最終更新日時2019/12/28

江戸時代の鎖国中も唯一、貿易が許されていた街、長崎。今では国際交流が当たり前になった日本でも、長崎ほど国際色あふれる街は数少ないでしょう。そんな長崎には、国内外から観光客が訪れるスポットがたくさんあります。この街ならではの雰囲気に魅了されること間違いなし。今回は長崎の人気観光スポットをご紹介いたします。

長崎に来たら訪れたい観光スポット27選

1.端島

Hashima - Gunkanjima

長崎港から南西の位置にある通称「軍艦島」。小さな島に建物がひしめく様子が軍艦「土佐」に似ていたことから、そう呼ばれるようになりました。炭鉱の島として栄えていましたが現在は無人島です。最盛期の1960年には人口密度が東京の9倍、団地も学校も、映画館など娯楽施設もこの1つの島に集まっていました。1974年に閉山となり、今では全て廃墟。軍艦島クルーズでは実際に端島に上陸することができ、その儚さとダイナミックさを間近で感じられます。廃墟マニアだけでなく国内外の観光客の心を揺さぶるスポットです。

名称 端島
住所 長崎県長崎市高島町端島
サイト https://www.nagasaki-tabinet.com/detail/?cl_id=51797

2.平和公園

Day 11: Nagasaki Peace Park

長崎といえば第二次世界大戦で原爆を落とされた街の一つ。その悲劇を繰り返さないため、原爆落下中心地とその北側の丘につくられました。被爆して亡くなった方の冥福を祈る平和祈念像はおなじみですね。被爆した人々が水を求めたという平和の泉も、現在は穏やかに水をたたえています。公園内にある長崎原爆資料館では、当時の被害の様子を詳しく知ることができます。

名称 平和公園
住所 長崎県長崎市松山町
サイト http://www.city.nagasaki.lg.jp/sumai/630000/632000/p005153.html

3.グラバー園

Glover House

江戸時代、鎖国の間も清(現在の中国)とオランダのみ交流が認められていた長崎は、今も国際色豊かです。あちこちに見られる洋館、中でも有名なのがグラバー園です。幕末の長崎開港後に訪れたイギリスの商人、グラバーの旧邸があった場所で、季節ごとに色とりどりの花が咲く庭園は見もの。夏季にはビアガーデンが開催されます。

名称 グラバー園
住所 長崎県長崎市南山手町8番1号
サイト http://www.glover-garden.jp/

4.稲佐山展望台

City Illuminations

長崎市のシンボルともなっている山、稲佐山。ロープウェイで登り、展望台から眺められる夜景は一度でも見る価値ありです。「1000万ドルの夜景」と言われるほど。長崎港に街の明かりが映る景色も、港町だからこそ。気候のよい日中なら、雲仙や五島列島まで見渡せます。稲佐山の頂上へはお車でもアクセス可能。展望台にはレストランがあり、ちゃんぽんやトルコライスといった長崎名物も味わえます。デートスポットとしても人気の場所。天気のよい日を狙って遊びに行きたいところですね。

名称 稲佐山展望台
住所 長崎県長崎市稲佐町
サイト http://inasayama-hikari.com/L

5.長崎ペンギン水族館

Nagasaki Penguin Aquarium

世界に18種類存在しているうちの9種類のペンギンを飼育している、ペンギン好きにはたまらない水族館。元は長崎水族館として地元民に親しまれていた場所で、ペンギンだけでなくナマズやカブトガニ、クマノミやカニ類まで見ることができます。海でペンギンの泳ぐ様子が見られるふれあいペンギンビーチ、餌やり体験、フンボルトペンギンとのタッチなど、実際にペンギンと触れ合えるイベントも充実。ファンから子供連れのファミリーまで、幅広い層の人々が楽しめるスポットです。

名称 長崎ペンギン水族館
住所 長崎県長崎市宿町3−16
サイト http://penguin-aqua.jp/

6.眼鏡橋

眼鏡橋

中島川に架かる、石造りのアーチ橋です。横から見た橋の姿がまるで眼鏡のよう。全国にメガネ型の石橋は他にも残っていますが、とりわけ長崎の眼鏡橋は有名です。1634年に興福寺の住職が造らせた橋で、国の重要文化財に指定されています。この付近は恋愛のパワースポットとしても人気があります。中島川の護岸にハート型の石が埋め込んであり、カップルや恋愛成就を願う女性観光客が多く訪れます。

名称 眼鏡橋
住所 長崎県長崎市魚の町・栄町と諏訪町・古川町の間
サイト http://www.city.nagasaki.lg.jp/shimin/190001/192001/p000713.html

7.諏訪神社

Suwa-jinja(shrine) / 諏訪神社(すわじんじゃ)

10月の長崎の恒例イベント、長崎くんちが行われる場所としておなじみの神社です。派手でエキゾチックな長崎くんちの見物場所として賑わうスポットですが、普段は静かで荘厳な神社。縁結びのご利益があるパワースポットとしても知られています。参道の敷石に男石と女石があり、異性にあたる石を踏んだ後に拝殿前の両性合体石を踏むと、縁結びの願いが成就するといわれています。片思いや婚活で悩んだらぜひ訪れてみて下さい。

名称 諏訪神社
住所 長崎市上西山町18番15号
サイト http://www.osuwasan.jp/

8.路面電車

Travel (Nagasaki)

長崎市内を観光で巡るなら欠かせないのが路面電車です。市民の足にもなっていて、乗り逃しても数分で次の電車が来るのは便利。どこまで行っても運賃が一律120円なのも、わかりやすくてお手頃です。クリーム色に緑の車体カラーがおなじみですが、段差の少ない最新型も走っていて、どの電車に乗れるかも楽しみの一つに。さあ、JRの長崎駅を降りたら路面電車へ。市内の観光地を効率よく回れますよ。

名称 長崎電気軌道
サイト http://www.naga-den.com/

9.出島

Dejima

江戸時代の鎖国中、唯一貿易が許されていた場所が長崎です。出島はその貿易のために作られた人工島で、現在は陸続きになっており、路面電車でもアクセス可能です。出島和蘭商館跡は国指定史跡となっており、当時の雰囲気を残しています。また、海に面した商業施設の出島ワーフはカジュアルな雰囲気。カフェで海を眺めながらトルコライスを食べたり、海風に吹かれながら散歩をしたり。江戸時代とは様変わりした出島を、思い思いに楽しめます。

名称 出島
住所 長崎県長崎市出島町
サイト http://nagasakidejima.jp/

10.長崎港

長崎港

鎖国が解かれてからも、長崎港は海の玄関口です。貿易船から観光フェリー、時には海外の豪華客船までもがここを訪れ、そして出発していきます。一つの町みたいに大きな船、それを間近で見られるのは圧巻です。遊覧船も発着していて、長崎港めぐりのツアーも人気。先に紹介した端島(軍艦島)への周遊クルーズ船もこの長崎港から出ています。船を眺めながら散歩するもよし、海の旅へ出るもよしです。

名称 長崎港
住所 長崎県長崎市
サイト http://www.doboku.pref.nagasaki.jp/~rinkai/nagasaki_port/

11.ハウステンボス

Dutch views in Japan

佐世保市にある、オランダの街並みを再現したテーマパークです。遊園地としてアトラクションを楽しむだけでなく、季節の花々やヨーロッパ風の景色を見ながら散歩するのも楽しい場所。イルミネーションで夜景もロマンにあふれています。実は東京ディズニーリゾートよりも広い園内、数時間では回りきれないほどです。1日かけてのんびりと、家族やカップルで巡ってみて下さい。

名称 ハウステンボス
住所 長崎県佐世保市ハウステンボス町1−1
サイト https://www.huistenbosch.co.jp/

12.中島川公園

中島川公園

先に紹介した眼鏡橋も含む、中島川沿いの公園です。アーチ型の石橋が数多く残されています。川沿いは遊歩道として整備されており、石橋を眺めながらの散歩も楽しいスポット。護岸壁の階段から川まで降りられる箇所もあります。中島川公園は1月から2月にかけて行われるランタンフェスティバルの会場になっています。ランタンの灯りが川面に映る様子は温かみがありロマンティック。カップルのデートにもおすすめです。

名称 中島川公園
住所 長崎県長崎市栄町7
サイト http://www.city.nagasaki.lg.jp/sumai/630000/632000/p010162.html

13.長崎県美術館

Froakie in Nagasaki, Nagasaki 7 (Nagasaki Seaside Park)

長崎の出島、長崎水辺の森公園にある美術館です。ガラス張りの建物と、敷地を流れる小川がきれいに調和しているのが特徴的。光が差し込む館内で、ゆったり展示物を見て回ったり、カフェでお茶したり。リフレッシュできる時間が過ごせます。長崎ゆかりの芸術家の展示も充実。地元の陶磁器、波佐見焼の食器も販売されています。出島散策の際にはぜひ併せて訪れてほしいスポットです。

名称 長崎県美術館
住所 長崎県長崎市出島町2番1号
サイト http://www.nagasaki-museum.jp/

14.長崎新地中華街

長崎新地中華街 長崎 Nagasaki

長崎名物といえばちゃんぽんに皿うどん、角煮豚まんと、中華料理が充実していますね。長崎新地中華街では中華のお店が軒を連ねていて、名物も本場の味わいで楽しめます。この中華街は開国して唐人屋敷が廃止された後、中国人が移り住んだ場所。独特の華やかな雰囲気があります。ランタンフェスティバルの時期には赤のランタンで彩られて幻想的な空間に。お腹も心も満たされる場所です。

名称 長崎新地中華街
住所 長崎県長崎市新地町
サイト http://www.nagasaki-chinatown.com/

15.唐人屋敷

唐人屋敷 Old  Chinese mansion in Nagasaki

唐人屋敷は、鎖国中に密貿易を防ぐため作られた中国人街です。開国後は長崎新地中華街が中国人の居住区となりましたが、当時の中国を思わせる建造物が現在も残っています。福建省出身者が建てた福建会館、中国の神々を祀った土神堂に天后堂。どこか厳かな雰囲気をたたえた建物群を、ぜひ歩いて回ってみて下さい。普段は静かな界隈ですが、ランタンフェスティバルの際には会場となって賑わいます。

名称 唐人屋敷
住所 長崎県長崎市館内町
サイト http://www.city.nagasaki.lg.jp/sumai/660000/669001/p006940.html

16.大浦天主堂

DSC_5365

長崎はキリスト教信仰が禁止されていた江戸時代も隠れキリシタンが息づいていた場所。大浦天主堂は開国後の1864年に、日本二十六聖人に捧げる目的で建てられた教会です。現存する中では日本最古のキリスト教建築です。建立の翌年には浦上の隠れキリシタンが名乗りを上げました。地元のキリスト教徒からも長崎を訪れるヨーロッパ人からも支えられ、信仰の拠点となってきた教会で、現在は国宝に指定されています。

名称 大浦天主堂
住所 長崎県長崎市南山手町5−3
サイト http://www1.bbiq.jp/oourahp/

17.オランダ坂

荷蘭坂 長崎 Nagasaki

洋館の建ち並ぶ長崎の東山手。異国情緒ある石畳の坂がオランダ坂です。開国後も西洋人がいると地元の人は「オランダさん」と呼んでいたため、西洋人が多く通るこの坂がオランダ坂と呼ばれるようになりました。坂の多い長崎ですが、国内にいながらヨーロッパを訪れたような気分になり、その非日常感に疲れもあまり感じずにいられるはず。また、長崎は猫の多い街。オランダ坂もよく猫と遭遇する場所として、猫好きに知られています。

名称 オランダ坂
住所 長崎県長崎市東山手町
サイト http://www.at-nagasaki.jp/spot/105/

18. 稲佐山

稲佐山

画像|PIXTA

「稲佐山」は100万ドルの夜景と称され、モナコ、香港と並んで2012年に世界三大夜景の一つに選ばれた日本を代表する夜景スポットです。標高333mの山頂にある稲佐山頂上展望台からの眺めは、まるで宝石をちりばめたかのような美しい光景が目の前に広がります。

稲佐山

画像|PIXTA

もちろん、晴れた日の昼間の眺望も筆舌に尽くし難い壮大さを誇ります。稲佐山頂上へは、ロープウェイで約5分ほどでたどり着けます。有料ではありますが、駐車場が整備されているので車での移動も可能。長崎観光ではぜひとも足を運びたい絶景スポットです。

名称 稲佐山
住所 長崎県長崎市稲佐町
営業時間 展望塔 8:00~22:00
サイト https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/115/

19. 長崎原爆資料館

「長崎原爆資料館」は、広島原爆投下から3日後の1920年8月9日、長崎に原爆が投下により多くの人が犠牲になった悲惨さや、平和の大切さを後世に伝えるためにつくられた資料館です。館内には、原爆の投下に関するさまざまな資料が数多く展示されています。

長崎の原爆投下では約15万人もの人々が命を落としました。こちらの資料館では、被曝から復興を果たすまでも長崎の街の様子を、ストーリー性を持たせてわかりやすく解説されています。それらの各資料をつぶさに目の当たりにし、平和について真剣に考えてみてはいかがでしょうか。

名称 長崎原爆資料館
住所 長崎県長崎市平野町7番8号
営業時間 4月、9月~翌3月 8:30~17:30、5月~8月 8:30~18:30、8月7~9日 8:30~20:00(入館は閉館30分前まで)
サイト https://nabmuseum.jp

20. 浦上教会

浦上教会

画像|PIXTA

「浦上教会」は、浦上天主堂の名で広く知られる長崎の観光名所です。1914年に献堂式があげられたものの、1945年に原爆により破壊。現在のものは1959年に再建され、当時のように変わらず長崎の街を見守り続けています。

浦上教会

画像|PIXTA

建築当時、ロマネスク様式のこの大聖堂は、東洋一の規模を誇る煉瓦造りの立派な建物でした。正面に見える2つの塔の高さは約26mにも及びます。天主堂の姿を美しく写真に収めるなら、平和祈念像近くの天主堂の見える丘がおすすめです。

名称 浦上教会
住所 長崎県長崎市本尾町1-79
営業時間 9:00~17:00
サイト http://www1.odn.ne.jp/uracathe/

21. 長崎孔子廟中国歴代博物館

長崎孔子廟中国歴代博物館

画像|PIXTA

「長崎孔子廟中国歴代博物館」は、長崎観光を楽しみながら中国の雰囲気にふれられる人気の観光スポットです。もともとは、孔子の遺品を集めて祀ったことが始まりといわれています。そして、1893年に在日華僑と清朝政府により建造されました。

長崎孔子廟中国歴代博物館

画像|PIXTA

彩り豊かな建物は、まさに中国を思わせる雰囲気がいっぱい。廟内では、孔子像、72賢人石像など全て中国から取り寄せたものを多数観られます。また、併設される中国歴代博物館では、中国の歴史を物語る数々の文化財を鑑賞することができます。

名称 長崎孔子廟中国歴代博物館
住所 長崎県長崎市大浦町10-36
営業時間 8:30~17:00
サイト https://nagasaki-koushibyou.com

22. 崇福寺

崇福寺

画像|PIXTA

「崇福寺」は、興福寺、福済寺とともに長崎三福寺の一つに数えられる黄檗宗の寺院で、1629年のキリシタン弾圧時に建立されました。南京地方出身者により建立された興福寺を南京寺という呼ばれ方で親しまれるのに対して、崇福寺は福州寺と表現され、2つの寺院は分けて表現されています。日本にありながら中国の趣を色濃く漂わせています。

崇福寺

画像|PIXTA

当時はキリスト教信者への弾圧が激しくおこなわれていたものの、中国の人たちは仏教徒であることを示すために、出身地である長崎にお寺を建立したと伝えられています。境内には、国宝である第一峰門と大雄宝殿をはじめ、国指定重要文化財や県指定有形文化財など、数多くの文化財が収蔵されています。

名称 崇福寺
住所 長崎県長崎市鍛冶屋町7-5
営業時間 8:00~17:00
サイト https://www.city.nagasaki.lg.jp/shimin/190001/192001/p000674.html

23. 国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館

「国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館」は、原爆により命を落とした人々の名前を記し、永遠に平和が続くことを願うために、長崎市と広島市の両都市に設置された国立祈念館の一つです。長崎では長崎駅から車で約10分のところにある平野町に建設されました。

館内には、原爆投下により犠牲になった人々を追悼したり、それらの人たちの遺影や、残された手記などをはじめとした平和について語るさまざまな資料や情報を閲覧することができます。戦争と平和について本気で向き合える祈念館です。

名称 国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館
住所 長崎県長崎市平野町7-8
営業時間 9月〜4月 8:30~17:30、5月~8月 8:30~18:30
サイト https://www.peace-nagasaki.go.jp

24. 日本二十六聖人記念館

画像|PIXTA

「日本二十六聖人記念館」は、フランシスコ・ザビエル来日により始まるキリシタン文化と、キリスト教弾圧により命を落とした殉教者のメッセージを伝える記念館です。1597年に日本人20人を含む26人のキリスト教信者が、まさにこの資料館が建つ西坂の地で迫害されました。

画像|PIXTA

館内では、ザビエルの像が来館者を出迎えます。そして、ザビエルによりキリスト教が伝えられる様子から、弾圧の時代へと移り変わり、さらに信仰の復興を果たした明治時代までの一連の歴史を伝える資料が数多く展示されています。当時苦難を余儀無くされたキリシタンの人たちに想いを馳せられる記念館です。

名称 日本二十六聖人記念館
住所 長崎県長崎市西坂町7-8
営業時間 9:00~17:00
サイト http://www.26martyrs.com

25. 長崎水辺の森公園

長崎水辺の森公園

画像|PIXTA

「長崎水辺の森公園」は2003年に長崎港に誕生した、水と緑に囲まれた長崎市民の憩いの場として人気の公園です。園内には港を思わせる運河がつくられ、風待橋、宵待橋などの長崎をイメージする4つの橋が架けられています。また、散策道も整備され、子供と一緒に水遊びや園内散策が楽しめます。

長崎水辺の森公園

画像|PIXTA

また、園内にある芝生広場や、月の舞台、森の劇場と名付けられた2つの野外劇場では、個人やグループによる音楽活動や大道芸などの、練習や発表の場として活用されています。夜は木々がライトアップされとてもロマンチック。長崎をデートで訪れるカップルや家族連れにおすすめの公園です。

名称 長崎水辺の森公園
住所 長崎県長崎市常盤町1-60
営業時間 終日開放
サイト http://www.mizubenomori.jp

26. 鍋冠山公園(なべかんむりやまこうえん)

鍋冠山公園

画像|PIXTA

「鍋冠山公園」は、長崎を代表する観光地のグラバー園から徒歩約10分の場所にある公園です。地元の人たちからは、なべかぶりやまの愛称で親しまれています。その名の通り鍋をかぶったような形をした山の頂上からは、すり鉢上に広がる長崎の街を一望できます。

鍋冠山公園

画像|PIXTA

ここからの眺めは長崎でトップクラスといわれるほど。標高169mと決して高いとはいえませんが、その分町の表情を間近に感じられると評判です。長崎港に出入りする船や造船所の巨大クレーンを、時間の経つのを忘れていつまでも眺めているのに最適のスポットです。

名称 鍋冠山公園
住所 長崎県長崎市出雲2-144-1
営業時間 終日開放
サイト https://www.city.nagasaki.lg.jp/sumai/630000/632000/p010334.html

27. 長崎歴史文化博物館

長崎歴史文化博物館

画像|PIXTA

「長崎歴史文化博物館」は、江戸時代に長崎奉行所立山役所があったところに当時の建物を復元した博物館です。館内には、長崎の歴史や文化に関する資料を多数収蔵され、それらを通して長崎について深く学ぶことができます。

長崎歴史文化博物館

画像|PIXTA

常設展示室では、大型スクリーンを通してビジュアル的に詳しく学べます。また、長崎に伝わる伝統工芸を作りを体験したり、長崎について尋ねられるコーナなどが用意され、目からだけでなく自らの体験を通して長崎を知ることができる博物館です。

名称 長崎歴史文化博物館
住所 長崎県長崎市立山1-1-1
営業時間 4月~11月 8:30~19:00、12月~3月 8:30~18:00 ※12月30日~1月3日 10:00~18:00(最終入館はいずれも30分前まで)
サイト http://www.nmhc.jp

厳選!長崎で食べたいグルメ5選

1. 四海樓

明治時代創業の「四海樓」は、長崎を代表するご当地グルメ・長崎ちゃんぽん発祥のお店です。ちゃんぽんのルーツは福建料理。初代店主は華僑の身元引受人になっていましたが、彼らの食生活をみかねて、日本風にアレンジしたのが誕生のきっかけです。

ちゃんぽんは野菜たっぷりでボリューミーな逸品。また、ちゃんぽんと並び人気なのが皿うどん。ちゃんぽんを出前用にアレンジしたもので、パリパリの麺と餡との相性抜群です。人気店のため、ランチライムは混みあいます。早めの到着がおすすめです。

名称 四海樓
住所 長崎県長崎市松が枝町4-5
営業時間 ランチ 11:30~15:00
ディナー 17:00~21:00
サイト http://shikairou.com/

2. 佐世保バーガーBigMan 京町本店

佐世保はかつて、旧日本軍の鎮守府や海軍工廠がおかれた軍都でした。戦後は米海軍が進駐し、アメリカの文化が佐世保に広まっていきます。そんな中で生まれたのが、ご当地グルメの佐世保バーガー。地元食材を使い、注文を受けてからつくる、という定義が定められています。

「佐世保バーガーBigMan 京町本店」は、佐世保バーガーの人気店。ふわふわのバンズと肉汁あふれるパティ、そして新鮮な野菜が入ったボリューミーな一品です。それぞれの味を引き立てるマヨネーズはりんご入りで、コク深い味わいに。市内には佐世保バーガーのお店が多いため、食べ歩きもおすすめです。

名称 佐世保バーガーBigMan 京町本店
住所 長崎県佐世保市上京町7-10
営業時間 10:00~22:00
サイト https://www.sasebo-bigman.jp/

3. ニッキー・アースティン 浜町店

1960年ごろに生まれた長崎市のご当地グルメ・トルコライス。トンカツ、スパゲッティ、ピラフと3つの味が楽しめる料理です。名前の由来には諸説あり、ひとつは和洋中3つの食文化が合わさっている様子が、東西の文化が交じり合うトルコに似ているから。もうひとつは3つの色を意味するトリコロールが訛ったため、と言われています。

「ニッキー・アースティン 浜町店」は、トルコライスを食べるならこのお店、と称されるほどの人気店。カレーやハヤシライス、トンカツやコロッケなど、揚げ物、スパゲッティ、ご飯のスタイルを崩さず、お好みに合わせてメニューがアレンジできます。その種類は150種類以上。自分好みの味を見つけてみませんか?

名称 ニッキー・アースティン 浜町店
住所 長崎県長崎市浜町2-20
営業時間 11:00~21:20
サイト https://tabelog.com/nagasaki/A4201/A420101/42000897/

4. ツル茶ん

1925年に九州最古の喫茶店としてオープンした「ツル茶ん」。店内はレトロな雰囲気で、ゆったりとした時間が過ごせます。人気メニューはミルクセーキ。坂が多く夏は暑い長崎向けに考案されたもので、シャリシャリとした食感が特徴です。

もうひとつの人気メニューは、長崎のご当地グルメであるトルコライス、定番から変わり種まで10種類あり、お好みに合わせてセレクトできます。ミルクセーキはハーフサイズもあるので、食後のデザートとしてもおすすめ。周辺散策の休憩やランチにいかがでしょう。

名称 ツル茶ん
住所 長崎県長崎市油屋町2-47
営業時間 9:00~21:00
サイト https://tabelog.com/nagasaki/A4201/A420101/42000064/

5. れすとらん 門

昭和の中頃に生まれたご当地グルメ・レモンステーキ。「れすとらん 門」にて修行中だった兄弟が、オーナーから「夏場でも食べられるステーキを考案せよ」と指示を受けます。そこで生まれたのが、ステーキをすき焼き風にアレンジしたレモンステーキでした。

レモンのソースは酸味がアクセントになり、さっぱりとした味わいに。最後は、鉄板にご飯を入れて、ソースとからめて食べるのが佐世保流です。お店は松浦鉄道佐世保中央駅から徒歩3分ほど。佐世保港周辺の観光の際に立ち寄ってみてはいかがでしょう。

名称 れすとらん 門
住所 長崎県佐世保市本島町3-9 石飛ビル1階
営業時間 ランチ 11:30~14:00
ディナー 17:30~21:30
サイト https://tabelog.com/nagasaki/A4202/A420201/42000201/

もらって嬉しい!お土産5選

1. 文明堂総本店

長崎のお土産の定番であるカステラを買うなら、1900年創業の「文明堂総本店」がおすすめ。こちらのお店で販売されているカステラは、自然の中で育った特別な卵・南蛮卵を使用。こだわりの卵が、カステラの風味、そして色つやを引き出しています。

長崎カステラの特徴は底にザラメがついていること。舌ざわりが最適なものを使用しています。特選や名前入りのカステラも注文でき、贈答用にもおすすめ。食べやすいカステラカットは、お茶うけにもぴったりです。100年以上続く伝統の味をぜひ、自宅で味わってみてはいかがでしょう。

名称 文明堂総本店
住所 長崎県長崎市江戸町1-1
営業時間 8:30~19:30
サイト https://www.bunmeido.ne.jp/

2. 真鳥餅店

長崎の五島列島の郷土料理・かんころ餅。「かんころ」とは、五島地方の方言で、サツマイモを薄く切って天日干ししたもののことを指します。五島地方は傾斜地が多く、農作物が育ちにくい地域。サツマイモは育ちやすく、五島地方を支える農作物のひとつとなりました。

「真鶴餅店」で販売されているかんころ餅は、早掘りのサツマイモと九州産のもち米を使用しています。プレーンやごま入り、よもぎ入りなど種類も豊富。トースターなどで軽く焦げ目をつけるともっちりとした食感で味わえます。冷凍保存もでき、栄養豊富なので食欲のないときに食べるのもおすすめです。

名称 真鳥餅店
住所 長崎県五島市三尾野町1-1-8
営業時間 10:00~17:00
サイト https://yokamochi.com/

3. 岩崎本舗

江戸時代、中国との貿易は長崎港のみで認められていました。そんな中で、中国人と日本人は互いを自宅に招き、食事をすることも多かったそう。外国からの調味料や素材が集まる長崎で広まったのが、中華と洋食が日本風に組み合わさった卓袱料理です。

卓袱料理のコース料理のひとつ、角煮まんじゅうを販売しているのが、「岩崎本舗」です。材料には化学調味料を一切使用せず、素材本来のうま味が凝縮された逸品。トロトロの角煮が食欲をそそります。電子レンジや蒸し器で簡単に食べられるので自宅用にも、化粧箱入りは贈答用にもおすすめです。

名称 岩崎本舗
住所 長崎県長崎市大手1-10-12
営業時間 9:00~19:00
サイト https://0806.jp/

4. 九十九島せんぺい本舗

戦後間もない長崎の街では、食料が不足していました。人々は配給で貰った砂糖をお菓子店に持っていき、飴玉やせんべいに加工してもらっていたそう。そんな時代の中で、新しい郷土の名物をつくりたいという思いから生まれたのが、九十九島せんぺいです。

九十九島せんぺいは、縁起物の亀の甲羅をイメージした六角形に、ピーナッツを散りばめたお菓子です。香ばしくパリッとした食感と素朴な甘さは、子供から大人まで大人気。販売している「九十九島せんぺい本舗」は、中佐世保駅から徒歩10分ほどの場所に位置しています。周辺散策の際に立ち寄ってみてはいかがでしょう。

名称 九十九島せんぺい本舗
住所 長崎県佐世保市松浦町2-21 九十九島ビル1階
営業時間 10:00~19:00
サイト https://www.99grp.co.jp/brands/senpei/

5. 太田製麺所

東西文化の重要な中継地点であった五島地方。中国から伝わった麺の文化は五島うどんとして家庭に普及し、ハレの日に食べられる特別な食品となりました。生産量が少ないため、今では別名「幻のうどん」とも呼ばれています。

五島うどんを買うなら「太田製麺所」がおすすめ。五島うどんは細麺で、食用油としては最高級の椿油を使用しているのが特徴です。定番の食べ方は、茹でた後そのまま鍋からすくって食べる地獄炊き。あごだしやめんつゆ、薬味を添えて、家族みんなで食べたい五島列島の郷土料理です。

名称 太田製麺所
住所 長崎県南松浦郡新上五島町青方郷1144-10
営業時間 9:00~17:00
サイト http://www.umaiudon.com/

1日では回りきれない長崎観光、思い出に残る旅に

長崎のおすすめ人気観光スポット、いかがでしたでしょうか。日本にいることを忘れてしまいそうな異国情緒あふれるエリア。名物を食べ歩くもよし、普段は見られない景色を眺めてリフレッシュするもよし。思い思いに、長崎の旅を楽しんで下さいね。

長崎でおすすめのカステラ、お菓子20選
【2019年最新】長崎に来たら必ず訪れたい!佐世保の観光スポット

特集

2020/08/06東京の空に漂う。心解き放つ絶景ステイ──ザ・ゲートホテル雷門 by HULIC

おすすめ記事

人気記事