最終更新日時2019/02/27

北九州の玄界灘を臨む場所にある宗像地域。一面に広がる大海原の景色は名勝地としても知られています。また宗像大社などの観光地も多い場所でもあります。今回はそんな北九州、宗像にある高級旅館・ホテルをご紹介していきます。

オテルグレージュ

オテルグレージュ出典:Relux|オテルグレージュ

玄界灘に面する高台に佇む白亜のホテル「オテルグレージュ」。地中海の建物を思わせる白い外装が美しく、全室オーシャンビュー、そしてジャグジーつきのデザイナーズホテルです。家具類はカッシーナがプロデュース。そしてインテリアデザインは世界的に活躍しているインテリアデザイナー、カトリーヌ・メミによるものです。青く広がる海を眺めながら洗練された空間で過ごす。喧騒から離れた非日常を堪能できます。

オテルグレージュ出典:Relux|オテルグレージュ

ホテルの客室は全室オーシャンビュー。眼前に広がる神湊の海を一望することができ、抜群の開放感を得られます。青い海と青い空の美しさをひきたてるようなインテリアは白を基調に統一され、モダンでエレガント、シックかつラグジュアリーという相反するコンセプトが融合したデザインとなっています。またお部屋は落ち着きを求めるため12歳以下の入場は禁止。大人だけの空間で心静かに過ごすことが可能なお部屋です。

オテルグレージュ出典:Relux|オテルグレージュ

お食事は三ツ星レストラン出身のシェフが手がけるフレンチが堪能できる「ロルキ・デ・ブランシュ」で。地元の食材とともに、国内外の厳選された食材を使用して、最高の状態で調理された一皿を提供しています。レストランからは水平線まで広がる海を眺めることができ、日没とともに刻々と姿を変える景色と絵画のようなフレンチを同時に堪能することができます。ドレスコードがあるレストランなので、大人だけの落ち着いたディナーを存分に楽しめます。

オテルグレージュ出典:Relux|オテルグレージュ

プールサイドには喫茶を楽しめるカフェ「ラ・ギャルリー」があります。カフェスペースからはプールのゆらめく水面とともに一面に広がる大海原、刻々と姿を変える美しい空模様をゆったりと眺めることができます。アフタヌーンティでは光がいっぱいにきらめく玄界灘を、夕暮れ時には日本一とも称される夕暮れの景観を、それぞれ心行くまで鑑賞することができるカフェです。

オテルグレージュの詳細をみる

リーガロイヤルホテル小倉

リーガロイヤルホテル小倉出典:Relux|リーガロイヤルホテル小倉

小倉駅から歩いてすぐというアクセスが大変良好なホテル「リーガロイヤルホテル小倉」。観光だけでなくビジネスユースでも利用され、幅広い層から利用されているホテルです。夜には小倉の夜景を一望でき、街の明かりや海の景色を眺めながらゆったりとした時間を過ごすことができます。フィットネスジムやプールも施設内に用意され、ホテルにいる時間も有効に活用することが可能。またWi-Fiが全室に完備されているので、インターネットの使用もできて便利です。

リーガロイヤルホテル小倉出典:Relux|リーガロイヤルホテル小倉

客室はすべてツインもしくはダブルで提供されています。スタンダードフロアでもすべてのお部屋は30平米以上。リーズナブルな価格でありながら広々としたお部屋で過ごすことが可能です。またワンランク上のスーペリアフロアは地上80メートル以上の高さにあり、小倉の街を一望できる素晴らしい眺めを体験することができます。コットン100%の寝具は肌触りが良く、上質な睡眠をとることが可能。また26、27階にあるエクゼクティブフロアではさらに洗練されたデザインのお部屋が用意されています。スタイリッシュな内装が美しく、非日常を堪能できるお部屋となっています。

リーガロイヤルホテル小倉出典:Relux|リーガロイヤルホテル小倉

ホテルではフレンチと日本料理をいただくことができます。ホテルの29階にあり小倉の夜景を一望しながら、本格的なフレンチを堪能できるレストラン「リーガトップ」。シックでモダンなインテリアのレストランで、季節ごとに彩られたフレンチを堪能できるレストランです。コースのほかアラカルトあり、記念日には特別な席でのお食事を提供しています。日本料理「なにわ」では四季折々の地元の旬の食材をふんだんに使った会席料理を提供。ディナーのほかランチでの営業もしており、個室でのサービスも行っています。

リーガロイヤルホテル小倉出典:Relux|リーガロイヤルホテル小倉

ホテルではジムやプールといった施設もあり、ホテルで過ごす時間も有効に活用することができます。プールは25メートル5コースのプール。自然光がさしこむ明るい空間で自分のペースでスイミングを楽しむことができます。ジムには運動の目的に合わせたさまざまなタイプのマシンが用意されており、お好みのマシンでの運動が可能です。そのほかスパやサウナも用意されており、運動後などにサウナや水風呂に入ってさっぱりとすることもできます。

リーガロイヤルホテル小倉の詳細をみる

ダイワロイネットホテル小倉駅前

ダイワロイネットホテル小倉駅前出典:Relux|ダイワロイネットホテル小倉駅前

ダイワロイネットホテル小倉駅前は小倉駅から徒歩4分という好立地のため、観光だけでなくビジネスユースにも利用されるホテルです。博多や下関、門司港方面など九州各地への観光もしやすい立地のため、北九州の観光の拠点にもうってつけ。子供のいるファミリーに向けたプランや女性に向けたレディースプランなど、幅広い利用層に向けたイベントや宿泊プランも数多く提供しています。

ダイワロイネットホテル小倉駅前出典:Relux|ダイワロイネットホテル小倉駅前

客室はスタンダードなベッドサイズからダブル、ハリウッドスタイルのツインなどさまざまなタイプが用意されており、目的や用途に合わせて選ぶことができるようになっています。また禁煙と喫煙でお部屋が分かれているので、タバコのにおいが気になるという方にも安心。また女性の宿泊に便利なアメニティや美容家電が用意され、赤を基調とした女性らしいデザインの内装のレディースルームも提供されています。

ダイワロイネットホテル小倉駅前出典:Relux|ダイワロイネットホテル小倉駅前

朝食はブッフェ形式で提供されており、和洋のメニューを取り入れた幅広いメニューを味わうことができます。また福岡の名産、明太子もたくさん用意されているので、地元の味を存分に堪能できます。そのほか本格イタリアンレストランのシェフが作るイタリアンパスタ、ふんわりと甘いフレンチトーストなど、朝から贅沢な食事を楽しむことができます。またディナーは「炉端のくろ兵衛」で。その場で釣り上げたお魚をお刺身にしたり、ダイナミックな炉辺焼きや、お料理に合うお酒を存分に堪能できます。

ダイワロイネットホテル小倉駅前出典:Relux|ダイワロイネットホテル小倉駅前

ホテルの周辺にも観光できる場所が多くあります。小倉城では1,500体の紙人形を使って再現した当時のジオラマを見ることができるほか、小倉城庭園や松本清張記念館にあわせて観光することが可能です。昭和の世界観を味わえる旦過市場では地元の新鮮な魚介類を楽しめたり、夜には福岡名物の屋台を体験できたりと楽しみ方もいろいろ。また北九州を代表する山、皿倉山からは小倉の夜景を一望できます。小倉の夜景は新日本三大夜景に選定されるほど見事です。

ダイワロイネットホテル小倉駅前の詳細をみる

ホテルニュータガワ

ホテルニュータガワ出典:Relux|ホテルニュータガワ

明治からの歴史がある老舗ホテル「ホテルニュータガワ」。創業は明治の炭鉱王山本貴三郎氏で、ベルギー貴族のエレガンスと日本庭園や日本建築の伝統美が融合したホテルです。ヨーロッパの優雅さと和の佇まいを同時に堪能できる都会の邸宅のようなホテルとして、観光客が宿泊するほか、ウエディングやお見合い、結納などにも利用されています。室内のインテリアはエレガンスなヨーロピアンテイストで統一されており、華やかな気分になれる空間となっています。

ホテルニュータガワ出典:Relux|ホテルニュータガワ

客室はヨーロッパの邸宅のようなインテリアデザインで統一され、優雅で華やかな気分を味わうことができます。洋室のほか和室も用意されているので、ベッドや洋室が苦手な方でも安心です。またお部屋のタイプもシングルからスイートまでさまざまなタイプのお部屋が用意されており、用途やお好みに応じて選ぶことが可能。スイートルームは特に贅が尽くされた内装で、大理石を使用したバスルームにお湯を張ると美しいブルーを見ることができます。ソファーやベッドなどファブリック類もワンランク上のものが使用されており、贅沢な時間を過ごすことができる客室です。

ホテルニュータガワ出典:Relux|ホテルニュータガワ

お食事は和食、鉄板焼き、本格フレンチをそれぞれのレストランで堪能することができます。和食は美和食「雫(しずく)」で。手入れの行き届いた日本庭園を眺めながら、四季折々の食材を丁寧に仕上げた日本料理を味わえます。鉄板焼き「桜(さくら)」では和牛をはじめ九州の山海の幸を目の前で調理。シェフの技とともに食材の美味しさを存分に楽しめるレストランです。また本格フレンチはフランス、ボルドーとパリの名店で名を馳せたシェフが腕をふるう「ボナペティ」で。そのほかカフェやバーラウンジ、個室の和食処「松月亭」もあり、さまざまなスタイルでのお食事を楽しむことができます。

ホテルニュータガワ出典:Relux|ホテルニュータガワ

ホテルニュータガワにある日本庭園は120年以上の歴史を誇る日本庭園です。120年前、明治期の炭鉱王の主導によって作り上げられたこの庭園は当時1000坪以上あったとされています。現在は700坪程度の広さになりましたが、それでも荘厳で見事な庭園です。庭園では結婚式も催されています。また庭の中に佇む数奇屋つくりの松月亭も趣があり、古き良き日本の美をみることができます。

ホテルニュータガワの詳細をみる

玄界灘の景色を楽しむ

北九州、宗像といえば玄界灘の景色を楽しまない手はありません。特に刻々と表情を変えていく夕暮れの景色は絶景。一度は見ておきたい景色でもあります。玄界灘以外にもさまざまな観光スポットがある宗像。一度訪れてみてはいかがでしょうか。

特集

2020/08/06東京の空に漂う。心解き放つ絶景ステイ──ザ・ゲートホテル雷門 by HULIC

2020/07/01鎌倉で泊まるのに便利で人気のホテル・宿泊施設10選

おすすめ記事

人気記事