最終更新日時 2019/12/04

九州最大の都市である福岡博多。太宰府天満宮や呼子といった観光名所も魅力ですが、とんこつラーメン、辛子明太子、水炊きなどの多彩なグルメの宝庫でもあります。今回はその中でもおすすめの「もつ鍋屋」さんをご紹介します。是非お好みの一軒を探す参考にしてください!

博多の定番もつ鍋10選

1. もつ鍋 笑楽 本店

はじめにご紹介するのは、天神南駅から徒歩3分のところにある「もつ鍋 笑楽 本店」。老舗の名店がひしめく福岡市中央区・西中洲で30年以上、定番の味を守り続ける正統派のお店で、福岡市内に4店舗を構える大繁盛店です。

こちらの看板メニューは鶏ガラと二種類の醤油を合わせた特製スープのもつ鍋。厳選された九州産の生もつだけを使用し、あっさりとした味わいに仕上がっています。他の具材ではキャベル、ニラはもちろん、大きめにカットされたゴボウも味を引き立てています。

名称 もつ鍋 笑楽 本店
住所 福岡県福岡市中央区西中洲11-4
営業時間 17:00~25:00
サイト
http://www.shoraku.jp/

2. 楽天地 天神本店

次にご紹介するのは天神駅から徒歩3分の場所にある「楽天地 天神本店」。2階から5階まであるお店で、カウンター席もあります。テレビ番組などのメディアでもよく紹介され、たびたび芸能人も訪れるという人気店です。

こちらの名物は豪快にニラが盛られたもつ鍋。鹿児島県産で部位の異なる6種類のモツと、醤油ベースのスープが絶妙にマッチしています。「おいしく・たらふく・安く」というお店のモットーが十二分に感じられる逸品です。

名称 楽天地 天神本店
住所 福岡県福岡市中央区天神1-10-14
営業時間 17:00~23:30
サイト
http://rakutenti.com/shop/tenjin/

3. 牛もつ鍋 おおいし 住吉店

「牛もつ鍋 おおいし 住吉店」は福岡県博多市にあり、駅からは徒歩10分ほど。風情のあるお店の外観が目をひきます。スープが三種類から選べ、ちゃんぽん玉やうどん玉などの様々なトッピングが可能なのも魅力のひとつ。つい連日通ってしまいそうになるお店です。

定番メニューは新鮮な生モツを使用した牛もつ鍋です。こだわりは「炊き上げ」を厨房で一気に強火で仕上げること。それによって、もつの脂が流れ出ず、旨味をぎゅっと閉じ込めるのだとか。人気店のため、事前予約は必須です。

名称 牛もつ鍋 おおいし 住吉店
住所 福岡県福岡市博多区住吉4-8-21
営業時間 17:00~24:00
定休日 月曜
サイト
http://www.motunabe-oisi.com/

4. もつ幸

「もつ幸」は1978年創業という福岡でも有数の老舗店です。お店は呉服町駅のすぐ近く。水炊き風であっさりとしたスープとモツがからみあう鍋は博多で一番という呼び声も高く、地元の方や観光客で日々賑わっている繁盛店です。

使用されるモツは小腸、センマイ、赤センマイ、ハツのミックス。鶏ガラのスープで炊いたあとは酢醤油でさっぱりといただきます。餃子の皮で蓋をするスタイルはこのお店が発祥なのだとか。とろとろになった皮もまた、味が染み込んで絶品です。また、カウンター席もあり、お一人様でも楽しめるのがうれしいです。

名称 もつ幸
住所 福岡県福岡市博多区綱場町7-14
営業時間 17:00~24:00
定休日 日曜
サイト
http://motsukou.web.fc2.com/

5. 味鍋 味味

「味鍋 味味(みんみん)」、1983年創業の老舗店です。西鉄福岡駅から徒歩7分の場所にあります。こちらは創業以来、醤油味のスープひと筋。九州産黒毛和牛の新鮮なモツを使用した鍋は、地元の方に長く愛され続けています。

なんといっても、コクの深い琥珀色の醤油スープが絶品です。シメの後に全て飲み干してしまう人がいるとか。また、唐辛子とニンニクが別に添えて提供されるため、女子会にも最適。子供連れの方も安心して鍋を楽しむこともできます。

名称 味鍋 味味
住所 福岡県福岡今泉1-18-24-1F
営業時間 17:30~0:00
定休日 日曜
サイト
https://offal-pot-cooking-138.business.site/

6. 越後屋 今泉1号館

西鉄福岡(天神)駅から徒歩6分。繁華街から少し離れたひっそりとした場所にある、隠れ家的な雰囲気のあるお店です。内装は華やかでありながら落ち着いていて、もつ鍋屋のイメージを一新するような大人の空間を演出しています。

こちらは「京風白味噌もつ鍋」が看板メニューです。お店オリジナルのスープに国産牛モツの濃厚な旨味がスープに溶けこみ、上品な口あたりに。もつが苦手という方でも食べられると評判です。新鮮な牛の直腸を使用した「酢もつ」も人気です。

名称 越後屋 今泉1号館
住所 福岡県福岡市中央区今泉2-5-6 今泉スクエア 1F-A号
営業時間 17:00~23:00 L.O.22:30
サイト
https://www.echigoya-h.jp/introduction/ichigoukan.html

7. もつ鍋 おおやま 本店

呉服町駅から徒歩2分のところにある「もつ鍋 おおやま 本店」は、福岡市内だけではなく都心部にも店舗を拡大している有名店です。外国人のスタッフもいるので、海外からの旅行者や出張中のビジネスマンもよく訪れるとか。もつ鍋以外の一品料理も豊富で、お酒がどんどん進みそうです。

こちらの味噌味のもつ鍋は、西京味噌や九州味噌などの10種類もの味噌と、おおやま独自のタレをかけあわせたというこだわりのスープです。仕上げにはごま油を入れて、よりいっそう香りを引き立たせます。醤油味はニンニクの風味たっぷり。水炊き風のもつ鍋はおろしポン酢でさっぱりといただきます。

名称 もつ鍋 おおやま 本店
住所 福岡市博多区店屋町7-28
営業時間 17:00~24:00 L.O.23:30
サイト
https://www.motu-ooyama.com/shop/honten/

8. もつ鍋 一藤(いちふじ)博多店

博多駅より徒歩3分の場所にあるお店です。外観にある一藤の文字と家紋がお店を探す際の目印。店内は広々として、落ち着いたモダンな雰囲気です。掘りごたつや完全個室の部屋も用意されていて、歓送迎会や接待、デートにもぴったりです。

こだわりの鍋は手順を追って丁寧につくられるため、オーダーが入ってから20分かかります。仕上がった和牛モツは大ぶりで食べごたえがあり、一口でやみつきになる味。〆のおすすめはちゃんぽんで、博多ラーメンとはまたちがう中太の麺がスープとよく合います。

名称 もつ鍋 一藤(いちふじ)博多店
住所 福岡県福岡市博多区博多駅前2-4-16
営業時間 17:00~25:00
サイト
https://www.ichifuji-f.jp/hakata/

9. もつ鍋 慶州 西中洲店

地下鉄天神駅から5分ほど歩いたところにある、大人の雰囲気が似合う街・西中洲にぴったりのお店があります。福岡の老舗焼肉店が手がけたお店ということもあり、石焼のホルモンやチヂミ、本格的なキムチも味わうことができます。

メインのもつ鍋は九州産黒毛和牛のモツを使っています。種類も醤油、白味噌、チゲなどがあり豊富。一番人気は「塩テールもつ鍋」という牛テールを長時間煮込んだ出汁をつかった鍋で、最後はご当地の味・辛子明太子で仕上げるという、どこをとっても博多らしい一品です。

名称 もつ鍋 慶州 西中洲店
住所 福岡県福岡市中央区西中洲2-17
営業時間 17:00~25:00 L.O. 24:00
サイト
https://motsunabe-keisyu.owst.jp/

10. 博多もつ鍋処 梟

「もつ鍋処 梟」は、地元のメディアでも頻繁に取り上げられる専門店です。中洲川端駅から徒歩7分と少し離れた位置にありますが、店内に貼られたグルメな著名人たちのサイン色紙から、その人気の高さがうかがえます。駐車場はありませんがすぐ隣にコインパーキングがあるので車での来店も可能です。

こちらの名物は「雪見鍋」。塩味ベースのもつ鍋に、すりおろした山芋とろろをたっぷりとかけた一品で、なめらかな舌触りがくせになります。スープは魚介の出汁に沖縄の自然海塩を使用し、あっさりとした味わいに。「火山鍋」という辛味噌スープの鍋は女性人気が抜群だとか。

名称 博多もつ鍋処 梟
住所 福岡県福岡市博多区須崎町3-25
営業時間 [月-金]
18:00~23:00 L.O. 22:30
[土日祝]
18:00~23:00 L.O. 22:30
サイト
http://www.fukurou1106.com/

博多のおしゃれもつ鍋5選

1. もつ鍋 一慶 春吉本店

天神南駅から徒歩6分、住宅街を通り抜けた先にひっそりと佇む「もつ鍋 一慶 春吉本店」。白い外壁の和風の外観で一見敷居が高そうに見えますが、コースメニューも取り揃え、家族連れから宴会まで幅広いシーンに利用できるお店です。

看板メニューである「炙りもつ鍋」は、備長炭の炭火で国産牛のモツを炙った鍋。炭火の香ばしさが加わるだけでなく、余分な脂が落ちて食べやすいという女性にも嬉しい一品です。味も味噌と醤油、二つの味を絶妙に合わせた「黄金比かさね」から選べます。

名称 もつ鍋 一慶 春吉本店
住所 福岡県福岡市中央区春吉2-10-14
営業時間 15:00~25:00 L.O. 24:00
サイト
https://motsunabe-ikkei.com/?page_id=190

2. タイ料理 カオサン

福岡市は中央区薬院にある「タイ料理 カオサン」は、タイ政府から認定を受けた本場のタイ料理店。おしゃれな装飾が目立つタイのタクシー「トゥクトゥク」での無料送迎も行っているというユニークなお店です。ランチ営業もしており、近隣のエスニック好きの方にはオススメです。

一見もつ鍋とは無関係なお店に見えますが、こちらの「トムヤンクン鍋」はレモングラスなどのハーブと辛味のあるスープ、そこに甘いモツが投入された至高のメニュー。もつ鍋好きの中ではちょっとした穴場スポットです。いつもとはちょっと違ったもつ鍋を味わいたい……そんな時にはもってこいの鍋ではないでしょうか。

名称 タイ料理 カオサン
住所 福岡県福岡市中央区薬院2-16-11 エステートモア薬院JOY 2F
営業時間 [月水~金土]
15:00~24:00 L.O. 23:00
[日]
15:00~23:00 L.O. 22:00
サイト
http://thaiselect.jp/store/detail.php?pk=102

3. もつ料理 かわ乃 博多店

祇園駅から徒歩7分、「もつ料理 かわ乃 博多店」は、まさに隠れ家と呼ぶのにぴったりの外観で迎えてくれます。店内は落ち着いた色味で統一され、シックでおしゃれな雰囲気。人気の掘りごたつ席もあります。3階は広々としたお座敷がふたつ。宴会の幹事さんにも贔屓にされそうなお店です。

看板である「しょうゆ味」のもつ鍋は、化学調味料を一切使わずにつくられます。また、〆にちゃんぽん麺を入れるのはこちらが発祥。創業60年という老舗で守り続けられて伝統の味に、ぜひ舌鼓を打ってみてはいかがでしょうか。

名称 もつ料理 かわ乃 博多店
住所 福岡県福岡市博多区祇園町6-34
営業時間 17:00~24:00
サイト
https://kawanohakataten.owst.jp/

4. もつ鍋 こばやし

西鉄福岡駅から徒歩7分など、周囲の駅からほぼ10分以内というアクセス抜群の立地にある「もつ鍋 こばやし」。店内はアジアンテイストで、デートにも使えそうです。もつ鍋屋というよりも、どことなくバーを思わせるような雰囲気で女性に人気です。

もつ鍋はプルプルのもつに特製スープがしっかりと絡み合う定番の味。スープは味噌や醤油のほかに、変わり種でカレー味もご用意。本格的なスパイスが鍋通をも唸らせます。大人気のサブメニューは「もつチーズ焼き」で、こちらをお目当てに訪れる人も多いとか。チーズタッカルビに始まるチーズグルメの最新版がここにあります。

名称 もつ鍋 こばやし
住所 福岡県福岡市中央区今泉1-13-5 2F
営業時間 [日~木] 18:00~25:00
[金土祝前日] 18:00~26:00
サイト
https://motsunabe-kobayashi.jp/

5. 中洲 あほう鳥 本店

中洲川端駅のすぐ近く、昭和の風情漂う裏路地「人形小路」。そこでひときわ目立つお店が「中洲 あほう鳥 本店」。仕事帰りに同僚たちと一杯呑む時や、合同コンパのようなシチュエーションでは、かしこまった雰囲気のないこちらのお店も良いのではないでしょうか。

もつ鍋は「しょうゆ、味噌、梅」の三種類。出汁には鰹とアゴ、鶏ガラを使用しています。サイドメニューの定番は「あほう鳥特製つくね」。一日限定30食なので来店後すぐに注文しましょう。黄身をつけて食べる柔らかいつくねは絶品です。

名称 中洲 あほう鳥 本店
住所 福岡県福岡市博多区中洲4-1-19 人形小路
営業時間 [月~土]
18:00~27:00 L.O. 27:00
[日祝]
18:00~24:00 L.O. 23:00
サイト
http://aho-dori.jp/

博多のリーズナブルなもつ鍋5選

1. 牛もつ鍋処 茶びん

西鉄バス新屋敷バス停前、降りてすぐのところにある「牛もつ鍋処 茶びん
」。創業以来、3種類の国産モツのみを使用し、厳選した食材で勝負し続ける名店です。味のベースは昆布だし。スープは透き通った醤油と、胡麻の香りが食欲をそそる白味噌の2つです。

こちらは一人前が900円となっており、とってもリーズナブル。ワンタンや餅といった少し変わった追加メニューが豊富なので、自分好みの鍋を追求するのもいいかもしれません。また、福岡空港から車で7分の場所にあり、飛行機出発前の腹ごしらえにもオススメです。

名称 牛もつ鍋処 茶びん
住所 福岡県糟屋郡志免町南里1-8-30
営業時間 平日・土曜
17:00~24:00
日曜
17:00~25:00
サイト
http://chabin.jp/

2. 博多もつ鍋 玄海庵 (ゲンカイアン)

地下鉄天神駅から徒歩五分。「博多もつ鍋 玄海庵 」の自慢は味噌、醤油、すき焼き、味噌キムチの中から2種類を選んで味わえる「2色もつ鍋」。醤油と味噌、どの味も捨てがたい。たまには少し変わった味付けもいい……というもつ鍋好きのワガママによくぞ応えてくれました。もつ自体も肉厚で、ボリュームにも大満足。

さらにコスパ力が高いのが、サイドメニューの一品料理です。特に串焼きは1本120円からという安さ。それも九州厳選黒豚のバラ焼きや桜島鶏のささみ焼きといったこだわりの逸品ばかりです。もつ鍋との組み合わせを楽しんでみるのもいいかもしれませんね。

名称 博多もつ鍋 玄海庵 (ゲンカイアン)
住所 福岡県福岡市中央区舞鶴1-8-2 オベリスク天神 B1F
営業時間 18:00~25:00 L.O. 24:30
サイト
https://genkaian.owst.jp/

3. 備長吉兆や 博多駅前店

JR博多駅から徒歩五分、「備長吉兆や 博多駅前店」は、「備長」の名前が示すとおり、炭火焼き鳥がメインのお店です。ただし、こちらのもつ鍋のクオリティは地元住民からのお墨付き。一人前880円とリーズナブルながら、新鮮な国産モツを使った本格的な鍋を楽しめます(注文は2人前から)。

そして、メインの炭火焼き鳥は、熟練の職人が備長炭火で焼き上げています。タレもお店独自の秘伝のタレ。それで1本80円からという安さには驚かされます。宴会のコース料金も家計に優しいお値段になっており、どこまでもお客様目線のお店に頭が下がります。

名称 備長吉兆や 博多駅前店
住所 福岡県福岡市博多区博多駅前1-3-22 かき善ビル 1F
営業時間 11:00~14:00
17:00~翌5:00
サイト
https://kittchoyahakata.owst.jp/

4. 牛もつ鍋 なの川

「牛もつ鍋 なの川」は、西鉄平尾駅から徒歩五分のところにあるアットホームな雰囲気のお店です。カウンター席と奥座敷があります。リピーターが多く、壁一面に貼られた著名人のサイン色紙がお店の人気ぶりを証明しています。

もつ鍋のスープは醤油味で、モツから滲み出る旨味と溶け合います。また、一品料理は地元の名産品が揃っています。熊本から直送した馬刺しが1150円、宮崎の地鶏のたたきが850円と、本場の味を低価格で味わうことができます。

名称 牛もつ鍋 なの川
住所 福岡県福岡市中央区那の川2丁目5-12 サニーハイム平尾1F
営業時間 平日 17:30~25:00
日祝 17:30~12:00
不定休
サイト
https://www.gyumotsunabe-nanokawa.com/

5. 四番館

天神駅から徒歩3分、天神ブロードウェイビルに入っているお店です。こちらは現前された黒毛和牛を使用したもつ鍋が人気。自家製の辛タレをからめたチャンポン麺でしめるのが定番です。また、ワンコインのランチがあるのも若い人にはうれしいポイントです。

ランチメニューでは「博多もつ鍋ランチ」が1530円で提供されています。もつ鍋に小ごはんと明太子、枝豆、チャンポン麺までついてこのお値段。博多の底力を感じさせます。醤油ベースのスープが絶品で、チャンポン麺にたどり着く前についつい飲み干してしまう、という方もいるとか。

名称 四番館
住所 福岡県福岡市中央区天神3-4-28 天神ブロードウェイビル2F
営業時間 [全日]
ランチ:11:00~14:30
ディナー:17:00~24:00
サイト
https://fukuoka.nasse.com/shop/14489/

自分好みのもつ鍋にきっと出会える!博多を満喫しよう

伝統のもつ鍋から、最新形に進化したもつ鍋までをあますところなく味わえる博多。ラーメンあり水炊きあり、辛子明太子ありと、ここまでご当地グルメが有名な地域は全国広しといえどなかなか無いのではないでしょうか。お店はどれも個性的で、どれかひとつ選ぶのは大変ですが、それもまた旅行の楽しみのひとつです。みなさんも自分好みのもつ鍋を探す旅に出てみてはいかがでしょうか?

特集

2020/01/22金魚のように揺蕩うふたりだけの濃密な時間 ──1日3組限定の露天風呂付ラグジュアリーヴィラ Yufuin Luxury Villa zakuro

2019/12/16【宿泊体験】子どもが主役になれる!レゴランド®・ジャパン・リゾートステイ

人気記事