最終更新日時 2019/08/05

日本で最も開放的になれる場所といえば断然沖縄ですよね!?沖縄のビーチで海水浴をして、夜も沖縄で楽しく遊びたいと思いませんか?せっかくの沖縄の旅で寝ていたらもったいない!沖縄には夜も楽しく過ごすことができるナイトスポットも多くあります。今回は夜も楽しめる沖縄のナイトスポットをご紹介します。

沖縄の夜の自然を楽しむことができるナイトスポット5選

1. ナイトカヤック「比謝川」

沖縄の中部にある町、嘉手納町(かでなちょう)には、マングローブ林で有名な「比謝川(ひじゃがわ)」が流れています。沖縄本土の中心地にマングローブ林があるのですが、こちらをカヤックで川を下りながら、「ナイトカヤックツアー」ができます。

日没後に比謝川で出発するナイトカヤックツアーでは、月明りを頼りに川の中を進んでいきます。暗闇の中から聞こえる虫や動物などの鳴き声や、マングローブ林が風でゆれるざわめきは、非常にスリリングな時間を過ごすことができます。1年のなかでも春から秋ごろはホタルが見られたりと幻想的な光景をみることもできます。

名称 ナイトカヤック「比謝川」

2. 東南植物楽園

沖縄市内にある「東南植物楽園」は、沖縄の内陸部にあるとは思えない、まるで楽園のような密林が生い茂っている場所として有名です。ここでしか見られない熱帯植物も多く、その多様な植物の生態は見ていてとても刺激的です。

東南植物楽園は、週末と祝日の前夜は夜遅くまで開園しており、園内がライトアップされているため、また昼とは違う植物の様相を感じることができます。訪れる時期によって変わる色々なイベントが開催されているので、どのシーズンに行っても楽しむことができますよ!夜だけ咲く花もあったりします。

名称 東南植物楽園
住所 沖縄県沖縄市知花2146
営業時間 日〜木曜日 9:00〜18:00(最終入園17:00)
金、土、祝日の前日 9:00〜22:00(最終入園21:00)
サイト http://www.southeast-botanical.jp/

3. ウワーガージャングル

南城市では、「おきなわワールド」の広大な土地を巡るナイトツアー「ウワーガージャング」を楽しむことができます。夜の沖縄の原始林のなかを探検家さながら、突き進んでいきます。女子の度胸と勇気が試される夜遊びにワクワクしませんか?動きやすい恰好でいざ出発。

夜のジャングルの中は真っ暗ですが、ガイドさんがついてくれるので安心。ガイドさんはジャングルの見どころやジャングルに生息する生き物を解説したりしてくれるので、知的好奇心も満たしてくれ、普段できない体験であること間違いなしですよ!

名称 ウワーガージャングル
住所 沖縄県南城市玉城前川1336番地

4. 青の洞窟

沖縄で人気のレジャー体験といえばダイビングですが、沖縄本島のダイビングスポットとして一番人気なのが「青の洞窟」です。青の洞窟は、昼間だけでなく、夜間もダイビングを楽しむことができ、月の光に照らされた青い洞窟は非常に神秘的。

夜しか見ることのできない魚もいるため、昼とはまた違った体験ができるはず。県内中南部を中心にナイトダイビングツアーを用意しているショップが多数ありますので、周辺のショップを探してトライしてみてください。

名称 青の洞窟
住所 沖縄県国頭郡恩納村真栄田469

5. 夜釣りを楽しむ宜野湾漁港

沖縄は非常に暑いため昼間の釣りは中々の過酷ですが、夜釣りなら比較的涼しくアクティビティを楽しむことが出来ますよ!沖縄には広大な海を生かした釣りスポットがたくさんあり、「宜野湾漁港」は美味しい魚が多く釣れる絶好の釣りスポットです。

他にも、北部の「安田沖」、中南部の「「志喜屋漁港」などが夜釣りスポットとして人気の場所です。場所選びや竿などの手配が不安な方は、ナイト釣りツアーに申し込むとよいでしょう。手ぶらでいけるので、断然らくちんです。

名称 夜釣りを楽しむ宜野湾漁港
住所 沖縄県宜野湾市大山7-1350-61

沖縄の街を楽しむナイトスポット5選

1. 美浜アメリカンビレッジ

ネオンが輝く夜の「美浜アメリカンヴィレッジ」は、まるでアメリカにいるかのような街並みを感じるスポット。夜遅くまで営業しているカフェが多いため、夜までゆっくり過ごすことができますし、夜の観覧車に乗って、キラキラ輝く沖縄の夜景をカップルで眺めたりも素敵な時間を過ごせるでしょう。

中でもおすすめのカフェが、「THE CALIF KITCHEN OKINAWA」です。このカフェから直接海が望めるロケーションであり、夕暮れどきから日の入りの時間は、ロマンチックな昼と夜のうつろいを体感することができます。

名称 美浜アメリカンビレッジ
住所 沖縄県中頭郡北谷町字美浜
サイト https://www.okinawa-americanvillage.com/

2. ハンビーナイトマーケット

「ハンビーナイトマーケット」は、「アメリカンビレッジ」から徒歩約20分くらいにあるアラハビーチ前やサンセットストリート周辺が会場となって、週末だけ行われるナイトマーケットです。こちらアメリカの基地の近くのためか、アメリカ製の雑貨や洋服などがフリーマーケットでたくさん販売されています。

そのほかにも、様々な屋台がでており、屋台巡りもナイトマーケットの楽しみの一つです。屋台には、アメリカンなお菓子から、アジアンフード、沖縄の伝統料理まで、いろんなご飯やドリンクを食べ歩きできちゃいます。

名称 ハンビーナイトマーケット
住所 北谷町北谷2

3. 栄町市場

沖縄の中心市街地「国際通り」から15分ほど歩くと、昔懐かしい雰囲気のレトロなアーケード街にたどり着きます。このエリアは、「栄町市場」と呼ばれる場所で、夜になると飲み屋が多く開店して、活気ある雰囲気の通りになります。

小さいけれど個性的な飲み屋さんがたくさんあるため、どこに入ろうか悩んでしまうほどです。どこのお店も安くて美味しいので、いろんな店をブラブラしながらはしご酒をしていくのがオススメです!近くでやっているおでん東大の「焼きてびち」など酒のつまみも最高です。

名称 栄町市場
サイト http://sakaemachi-ichiba.net/

4. 首里城

「栄町市場」から車で約15分ほどの場所で、ひっそりとたたずむ朱色の門が歴史スポットとして名高い「首里城」です。昼間は沖縄の歴史的な観光スポットとして、多くの観光客が訪れる場所ですが、夜になるとまた違った首里城が現れます。

夜は昼とは対照的な静かなたたずまい。首里城の展望台「西のアザナ」からは、那覇市の夜景を見ることができる穴場スポットとして地元民からは知られており、デートスポットにもなっているそうです。女子同士で行っても楽しいかもしれませんね。

名称 首里城
住所 沖縄県那覇市首里金城町1-2
営業時間 4月~6月 8:00~19:30
7月~9月 8:00~20:30
10月~11月 8:00~19:30
12月~3月 8:00~18:30
サイト http://oki-park.jp/shurijo/

5. 海物語本店

時間を気にせず沖縄料理を楽しみながら、三線と島唄の生ライブを聞くことができるのが沖縄料理店の「海物語本店」です。ゴーヤや海ぶどうといった、沖縄ならでは食材を使った創作郷土料理が美味しいと評判のお店です。

泡盛の瓶でつくられたシャンデリアやちょうちんが店内いっぱいに飾られており、楽しい雰囲気を作り出しています。ライブの美しい歌声と、どこか懐かしい音色を楽しみながら盛り上がれるでしょう。ステージと客席が近いのでみんな一緒に歌ったりも!?

名称 海物語本店
住所 沖縄県国頭郡恩納村名嘉真2246
営業時間 月~日 17:00~24:00(L.O.23:00、ドリンクL.O.23:30)
サイト https://tabelog.com/okinawa/A4703/A470303/47000914/

沖縄の夜を遊びつくそう

ご紹介してきたように、沖縄では、たくさんのナイトスポットがあります。大自然の中で昼とは違う沖縄の姿を満喫してもよいですし、沖縄人らしい盛り上がり方を楽しむもよし、市街地でお酒を飲みながらワイワイすごしてもよいでしょう。いろんな過ごし方ができる沖縄の夜を、あなたらしく満喫できるようこちらの記事が参考になれば幸いです。

【関連記事はこちら】
▷空港だけでお土産はそろっちゃう!?石垣空港のおすすめのお土産13選
▷【2019年版】一人旅にもカップル旅行にも!沖縄のおすすめホテル18選

特集

2019/11/29【宿泊体験】ドーミーインの和風プレミアムブランド – 天然温泉 凌雲の湯 御宿 野乃 浅草 –

2019/09/27大人を楽しむふたりのためのシークレットステイ。 ──グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾート

人気記事