最終更新日時 2019/04/16

「佐賀」には美肌の湯として知られている嬉野温泉など、泉質が素晴らしい温泉地がたくさんあります。
今回は、そんな美人になれて心も満たされる一度は訪れてみたい憧れの温泉10選をご紹介します。
ゆっくり休日を過ごしたいときは、佐賀ででココロもカラダも癒されてみてはいかがでしょうか。

嬉野温泉でおすすめの温泉4選

1.湯宿 清流

ミシュランガイドで快適(2パビリオン)の評価をされた嬉野温泉の「湯宿清流」は、嬉野温泉の中でも特に人気の大正屋グループのお宿です。
温泉の質はもちろん、宿名の「清流」のように清らかで常に新鮮な風をふきこみたい、というおもてなしの本質を求めるスタッフの姿勢が素晴らしい、と評判です。
なんでも一度宿泊すると宿からお礼の手紙が届くという、日本のわびさびが凝縮された独特の美意識があるお宿です。

View this post on Instagram

@hanuru2がシェアした投稿

館内はバリアフリーで使い勝手が良く、親子2世代・3世代の集いも可能。広い庭園や、姉妹館の大浴場・露天風呂の湯めぐりなどのも大好評です。
また、嬉野温泉の名物「嬉野温泉湯どうふ」はこちらの旅館でいただくのがおいしいと口コミで話題。とろける湯どうふはこちらのディナーでいただくのが最もおすすめです。
落ち着ける雰囲気、温泉の泉質、スタッフの心遣いどれをとっても満足度が高いお宿ですので、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

名称 湯宿 清流
住所 佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙2314
営業時間 チェックイン15:00〜19:00
チェックアウト11:00
公式サイト https://www.seiryuu.jp/

2.ハミルトン宇礼志野

お籠りの宿、という表現がぴったりの「ハミルトン宇礼志野」。イギリスのレディーハミルトンの名に由来した丘の上の洋館です。ミシュランガイドで最上級の快適(4パビリオン)を獲得しています。
特に女性に人気なのがそのたたずまい。緑豊かで静寂に包まれている環境、クラシックな落ち着いた雰囲気、木のぬくもりなどどれをとっても満足度が高い宿です。
その中でも、最もくつろげると好評のサービスであるチェックイン時のウェルカムドリンクは、暖炉のあるロビーでをいただけます。
広々とした部屋、高い天井、隅々まで行き届いている清掃など、本当に館内は清潔で高級間たっぷり。1日中籠っていてもノンストレスのゆったりとした時間が流れていきます。

もっと日頃のデトックスをしたい女性には、エステプランがおすすめです。日頃の疲れがすべて吹っ飛ぶ「アロマエステ」のリピーターの多さにびっくり。施術する美容部員も丁寧で心穏やかと質の高さがうかがえます。
さらに美に磨きをかけたい方には、日本三大美湯でもある嬉野温泉の湯にたっぷり浸かってみてください。
高級感にこだわりを持って宿泊場所を探している方には、ハミルトン宇礼志野がいちおしです。疲れを癒すにはここしかない、という女性のためのお宿です。

名称 ハミルトン宇礼志野
住所 佐賀県嬉野市嬉野町岩屋川内288-1
営業時間 チェックイン15:00〜24:00
チェックアウト11:00
公式サイト http://www.hamilton-ureshino.jp/

3.うれしの元湯

「うれしの元湯」は、食事と厳選の湯が人気の温泉宿です。
懐石料理の豪華さと地産地消、素材にこだわった料理の美味しさにはとにかく感動しかない、というお褒めの言葉が多いお宿です。
四季毎にメニューに変化がありますが、特に冬は牡蠣の味噌焼きが秀逸!盛り付けもセンスが感じられる美しさです。
朝ごはんも嬉野名物の温泉湯豆腐や嬉野産のお茶を使った茶粥など、素朴ながらも贅沢なメニューを楽しめます。半個室や掘りごたつ式和室の部屋タイプをリクエストすることもできますよ。

自家源泉をもつうれしの元湯は、2019年7月にリニューアルしました。
地底から湧き出る温泉の元湯は100年以上も絶え間なく続く歴史の湯。美肌にしてくれる泉質はナトリウム炭酸水素塩泉。冷え性や疲労回復に適しているといわれています。
敷地内に源泉を所有する元湯の大浴場、露天風呂、檜や陶器の貸切湯と種類が選べますので、滞在中は温泉を堪能ください。

名称 うれしの元湯
住所 佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙2202-8
営業時間 チェックイン15:00〜23:00
チェックアウト10:00
公式サイト http://www.motoyu-spa.co.jp/

4.旅館吉田屋

嬉野川沿いに佇む和モダンな佇まいの「旅館吉田屋」。ミシュラン3星受賞の高級宿で、朝ごはんフェス2017佐賀1位(4年連続入賞)、楽天トラベル日本の宿アワード2017受賞など、たくさんの賞を受賞しているプレミアムな温泉宿です。
宿泊をしなくても足湯BAR、フレンチレストラン「嬉箱KiHaKo」が利用でき、また、嬉野温泉の湯を満喫できる日帰り温泉も利用OKの宿です。
食事は個室タイプの創作懐石、ブランド牛佐賀牛や九州の旬の魚のお造りなど舌の記憶に残る夕食がおすすめ。自慢の朝食は和食膳、KiHaKoでのブランチか選べます。

離れと本館で構成されている旅館吉田屋は、外観もモダンで内装もひとつひとつこだわりのある部屋タイプに別れています。
特に別邸「をりから」は全て2階建ての造りの1棟貸切スタイル。嬉野温泉でも予約がとれにくい温泉宿です。
温泉もアーティスティック。重さ8トンもの一枚岩をくり抜いた露天風呂や大浴場、貸切内湯など様々な趣のある様々な温泉を楽しめます。

名称 旅館吉田屋
住所 佐賀県嬉野市嬉野町岩屋川内甲379
営業時間 チェックイン15:00〜18:00
チェックアウト10:00
公式サイト https://www.yoshidaya-web.com/

武雄温泉でおすすめの温泉3選

1.風の森

わずか11部屋しかない佐賀県奥武雄温泉にある「風の森」は、なんと予約は2年待ち、というほどの人気高級旅館です。
全室離れの構造で、宿泊者のプライベートを十分に守ってくれるため他のお客さまとほとんど顔を合わせることがありません。
すべての客室が森のコテージにあり、ゆっくりと落ち着いて宿泊できます。
約5500坪の敷地にわずか11部屋、チェックインカウンターのある母屋で手続した後はスタッフが運転するカートで100m先の客室へ移動するという隠れ家スタイル。
お風呂も風呂露天か露天風呂がひとつずつ部屋にあるため、誰にも邪魔されたくない大切な人と時間を過ごすのに最適な旅館です。

食事も完全個室で、厳選された食材は玄海灘や有明海の海の幸、ブランド牛の佐賀牛を贅沢に使用しています。
大きな窓からは自然の光が差し込み、さらにゆったりとした気分を盛り上げるでしょう。
食事は洗練された器を使用しているため料理が引き立ちます。分量も適度に出され、創作懐石は高級料亭の味そのもの。
また、もっとくつろぎたい方は裸足で利用できるバーで、くつろぎと安らぎの時間を過ごすことができます。

名称 風の森
住所 佐賀県武雄市西川登町小田志17275
営業時間 チェックイン15:00〜18:00
チェックアウト12:00
公式サイト https://www.kazenomori.biz/index.html

2.御宿 竹林亭

日本庭園、庭と客室の一体化がコンセプトの「御宿 竹林亭」は、日本家屋の芸術ともいえる「庭屋一如」の世界観を持つ高級宿です。
部屋はすべてで11室しかなく、各部屋に露天風呂があるという贅をつくした数寄屋造りです。その素晴らしさはまさに日本屈指の極上の宿といえます。
コンセプトにもある宿自慢の庭は、神聖な山「御船山」の御船山楽園で、江戸時代末期からある壮大な庭園です。
お部屋からはその自然と融和した庭が眺めることができ、時がゆっくりと流れていきます。
客室から見える場所には40種の木が配置されているため、美しい情景も四季折々に感じられます。桜の時期や紅葉の時期はベストタイミングです。月が輝く美しい時期もロマンティックですよ。

料理は2つの懐石(竹林懐石・貴賓懐石)があり、宿泊プランで選択できるようになっています。
少し温泉街が離れていますので周辺はとても静か、旅館の中にもお土産売り場やロビーがないため、喧騒から遠ざかりたいという方には満足度が高いでしょう。

名称 御宿 竹林亭
住所 佐賀県武雄市武雄町大字武雄4100
営業時間 チェックイン14:00
チェックアウト11:00
公式サイト https://www.chikurintei.jp/

3.懐石宿 扇屋

料理自慢の宿といえば、「懐石宿 扇屋」。大阪日本料理の老舗、吉兆で修業したご主人が自ら包丁を握り腕を振るいます。そのお味は、旅館の食事がこんなに美味しいなんて、と感動を呼ぶほどです。
部屋食でいただく懐石料理は、霜降り佐賀牛のしゃぶしゃぶ、佐賀牛のステーキ、季節の天麩羅をメインにした贅沢懐石、豪華ふぐ鍋、伊勢海老の懐石など種類豊富で選ぶのに時間がかかってしまいそう。
目利きの料理人が選ぶ近海の魚は造りや焼物で提供され、質も量も大満足との口コミがあふれています。

View this post on Instagram

@mai0413mmがシェアした投稿

温泉の泉質は、弱アルカリ単純泉。柔らかく透明なのが特徴で美肌効果・保湿効果に効能があるといわれています。
懐石宿 扇屋のお風呂は桜御影の石造りや杉を使用、貸切風呂は総檜造りです。とても居心地の良い香りが漂う温泉を楽しめます。

名称 懐石宿 扇屋
住所 佐賀県武雄市武雄町武雄7399
営業時間 チェックイン15:00〜20:00
チェックアウト11:00
公式サイト https://www.ougiya.com/

古湯温泉でおすすめの温泉3選

1.旅館 杉乃家

山合いの小さな温泉地古湯温泉にある「旅館 杉乃家」は、古湯温泉街を一望できる場所にあり、穏やかな温泉街を見ていると心が落ち着き、なにもしない最高の贅沢が味わえます。
2200年前に発見された古湯温泉はぬる湯の源泉で、癖がない全国屈指の水素イオン濃度の泉質。肌への刺激が少ない低張性アルカリ性温泉で、少しぬるぬるとした手触りが特徴です。
離れの客室には各部屋に温泉露天風呂がありゆっくりお湯を堪能することができます。

この自然から湧き出る水を使用した食事はとても美味しく、古湯温泉名物の里山料理、「鯉料理」も臭みがなく美味しいと評判です。
派手さはありませんが、ひとつひとつ丁寧に、おもてなしの気持ちを込めて作り上げられています。自然の恵みである「水」が料理のキーポイントとなっていますので、からだ全体が安らぎます。

名称 旅館 杉乃家
住所 佐賀県佐賀市富士町古湯温泉
営業時間 チェックイン15:30〜19:00
チェックアウト10:00
公式サイト https://www.furuyu-suginoya.com/

2.風がささやく離れの宿 山あかり

離れ客室6室の古湯温泉 「風がささやく離れの宿 山あかり」は、お部屋に設置された露天風呂が魅力の宿です。
38度という古湯温泉のぬるめのお湯が逃げにくい陶器の露天風呂と、ヒノキの露天風呂部屋の2タイプがあり、宿泊したら1日中、何度もゆっくりお湯を楽しめます。
その他、共用できる大浴場は、「三日月(露天)」と「十五夜(半露天)」。大自然を眺めながら入ることができるため客室のお風呂とはまた一味違ったお湯を楽しむことができます。

季節ごとに旬な地元の食材を使用した食事は、唐津沖で水揚げされた新鮮な魚介類、ブランド牛の佐賀牛などがコースに登場。
その他お膳とは別に、佐賀のおばんざいが好きなだけ食べられるコーナーもあります。
朝ごはんはかまどで炊いた富士町産「ひのひかり」と、にごりから温めて作る手作り豆乳とうふなどがあります。

名称 風がささやく離れの宿 山あかり
住所 佐賀県佐賀市富士町古湯792-1
営業時間 チェックイン15:00〜22:00
チェックアウト10:00
公式サイト http://www.yamaakari.com/

3.古湯温泉 おんくり(旧 古湯温泉 吉花亭)

以前は吉花亭というお宿だった「古湯温泉 おんくり」は、「恩送り」や「感謝の連」をアレンジした名前で、時を忘れるほど寛ぐことができる宿をコンセプトとしています。
リニューアル後は和のテイストを保ちながらも、クリエイティブな雰囲気を醸し出していて、とてもおしゃれな温泉宿に生まれ変わりました。
温泉は24時間源泉かけ流しの天然温泉で、箱蒸し風呂、檜風呂、寝湯、立湯、足湯など男女あわせて15種類が楽しめます。
また館内には、日本では珍しい天然砂むし温泉(別料金)もあるため、古湯温泉を大満喫できる場所となっています。日帰り入浴もOK(午前10時から午後8時まで)なのも温泉好きにはたまらない特徴です。

食事はレストラン「SEBRI/セブリ」でお楽しみいただけます。イタリアンや本格和会席料理が魅力で、地元契約農家の野菜、玄海産の魚介類をふんだんに使った料理を堪能してみたはいかがでしょうか。

名称 古湯温泉 おんくり(旧 古湯温泉 吉花亭)
住所 佐賀県佐賀市富士町古湯556
営業時間 チェックイン15:00〜19:00
チェックアウト11:00
公式サイト http://www.oncri.com/

魅力たっぷり。佐賀県の温泉で女子力アップ!

美肌に効果ありといわれている嬉野・武雄・古湯温泉で、一度は訪れてみたい温泉を厳選しました。
人気の温泉でお肌ツルツル、美味しいものをたべをて女子力アップしませんか。
どの温泉も魅力たっぷりですので、佐賀県へ美肌旅をする時にお役立てください。

特集

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー本が彩る私の時間ー 川端里恵さん【後編】

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー 本が彩る私の時間 ー 川端里恵さん【前編】

人気記事