最終更新日時 2019/05/10

古代より自然あふれる屋久島は、貴重な縄文杉などの屋久杉や生き物達に会うことができる神秘的な島です。そんな屋久島に訪れたら行きたいスポットを20選ご紹介します。自然を肌で体感して、忘れることのできない思い出を作りに行きませんか?

屋久島でおすすめの定番スポット10選

1. 縄文杉

「縄文杉」は屋久島の中で一番古い樹木で、その樹齢は約3000年と言われています。ただその年数も、どのように大きくなったかなどもまだ調査が進んでいない、謎の多い木でもあります。1976年に発見されて以来登山の名所として、多くの人が縄文杉を見るために足を運んでいます。

縄文杉はそばに近寄ることができないため、10メートルほど離れたこのデッキから見ることができます。途中の登山道にも屋久杉が立ち並んでいて迫力満点なので、縄文杉だけではなく森全体の屋久杉を楽しんでみてください。

名称 縄文杉
住所 鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦
サイト https://www.kagoshima-kankou.com/guide/10734/

2. ウィルソン株

縄文杉への登山途中にある、大きな屋久杉の切り株が「ウィルソン株」。中が空洞で入って上を見上げると、ハートの形が見えます。ここでは登山者が立ち寄り、思い思いの写真を撮っています。朝や早い時間はかなり混んでいますが、下山する午後によると比較的空いているのでオススメです。

外から見ると、大きな切り株に見えます。一説によると、豊臣秀吉の時代に大阪城の築城のために伐採されたようです。現存していれば縄文杉よりも古い屋久杉だった可能性もあったようで、そのような切り株の中に入ることができるなんて神秘的ですね。

名称 ウェイルソン株
住所 鹿児島県熊毛郡屋久島町
サイト https://www.kagoshima-kankou.com/guide/10738/

3. 白谷雲水峡

「白谷雲水峡」は、映画「もののけ姫」に登場するような苔と緑に覆われた世界が広がっています。標高が600〜1000メートルほどありますが比較的登りやすく、森では樹齢3000年ほどの「弥生杉」を見ることができます。

途中、苔に覆われている岩がゴロゴロを溢れてる川があり、その場所ももののけ姫に出てくるような景色が広がっています。屋久島は雨が多い島ですが雨が降った後の苔や緑はキラキラして美しいので、天気によって様々な緑を鑑賞することができます。

名称 白谷雲水峡
住所 鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦岳・石塚国有林内
サイト http://y-rekumori.com/

4. 太鼓岩

白谷雲水峡よりもさら奥に進んでいくと、「太鼓岩」という大きな一枚岩が現れます。その太鼓岩の名前は、岩を叩くとまるで太鼓のような音がすることから名付けられたそうです。晴れていれば白谷雲水峡と共に行ってみてほしいスポットです。

何と言っても岩からの壮大な景色は、ここまでの苦労を忘れさせてくれます。目の前にそびえるのは、九州最高峰の宮之浦岳です。晴れていれば素晴らしい景色を楽しめますが雨がふると滑りやすくなるので、行く際は安全な装備を身につけて登ってください。

名称 太鼓岩
住所 鹿児島県熊毛郡屋久島町

5. 大川の滝

屋久島の滝の中で1番高く、また水量も多い「大川の滝」。88メートの高さから水が流れ落ちるその様子は圧巻です。滝つぼまで近づくことができるので、水しぶきをかぶっても大丈夫な場合は是非近づいてみてください。

滝の近くには名水百選にも選ばれている、「大川湧水」が湧き出ています。水質は軟水で飲みやすく、また山を通ってきた水なのでとても冷えています。もしペットボトルを持っていたら、汲んでみてはいかがでしょうか。

名称 大川の滝
住所 鹿児島県熊毛郡屋久島町栗生
サイト https://www.kagoshima-kankou.com/guide/10704/

6. 屋久杉自然館

「屋久杉自然館」は屋久杉の生態系や屋久島の自然など、様々なことを学ぶことができる場所です。外の玄関部分から大きな屋久杉が出迎えてくれ、中では展示や体験コーナー、映像の上映などがあります。またオリジナルグッズの販売などもあるので、雨の日の観光などに最適です。

View this post on Instagram

@myy_myy_sasaがシェアした投稿

館内ではつくば万博で展示した、巨大な根株が展示されています。この株には江戸時代につけられた斧の痕が、今でも残っています。その他にも、毛利宇宙飛行士が宇宙に持って行った屋久杉の種から育った杉が、宇宙ヤクスギとして育っています。

名称 屋久杉自然館
住所 鹿児島県熊毛郡屋久島町安房2739-343
営業時間 9:00〜17:00
サイト http://www.yakusugi-museum.com/

7. ヤクスギランド

「ヤクスギランド」は標高1000〜1300メートルの場所に広がる自然休養林です。敷地内には4つのコースがあり、たくさんの屋久杉を観察することができます。縄文杉や白谷雲水峡近辺よりも比較的簡単に屋久島の自然を楽しむことができるので、体力に自信のない方やお子さんも満喫していただけます。

縄文杉への登山道と異なり、緑に囲まれた道は人が少なく静かで落ち着くことができます。都会では味わえない美味しい空気は、疲れた体を癒してくれることでしょう。しかし人が少ない為道に迷うこともあるので、安全な格好はもちろん急な雨への対策もしっかりと行ってください。

名称 ヤクスギランド
住所 鹿児島県熊毛郡屋久島町安房
営業時間 8:30〜16:30(管理人在中時間)
サイト http://y-rekumori.com/yakusugi_text/

8. 永田いなか浜

「永田いなか浜」は永田川によって白い砂が運ばれてくることで、白く美しい砂浜が広がるビーチです。屋久島の中で1番綺麗なビーチとも言われています。また日没には夕日を見ることができるので、いつ訪れていても楽しむことができます。

アカウミガメの産卵が確認されており、5月の下旬から7月にかけて運が良ければ産卵シーンを見ることができます。また卵が孵化して赤ちゃんカメが海へと旅立っていく瞬間は、思わず応援したくなりますね。またこのビーチに帰ってくることを祈っています。

名称 永田いなか浜
住所 鹿児島県熊毛郡屋久島町永田
サイト http://nagata-umigame.com/inakahama/

9. 宮之浦岳

屋久島、そして九州の最高峰である、標高1936メートルの「宮之浦岳」。面白い形をした奇岩を見ることができます。また山には奥の植物が生えており、ヤクシマダケやヤクシマシャクナゲ、アセビなどが点在しています。

頂上からの景色は下から見上げて景色とは異なり、天気がいい日には絶景を楽しむことができます。九州最高峰の山に登った達成感と素敵な景色を求めて、縄文杉だけではなく様々な登山やトレッキングをしてみてください。

名称 宮之浦岳
住所 鹿児島県熊毛郡屋久島町

10. 平内海中温泉

屋久島にはいくつかの温泉がありますが、その中の一つ「平内海中温泉」はその名の通り海の中にある硫黄の温泉。満潮時は海の中に沈んでしまうので、1日2回ある干潮の時間しか入ることができない幻の温泉です。

温泉は男女で分かれておらず、混浴です。脱衣所もないですが水着の着用は禁止されているので、女性が入るのには少し勇気がいります。しかしながら昼間はまるで海の中に入っているような、夜は満点の星空を眺めながめながらの入浴を体験できます。

名称 平内海中温泉
住所 鹿児島県熊毛郡屋久島町平内
サイト https://www.kagoshima-kankou.com/guide/10710/

屋久島でおすすめのレジャー5選

1. 縄文杉トレッキングツアー

屋久島に行くなら必ず行きたい、縄文杉トレッキングツアー。ツアーではなく個人で行くことも可能ですが、車を朝早くから運転したりバスでいくこともなく現地に連れて行ってくれるので便利です。またインストラクターから説明を受けながらいくことで、今まで知らなかった屋久島の魅力を改めて知ることができます。

また、道中にはハートの形をした穴があります。これも個人ではなかなか見つけることができないので、ツアーの特権でもあります。ツアーで行く際も個人でいく際も、最新の情報を押さえつつ安全第一で登ってください。

名称 縄文杉トレッキングツアー

2. 白谷雲水峡・太鼓岩ツアー

続いて白谷雲水峡・太鼓岩へ行くツアーです。縄文杉へ行くよりは時間はかかりませんが、途中川を通らなければならない道もあります。上手な休憩の取り方や、危ない場所への注意も行ってくれるので、できる限りツアーで行くことをオススメします。

道中にはたくさんの撮影スポットがあり、どこを切り取っても素敵な写真を撮ることができます。その写真をインストラクターに気軽に撮ってもらえるのも、ツアーの強みです。一緒に屋久島を訪れる人とともに素敵な思い出を残すためにも、自分たちにあったツアー会社を探してみてください。

名称 白谷雲水峡・太鼓岩ツアー

3. 屋久島カヤックツアーKAZE

歩きながら屋久島を堪能するだけではなく、水の上から楽しめます。「安房川カヤック半日ツアー」では川の上で、鳥や虫の声をBGMに優雅な屋久島探検ができます。安房川の上流は流れが緩やかで、さらに川幅もあるので、カヤックをしやすい環境です。

川だけではなく海へもカヤックで飛び出しましょう。その時は「1DAY体験シーカヤック」。屋久島は山の印象が強いですが、海もまた美しい色をしています。デートや女子旅、一人旅でも波音を聞きながらゆったりするもよし。またカヤックの後は、ガイドさんが作る料理を食べてみてください!

名称 カヤックツアー

4. 屋久島ガイドクラブ(シュノーケルツアー)

シュノーケリングやダイビングも盛んに行われており、海に入ると屋久島へ産卵に来るアカウミガメに会うことができます。シュノーケリングでも十分カメと触れ合うことができるので、登山の後は海の中に潜ってみませんか。

ダイビングではさらに、珊瑚の近くで多くの魚たちを観察することができます。色とりどりの魚たちと一緒に泳ぐひとときは、緑に囲まれた登山とはまた違った魅力があります。シュノーケリングもダイビングも、できるかぎり一人で行わず、ツアーや複数人で行くと安く体験できますよ!

名称 シュノーケリング・ダイビングツアー

5. 永田岬

屋久島ではオールシーズンで様々な魚を釣ることができます。アジやクロダイ、スズキ、イシダイ、ブダイなど、大きい魚も釣ることができるため、ポイントでは多くの釣り人が釣りを楽しんでいます。ポイントや釣果報告などがネット上に多く上がっているため、比較的釣りをしやすい環境です。

屋久島の中でも特に大物が釣れるとよく知られているのが「永田岬」。春は石鯛、夏はクロアジ、秋冬はクロ、ヒラスなどが釣れます。季節によって釣れる魚が多種多様で豊富なので、どの時期に訪れても楽しめるでしょう。お子様などと訪れてみてはいかがでしょうか。

名称 釣り

屋久島でおすすめの穴場スポット5選

1. 横河渓谷

「横河渓谷」は永田川の上流にあり、自然のプールのような形状です。大きな石がゴロゴロと転がっており、場所によってはウォータースライダーのようです。横河渓谷はヨッゴ渓谷と読み、その由来は憩い(永田弁でヨコゴウ)の河であるという説があります。

お水はとても綺麗で、多くの生き物が生育しています。夏になれば地元民はもちろん観光客が涼みにきますが、水量はそこまで多くなくとも流れが早い箇所もあります。特に子供は遊ぶ時にはライフジャケットなど、着用しましょう。

名称 横河渓谷
住所 鹿児島県熊毛郡屋久島町永田
サイト http://nagata-umigame.com/yoggokeikoku/

2. 黒味岳

「黒味岳」は標高1831mの、比較的登りやすい山です。大きな花崗岩がゴロゴロと転がっているのが印象的で、登山道はロープを使って上り下りしたり花之江の湿原を歩いたりなど、面白い場所が多くあり飽きずに楽しむことができます。

山頂まではおよそ1時間の登山で、岩の上からは、宮之浦や永田岳、栗生岳など、奥岳の山々を見渡せます。5月、6月にはヤクシマシャクナゲやサクラツツジが群生し、運が良ければ鹿などの生き物にも会うことができます。屋久島の山の中では手軽に登れる方なので、是非登山してみてください。

名称 黒味岳
住所 鹿児島県熊毛郡屋久島町平内

3. 松峰大橋

「松峰大橋」は1985年に架けられたおよそ高さ100mの橋で、屋久島で最も高い橋です。赤い橋は自然の緑、そして川の青とのコントラストで美しく映えます。橋の上からは下から見るのとはまた違った、渓谷と森を眺めることができます。

安房川の上流にあることから流れが緩やかで、さらに川幅もあることによってカヤックをしやすい環境です。赤い橋と屋久島の緑、川、そしてカヤックを1枚の写真に収めたら、素敵な画になることまちがいなしです。

名称 松峰大橋
住所 鹿児島県熊毛郡屋久島町安房

4. 志戸子ガジュマル公園

「志戸子ガジュマル公園」は樹齢500年以上とも言われる巨大なガジュマルをはじめ、亜熱帯の植物たちが多く生えています。遊歩道が整備されているので手軽に、15分程度で見て回ることができます。入園料は200円と安いので、近くに訪れた際は是非寄ってみてください。

公園の横に「kiina」と言うカフェがあります。古い海辺の一軒家を改装しており、白と木材が優しい雰囲気が溢れる店内で、地元の食材を使ったごサンドイッチやシフォンケーキなどを食べることができます。またドリンクも地元の食材を使っており、屋久島を存分に堪能できますね。

名称 志戸子ガジュマル公園
住所 鹿児島県熊毛郡屋久島町志戸子
営業時間 8:30~18:30(9~3月は17:00まで)
サイト https://www.kagoshima-kankou.com/guide/10732/

5. 夕日の丘展望所

「夕日の丘展望所」からは目の前に何も邪魔するものがないので、海に落ちていく赤く染まった夕日とキラキラと輝く黄金の海を眺めることができます。穴場スポットで人も少ないので、静かな空間で夕日を満喫できます。

View this post on Instagram

@noanoa07がシェアした投稿

展望所は夕日だけではなく、日中は口永良部島や黒島、硫黄島など近隣の島々を望むことができる、とても見晴らしがいい場所です。車を停めるスペースも少ないので、夕日を見るときは余裕を持ってついていると安心ですね。

名称 夕日の丘展望所
住所 鹿児島県熊毛郡屋久島町吉田

屋久島の自然を存分に満喫する旅をしませんか

いかがでしたか。屋久島に行く旅費は決して安いわけではなく、時間もかかるので気軽にいけない離島ですが、その分魅力がたくさん詰まっています。最近は日本人旅行客だけではなく、外国人も増えて賑わってきています。ご当地グルメのトビウオの料理を味わってもよし、民宿でおばあちゃんとゆったりお話しするもよし、いろんな楽しみ方ができる屋久島にぜひ一度足を運んでみてください。

【関連記事はこちら】
▷偉人ゆかりの地をたのしむ。鹿児島の温泉で贅沢な体験をしませんか?
▷一度は行きたい!ダイナミックな地形が生んだ、鹿児島の強力パワースポット

特集

2019/06/21泊まる、森に抱かれた大人のためのヴィラ【伊豆高原】ー宿泊体験記vol.5ー ABBA RESORTS IZU -坐漁荘

2019/06/18泊まる、歴史と異国の風が薫る宿【有馬】ー宿泊体験記vol.4ー 有馬山叢 御所別墅

人気記事