最終更新日時 2018/12/25

今回ご紹介するのは、大分県・筋湯温泉です。自然豊かな九重連山に抱かれた筋湯温泉は、1000年以上の歴史がある温泉郷です。筋湯温泉の由来は、筋肉をほぐす湯として、肩こりなどの筋の凝りなどの「筋の病に効く」ということから名付けられました。歴史と伝統の息づく、温泉郷を是非訪ねてみてください。

1 山あいの宿 喜安屋

Akieさん(@akie_noumen615)が投稿した写真


山あいにひっそりとたたずむかくれ宿が「喜安屋」。土壁と黒塗りの板壁という古民家の佇まいの宿で、ゆったりと夏の寛ぎの時間を過ごしてみませんか。夏の雑木林、鳥の声、星空を満喫すると、どこかへ帰ってきたような思いになります。部屋は全室離れとなっていて、それぞれに異なる趣向を凝らした露天風呂が付いています。筋湯温泉から少し離れているため、田舎の景色もおもてなしの宿です。

所在地 大分県玖珠郡九重町筋湯温泉
料金 16,950円~/1名様あたり(税・サービス料込み、2名利用時)
詳細情報 http://www.kiyasuya.jp/

2 旅館 秀月

azusaさん(@azuazu_m120)が投稿した写真


中庭を巡って「旅館秀月」では、8部屋の離れがあります。ベッドルームと和室の横にはゆったりと浸れる半露店風呂がそれぞれについています。中庭の景色を全開にすることもできる木の香りのする半露店風呂で日がな一日を過ごします。もう一つ別の内風呂では周囲に櫟の林が広がり、重厚な切石の浴槽に浸ることができます。温泉情緒をたっぷり味わえる宿です。

所在地 大分県玖珠郡九重町大字湯坪筋湯528
料金 17,430円~/1名様あたり(税・サービス料込み、2名利用時)
詳細情報 http://www.shugetu.com/

3 くつろぎの二階宿 大黒屋


歴史を感じる二階宿の造りです。柔らかな木の表情と畳が出迎えてくれます。昭和の雰囲気の旅情を持った「くつろぎの二階宿 大黒屋」。食事は、1階の昭和ロマンな和風ダイニングで済ませ、上に上がっていく二階宿の形式です。なんとも落ち着いていてロマンがある造りです。素泊まりでも利用でき、食事は多くのメニューから選んで食べることができる「お帰りなさい」が似合う宿です。

所在地 大分県玖珠郡九重町筋湯温泉672-2
料金 4,500円~/1名様あたり(税・サービス料込み、2名利用時)
詳細情報 http://www.sujiyu-daikokuya.jp/

4 宿房 花しのぶ

@yukia14が投稿した写真


石畳の温泉街の小路を辿って訪れる「宿房 花しのぶ」。9部屋だけですが、別館の雰囲気さながらに自然豊かな季節を感じる建物です。蔵をそのまま浴室にした、露天風呂 「蔵ん湯」が離れにはあり、清流の音を聞きながら自然と一体となりながら温泉に浸ります。また、「檜湯」「豆大福の湯」「岩湯」の三つの温泉も楽しみです。

所在地 大分県玖珠郡九重町大字湯坪637番地
料金 10,800円~/1名様あたり(税・サービス料込み、2名利用時)
詳細情報 http://www.hanashinobu.jp/index.html

5 小松別荘

kaorillyさん(@kaorilly)が投稿した写真


こちらは「小松別荘」という名前にあるように「別荘」気分を堪能できる宿です。一日一組のとても優雅な古民家風離れの宿です。寝室として使える部屋が3部屋、そして離れの専用檜風呂は、これが1人占めできるのと言う位の広々とした天然温泉風呂となっています。この贅沢な時間を、古民家の別荘を貸し切るという形で過ごしてみませんか。どの部屋で寛いでも窓一面の緑に癒されます。

所在地 大分県玖珠郡九重町大字湯坪517-8
料金 13,000円~/1名様あたり(税・サービス料込み、2名利用時)
詳細情報 http://komatsu-bessou.com/kominn.html

サムネイル出典:relux|旅籠 彩くら

特集

2019/06/21泊まる、森に抱かれた大人のためのヴィラ【伊豆高原】ー宿泊体験記vol.5ー ABBA RESORTS IZU -坐漁荘

2019/06/18泊まる、歴史と異国の風が薫る宿【有馬】ー宿泊体験記vol.4ー 有馬山叢 御所別墅

人気記事