最終更新日時 2019/08/05

猫カフェでは猫が好きで本当は自宅で飼いたいけれど、さまざまな事情で飼えない人たちが、猫に触れ合って癒されることができます。また、これから猫を飼おうと思う人がそこから猫を引き取ることができる猫カフェもあります。福岡にはどんなおすすめの猫カフェがあるか紹介していきたいと思います。

福岡エリアにあるおすすめの猫カフェ10選

1. 猫カフェキューリグThe Loft 天神店

「猫カフェキューリグThe Loft 天神店」は人懐っこい猫が多いいです。料金は時間制を採用しています。入場料は380円であと10分ごとに150円加算されていきます。猫ベッドや猫トイレ、消臭剤などオリジナルの猫グッズも売っています。里親希望のお客さんがいる場合は、お店で面談の上問題がなければ里親になることもできます。

入店に際しては、土足ではなく猫の病気予防のためスリッパに履き替え、手の消毒をします。また、小学生以下のお子さんは同時に4人までしか店にいることはできません。。猫たちはすべて保護猫か、事情があって飼えなくなってしまった猫たちです。

名称 猫カフェキューリグThe Loft 天神店
住所 福岡県福岡市中央区今泉1-22-21 Jolisビル 4F
営業時間 11:30 20:00(L.O.19:30)
定休日 木曜
サイト http://theloft.nekocafe-keurig.com/

2. 猫カフェキューリグ大名店

「猫カフェキューリグ大名店」は猫カフェキューリグ天神店と同系列の猫カフェで、こちらの方が1号店です。猫スタッフはブリーダーに育てられた猫から保護猫まで約25匹のスタッフがいます。天神店と同様保護された猫たちの里親を募集しています。

料金は最初の30分が400円、10分延長されるごとに150円加算されます。こちらのお店も入店に際してはスリッパへの履き替え等の注意事項があります。メニューは野菜の多いランチやキビ糖や豆乳を使ったスィーツ等体に優しいものを用意しています。猫用オリジナルグッズも購入することができます。

名称 猫カフェキューリグ大名店
住所 福岡県福岡市中央区大名1-10-15WATTビル1F
営業時間 月・水~金 13:00~22:00(最終入場 21:30)
土・日・祝日 11:30~22:00(最終入場 21:30)
定休日 火曜
サイト http://nekocafe-keurig.com/

3. キャットカフェOBC

キャットカフェOBCは21匹の猫スタッフがいるキャットカフェです。11個の禁止項目があり、猫を抱くことや猫用おもちゃを持ってくること、猫連れで入店することはできません。入店後20分ごとに300円の料金がかかり、自動延長されます。

1時間とワンドリンクで1000円というドリンクパックがあります。飲食物を持ってくることも人間の飲食物を与えることもできませんが、猫のおやつも販売してるので、購入したおやつで猫と一緒に飲食を楽しめます。

名称 キャットカフェOBC
住所 福岡県福岡市博多区住吉2-16-12 GrunDuoHakata1F
営業時間 11:00~20:00(ドリンクパックL.O.19:10、ドリンクL.O.19:20 )
サイト https://cat-cafe-obc.webu.jp/

4. 猫カフェcota

「猫カフェcota」はワンドリンク付き1時間1200円で利用することができ、その後は10分延長ごとに150円かかります。19:00~21:00は1時間1000円となります。猫の病気予防のため店内でスリッパを脱ぐことはできません。また4歳以上から中学生までは大人の監督者がいれば大人と同じ料金で入店できます。

猫スタッフは16匹います。15:00の猫のおやつタイムには一組のお客様に一皿カリカリタイプのおやつをプレゼントするサービスや、高校生以上の大人3人以上の団体の場合は最初の10分の延長が無料になるサービスもあります。第一第三日曜の午後1時まではキッズデーです。一部の猫の里親も募集しています。

名称 猫カフェcota
住所 福岡県福岡市早良区西新2-6-4マルエイ西新2階
営業時間 11:00~21:00
定休日 第2・第4木曜
サイト https://neko-cota.com/index_top.html

5. 猫カフェ美猫

「猫カフェ美猫」は築50年の古民家を改装した木のぬくもりの感じられる猫カフェです。ワンドリンク付き1時間で1300円の利用料金です。延長は20分ごとに300円の料金がかかります。10歳以下の子供は入店できません。玄関で靴からスリッパに履き替えて、手を消毒してからの入店になります。

21匹の猫スタッフがいますが、体調によってはお休みしている猫もいます。美猫という名の通り、きれいな猫がそろっています。店内で売っている猫用食べ物を猫に与えることはできますが、それ以外の飲食物を猫に与えられません。また、ペットを連れて来店することはできません。

名称 猫カフェ美猫
住所 福岡県福岡市中央区港3-3-20
営業時間 11:00~20:00(L.O.19:00)
定休日 火・木・金曜
サイト https://minatoneko.wixsite.com/bineko

6. ラビキャットくん

「ラビキャットくん」は猫とだけでなく、ウサギとも触れ合うことができるカフェです。1時間ワンドリンク付きで1300円です。10分ごとに200円の延長料金がかかります。年齢制限がなく、中学生以下でも保護者の同伴があれば入ることができます。未就学児は幼児料金の1時間500円です。

スリッパに履き替えて、手をハンドソープで洗ってからの入店で、靴下をはいていないと入店することができません。16:00まで猫やうさぎのおやつを一つ100円で販売していますが、なくなり次第終了です。また、平日には4人以上で貸切にすることもできます。

名称 ラビキャットくん
住所 福岡県福岡県春日市岡本2-11 レジデンス春日1F
営業時間 11:00〜19:00(L.O.18:00)
定休日 月1回火曜日
サイト https://rabicatn.amebaownd.com/

7. 猫カフェ ミャオ

10分200円にドリンクバーの代金として300円がかかり、10分ごとに200円で延長出来ます。3歳以下のお子さんは無料で4歳から通常料金がかかります。猫用アイスキャンディーを300円で売っています。猫は抱くことはできませんが、店内に置いてあるおもちゃで遊んであげることはできます。

店内はテーブルがなく円形の壁に沿って腰かけや棚があり、置いてあるのは移動できるスツールです。中央には猫が昇るための柱が天井に向かって伸びています。壁際には猫が入れるようにへこんだ部分がいくつかあります。また、窓際にも猫が昇れるような棚があります。

名称 猫カフェ ミャオ
住所 福岡県福岡市中央区大名1-13-15-2f
営業時間 10:00~22:00
サイト https://www.catcafemeow.com/

8. 福岡の猫カフェGatto

「福岡の猫カフェGatto」は築90年の古民家を改装した猫カフェです。カフェスペースと猫スペースはアクリル板でしきってあるので、猫が苦手の方でも利用できるカフェです。猫たちはすべて飼い主さんたちのやむを得ない事情で引き受けた猫達なので、里親を募集しています。

猫スペースの利用は30分1000円で、延長30分ごとに500円かかります。1時間ワンドリンク付き1500円での利用もできます。カフェスペースと猫スペース両方を使われた方は100円引き。猫スペースに入る時は必ず靴下着用です。子供は大人が一緒の中学生以上から入れます。

名称 福岡の猫カフェGatto
住所 福岡県古賀市新原526
営業時間 火・水・金 13:00~18:00
土・日 12:00~18:00(L.O.17:00)
定休日 月・木曜
サイト http://nekocafe-gatto.com/

9. 保護猫カフェMOCA

「保護猫カフェMOCA」は保護猫達と里親の懸け橋になることを目的に始められたお店です。十数匹の猫たちがいます。一度に入れる人の定員は6人までです。小学校5~6年生は60分入ることが可能ですが、小学校4年以下の子供がいる場合は全員30分までです。

入店はすべて予約制になので、待っているお客さんがいないときのみ延長が可能となります。60分入店で800円ドリンクが付くと1000円、追加ドリンクは200円です。1半を超えるとフリータイムとなり、入店のみで2000円ドリンクが付くと2300円です。

名称 保護猫カフェMOCA
住所 福岡県古賀市日吉3-29-7
営業時間 12:00~19:00
定休日 月~水曜
サイト https://nekomoca55.wixsite.com/neko-moca-koga

10. フェアリー・フィールズ

「フェアリー・フィールズ」は5匹の看板猫がいるカフェです。猫はエントランス付近や店内で自由にくつろいでいます。16種類から選べる紅茶があり、しかも紅茶はポットでサーブしてくれるので、たっぷり2杯分あります。ケーキや自家製クッキーなどのスィーツが美味しいお店です。

壁には看板猫たちの写真がたくさん飾られています。ゆっくりくつろぐことができる昔ながらの喫茶店の雰囲気があります。猫たちはテーブルの上で寝ていたり、カウンターの隅でコップから水を飲んだりしています。水曜日はレディースデイで女性限定のお得なメニューもあります。

名称 フェアリー・フィールズ
住所 福岡県福岡市中央区六本松4-8-12 ロマネスク六本松第3-1F
営業時間 16:00~翌1:00
定休日 月曜
サイト https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400105/40014010/

福岡の観光エリアにあるおすすめの猫カフェ4選

1. 猫カフェflat tail

「猫カフェflat tail」は16匹の猫スタッフ達が入れ替わりでお店にいます。予約制のお店です。靴下を着用あるいは入室前の足裏の消毒が必要です。中学生以上から利用できます。猫をだっこする、猫と遊ぶというより、のんびり過ごしている猫達と一緒に静かな癒しの時間を過ごしていただきたいというお店。

他の猫達と触れ合った日は感染症予防のため、来店できません。靴をスリッパに履き替え、貴重品以外の荷物をロッカーに預けてから猫のいる部屋に入室できます。1時間950円、30分650円、延長20分ごと250円です。料金には6種類の飲み物代が含まれていて、猫の部屋を出た後、カフェスペースで飲食できます。

名称 猫カフェflat tail
住所 福岡県飯塚市柏の森500-2ダイマルコーポ1F
営業時間 平日 13:00~18:00(平日 10:30~13:00 予約制/前日までに要予約)
土・日・祝 10:30~18:00
定休日 月曜・年末年始
サイト http://flat-tail.info/

2. 猫カフェNYAON

「猫カフェNYAON」は約15匹の猫スタッフが暮らしている猫カフェです。最初の1時間は1000円に300円以上のドリンク代がかかります。中学生以下は保護者の同伴が必要です。2歳までのお子さんは1時間500円で利用できます。猫好きな人同士の出会いの場になるよう、猫カフェ婚活パーティーもしています。

猫カフェNYAONでは、スコティッシュフォールド、マンチカンの2か月半くらいからの子猫の販売もしています。猫の保護はおこなっていませんが、里親探しのお手伝いができるように、店内に里親掲示板のアルバムが置いてあります。

名称 猫カフェNYAON
住所 福岡県太宰府市宰都1-6-1マドマール宰都A棟
営業時間 11:00~20:00(最終受付19:00)
定休日 水曜(祝日の場合営業)
サイト https://tabelog.com/fukuoka/A4003/A400301/40021094/

3. 猫カフェNha Con Meo

「猫カフェNha Con Meo」のNha Con Meoは、ベトナム語で「猫の家」を意味します。一匹でも殺処分される猫がいなくなるよう、保護猫と猫を飼いたい人の橋渡しをしようということで始められた猫カフェです。猫スタッフとして7匹の猫がいます。猫ルームは靴下を着用し、手洗い消毒をしてから入れます。

猫ルームへの入室は土日は最初の30分まで500円、平日は400円で10分延長するごとに、100円ずつ加算されます。平日フリータイムは1200円で閉店までいることができます。フードやドリンクの注文は任意となっています。猫ルームは中学生からの利用ですが、小学生以下のお子様は事前に確認が必要です。

名称 猫カフェNha Con Meo
住所 福岡県久留米市諏訪野町2570-9-2・3階
営業時間 月・火 14:00~20:00
土・日・祝 13:00~19:00
定休日 水~金
※営業時間は随時変更ありのため、ブログをご確認ください。
サイト http://nhaconmeo.cafe.coocan.jp/index.html

4. 猫カフェねこる

「猫カフェねこる」は築40年ほどの喫茶店を改装した猫カフェです。ワンドリンク40分で1000円です。10分延長するごとに200円かかります。小学生以下のお子さんは保護者が同伴しなければなりませんが、猫ルームの入室が実質無料になります。

大人一人の入室者は小学生以下のお子さんを二人まで同伴できます。また、猫のおやつを一つ200円で売っています。猫は成猫から子猫まで猫ルームにいます。人懐こい猫が多く、どんどん人の膝にのってきたりするのもうれしい猫カフェです。

名称 猫カフェねこる
住所 福岡県久留米市城島町江上上560
営業時間 水・木 13:00~20:00
土 15:00~20:00
日 11:00~20:00
定休日 月・火・金曜
サイト http://nyandeco.net/nyankoisgod/nekocafe/nekoru.html

北九州エリアにあるおすすめの猫カフェ3選

1. 小倉猫茶屋

「小倉猫茶屋」の猫達はアニマルレスキューが保護した猫の一部を猫スタッフに起用しています。ワンドリンク付き30分で500円。ワンドリンクとデザート付きで1時間1000円、ワンドリンクとデザート付き90分で1500円、ワンドリンクとデザート付き120分で1800円です。

入室時には手洗いが必要です。抱っこは禁止など猫がストレスを感じないような過ごし方が入室前に説明されます。スリッパに履き替えて荷物は棚におきます。猫は人懐こい猫が多く、お客さんが座ると勝手に横に座ってきたりする猫もいます。

名称 小倉猫茶屋
住所 福岡県北九州市小倉北区魚町3-4-3 バザーリ小倉5F
営業時間 11:00~21:00
定休日 月曜(祝日の際は営業、翌火曜日休み)
サイト https://tabelog.com/fukuoka/A4004/A400401/40041893/

2. Cat Mon 美cafe

「Cat Mon 美cafe」は21匹の猫がいる猫カフェです。猫アレルギーの方でも猫を見て楽しめるように、カウンター越しに猫部屋を見渡せるよう大きなガラスが張ってあります。平日は30分でワンオーダーが600円からです。土日祝日は30分でワンオーダーが800円からです。

保護者同伴の小学生以下は60分まで入れますが、料金から200円引きになります。入場は10人までなので、来店しても待つ場合もあります。猫のいる部屋でアルコールを飲んだり、食べ物を食べたりはできません。入室時には靴下を着用となります。猫部屋は召集殺菌用の噴霧器が常時作動していて、衛生管理が徹底しています。

名称 Cat Mon 美cafe
住所 福岡県北九州市門司区下馬寄7-28
営業時間 火~金 13:00~18:00(最終入店17:30)
土・日・祝 12:00~18:00 (最終入店17:30)
定休日 月曜・木曜
サイト https://www.catmbcafe.com/

3. 猫カフェ5匹の猫

「5匹の猫」は猫好きの店主が、保護猫を猫スタッフにして始めた猫カフェです。5匹の猫は時間制ではありませんが、90分を越したお客様に交代をお願いすることがあります。飲食代にサポーター料として500円をプラスしていただいています。サポーター料は猫スタッフの生活費や医療費に充てられています。

この投稿をInstagramで見る

@gjanaxがシェアした投稿

5匹の猫は猫のストレス軽減のため、中学生以上が利用できます。猫スタッフは保護猫ですが、お店として直接の保護活動はしていません。個人で独自の保護活動を行っている方々の支援をしています。支援の一環として、猫をテーマにしたマスコットや食器などの雑貨を販売し、猫の保護のための基金として積み立てています。

名称 猫カフェ5匹の猫
住所 福岡県北九州市小倉北区片野新町3-1-12 レ・サンク・シャ1F
営業時間 水~金 13:00~19:30(L.O.18:30)
土・日・祝 11:00~18:00(L.O.17:00)
定休日 月・火曜
サイト http://gohiki-no-neko.com/

福岡は猫カフェが日本で3番目に多い県

のんびりマイペースでくつろいでいる猫を見ているだけでも、くつろいだ気分になります。頼みもしないのに、そばに寄ってきてすりすりされたら、そっと撫でてあげましょう。元気のよい子猫は置いてある、猫おもちゃで遊んであげるとその可愛らしい姿に癒されます。多くの猫カフェが、猫による人の癒しの場となっているだけでなく、猫保護活動に関わっていたりそれを支援しています。猫カフェを利用することによって、殺処分される猫を減らすことへの協力もできます。

【関連記事はこちら】

▷博多駅周辺でおいしいラーメンを食べるならここ!おすすめラーメン店20選
▷美味しい朝ごはんでパワーチャージ!天神でおすすめのモーニング
▷ぜひ一度味わってほしい!福岡でじっくり味わえる至宝の和食20選

特集

2019/09/27大人を楽しむふたりのためのシークレットステイ。 ──グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾート

2019/08/26【宿泊体験】唯一無二の宿泊体験を求めて-MAGACHABARU OKINAWA-

人気記事