最終更新日時2019/11/06

沖縄にはたくさんの観光スポットやご当地グルメがあります。沖縄をより楽しめるように今回はオススメのローカル観光スポットをご紹介していきます。絶景の景色が楽しめるスポットもありますし、ご当地グルメが堪能できるお店もあります。ローカルスポットもめぐって沖縄全体を楽しんでみてくださいね。

沖縄のローカル観光スポット10選

1. オリオンビール工場見学

「オリオンビール工場」はオリオンビールが作られている工場です。予約制なのであらかじめ予約をしておくことでスムーズに見学することができますよ。子供も一緒に見学をすることができるので、きっと思い出に残ることでしょう。

工場を見学した後は試飲タイムが設けられています。オリオンビールで出しているレモンティーやアルコールフリーのビールなども試飲することができるので、お酒が飲めないという方でも安心ですね。ぜひめぐってみてください。

名称 オリオンビール工場見学
住所 沖縄県名護市東江2-2-1
営業時間 9:20~16:40
サイト

https://www.orionbeer.co.jp/happypark/index.html

2. 御菓子御殿・恩納店

「御菓子御殿・恩納店」は、沖縄土産の定番である紫芋タルトを作っているお店です。紫芋タルトをお土産に購入することもできますし、手作り体験もすることができますよ。予約制になっているので、あらかじめ予約をしておきましょう。

自分で作った紅いもタルトはよりおいしさを感じられることでしょう。自分で作ったものも箱に入れて持ち帰ることができるので、家族や大切な人へのプレゼントとしておすすめです。お土産にもぴったりですし、めったにできない貴重な体験なのでいかがでしょうか?

名称 御菓子御殿・恩納店
住所 沖縄県恩納村字瀬良垣100
営業時間 10:00~・13:00~・16:00~
サイト

https://okashigoten.co.jp/

3. ちんすこう本舗新垣菓子店たまぐすく店

「ちんすこう本舗新垣菓子店たまぐすく店」は沖縄の定番土産であるちんすこうが製造されているお店です。ちんすこうを作っている姿を見学することができるので、子供にも喜んでもらえるスポットですよ。ちんすこうならではのふんわりとした香ばしい匂いを楽しむこともできます。

出来立てのちんすこうを試食することもできますし、少し変わった形のちんすこうも販売されているので、定番とはいえ変わり種の土産を買うことができますよ。予約必須ではありませんが、人気なのでぜひ予約して行くことをおすすめします。

名称 ちんすこう本舗新垣菓子店たまぐすく店
住所 沖縄県南城市玉城字堀川701-1
営業時間 10:00~18:00
サイト

http://www.chinsuko.com/

4. ぬちまーす製塩ファクトリー

「ぬちまーす製塩ファクトリーはギネスブックにも登録されたことのある「ぬちまーす」という塩を製造している工場です。ガイドさんもついてくれますし、無料で工場を見学することができます。子供もきっと喜んでもらえることでしょう。

この工場の近くには沖縄の定番スポットである「幸せ岬」があります。きれいな青色の海を一望することができますし、工場見学が終わった後はぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?きれいな景色に引き込まれてしまいますよ。

名称 ぬちまーす製塩ファクトリー
住所 沖縄県うるま市与那城宮城2768
営業時間 自由見学 9:00~17:30
無料ガイド案内 9:40~16:40(所要10分~15分)
サイト https://www.nuchima-su.co.jp/

5. ゴーヤーパーク

「ゴーヤーパーク」は入場料無料なのでいつでも気軽に入ることができます。立派に育っているゴーヤーの姿を1年中楽しむことができますよ。ゴーヤーがどのように育っているのか見ることができますし、野菜好きにもぴったりです。

ゴーヤーだけではなく他の野菜やハイビスカスなどもたくさん植えられています。中には少し珍しいお土産が販売されています。ゴーヤー味のちんすこうなど見ているだけで楽しい商品が販売されているのでぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

名称 ゴーヤーパーク
住所 沖縄県名護市中山894-9
営業時間 8:30~16:00(11月~3月:8:30~17:30)
サイト

https://goyapark.com/

6. ハンビーナイトマーケット

「ハンビーナイトマーケット」は沖縄県中部にある北谷町で毎週末行われているフリーマーケット会場です。地元の人や外国人も訪れるスポットなので,賑わいを見せています。昼と夜で違う雰囲気を楽しむことができますよ。

駐車場は無料なので気軽に車で行くことができます。出店だけではなく屋台などもあるのでお祭りのような雰囲気を楽しむことができますよ。子供と一緒に、友人と一緒に、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか?賑やかな時間を楽しんでください。

名称 ハンビーナイトマーケット
住所 沖縄県中頭郡北谷町北谷2-16-5
営業時間 12:00~20:00
サイト

http://info.yuntaku.com/details-63.html

7. クリスティア教会

「クリスティア教会」は「ホテル日航アラビラ」のなかにある教会です。結婚式場としてもよく使われており、運がよければ花嫁さんを見ることができますよ。晴れた日に見に行けばまるでシンデレラ城のような雰囲気が味わえます。

結婚式が行われていない時は自由に写真を撮ることができるので、きれいな写真をカメラに収めることができますよ。神聖な場所なので心が浄化されていきますし、日々の嫌なことや悲しいことなどを忘れることもできます。ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

名称 クリスティア教会
住所 沖縄県中頭郡読谷村字儀間614
サイト

https://www.resortwedding.net/okinawa/lazor/

8. ジュゴンの見える丘

「ジュゴンが見える丘」は「大浦湾」の入り口で二頭の親子ジュゴンが泳いでいる姿が見られたことから、誕生しました。地元民からも愛されているスポットで、きれいな海の景色を楽しむことができる場所でもあります。

ジュゴンを見ることができたらとてもラッキーですね。晴れた日にはきれいな海が見渡せるほど絶景が楽しめます。インスタ映えスポットとしてもバッチリですし、きれいなロケーションを眺めたいのであればぜひ行ってみてください。

名称 ジュゴンの見える丘
住所 沖縄県名護市嘉陽732-4
サイト

https://www.dugongnosato.jp/大浦湾-グラスボート/

9. 海洋博公園 マナティー館

「沖縄海洋博公園」には「マナティー館」があります。マナティーはあまり聞きなれない動物ですが、見た目はジュゴンに似ています。ここに来ればジュゴンに少し似ているマナティーを見ることができますよ。「美ら海水族館」の隣にあるので、立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

無料で入ることができる施設ですし、子供もきっと喜びますよ。マナティーを出上から見ることができたり、水槽の中で泳いでいる姿を見ることができたりといろいろな角度でマナティーを眺めることができます。新しい発見を見つけてみてくださいね。

名称 海洋博公園 マナティー館
住所 沖縄県国頭郡本部町字石川424
営業時間 10月~2月 8:30 ~18:30(最終入場17:30)
3月~9月 8:30 ~20:00(最終入場19:00)
サイト

http://oki-churaumi.jp/area/manatee-pool.html

10. 青の洞窟

「青の洞窟」は「真栄田岬」にあるスポットです。シュノーケリングやダイビングなど海遊びができるので、連日様々な人が遊びに来ています。季節や時間帯によって全く違う景色を見せてくれるので、カメラが好きな方にピッタリです。

断崖絶壁の岬先端にある展望台からは沖縄の海を一望することができます。ロマンチックな穴場スポットでもあるのでデートにもぴったりですよ。2人でゆっくり会話を楽しみながら絶景を楽しんでみてはいかがでしょうか?

名称 青の洞窟
住所 沖縄県恩納村真栄田469-1
サイト http://maedamisaki.jp

沖縄のローカルビーチ5選

1. 瀬底ビーチ

「瀬底ビーチ」は瀬底島の西側に広がっているビーチです。およそ800メートルにわたって伸びる天然のロングビーチです。真っ白な天然砂浜からは伊江島や水納島を眺めることができますよ。管理業者が常駐しているビーチなので安心です。

更衣室やトイレ、シャワーなど設備が充実しています。シュノーケリングをすることができるのでぜひやってみてください。遠浅のビーチなので、泳ぎが苦手な方でも安心して泳ぐことができますよ。軽食やドリンクの販売もしています。

名称 瀬底ビーチ
住所 沖縄県本部町瀬底5750
営業時間 4月~6月 9:00~17:00
7月~9月 9:00~17:30
サイト

http://www.sesokobeach.jp/

2. 新原ビーチ

「新原ビーチ」は隠れ家的なローカルビーチです。那覇市の中心部の国際通りから車で40分ほどで着きます。2キロにも渡る天然なビーチは傾斜も緩やかなので、ウォーキングやヨガをすることができますよ。平日がおすすめです。

マリンレジャーやグラスボードを楽しむことができるので、ぜひやってみてください。透き通った海の中にはたくさんの生き物たちが泳いでいますよ。まるで「ファイティング・ニモ」の世界に紛れ込んだかのような気分を味わうことができます。

名称 新原ビーチ
住所 沖縄県南城市玉城百名
サイト

http://www.mi-baru.com/

3. トケイ浜

「トケイ浜」は隆起石灰岩に囲まれたビーチです。古宇利島にある天然ビーチで、シュノーケリングなどの海遊びをすることができます。自然を感じることができるので、思う存分きれいな海と白い砂浜を楽しんでみてはいかがでしょうか?

見渡す限りきれいな海が広がっています。穴場なので人が少ないですし、エメラルドグリーンの透き通った海を見ながらビーチを散歩してみてはいかがでしょうか?デートスポットにもオススメですよ。夜になるとまた違った景色が楽しめます。

名称 トケイ浜
住所 沖縄県今帰仁村古宇利

4. ムルク浜

「ムルク浜」は観光ガイドブックにもあまり載っていないのでプライベートビーチのような気分を味わうことができます。透明度も高いですし、見渡す限りきれいな海が広がっているのでロケーションも抜群ですよ。インスタ映えもばっちりです!

春先にはウミガメが産卵に訪れるほど美しい海なので、時期によってはウミガメの産卵シーンを見ることができるかもしれません。プライベートビーチのような贅沢な気分を味わうことができますし、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

名称 ムルク浜
住所 沖縄県うるま市勝連比嘉伊芸上231
営業時間 時期によって異なる

5. 渡口の浜

「渡口の浜」は透き通った青い海と白く細かいパウダー状の砂浜が特徴的なビーチです。有名な観光ビーチに負けず劣らずの穴場スポットです。サンゴ礁など魚もあまり泳いでいないので、本来の海の美しさを見ることができます。

砂浜は細かいパウダー状になっているので、寝そべりながらゆっくりと会話を楽しむと良いですね。デートにもおすすめで、2人の大切な思い出になることでしょう。ゆっくりと歩きながら美しい海の風景を楽しんでみてはいかがでしょうか?

名称 渡口の浜
住所 沖縄県宮古島市伊良部字伊良部1352-16
サイト

沖縄でローカルグルメが食べられるお店5選

1. ステーキハウスうっしっし

「ステーキハウスうっしっし」は赤のボリューム満点のステーキを食べることができる穴場のお店です。一つ一つのメニューのボリュームが大きく、みんなで分け合って食べると良いでしょう。土日もランチに対応しています。

分厚く斬られたお肉は食べ応えがあって、お肉ならではのおいしさを感じることができます。鉄板で出てくるので冷める事はありませんし、お好みの焼き加減で焼きながら食べることができます。ぜひボリューム満点ランチを楽しんでみてください。

名称 ステーキハウスうっしっし
住所 沖縄県豊見城市翁長869-27
営業時間 ランチ 11:00~15:00
ディナー 15:00~22:00(L.O.21:30)
サイト

https://retty.me/area/PRE47/ARE290/SUB29002/100001216050/menu/

2. 味の店 三郎

「味の店 三郎」は穴場の伊勢エビ料理専門店です。沖縄では気軽に伊勢エビを食べられるお店がたくさんありますが、こちらのお店は専門店になっています。落ち着いた雰囲気になっているので女子会やデートにもオススメですよ。

お刺身、揚げ物、天ぷらから伊勢エビをバラエティー豊富に調理してくれます。落ち着いた個室の中でゆっくり伊勢エビ料理を楽しむことができますし、贅沢に伊勢海老を堪能してみてはいかがでしょうか?沖縄ならではのご当地グルメですよ。

名称

味の店 三郎

住所

沖縄県那覇市若狭1-14-10

営業時間 17:00~23:00(L.O.22:00)
サイト

http://saburou.com/

3. バルステーキ

「ステーキ&ハンバーグレストランバルステーキ」では安い金額でボリューム満点のステーキを食べることができます。「安い、でかい、うまい」の3拍子が揃っていると人気のお店です。ランチタイムに行くとより安い金額で楽しむことができますよ。

ぜひ「バルステーキ」を食べてみてください。300グラムのハラミステーキを1300円で食べることができます。サラダ、スープ、ライスかパンも付いてくるのでボリューム満点ですよ。お肉は柔らかいですし、噛むたびに旨味が溢れてきます。

名称 バルステーキ
住所

沖縄県島尻郡南風原町宮城319-1

営業時間 11:30〜22:00
サイト

https://retty.me/area/PRE47/ARE290/SUB53002/100000841848/

4. ひらら

「ひらら」は豊見城市にある沖縄のお蕎麦屋さんです。創業してから30年ほど経つのですが、地元の人から現在でも親しまれているお店です。食堂のような雰囲気の店内では昔ながらのおそばを食べることができます。シンプルなメニューが揃っていますよ。

沖縄のご当地グルメである「ソーキそば」も食べることができます。なんと豚足などのトッピングを加えることができるので、よりお肉の旨味が溶けだした「ソーキそば」が楽しめます。ソーキ肉や豚足のトッピングをぜひ入れてみてください。

名称 ひらら
住所 沖縄県豊見城市高安567-1
営業時間 10:00~15:30
サイト

https://tabelog.com/shizuoka/A2203/A220302/22003560/

5. ○匠

「◯匠」は居酒屋風鉄板焼き屋さんです。アットホームな雰囲気になので一人でも気軽に立ち寄ることができますよ。地元の人も多く訪れているので、週末、平日かかわらず大きな賑わいを見せています。メニューが豊富なのも特徴。

お好み焼きだけではなく牛すじ煮込みや串揚げなどメニューが豊富に揃っているので、お腹も満たされますよ。お好み焼きはふわふわしていますし、キャベツやお肉の具材の旨味がしっかり詰まっています。地元の方と盛り上がってみてはいかがでしょうか、

名称 ○匠
住所

沖縄県島尻郡与那原町字与那原552

営業時間 月~木 17:00~翌2:00(L.O.翌1:15)
金・土 17:00~翌3:00(L.O.翌2:30)
日  17:00~翌0:00(L.O.23:00)
サイト

https://tabelog.com/okinawa/A4704/A470405/47016549/

沖縄を思う存分楽しもう!ビーチからグルメまで

今回は沖縄でおすすめのローカルスポットをご紹介していきましたが、気になるスポットは見つかりましたか?穴場スポットからご当地グルメが食べられるお店をご紹介していきました。沖縄にはまだまだ観光スポットがたくさんあるんですよ。何度行っても違う楽しみ方をすることができるので、沖縄を堪能してみてくださいね!

【関連記事はこちら】

▷那覇に行くなら必ず訪れたい!おすすめの観光スポット50選

特集

2020/02/17泊まってよかった!Reluxが紹介する部屋自慢の宿5選

2020/02/14プール付きヴィラと美食を楽しむ “プライベートで贅沢”なファミリーステイ──ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ

人気記事