最終更新日時 2019/07/17

「せっかく沖縄に来たのに雨…」そこで落ち込む必要はありません。沖縄には屋内観光スポットがたくさんあります。とても素敵な観光スポットが多いので、天候が悪くなった時のためだけではなく、晴れの日の予定にも入れてみてはいかがでしょうか。沖縄でしかできないことを体験しましょう!

沖縄南部のおすすめ屋内観光スポット10選

1. 琉球ガラス村

那覇空港から車で25分のところにある「琉球ガラス村」。県内最大の手作りガラス工房では、ガラス職人の技を見学できるだけでなく、自分で琉球ガラスを使って実際に作品を作る事もできます。ショッピングもできるので、お土産購入にもおすすめです。

琉球ガラス村で人気があるのは、気軽にできる体験教室です。吹きガラス作り体験やアクセサリー作りなど複数の体験教室が準備されています。中には予約不要でできるものもあるので、ふらりと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

名称 琉球ガラス村
住所 沖縄県糸満市字福地169
営業時間 9:00〜18:00
サイト https://www.ryukyu-glass.co.jp/

2. おきなわワールド文化王国・玉泉洞

「おきなわワールド文化王国・玉泉洞」は那覇空港から車で30分の所にある、東京ドーム4個分もの広さがあるテーマパークです。沖縄の伝統やグルメなど、沖縄の有名な所をほぼ網羅しているので、外国人旅行者にもおすすめです。

おきなわワールド文化王国・玉泉洞の目玉は、東洋で最も美しいといわれる鍾乳洞「玉泉洞」です。国内最大級の天然記念物と言われていて、中は幻想的な空間が広がっていて自然の驚異を体感する事ができます。他にもスーパーエイサーやハブのショーなどイベントがたくさんあるので子供連れにおすすめです。

名称 おきなわワールド文化王国・玉泉洞
住所 沖縄県南城市玉城字前川1336
営業時間 9:00〜18:00
サイト https://www.gyokusendo.co.jp/okinawaworld/

3. 沖縄アウトレットモール あしびなー

リゾート気分でショッピングができると人気の「沖縄アウトレットモール あしびなー」。那覇空港から車で15分で近く、那覇空港と沖縄アウトレットモール あしびなーの間に路線バスが出ているので飛行機までの時間つぶしにもピッタリです。

沖縄アウトレットモール あしびなーは高級ブランド品から生活雑貨まで幅広い商品が販売されています。アウトレットということもあり、想像以上に安く購入ができると評判です。思わぬ掘り出し物と出会える可能性もあるので、飛行機までの空き時間等に覗いてみてはいかがでしょうか。

名称 沖縄アウトレットモール あしびなー
住所 沖縄県豊見城市豊崎1-188
営業時間 10:00〜20:30
サイト https://www.ashibinaa.com/index.html

4. ぬちまーす観光ファクトリーぬちうなー

世界で唯一の塩工場が見学できる「ぬちまーす観光ファクトリーぬちうなー」。なかなか見ることができない、雪塩が出来る過程を無料で見学できます。また、敷地内から見ることができる海の絶景「果報バンタ」が有名で、その景色を目当てで来訪する人がいるほどです。

敷地内にはカフェがあり、ぬちまーす観光ファクトリーぬちうなーで作られた塩を使った沖縄のご当地料理をいただくことができます。また、ショッピングコーナーも充実しており、ぬちまーす関連の商品を多数販売しています。少し珍しいお土産を買って帰りたい人におすすめ。

名称 ぬちまーす観光ファクトリーぬちうなー
住所 沖縄県うるま市与那城宮城2768
営業時間 9:00~17:30
サイト https://www.nuchima-su.co.jp/

5. T ギャラリア by DFS

沖縄ゆいレールおもろまち駅に直結している免税店「T ギャラリア by DFS」。国内で唯一免税ショッピングができる事で人気があります。商品によっては那覇空港内にて受け取りのため、2時間前くらいには買い物を済ませておいた方がスムーズです。

T ギャラリア by DFSは国内最大級の路面型免税店ということもあり、140以上のブランド品を取り扱いしています。国内で免税ショッピングする機会がないので、お目当ての商品がある人におすすめです。他にもお土産コーナーやグルメコーナーなど、多くの店舗があるのでゆっくり見てまわれます。

名称 T ギャラリア by DFS
住所 沖縄県那覇市おもろまち4-1
営業時間 9:00~21:00
サイト https://www.dfs.com/jp/okinawa

6. びんがた工房 首里琉染

首里城から歩いて10分のところにある「びんがた工房 首里琉染」は、沖縄で唯一サンゴ染体験ができる観光スポットです。サンゴ染体験では、トートバッグやTシャツ以外にもハンカチや手ぬぐいなどの小物系があるので、首里城の帰りに気軽に寄っても荷物にならないところが嬉しいです。

びんがた工房 首里琉染で体験できるのは、サンゴをぽんぽんと叩いて染めるサンゴ染と、琉球王国伝統工芸でもある紅型染です。サンゴ染は小さい子供でも簡単にできるので、子供連れにもおすすめ。紅型染は集中して行うので、一人旅にもおすすめです。

名称 びんがた工房 首里琉染
住所 沖縄県那覇市首里山川町1-54
営業時間 9:00~18:00
サイト https://www.shuri-ryusen.com/

7. 栄町市場

「栄町市場」は、モノレール安里駅から徒歩2分の所にある昭和の街並みを大切にした市場です。商店街スタイルで、中には50店舗近いお店が立ち並んでいます。飲み屋さんが多いので、夜はとても賑やか雰囲気で外国人や観光客に人気な観光スポットです。

生鮮食品店から美容室まで、いろんな種類のお店が並んでいるので歩いているだけでも楽しいです。昭和独特のノスタルジーな雰囲気が残った街並みは、昼と夜で顔が変わります。ぜひいろんな時間に栄町市場を訪れてみてください。

名称 栄町市場
住所 沖縄県那覇市安里381
営業時間 10:00〜20:30
サイト http://sakaemachi-ichiba.net/

8. 沖縄県立博物館・美術館

沖縄の文化や歴史をゆったりと楽しめる「沖縄県立博物館・美術館」。博物館と美術館が併設されている珍しいスタイルで、1,000円以内で博物館・美術館両方をまわることができます。琉球王国の時代や戦後の沖縄など、貴重な資料がたくさん展示されています。

展示会やイベントが随時行われているので、沖縄県立博物館・美術館を訪れる前には、ぜひ一度チェックしておきましょう。お土産が購入できるミュージアムショップでは、伝統工芸品など珍しいものがそろっています。沖縄が大好きな人におすすめです。

名称 沖縄県立博物館・美術館
住所 沖縄県那覇市おもろまち3-1-1
営業時間 9:00〜20:00
定休日 月曜 12/29日から1/3まで
サイト https://okimu.jp/

9. 那覇市国際通り商店街

沖縄の玄関とも呼ばれている「那覇市国際通り商店街」は、多くの旅行客が訪れる定番観光スポット。外国人観光客も多く、日々賑わっている商店街です。商店街全体を歩くと大体30分くらいなので、デートでぷらぷらするのもおすすめ。

那覇市国際通り商店街では飲食店や雑貨店など多くのお店が所狭しと並んでいます。店員さんも和気あいあいとした人が多いので、沖縄が初めてで何を食べていいかわからないという人にもおすすめ。雨が降る日でも十分に沖縄を堪能できます。

名称 那覇市国際通り商店街
住所 沖縄県那覇市牧志3-2-10
営業時間 店舗によって異なる
サイト https://naha-kokusaidori.okinawa/

10. 首里城

沖縄に行くならぜひ世界遺産の「首里城」へ。琉球王国が生み出した古城は圧巻です。有名観光スポットということもあり、連日旅行客で賑わっています。首里城の施設内には飲食店もあるので、休憩しながらゆっくりと散策することができます。

首里城は写真スポットが多いことも人気の理由です。世界遺産内のいろんな所で写真を残せるので、カメラ好きにもおすすめ。また、朝に御開門式と呼ばれる儀式が行われたり、夜にはライトアップが行われたりと、時間によって多くのイベントが行われています。ぜひタイミングを合わせてはいかがでしょうか。

名称 首里城
住所 沖縄県那覇市首里金城町1-2
営業時間 8:00~20:30
サイト http://oki-park.jp/shurijo/

沖縄中部のおすすめ屋内観光スポット5選

1. 体験王国むら咲むら

様々な体験ができる「体験王国むら咲むら」は、家族連れに大人気。修学旅行で訪れる人気スポットです。宿泊施設もあるので、読谷村を堪能したい人にぴったりです。飲食店や銭湯もあるので、丸1日過ごすことができます。

体験王国むら咲むらで体験できる教室はなんと101個。工芸コーナーでは琉球藍染体験や吹きガラス体験など沖縄の伝統工芸を楽しむことができます。他にも海に出てジンベイザメと泳ぐシュノーケリング体験をしたり、エイサー体験をしたりと沖縄でしかできないことを体験できるので、レジャー好きの人におすすめ。

名称 体験王国むら咲むら
住所 沖縄県中頭郡読谷村字高志保1020-1
営業時間 9:00〜18:00
サイト https://murasakimura.com/

2. 読谷やちむんの里

「読谷やちむんの里」は、沖縄の陶器を楽しむことができるスポットです。多くの有名陶芸家さんが出品しているので、陶芸好きには堪りません。読谷やちむんの里全体が村で、歩きながらいろいろな窯元を覗く事ができます。

個性豊かなやむちん(焼き物)が並ぶ読谷やちむんの里は、見ながら歩くだけでもワクワクします。なかなか手に入らない品物が多いので、陶器好きの人のお土産にもピッタリです。ぜひお気に入りのやむちんを見つけてください。

名称 読谷やちむんの里
住所 沖縄県中頭郡読谷村座喜味2653-1
営業時間 9:00〜18:00
サイト http://www.okinawainfo.net/yomitan.htm

3. 恩納ガラス工房

恩納ガラスの体験ができる「恩納ガラス工房」は、なんと22時まで体験が可能!旅行の場合、日中の予定が詰まっていることも多いので夜に体験できるのは、とても嬉しいですね。。吹きガラス体験の他、掛け時計作りやしずくアクセサリー作りなどいろいろな体験ができます。

恩納ガラス工房は、一般的なガラス工房でも珍しい仕上げまで自分で行うスタイルです。吹きガラスでは吹くだけでなく、色付けや形仕上げまで行うので、思い入れも倍増。自分だけのオリジナル作品を作ることができます。

名称 恩納ガラス工房
住所 沖縄県国頭郡恩納村冨着85
営業時間 8:00~22:00(最終受付 21:30)
サイト http://www.onna-glass-okinawa.co.jp/studio/index.html

4. イオンモール沖縄ライカム

沖縄に行くなら押さえておきたい観光スポットが「イオンモール沖縄ライカム」。イオンモールは全国各地にもありますが、イオンモール沖縄ライカムは別格です。西日本最大規模の広さは、1日ショッピングを楽しむことができます。

イオンモール沖縄ライカムは巨大水槽があるということでも有名。容量100トンを超える水槽があり、沖縄らしいきれいなアクアリウムを観賞できます。まるで水族館に行ったような体験ができるので、小さなお子様にも大人気です。

名称 イオンモール沖縄ライカム
住所 沖縄県中頭郡北中城村アワセ土地区画整理事業区域内4街区
営業時間 イオンモール専門店 10:00~22:00
レストラン街 10:00~23:00
シネマライカム 10:00~24:00
サイト https://okinawarycom-aeonmall.com/

5. 琉球村

沖縄文化を思う存分堪能できる「琉球村」は、全部まわろうとすると7時間かかるほど盛りだくさんのテーマパークです。屋根付きの所が多いので、雨の日でも傘なしで遊ぶことができます。昔ながらの古民家の雰囲気が残っているので、テーマパークながらも落ち着けるところが人気です。

琉球村では、織物体験や泡盛ラベル作りなど、少し珍しい体験ができます。天気が良ければ自然の中を歩くガイドツアーも。テレビのロケ地としてもよく使われているところなので、撮影スポットとして楽しむこともできます。

名称 琉球村
住所 沖縄県国頭郡恩納村字山田1130
営業時間 9:00〜18:00
サイト https://www.ryukyumura.co.jp/official/

沖縄北部のおすすめ屋内観光スポット5選

1. 沖縄美ら海水族館

沖縄の代表的な観光地「沖縄美ら海水族館」。この水族館のために沖縄に行くという人も多くいます。サンゴ礁や深海魚など、沖縄だからこそ見れる魚たちはとても美しい。大水槽を眺めながらお茶ができるカフェはとても人気があります。

沖縄美ら海水族館の目玉は、なんといっても全長8,7mのジンベイザメです。近くにくると圧巻!海の広さを感じます。大水槽では他にもマンタや熱帯魚など多くの魚が泳いでおり、まるで海の中にいる気分に。天候が悪く、海に入れない日に訪れるのもおすすめ。

名称 沖縄美ら海水族館
住所 沖縄県国頭郡本部町石川424
営業時間 8:30~20:00
サイト https://churaumi.okinawa/

2. ナゴパイナップルパーク

道路沿いにある大きなパイナップルのオブジェが目印の「ナゴパイナップルパーク」。パイナップルについていろんな角度から学ぶことができます。お土産コーナーが充実しているので、ナゴパイナップルパークでお土産をそろえる人が多くいます。

ナゴパイナップルパークで人気があるのは、パイナップル号という自動運転のカートです。カラフルでかわいいパイナップル号にのって、パイナップル畑などをゆっくり観賞できます。ダイナソーアドベンチャーもあるので子供連れにおすすめ。

名称 ナゴパイナップルパーク
住所 沖縄県名護市為又1195
営業時間 9:00〜18:00
サイト http://www.nagopine.com/

3. オリオンハッピーパーク

オリオンビールの工場見学ができる「オリオンハッピーパーク」は、ビール好きには堪らないスポットです。当日飛び込みで行くこともできますが、空きがないと入れない可能性があるので、事前予約がおすすめです。説明を聞きながら試飲ができます。

オリオンハッピーパークの工場見学では、発酵しているところや缶詰をしているところなど、オリオンビールができるまでの工程を間近で見ることができます。施設内では出来立てのビールとともに食事ができるレストランもあるので、ビール好きの人はこちらで一杯いかがでしょうか。

名称 オリオンハッピーパーク
住所 沖縄県浦添市字城間1985-1
営業時間 10:00〜19:00
定休日 12/31~1/3
サイト https://www.orionbeer.co.jp/happypark/

4. 海洋文化館

美ら海水族館などがある海洋博公園の中にある文化施設「海洋文化館」。航海やカヌーについて学んだり、プラネタリウムを見たりできます。大航海をした人たちがどんな道具で乗り越えたのか、どんなものを食べていたのかなど興味深い内容を映像や資料で学べます。

海洋文化館ではプラネタリウムが大人気。リクライニングでくつろぎながら満天の星を眺めることができます。時間によって演目が異なるので、期間限定の番組が目当ての人は事前にチェックを。旅の疲れを癒しに海洋文化館に訪れてみてはいかがでしょうか。

名称 海洋文化館
住所 沖縄県国頭郡本部町字石川424
営業時間 夏期3月~9月 8:30~19:00
通常期10月~2月 8:30~17:30
定休日 2019年12/4・12/5
サイト http://oki-park.jp/kaiyohaku/

5. OKINAWA フルーツらんど

南国フルーツを楽しむことができる「OKINAWA フルーツらんど」は、アトラクションが多いので家族連れにぴったりです。フルーツがたくさんなった果樹園だけでなく、鳥と触れ合うバードゾーンや蝶ゾーンなど南国の雰囲気を味わうことができます。

OKINAWA フルーツらんどで一番人気はやはりフルーツゾーン。普段食べているフルーツが大きな木に実っている姿を見ることや、見たことがないようなフルーツを体験できます。フルーツ大好きな人といけば、テンションが上がること間違いなしです。

名称 OKINAWA フルーツらんど
住所 沖縄県名護市字為又1220-71
営業時間 9:00~18:00
サイト http://www.okinawa-fruitsland.com/

沖縄の屋内観光スポットでの楽しみ方いろいろ!

沖縄で人気の、最新屋内観光スポットをエリア別に紹介しました。沖縄には、屋内でもしっかりと沖縄を楽しめるスポットがたくさんあります。駅やバスから降りてすぐのところであれば大雨の日でも安心です。海を感じたりグルメを堪能したり、天候に左右されない屋内観光スポットで、沖縄の楽しい思い出を作ってみてはいかがでしょうか。旅行で行くときは時間が限られているので、あらかじめ予定を立ててたっぷり沖縄で遊びましょう。

【関連記事はこちら】

▷沖縄に行ったら食べに行きたい、那覇や離島のおすすめのグルメ20選
▷石垣のおすすめ観光スポット20選!海だけじゃない離島の魅力をご紹介
▷那覇に行くなら必ず訪れたい!おすすめの観光スポット30選
▷沖縄といったらこれ!絶対に喜ばれるおすすめの人気お土産20選
▷沖縄の極上リゾート!1日限定10組以下のおすすめホテル8選

特集

2019/11/29【宿泊体験】ドーミーインの和風プレミアムブランド – 天然温泉 凌雲の湯 御宿 野乃 浅草 –

2019/09/27大人を楽しむふたりのためのシークレットステイ。 ──グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾート

人気記事