最終更新日時 2019/04/22

今回は長崎に行ったら必ず訪れたい、おすすめの夜景スポットをご紹介します。長崎は香港・マカオと共に「世界新三大夜景」の一つとして選ばれるほど美しい夜景が眺められることで有名です。長崎は元々山に囲まれており、港町として発展してきました。近隣から見れば港町の夜景はまるで輝く真珠のよう。長崎でしか味わえない夜景スポットの魅力を探って行きましょう。

稲佐山

画像素材|PIXTA

長崎の夜景スポットの中でも必ず訪れて欲しいところが稲佐山です。この山は標高が333メートルあり、山頂の展望台では長崎の市内や五島列島など眺められます。特に夜景が素晴らしいのが北部方面。山が入り組んだ地形の中に街の光が川のように照らされているのが特徴です。他にも階段状の椅子やLEDが設けられているので、そこにも注目してほしいです。

画像素材|PIXTA

稲佐山までのアクセス方法としては、稲佐橋付近から稲佐山山頂までつながっているロープウェイを使うといいでしょう。このロープウェイは往復で1230円と高値になっていますが、山頂までわずか5分でたどり着けます。さらにJR長崎駅やホテルニュー長崎発の無料バスに乗るといいでしょう。自動車のようにわざわざ駐車場を探さなくてもいいのでその点では便利です。

鍋冠山

画像素材|PIXTA

長崎で稲佐山に次いでおすすめしたい夜景スポットが鍋冠山。この山は高さが169メートルと稲佐山より低いです。一方で稲佐山のちょうど反対の地点に位置しているため、稲佐山とは違った夜景を見れます。鍋冠山の展望台から見られるのはグラバー邸や大浦天主堂など歴史ある有名スポットばかり。長崎湾と調和した港の夜はさぞ美しいことでしょう。

画像素材|PIXTA

鍋冠山の展望台は稲佐山とは違っていつの時間帯でも立ち寄れます。最近では展望台がリニューアルされ、トイレや駐車場などが整備されました。さらには展望台の床に照明が設置されています。新しくなった鍋冠山の展望台は利便性や展望もさらにアップしていることでしょう。ベンチも設置されているので、座りながら夜景をじっくり眺めることも可能です。

女神大橋

画像素材|PIXTA

女神大橋とは長崎西部と南部をつなぐ大動脈で、市民の交通のの要所として使われている橋。この橋も夜になるとライトアップされ、素晴らしい夜景を見ることができます。ライトアップの演出は日に日によって変わり、イベント日には演出照明を楽しめます。演出照明は全部で8パターンあり、パターンによってそれぞれ違った夜景を彩れるのが見どころです。

画像素材|PIXTA

女神大橋の遊歩道では、長崎市の夜景が楽しめます。それだけではなく何も遮るものがないため、夜景を気持ちよく見れるのが魅力です。特に日没直後のトワイライトタイムは夜になっていく過程が堪能できます。車なら100円ほど払わなければいけませんが、歩行者なら無料なので近くの駐車場に車を止めておきましょう。駐車場は全部で2つあります。

グラバースカイロード

画像素材|PIXTA

この道路はグラバー園と路面電車終点の石橋駅をつなげる役目をしており、2003年に完成しました。このスカイロードはグラバー園への不便さを解消するために建設されたインフラです。スカイロードからは長崎市の夜景は一望できます。しかも、無料で使えるのが利点。朝の6時から夜中の11時半まで営業しているので、気軽に訪れるといいでしょう。

画像素材|PIXTA

1Fから5Fのフロアから成るグラバースカイロードには様々な夜景ポイントがあります。特におすすめなのが、スカイロードの上層部分にある垂直エレベーターを出たところ。ここからは、稲佐山などの長崎夜景を堪能できます。スカイロードからの窓からも夜景を一瞬だけ眺められることも注目ポイントです。

グラバー園

画像素材|PIXTA

この観光スポットは幕末に活躍した商人のグラバーが住んでいた邸宅を中心とした公園。ここでは、グラバースカイロード同様夜景が楽しめます。夜にはライトアップされ、夜景をさらに彩らせてくれます。ただ閉園時間が18時と早いので、事前に確認してください。ちなみにゴールデンウイークシーズンは21時まで開いてます。

画像素材|PIXTA

グラバー園で市でも堪能してほしいのが「ながさきクリスマス」というイベントです。このイベントは毎年冬にグラバー園を中心に行われるもので、大規模なイルミネーションが飾られます。数多の電球で飾られたグラバー園は季節限定で見るべき夜景。夜の10時まで楽しめるのも夜景マニアにとっては嬉しい点です。

弓張岳展望台

画像素材|PIXTA

長崎市以外で最高を夜景を楽しめるのがここ、弓張岳展望台です。この展望台は佐世保市を代表する夜景スポットで、佐世保の夜景を見たいならまず行ってほしいところです。ここからは佐世保市が一望できます。弓張岳の標高は364メートルで、見られる夜景が稲佐山とよく似ています。佐世保市もまた、山と港が近い独特の地形をしている街だからです。

画像素材|PIXTA

この展望台では佐世保市街の他にもアメリカ軍基地などの夜景を見れます。基地周辺は他と違ってオレンジ色に光っているので、夜景の中でかなり目立っているのが特徴です。さらには九十九島など周辺の景色も眺められます。車や路線バスで佐世保市街から15分でアクセスできます。展望台の夜景を見終わったら、近くのレストランでも夜景を楽しみましょう。

さらなる長崎の夜景スポットは2ページへ

特集

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー本が彩る私の時間ー 川端里恵さん【後編】

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー 本が彩る私の時間 ー 川端里恵さん【前編】

人気記事