最終更新日時2019/06/14

熊本県阿蘇郡南小国町にある全国屈指の温泉街「黒川温泉」では、効能の高い温泉が多数存在し多くの観光客を癒しています。さらに温泉以外にも自然が豊かな街なので、自然の静けさに触れて体を休めることもできます。おいしいグルメもあるので、食べ歩きにもピッタリな街です。ぜひここで体を癒してみては?

黒川でおすすめの定番スポット5選

1. 神明館

黒川温泉に来たら絶対に外せない温泉「新明館」。江戸時代から流れる源泉を今でもなお使用していて、とても歴史の深い旅館。最大の特徴は、なんといっても洞窟風呂です。ここの主人がお客様にもっと喜んでほしいという理由で、数十年の歳月をかけて手がけたお風呂なんです。中は、温泉の湯気が中で滞留していて、今までにないような温泉体験ができます。

ここ新明館では、夜になると近くの川がこのようにライトアップされ本当にきれいな夜景を見ることができます。なのでデートにはもってこいのスポットといえるでしょう。5月になるとツツジが一面に咲くので春に行くのがおススメです。またここの旅館のごはんには、常にその近郊で取れた山菜やお魚の懐石料理がいただけます。

名称 新明館
住所 熊本県阿蘇郡南小国町大字満願寺6608
営業時間 受付時間(8:00~21:00)
サイト
https://www.jalan.net/yad308320/

2. いこい旅館

今でもなお昭和の面影を残している旅館「いこい旅館」。黒川温泉は、日本有数の温泉街ですが中でもここの温泉は、日本名湯秘湯百選にも選ばれているほどの質の高い温泉を楽しむことができます。中でも美人湯が女性に大人気でしかも温泉独特の硫黄臭があまりしないのも魅力の一つ。お肌をつるつるにして体をリフレッシュすれば、それだけでここ「いこい旅館」に来た価値がありますね。

いこい旅館、最大の名物風呂である立湯。ここの立湯は、なんと深さ1.5メートルと日本でも最大の深さを誇りなかなかこんなに深い温泉に浸かることはできないでしょう。浮かびながら入る温泉はまた格別で、スリルも味わえることから女性に大人気です。また団体でも十分な広さがあるので、家族連れで楽しむこともできます。中央の竹にしがみつきながら新しい温泉体験はいかがですか?

名称 いこい旅館
住所 阿蘇郡南小国町大字満願寺6548
営業時間 温泉利用可能時間:6時30分~24時まで
サイト https://www.jalan.net/yad354381/

3. 鍋ケ滝公園

黒川は、温泉だけでなく自然豊かな街で中でも「鍋ケ滝公園」は、黒川を代表する観光名所の一つです。ここまできれいな水のカーテンを作る滝は、かなり珍しく一目ぼれすること間違いなし。また某お茶のCMの舞台になったことでさらに人気を集めています。さらにこの滝を裏側からも見ることができ、このカーテン越しから見る美しい景色も圧巻です。

春の夜にだけ見ることができる、鍋潟家公園ライトアップ。この巨大な滝の裏側から多彩なライトを当てて、ライトアップします。昼間に見ていたあの神秘的な鍋潟滝とは一変し、幻想的な風景へと姿を変えます。なので4月ごろの訪れるのをおススメします。ここでマイナスイオンを感じながら、幻想的な夜景を見るのもここ黒川の楽しみ方の一つです。

名称 鍋ケ滝公園
住所 熊本県阿蘇郡小国町黒渕
営業時間 9時~17時(最終入園16時30分)
サイト https://www.jalan.net/kankou/spt_43424ab2042044149/

4. 大観峰

黒川の景色を一望できる「大観峰」。頂上までは、通称「ミルクロード」と呼ばれる道を車で30分ほどで頂上まで行くことができ、このミルクロードも黒川名所の一つです。頂上からは、阿蘇五岳を一望でき360度大自然のパノラマを楽しむことができます。また、こちらもJALのCMの舞台になったため人気急上昇中の名所です。

春や夏は、一面の緑を楽しむことができる大観峰。冬になると一面雪で覆われてまた違った黒川の絶景を見ることができます。そしてなんといっても雲の上から見る朝日は、感動的で朝の寒さなんて一瞬で忘れてしまうほどです。徒歩でも行くことができるの車がなくても安心。そして冬の方が空気が澄みきれいに朝日が見えるので、冬に来るをおススメしています。

名称 大観峰
住所 熊本県阿蘇市山田
サイト https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000153725/

5. くじゅう花公園

日本最大級の花畑が見ることができる黒川名所「くじゅう花公園」。ここには、約500種300万本の色とりどりの花が咲き乱れ、その景色は圧巻の一言です。ここの真ん中で写真を撮ればインスタ映え間違いなしです。なので女子旅にはぴったりの場所といえるでしょう。この花畑に感動し夜に温泉にゆっくり浸かるのがここ黒川の贅沢旅行プランの一つです。

この花畑の最大の特徴は、シーズンごとに表情がガラッと変わることです。春には色とりどりのチューリップ、夏には一面のラベンダー畑、秋には鮮やかなコスモスを見ることができます。なので何度訪れても飽きることがない黒川名所の一つです。また旬の野菜をメインにしたバイキングレストランやカフェもあるため、子供連れの家族旅行にも最適な場所です。家族と一生の思い出を作ってみてはいかがですか?

名称 くじゅう花公園
住所 大分県竹田市久住町大字久住4050
営業時間 営業時間 08:30~17:30
サイト https://www.jalan.net/kankou/spt_44442ah3330044548/

黒川でおすすめの穴場スポット5選

1. 九重夢大吊橋

川底からの高さ日本一の歩行者専用橋「九重夢大吊橋」。ここは、高さが173メートル、長さ390メートルの日本最大規模の橋でまるで空中を散歩しているような感覚を味わうことができます。とても、スリリングな橋でデートにぴったりの穴場スポット。晴れた日は、日本滝100選に選ばれている震動の滝と九重連山の山並みを同時に眺めることができます。

五月中旬から6月中旬にかけて、九州の火山帯でしか咲くことがない「ミヤマキリシマ」という花をここ九重夢大吊橋から一望することができます。この花が咲く大船山も黒川の名所の一つなので要チェックです。また秋になると紅葉の名所で知られている「九酔渓」を上から一望できるので春から秋にかけて訪れるのをおススメします。ここでスリルを味わいながら、自然を楽しむデートはなかなかできない経験ですね。

名称 九重”夢”大吊橋
住所 大分県玖珠郡九重町大字田野1208
営業時間 8:30~17:00(1月~6月/11月~12月)8:30~18:00(7月~10月)
サイト https://www.jalan.net/kankou/spt_44461cb3282050961/

2. 豊礼の湯

九重連山のふもとに広がる穴場温泉街である「富礼の湯」。ここは、奥阿蘇の秘湯ともよばれるほど豊かな山間の中に存在し、多くの観光客の体を癒しています。また、24時間の貸し切り露天風呂がおすすめで、大自然を見ながら温泉に入るという贅沢を味わえます。また、近くには素泊まりの宿も多数存在し、リーズナブルな価格でこちらの温泉を堪能することができます。

「富礼の湯」に訪れたら、一度は体験したい「地獄蒸し」。90度近い蒸し器の中に自分の好きなものを入れて、タイマーをセットするだけ簡単に名物の蒸し料理がいただけます。卵はもちろん定番で、他にもソーセージや色んな食べ物を蒸して素材の味を楽しみましょう。ちなみに旅館に泊まっている方は、無料でこの蒸し器を使うことができます。自分のお気に入り蒸し物を探してはいかがですか?

名称 豊礼の湯
住所 熊本県阿蘇郡小国町西里2917
営業時間 8時~20時(貸切風呂は24時間)
サイト https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000174841/

3. ガンジーファーム

九重連山のふもとに存在する広大な牧場「ガンジーファーム」。温泉のイメージが強い黒川では、穴場スポットでここのソフトクリームは、ゴールデンミルクというとても珍しいミルクを使用いています。これは、イギリスのガンジー島というところに生息している牛のミルクで、今まで食べた普通のソフトクリームとはまた違った味わい。子供連れの家族旅行に大人気です。

ガンジーファームは、ソフトクリームだけでなくアクティビティも多彩。山羊と戯れることができる「ふれあい牧場」やポニー乗馬を楽しむことができる「ポニーハウス」が人気の施設。近くには、手作りベーカリーもありおいしいパンをいただくことができます。のんびりデートにぴったりの場所と言えるでしょう。動物と自然に触れ合い、心をリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

名称 ガンジーファーム
住所 大分県竹田市久住町久住4004-56
営業時間 9時~17時 年中無休
サイト
https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000153648/

4. 岡本とうふ店

黒川にある涌蓋山のふもとに老舗のとうふ屋さん「岡本とうふ店」。ここのとうふは、涌蓋山の湧水を利用し明治時代から変わらぬ製法で作っていて、ローカルに愛されるとうふ屋さんなのです。舌触り滑らかなとうふでおいしさとその懐かしさゆえに、遠くから多くの観光客の方が来て買いに来るほど。とうふ以外にも揚げ豆腐やもろみを買うことができるので、黒川に来た際は一度立ち寄ってみてはいかがですか?

昔ながらの田舎豆腐だけでなく、隣に併設せいているカフェでスイーツも販売しています。それが、とうふを使ったチーズケーキで素朴な香りとチーズの豊潤な味わいが意外にも相性がよく、上に乗っているベリーソースが味のアクセントになり、あっという間に食べきれてしまいます。旅行の休憩がてらに「岡本とうふ店」に立ち寄って、一息つくのもまた贅沢ですね。

名称 岡本とうふ店
住所 熊本県阿蘇郡小国町西里七曲
営業時間 8:00~17:00
サイト https://www.jalan.net/gourmet/grm_guide000000153674/kuchikomi/

5. 下条のオオイチョウ

最後の黒川穴場スポットは、熊本県で最大級のいちょうの木、通称「下条のオオイチョウ」。この木は、樹齢1000年と言われていて秋になるときれいな紅葉を見ることができます。また夜になるとライトアップされて、ロマンチックなムードを演出してくれます。なので穴場デートスポットとしても認知されています。シーズンが1か月弱と短いので、しっかりシーズンの合わせて黒川に旅行しましょう。

下条のオオイチョウからすぐ近くに「鍋釜滝」と「下城滝」という滝がありこれも一緒に見ることをおすすめ。この滝から下条のオオイチョウを同時に見ることができ、その眺めに目を奪われてしまうほど。またほかの木も紅葉が始まっているため、それも一緒に写真に収めたらインスタ映え間違いなしの穴場ポイントです。ぜひここからの景色を堪能し黒川観光を締めくくってみてはいかがでしょうか。

名称 下条のオオイチョウ
住所 熊本県阿蘇郡小国町下城
サイト https://www.town.kumamoto-oguni.lg.jp/q/aview/143/274.html

温泉だけでなく自然豊かな黒川観光

黒川は、日本有数の温泉街でありながら自然が豊富で、どのシーズンでも飽きずに楽しめる素晴らしい観光地というのは理解していただけたかと思います。また希少なイギリスの牛のミルクや明治時代から絶えることのないとうふ屋など食にも敏感な街なので、自然を感じながらリラックスした旅行を堪能できます。なのでJAL のCMのように「かえりたくねー」と叫んでしまうのでは?

関連記事

気分一新!絶景と名湯だらけの「阿蘇」へ。心ざわめく観光スポット20選
エリア別に攻略!熊本で行ってほしい、おすすめ観光スポット20選

特集

2020/03/26私らしいオシャレ女子旅のススメ。箱根の森の奥深く、思わずため息が出るフォトジェニックな絶景宿 ──箱根・芦ノ湖 はなをり

2020/03/23世界が注目するリゾートアイランド宮古島で、リュクスな大人のバカンスを──ホテル シギラミラージュ

おすすめ記事

人気記事