいしいランチが食べられる!鹿児島中央駅周辺でおすすめの店19選
▷日本のハワイを満喫するならココ!指宿でおすすめの温泉宿&銭湯13選

特集

2020/08/06東京の空に漂う。心解き放つ絶景ステイ──ザ・ゲートホテル雷門 by HULIC

おすすめ記事

人気記事