最終更新日時 2019/02/07 15:22

日本の南国リゾート、沖縄県。有名なソーキそばやちんすこうだけでなく、知る人ぞ知る隠れた名産品もたくさんあります。
今回は、家族、友だちに喜ばれること間違いない、沖縄のお土産を20個ピックアップしました! ぜひ沖縄でお土産を探す際の参考にしてみてください。

1.沖縄ソーキそば

画像素材|PIXTA

まずはじめにご紹介するお土産は、「沖縄そば」という呼び名でも有名な沖縄ソーキそば。和風の味わいと、豚肉のインパクトがある沖縄の郷土料理です。

カップラーメンになるほど人気が高く、まさに沖縄定番のお土産であると言えるますね。濃すぎずほどよい味わいで、毎日食べたくなるほどクセになること間違いなし!

2.ちんすこう

画像素材|PIXTA

沖縄といえば、ちんすこうが有名ですね。沖縄の伝統的なお菓子であり、古くから愛されてきました。最近では種類が豊富になっており、チョコレートやクリームがトッピングされているちんすこうも登場しています。

子どもから大人まで人気で、美味しくてやめられなくなる味わいや食感が最高のちんすこう。沖縄に行ったらぜひお土産に買ってみてはいかがでしょうか。

3.黒糖チョコレート

沖縄で少し変わったお土産としておすすめなのが、黒糖チョコレートです。黒糖とチョコレートという意外な組み合わせですが、口のなかに入ると絶妙なハーモニーを奏でます。沖縄県産の黒糖が贅沢に使用されたチョコレートで、沖縄ならではのお土産となるはず。また、黒糖が苦手な人も、独特のクセがないため美味しく食べることができますよ。

石垣島や那覇空港など、お土産が売っているお店なら手軽に購入できるのも魅力。甘い物好きな知り合いへのお土産にいかがでしょうか。

URL
https://www.royce.com/goods/detail/?o_no=4220

4.めんべい

めんべいは、もともとは福岡のお土産として有名なせんべい。しかし沖縄にはシークヮーサー味など、福岡と違った沖縄ならではの魅力が楽しむことができます。一度食べはじめるとその美味しさに止まらなくなってしまうことでしょう。

URL
https://www.fukutaro-shop.com/SHOP/99537/list.html

5.紅芋タルト

画像素材|PIXTA

何をあげたらいいんだろう。と迷っているときは、沖縄土産の定番、紅芋タルトがおすすめです。
しっとりとした甘さは、子どもから大人まで人気があります。空港などで購入できるので、ぜひ探してみてくださいね。

URL
http://www.okashigoten.co.jp/

6.紅芋チーズタルト

紅芋チーズタルトは、先程紹介した紅芋タルトのチーズタルト版。食感はほとんど同じですが、そこに濃厚なチーズの味わいが加わっています。
焼きたてチーズタルト専門店「PABLO」の紅芋チーズタルトは、沖縄でしか購入できないためぜひ訪れてみてください。

URL https://www.pablo3.com/

7.島とうがらしえびせんべい

島とうがらしえびせんべいは、沖縄県産の島とうがらしとえびを練り込んだせんべい。さくっとした食感のなかに感じるピリ辛のうまみが絶妙な一品です。空港や大型スーパーで購入できます。

URL
http://www.nanpudo.co.jp/

8.サーターアンダギー

画像素材|PIXTA

沖縄の定番お菓子といえば、サーターアンダギー。表面はさく、なかはしっとりと異なる食感を味わうことが絶妙です。
最近はサーターアンダギーが有名になり他県で販売されていることもありますが、沖縄を訪れる際は本場のサーターアンダギーを味わってみたいものです。

9.塩

画像素材|PIXTA

お土産となるとケーキやクッキーなどお菓子をイメージする人も多いですが、塩も立派なお土産だと言えるでしょう。沖縄の塩は他県の塩とは異なり、「ご飯の塩」「ゆで卵の塩」など用途別に別れている場合もあります。

例えば、卵好きな友達がいれば卵に合う塩を、ご飯好きな友達がいればご飯に合う塩をお土産に選びましょう。また、塩の種類が多すぎて迷った時は、店員に聞いてみるのも良いですね。

10.琉球ガラス

画像素材|PIXTA

沖縄でひと味ちがった体験を味わいたい方には、ガラス作りがおすすめです。糸満の「琉球ガラス村」や名護の「森のガラス館」に行けば、おしゃれなガラスに出会えます。沖縄の色鮮やかなガラスをプレゼントに贈ってみませんか。

URL(琉球ガラス村) https://www.ryukyu-glass.co.jp/
URL(森のガラス館) http://morinogarasukan.co.jp/

11.琉球酒豪伝説

琉球酒豪伝説は、ウコンのサプリメントです。ウコンには二日酔いを軽減する効果があり、斬新な名前と相まって、お酒を良く飲む方にお土産として渡すと盛り上がりそうですね

春ウコン・紫ウコン・白ウコン・沖縄皇金と4種類入っているため、通常のウコン以上の効果が期待できます。沖縄の空港やコンビニで気軽に購入できますよ。

URL https://shugou.net/

12.天使のはね

天使のはねは、テレビで報じられてから一躍人気が出たせんべいです。パリパリするせんべいと異なり、柔らかくも歯ごたえのある触感がクセになります。

名前のとおり白いふわふわした見た目が特徴的。塩味と梅味の2種類があります。

URL
https://www.facebook.com/pages/category/Foodservice-Distributor/%E4%B8%B8%E5%90%89%E5%A1%A9%E3%81%9B%E3%82%93%E3%81%B9%E3%81%84-1416205938702255/

13.タンナファクルー

画像素材|PIXTA

タンナファクルーは沖縄県民以外は知らない方が多いと思いますが、沖縄では給食に出るほど有名なお菓子です。黒糖と小麦粉、卵が材料として使用されており、さくさくしたクッキーに近い触感に仕上がっています。

明治時代にこのタンナファクルーを考案した玉那覇二郎から名付けたそうです。ぜひ、沖縄に行った時のお土産に選んでみてはいかがでしょうか。

URL
http://www.marutamaseika.jp/

14.ぷっちょ(シークワーサ-味)

ソフトキャンディのぷっちょが、沖縄では限定シークワーサー味として販売されています。
シークワーサーは苦いとイメージしがちですが、ぷっちょの甘さとまじわることで、絶妙なハーモニーを奏でます。知り合いのお子さんや、甘い物好きな女子にピッタリのお土産です。

URL
http://puccho.jp/

15.沖縄黒糖

画像素材|PIXTA

サトウキビのしぼり汁を煮詰め、冷やして製造した黒糖。沖縄県でしか生産されていないブランドとして商標登録されています。黒糖は料理に使用したり、そのまま食べたりと味わいかたも豊富です。

16.パイナップルケーキ

沖縄の観光スポット「パイナップルパーク」で購入できるパイナップルケーキ。パイナップル果汁のしみこんだ奥深い味わいは、モンドセレクションで金賞を受賞したお墨付き。季節を問わずおすすめできるお土産です。

URL https://www.nagopine.com/

17.35COFFEE ドリップパック

View this post on Instagram

@atmknkがシェアした投稿

35COFFEEドリップパックは、沖縄産のコーヒー。厳選されたコーヒー豆が魅力的で、珊瑚を使って焙煎しています。コーヒー好きの知り合いへのお土産は、35COFFEEドリップパックで決まり! 深い味わいが日々の疲れを癒やしてくれるでしょう。

URL https://35coffee.com/

18.ヒラミ―レモンケーキ

浦添市の港川外人住宅に本店がある「オハコルテ」で購入できる、ヒラミーレモンケーキ。レモンの果実をふんだんに使用したケーキは、甘すぎずすっぱすぎずのちょうどよい味わいで、地元の人からも広く愛されています。

沖縄のヒラミーレモンは「シークワーサー」を意味しているのだそう。沖縄ならではのレモンケーキをぜひ味わってみてください。

URL
http://www.ohacorte.com/index.php

19.紅の木

紅の木は、沖縄で購入できるバウムクーヘンです。バウムクーヘン専門店「ふくぎや」の人気商品で、紅は紅芋から名付けられています。紅芋のバウムクーヘンは食べた事がある人は少なく珍しいのではないでしょうか。

紅の木は着色料や防腐剤が含まれおらず賞味期限が10日ほどと短いため、新鮮なうちに食べる必要があります。お土産を渡す際には、賞味期限が短いことも考慮しての購入をおすすめします。

URL
https://fukugiya.com/

20.石垣の塩

石垣の塩は、名前の通り沖縄の石垣の塩と、チョコレートがついているポテトチップス。北海道のチョコレートメーカーであるロイズが沖縄で生産しています。
塩気と甘さが融合したポテトチップスは、独特の旨味を感じる一品。沖縄にこの石垣の塩を目当てに来る人もいるほど人気の商品です。

URL
https://www.ishigakinoshio.com/

大切なあの人に!お土産選びを楽しもう

バリエーションが豊富な沖縄のお土産。大切なあの人に、日頃の感謝を込めた素敵なお土産を選んでみてはいかがでしょうか。

特集

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー本が彩る私の時間ー 川端里恵さん【後編】

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー 本が彩る私の時間 ー 川端里恵さん【前編】

人気記事