最終更新日時 2019/03/05

せっかく福岡に旅行に来たのなら、お土産もインパクトがあるものにしたいですよね。どこでも手に入るものじゃなくて、もらった相手に喜んでもらえるお土産。牛乳やチーズなど、九州の自然の恵みを使ったスイーツ。博多定番のラーメン。そして、ご飯のお供である辛子明太子と渡されて相手が顔をほころばせることは確実。その笑顔は旅の締めくくりにふさわしいものになるはずです。
今回は、そんなお土産を15選、厳選して紹介します。

博多お土産でおすすめのスイーツ5選

1.鶏卵素麺(たばね)

お土産にするなら、ご当地以外では手に入りにくく、おいしいものがいいですよね。珍しいものであれば、なおよし。そんな要求にぴったりマッチするのが「鶏卵素麺」です。見た目のインパクト、かわいらしさがお年寄りや女性の方にも喜んでもらえること間違いなしです。

鶏卵を使っているので、卵がベースの優しい甘み。口に含めばほろほろと溶けて、いい香りが一般に広がります。かつては日本の三大銘菓ともいわれていた安土桃山から続く伝統銘菓。福岡市内では比較的手に入りやすいのですが、あまり日持ちしないのが難点です。すぐにお渡しできるところのお土産に是非どうぞ。

名称 松屋菓子舗本店
住所 〒812-0026 福岡県福岡市博多区上川端町14-18
営業時間 9:00〜18:00
URL http://matsuya.fukuoka.jp/products/index.htm

2.梅が枝餅

日本でも最も早く開けた、筑紫地方。大陸との交流の窓口だった大宰府をはじめ、歴史的景観やエピソードには事欠きません。その歴史的風土の中で育まれたのが「梅が枝餅」です。
福岡のお土産は「必ずこれを買ってきて」と求める方もおり、熱狂的なファンが多いという伝統銘菓です。

素朴で、飽きのこない味わいはリピーターが多いのも納得です。柔らかいお餅の中にはぎっしりとあんこが詰まっており、歴史を感じさせる味わいは年配の方を中心に好評です。
いくつか販売するお店がある中で、おすすめはやはり「かさの家」。ちょっと大宰府まで足を延ばしてでも手に入れたい福岡土産です。ここでしか味わえない味覚を持ち帰るのがお土産の本質ならば、まさにぴったりなお土産です。

名称 かさの家
住所 福岡県太宰府市宰府2丁目7-24
営業時間 9:00〜18:00
URL http://www.kasanoya.com/

3.博多通りもん

福岡は人の往来が多く、古くは港町博多。新幹線の停車駅があり、福岡空港はアジアのハブ空港としても重要です。そんな福岡の代表的な御菓子といえば、多くの方が「通りもん」を挙げるのではないでしょうか。
和菓子の製法と、外国から伝来した西洋菓子との融合は、交通の要地、福岡を象徴するお土産なのです。

ふんわりと柔らかい生地の中には、ちょうど良い大きさの白あんがしっかりと入っています。白あんが口の中でとけあい、後を引く美味しさで2個でも3個でもほおばりたくなります。福岡のお土産の中でも皆に喜んでもらえる定番中の定番。どなたに渡しても評判に良い安定感のあるお土産ですね。

名称 明月堂本社売店
住所 福岡市博多区東那珂2丁目11番23号
営業時間 9:00〜17:00
URL http://www.meigetsudo.co.jp/index.html

4.博多ぶらぶら

室町の昔から、様々な文物があふれ、人が行き交う港町博多は豊かさを誇った街です。その歴史を全身で表現するかのような御菓子が「博多ぶらぶら」。昔からの伝統的な作り方でつくられる和菓子です。年配の方を中心に人気のある福岡を象徴するお土産の1つです。

まずは箱。つられて笑みをこぼしてしまうほどコミカルなイラストです。ふたを開けると形のユニークさが目を引きます。全国に餅+あんこの組み合わせのお菓子は数多くありますが、独特の形状。もらった人の記憶にいつまでも残るようなお土産はそうそうあるわけではありません。相手の記憶に残る、インパクトあるお土産といえるのではないでしょうか。

名称 左衛門本店
住所 福岡県福岡市中央区天神2-7-22
営業時間 9:00〜19:30
URL http://www.saemon.jp/index.html

5.あまおうピィナンシェ(銘菓ひよこ)

View this post on Instagram

@tamaky2219がシェアした投稿

全国的に有名な銘菓ひよこ。先に東京に進出したので福岡のお菓子というイメージではないかもしれませんが、本家は福岡です。かわいらしいひよこの形をしたフィナンシェはしっとりした食感で、食べた瞬間に口の中に甘い香りと味が広がります。

さらに、福岡空港限定のプレミアム感もたっぷり。柔らかく、しっとりした生地に福岡名産あまおうのフォンダンがかかっています。割ってみると中にはなめらかなあんこがぎっしり。香りと甘さのハーモニーが調和して納得の味わいです。空港限定商品なので、福岡空港のみの販売となっていますのでご注意ください。

名称 BLUE SKY国内出発ロビー店
住所 福岡県福岡市博多区下臼井778−1
営業時間 6:30~21:00
URL http://hiyoko-onlineshop.com/

博多お土産でおすすめのラーメン5選

1.博多純情ラーメン ShinShin(しんしん)

お土産にするなら福岡でしか食べられないものがいいですよね。その点、「博多純情ラーメン ShinShin」の店舗は福岡にしかありません。他の地域では食べられず、福岡に行かなければ食べられないため多くの方がお土産に買って行かれるんだとか。福岡のお土産という希少で特別な感じが伝わる逸品です。

View this post on Instagram

@sizkittyがシェアした投稿

福岡のラーメンの2大系統「長浜」、「博多」そのどちらにも属さない独特な味わい。最後の一滴までスープを飲み干せるがうたい文句。くどすぎず、あっさりした味わいのスープは絶品だと評判です。極細の麺を使用しており、ラーメン激戦区といわれる福岡市内で行列ができるほどの人気店。県外からのお客さんが多いため、食べに行けない方にお土産として持っていくと喜ばれること間違いなし!

名称 博多らーめん ShinShin天神本店
住所 福岡市中央区天神3丁目2−19  1F
営業時間 11:00~3:00
URL http://www.hakata-shinshin.com/

2.博多豚骨ラーメン 名島亭

福岡を中心に店舗展開しており、お土産のラーメンとして人気が高いのが「博多豚骨ラーメン 名島亭」です。福岡県外では西宮に一店舗しかないラーメン屋さん。老舗だけに味も確かで、2008年には九州ラーメン総選挙で1位を取ったこともある名店中の名店。ぜひ、お土産にしたいラーメンの一つです。

味は、地元の人が絶賛するザ・博多ラーメン。うまみが濃く、飲み口すっきりなスープと良く絡む麺が人気で行列が絶えないんだとか。久留米ラーメンで使われる減った分を継ぎ足す「呼び戻し」の方式で醸されるスープの味わいは格別。
何度も継ぎ足され、昔から引き継がれてきたこだわりのラーメンを味わってみたい方は是非訪れてみてはいかがでしょうか。

名称 名島亭 本店
住所 福岡市東区名島2-41-7
営業時間 11:00~22:00
URL https://www.najimatei.com/

3.元祖 赤のれん 節ちゃんラーメン

博多ラーメンの誕生は1940年で、その6年後に、このお店はスタート。いわば、博多ラーメンのルーツ。福岡にしかお店がなく、伝統ある老舗というのもお土産としての価値がありますね。また、その当時の平打ち麺をそのままに継承するお店で強いこだわりが感じられますね。

豚骨の風味が最初に舌ではじけ、後からじわーと広がるうまみ。昔から継承されてきた老舗のこだわりの味が感じられますね。
地元の方からも一度食べれば病みつきになるとお墨付きの美味しさ。また、麺が半生状態なので普通の麺より日持ちします。お土産を渡す時間が空いたとしても、おいしく食べられるというのも嬉しいポイントです。

名称 元祖赤のれん 節ちゃんラーメン 天神本店
住所 福岡県福岡市中央区大名2−6−4
営業時間 11:00〜23:30

4.魁龍(かいりゅう) 博多本店 

九州ラーメンは数々ありますが、福岡市内で本格的な久留米ラーメンをを食べられるのがこのお店。豚頭と背脂のみを使ったスープは「呼び戻し」製法で24時間じっくりと育て上げられたもの。豚骨の染み渡ったスープの風味は「どトンコツ」いう呼び名にふさわしいものです。

こちらのラーメンは完全な生もの。持ち帰り用と言えるかもしれません。多くのお土産用のラーメンが日持ちの良い半生めんに濃縮スープなのに対して、お店の生めんをパックにし、さらにお店のスープを冷凍したもの。
まさにお店で出される状態で食べることができる、こだわり抜かれたお土産なのです。家でお店の味が食べれるため、ラーメンが好きな方にはたまらない一品。

名称 魁龍 博多本店
住所 福岡市博多区東那珂2-4-31
営業時間 11:00 ~ 21:00
URL http://kairyuramen.com/

5.一蘭 「釜だれとんこつラーメン」

全国的に有名な「一蘭」ラーメン。各地に店舗を構え、アジア各国への進出も果たしています。有名すぎるためお土産に買わない方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、福岡市内でしか買うことができない一蘭ラーメンのお土産があるのです。それがこのラーメン。福岡市内で天神店とキャナルシティ店のみ販売しており、プレミアム感満載のお土産です。

焼き豚を作る際に出た煮汁を豚骨と合わせたマイルドな味わいのスープで、女性の方にも人気があります。豚のすべてから取り出したうまみを凝縮させ、くせがなく、それでいて味わい深い一品。ラーメン先進地福岡の神髄が集約されています。お店で食べることができるので、しっかり美味しいことを確認してから購入できるというのも嬉しいですね。

名称 一蘭 キャナルシティ博多店
住所 福岡市博多区住吉1-2-22 キャナルシティ博多ノースビルB1F
営業時間 10:00〜24:00
URL https://ichiran.com/

博多お土産でおすすめの明太子5選

1.やまや 

全国的にも有名な「やまや」の辛子明太子。福岡行ったら買ってきてとおねだりされるほどの有名なメーカーです。「やまや」さんは辛子明太子のうまさを全国に広めた伝道メーカーの一つ。歴史も長く、知名度も高いため、お土産として価値があるともいえます。

ゆずで香りづけされ、丁寧に仕込まれた明太子は、あっさりとしつつ程よい尾を引くうまさ。老若男女ともに好まれる味です。素材自体に自信があるため、あっさりした味付けでも美味しい明太子になっています。
誰もが知っているメーカーだけに、お土産として送ってもほぼ間違いなく喜ばれる安心感があります。

名称 やまや本店
住所 福岡市東区松島5-27-5
営業時間 9:30~18:30
URL http://www.yamaya.com/

2.まるきた 

こちらのお店の「あごおとし」は通販でも大人気で、福岡市内のどこでも手に入りやすいという気軽さもあります。「あごが落ちるほど美味しい」ということからついたブランド名は伊達ではありませんね。
味付け、素材共に人気ということは味も確かな証拠です。

たらこ本来のプチプチとした食感を生かしつつ、味はマイルドながらピリリと唐辛子を利かせています。食べやすさはトップクラスです。たらこ本来の味わいを生かしていますので、魚卵好きな子供からお年寄りまで皆さんに喜ばれます。
明太子をお土産にしたい方にはぜひ、選んでいただきたい一品です。

名称 工場直売店
住所 福岡市西区石丸4丁目9-15
営業時間 8:30~17:00
URL http://hakata-marukitasuisan.co.jp/

3.ひろしょう 

View this post on Instagram

@uw_sakichiがシェアした投稿

明太子は魚卵系の加工食品の中でも素材の味で格段に差がつくと言われている食品です。より高品質で安心感のあるものを求め、「ひろしょう」の辛子明太子を求める人も多いでしょう。福岡の辛子明太子の中でも有名で、素材は北海道産しか使わないという徹底したこだわりが感じられます。

また、北海道の工場でたらこに加工したもののうち、出来の良いものだけを辛子明太子にしています。職人が一つ一つ丁寧に仕込んでいくので美味しいこと間違いなし!独自ブレンドの唐辛子の風味の中に明太子への強いこだわりを感じます。洗練されたお土産を渡したいときにおススメです。

名称 弘商本社ビル1F直売店
住所 福岡市南区清水1丁目1-19
営業時間 9:00~17:00
URL http://hirosyo.com/

4.ふくや 

地元でも大人気で福岡市民の食卓で最もなじみが深い明太子の一つ。それが「ふくや」の辛子明太子です。チューブ型明太子のtubutubeをはじめとするアイディアに富んだ商品をリリースしているのも特徴の一つ。
おいしさと発想の豊かさが福岡の食卓を席巻している理由のお店なのです。

View this post on Instagram

@tgcmtkがシェアした投稿

おすすめはゆず明太子。ゆずの味と香りが強いため、少し生のたらこは苦手という方にもおいしく食べていただくことができます。その他にも、使いやすいチューブ型の辛子明太子などは、たらこスパなどへの応用も自由自在。料理好きの方にも喜ばれそうです。

名称 ふくや中州本店
住所 福岡市博多区中洲2-6-10
営業時間 平日
8:30〜24:00
日祝
9:00〜19:00
URL https://www.fukuya.com/

5.かばた 

関東にも2店舗構える「かばた」は辛子明太子の老舗。少しスパイシーな味付けが特徴です。辛口がお好みという方には絶大な人気を誇っています。福岡市内ではイオンなどを中心に数多くの店舗展開をしているので、手に入りやすいこともおすすめの理由の一つ。お土産としての美味しさと手軽さを両立できるお店なのです。

漬物店がその始まりで、素材へのこだわりは伝統の証です。ノウハウを生かした、濃厚な昆布だしが醸すうまみ。ただ単純に辛いだけではなく、その辛さを受け止めるしっかりした味付けが人気の理由。地元の素材にこだわった明太子は一度、のぞいてみることおすすめします。

名称 福岡三越店
住所 福岡県福岡市中央区天神2-1-1
営業時間 8:30〜24:00
URL http://www.ten-to-maru.co.jp/

うまかもんがいっぱい。何をお土産にしても外れなしの福岡

九州は食材の宝庫。その中心地である福岡はすべての物産が集まっているといっても過言ではありません。ならば、「うまかもん」もあふれているわけで、どれも美味しいものばかりです。
ですが、ここでしか手に入らず、お土産として持ち帰った時の笑顔が見られるものはそう多くありません。
ここで上げた15種類のお土産は笑顔を確実に引き出せるものばかり。
友達や家族と楽しい福岡の思い出をかみしめるにも最適なものばかりです。

特集

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー本が彩る私の時間ー 川端里恵さん【後編】

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー 本が彩る私の時間 ー 川端里恵さん【前編】

人気記事