最終更新日時 2019/09/10

下関は日本海、瀬戸内海、響灘、玄界灘、周防灘の5つの海に囲まれた絶景と豊かな食材に恵まれています。また、肌に優しく旅の疲れをゆっくりと癒すことができる良質な温泉も満載です。下関料理を堪能できる贅沢な温泉宿から気軽に立ち寄れる大衆銭湯まで、下関でおすすめの温泉宿&銭湯19選を紹介します。

ゆっくりつかれる贅沢な温泉と下関料理が楽しめる宿9選

1. 天然温泉関門の湯ドーミーインPREMIUM下関

「天然温泉関門の湯ドーミーインPREMIUM下関」は観光スポットや市街地の散策にも便利な下関市内中心部に位置するシティホテルです。最上階には関門海峡を望みながらゆったりと疲れを癒すことができる大浴場があります。開放的な気分に浸れる男女別の露天風呂のほか、サウナが完備されているのも魅力です。

ふぐ飯やふぐの唐揚げなど下関ならではの料理が堪能できる和洋食バイキングも人気です。夜中に小腹が空いたときにピッタリの夜鳴きそばは無料で提供されています。ランドリーコーナーもあり観光で長期滞在するのにもおすすめです。

名称 天然温泉関門の湯ドーミーインPREMIUM下関
住所 山口県下関市細江新町3-40
営業時間 15:00~翌11:00※プランによって時間が異なる
サイト https://www.hotespa.net/hotels/shimonoseki/

2. 下関温泉 風の海

「下関温泉 風の海」は関門海峡の絶景を独り占めできる絶好のロケーションに建つ温泉宿です。客室は全32室、全てに海を一望できる半露天風呂がついています。いつでも誰も気にせずに温泉を楽しめるためデートや女子会での利用にもおすすめです。

波の音とともに眠り波の音で目覚める贅沢な時間。ホテルではご当地グルメとして定番のふぐ刺しをはじめとしてここでしか味わうことができない下関の名物料理を特選会席料理で楽しめます。ふく塩麴漬けや特製だし巻き玉子など、こだわりが詰まった季節の和朝食も評判です。

名称 下関温泉 風の海
住所 山口県下関市長府外浦町2-1
営業時間 15:00~翌11:00
日帰りプランは当日12:00まで受付
15:00~21:30まで利用可能
サイト https://hotel-kazenoumi.co.jp/

3. 下関グランドホテル

「下関グランドホテル」はJR下関駅から車で10分ほどのところにある関門海峡を目の前に臨むことができるホテルです。海響館や唐戸市場などへは徒歩1分、人気の門司港レトロ地区にはホテル前から発着している船で5分程度と観光には絶好の条件が揃っています。見渡す限りの海に癒されながらゆっくりとくつろぐことができるホテルです。

ゆとりとくつろぎをコンセプトとしている客室は和室からラグジュアリーなスイートまで9タイプを用意。本格的なフレンチやブランチ、ティータイムを楽しめるレストランのなかには、下関ならではのご当地グルメを和食でいただけるお店もあります。

名称 下関グランドホテル
住所 山口県下関市南部町31-2
サイト http://www.sgh.co.jp/

4. みもすそ川別館

「みもすそ川別館」は関門海峡海底から水底の湯として大浴場に毎日豊富に注いでいる温泉宿です。1日約4,800トンも湧き出るお湯はいつも新鮮な状態で利用できます。露天風呂は部屋ごとの貸切となっており、誰にも気兼ねなく海の眺望と良質なお湯を堪能できるのも魅力です。

ご当地グルメである新鮮なふぐを比較的安い料金で1年中味わえるのもこの宿の魅力。それ以外にも毎朝市場で仕入れた新鮮な海の幸を絶品料理で堪能できます。レストランだけでなく個室での食事も可能なので女子会や子供連れの旅行にもおすすめです。

名称 みもすそ川別館
住所 山口県下関市みもすそ川町23-15(火の山国立公園登り口)
サイト http://mimosusogawa.jp/

5. 海峡の風 下関市 火の山ユースホステル

「海峡の風 下関市 火の山ユースホステル」は海辺に立ち、全ての客室から関門海峡や関門橋の絶景を一望できる公共の宿です。二段ベッドが備えられたシンプルな客室だけでなく、シティホテルのようなツインルームでも信じられないような安い料金で利用できるのが大きな魅力でもあります。

地元の唐戸市場で仕入れた新鮮なふぐを手頃な価格で楽しめるのも嬉しいポイントです。刺身や湯引きはもちろん、ヒレ酒も楽しめます。また、気持ち良い海風を受けながらウッドデッキでバーベキューするのもおすすめです。

名称 海峡の風 下関市 火の山ユースホステル
住所 山口県下関市みもすそ川町7-1
サイト http://www.e-yh.net/shimonoseki/

6. 下関ステーションホテル

「下関ステーションホテル」はJR下関駅から徒歩2分と絶好のアクセスが魅力のビジネスホテルです。麦飯石を利用した温泉では広々とした大浴場のほかサウナで汗を流すこともできます。スタンダードシングルからカプセルまで多種多様なプランがあるため、シチュエーションに合わせてリーズナブルに宿泊することができるのも魅力です。

夕食付のプランも充実しており、なかには一人に約2名分の国産トラフグが提供されるものもあります。下関を代表する味覚を存分に堪能できる無駄のないシンプルなホテル。無料で四季折々のメニューが味わえる朝食サービスも好評です。

名称 下関ステーションホテル
住所 山口県下関市竹崎町2-8−11
営業時間 15:00~翌10:00
男性専用
大浴場・サウナ 16:00~翌日1:00
モーニングシャワー 7:00~9:30シャワーのみ
サイト http://www.shimonoseki-station-hotel.jp/

7. 一の俣温泉観光ホテル

「一の俣温泉観光ホテル」は下関の奥座敷に位置する自然豊かな山々に囲まれた静かな温泉宿です。自慢のお湯はpH10.0の強アルカリ泉。西日本随一の美肌のお湯で知られ、全国から温泉通が通う宿としても有名です。広々とした内湯や自然を感じられる露天風呂で心から癒されます。

ゆったりとした部屋には掘りごたつ風テーブルがあり足を伸ばしてくつろげます。山口の旬の海の幸や山の幸だけでなくふぐや活き鮑、宮崎牛などを堪能できるコース料理も人気。都会の喧騒や日常を忘れてのんびりできるホテルとしておすすめです。

名称 一の俣温泉観光ホテル
住所 山口県下関市豊田町一ノ俣1711
営業時間 15:00~翌10:00
温泉
宿泊利用 6:00 ~ 23:00
日帰り利用 9:00 ~ 20:00

貸切風呂
9:00 ~ 21:00※要予約

サイト http://ichinomata.co.jp/kankou/

8. 一の俣温泉グランドホテル

「一の俣温泉グランドホテル」は下関市内から少し離れた豊かな自然を感じられる関門の奥座敷に位置する温泉ホテルです。化粧水のようなトロリとしたお湯は美肌の湯として特に女性に人気。広々とした大浴場のほか、情緒たっぷりの露天風呂や貸切家族風呂で贅沢な癒しのひとときを過ごすことができます。

畳敷きの落ち着いた和室や広々とした洋室、1日1室限定のモダン客室など、好みで部屋が選べるのも魅力です。下関名物のフグ料理だけでなくイノシシなどの珍しいジビエ料理が楽しめるのもこのホテルならではでしょう。特別な記念日やグループ旅行などにおすすめの宿です。

名称 一の俣温泉グランドホテル
住所 山口県下関市豊田町大字一ノ俣
営業時間 15:00~翌10:00
※当日チェックインが18時以降になる場合にはご連絡をお願い致します。
温泉
宿泊利用 6:00~23:00
日帰り利用 8:00~21:00(最終入場20:00)
サイト https://ichinomata.co.jp/

9. 大河内温泉平田旅館

「大河内温泉平田旅館」は下関駅から電車や車で1時間ほどの大河内温泉に位置する和風温泉宿です。享保時代に傷ついた鶴が湯浴みしていたと伝えられる古い歴史のある温泉は美肌効果が自慢のラドン泉。疲れを癒すだけでなく見違えるようなツルツルの肌になると評判です。

特選ふぐ会席やぼたん鍋など山海の新鮮な食材をふんだんに使った料理が人気です。朝食は減農薬有機農法のごはんに放し飼いの自然卵と有機丸大豆醤油をかけて食べる究極の卵かけご飯。本当の贅沢を体験したい人におすすめの宿です。

名称 大河内温泉平田旅館
住所 山口県下関市豊浦町大字宇賀5354
営業時間 16:00~翌10:00
入浴と休憩9:00~17:00
サイト http://hirataryokan.daa.jp/

源泉めぐりも楽しめる気軽に立ち寄る日帰り温泉5選

1. 下関市きくがわ温泉華陽

「下関市きくがわ温泉華陽」は下関市菊川町のほぼ中心に位置し、山陽と山陰を結ぶ交通の要としていつも賑わう「道の駅きくがわ」の近くにある日帰り温泉です。昭和レトロを感じさせるシンプルな公衆浴場にはヌルッとしたきくがわ温泉を堪能できる源泉浴槽があります。

内湯だけでなく開放感を感じられる露天風呂もあり、観光の途中で気軽に立ち寄って疲れを癒せます。広々とした休憩室でくつろげるほか、道の駅では菊川名物のそうめんやアイガモ特産品なども購入可能。安い料金で露天風呂も楽しめる公衆浴場としておすすめです。

名称 下関市きくがわ温泉華陽
住所 山口県下関市菊川町大字下岡枝508−1
営業時間 9:00~21:00(受付終了20:00)
休憩室利用9:00~16:30
サイト http://s-kanrikousha.com/kayotop.html

2. ぴーすふる青竜泉

「ぴーすふる青竜泉」は豊富な湯量と泉質の良さで有名な川棚温泉郷で源泉である元湯を堪能できる日帰り温泉施設です。広々とした大浴場のほか、電気風呂やサウナ、露天風呂もあり、長い時間入っていても飽きることがありません。湯上りにゆっくりくつろげるロビーや休憩室も充実しています。

大浴場にはシャンプーなどが常備されていませんが「手ぶら入浴セット」を販売しているため、観光の途中で手ぶらで気軽に利用できることも魅力となっています。貸切可能な家族風呂も4つあるため、カップルやファミリーで水入らずで温泉を楽しむのにもおすすめです。

名称 ぴーすふる青竜泉
住所 山口県下関市豊浦町川棚湯町5159-2
営業時間 10:00~21:00(最終入場20:30)
休憩室のご利用は20:00まで
定休日 2月、4月、6月、8月、10月、12月の第一木曜日
その他臨時休館日があります。
サイト https://www.seiryusen.com/

3. 吉見温泉センター

「吉見温泉センター」はJR山陰本線吉見駅から車で20分ほどの小高い所に位置するひなびた雰囲気が魅力の日帰り温泉です。浴室からは響灘を一望することができ、開放的な気分で疲れを癒すことができます。源泉が28度であるため加温しているお湯は無色でヌメリのある美肌の湯として地元の人にも人気です。

豊かな自然に囲まれた銭湯感覚で利用できる温泉施設として気軽に利用できます。併設の食堂ではちゃんぽんや焼きそばなどの定番メニューのほか、日曜日限定で新鮮な刺身が味わえる温泉定食も提供。個室や家族風呂の利用も可能なので子供連れの方にもおすすめです。

名称 吉見温泉センター
住所 山口県下関市吉見上395-1
営業時間 10:00〜21:00
定休日 元日と年2回の温泉メンテナンス日以外は営業中
サイト http://yoshimi-onsen.co.jp/

4. 大河内温泉いのゆ

天保時代に田んぼのなかで冷泉が発見されたことが由来とされる大河内温泉で豊浦の大自然を満喫できる温泉入浴施設「大河内温泉いのゆ」。初夏のホタル、秋の紅葉、冬には雪化粧する山々など、四季折々の自然を肌で感じながら癒される温泉です。

夜には満点の星を眺めながらくつろぐこともできる温泉は、大浴場のほかにも貸切可能な家族湯も完備。シャンプーなどの備品は整っていることからタオル1枚購入すれば手ぶらでの利用も可能です。ゆっくりとくつろげる休憩スペースのほか、無農薬自家製米を使用した懐石料理を味わえる食事処もおすすめ。

名称 大河内温泉いのゆ
住所 山口県下関市豊浦町大字宇賀宇井の原5287-1
営業時間 9:00~21:00
定休日 不定期
休憩コーナー利用9:00~17:00
サイト http://inoyu.ftw.jp/

5. 王司温泉清龍館

「王司温泉清龍館」はJR長府駅から車で15分ほどののどかな田園の中に建つ素朴な温泉入浴施設です。住宅地の中でも看板も何もないため知る人ぞ知る穴場温泉ともいえるでしょう。湯小屋があることから源泉が使用されていることがわかります。下関の秘湯を満喫できる温泉です。

透明なお湯はさらりとした肌触りで美肌にも効果が期待できます。浴室内には湯気抜きの窓がないため自然のミストサウナとなっており、デトックス効果も得られるでしょう。銭湯並みの料金で気軽に立ち寄れる隠れ家的な温泉としておすすめです。

名称 王司温泉清龍館
住所 山口県下関市員光町3-4-17
サイト https://shimonoseki.travel/spot/detail.php?uid=223

温泉と風景が楽しめる公共の宿と地元の人が通う銭湯5選

1. 天然温泉 和楽の湯 下関せいりゅう

「天然温泉 和楽の湯 下関せいりゅう」は下関ICから車で約3分とアクセスにも恵まれた温泉入浴施設。肌ざわりがよく体を芯から温めてくれる天然温泉は肌への刺激も少ないため子供からお年寄りまで幅広い世代の方におすすめです。野趣あふれる竹林や手入れの行き届いた植栽を眺めながら入る露天風呂は癒し効果抜群といえるでしょう。

デトックス効果が期待できる岩盤浴もあり、旅の疲れだけでなく健康増進にも効果が期待できます。畳張りの座敷でゆっくりとくつろげる無料休憩所も完備。食事処では地元名物長州鶏のメニューも楽しめます。アメニティが充実しているので手ぶらでの利用にもおすすめです。

名称 天然温泉 和楽の湯 下関せいりゅう
住所 山口県下関市新椋野1-2−15
営業時間 入浴 10:00~23:00 (最終入場22:00)
岩盤浴 10:30~22:20 (最終入場21:30)
家族風呂 10:00~23:00 (最終入場22:10)
癒楽 11:00~22:30(最終入場22:00)
お食事処 11:00~21:00(L.O. 20:30)
定休日 木曜日
サイト http://warakunoyu.jp/

2. 日乃出温泉

「日乃出温泉」は下関市街地に位置しながら唯一の天然温泉の銭湯として古くから地元の人にも愛されています。昔懐かしい雰囲気が漂う銭湯ですが、内湯のほかジャグジーやバブルバス、電気風呂やミストサウナなどの施設が充実しているのも魅力。市街地散策のついでに立ち寄るのにおすすめの銭湯です。

一般的な銭湯と変わらないリーズナブルな料金で利用できるのも大きな魅力です。駐車場も完備していることからドライブの帰りに立ち寄るのにもおすすめ。汗を流して疲れを癒しながら地元の人との交流も期待できるでしょう。

名称 日乃出温泉
住所 山口県下関市大和町1-12-12
営業時間 15:00~22:00
定休日 月曜日
サイト http://hinode-onsen.com/

3. 向洋温泉

「向洋温泉」はJR下関駅から車で10分、市街地の大衆浴場として地元に人にも人気の温泉です。昭和30年代にボーリングによって湧き出した天然地下水は現在まで一度も枯れたことがありません。温泉のお湯は肌に優しい軟水。肌触りが気持ちいいだけでなく、石鹸やシャンプーも少量で豊かに泡立ちます。

昔ながらの脱衣カゴが並ぶ清潔な脱衣所の奥には、高温スチームサウナ、ジェット風呂、電気風呂、薬湯などバラエティに富んだ浴槽があります。貸タオルや歯ブラシもあるため、手ぶらで気軽に温泉を楽しむのにもおすすめです。

名称 向洋温泉
住所 山口県下関市栄町1-9
営業時間 15:00~23:00
定休日 木曜日
サイト http://www.kohyoo.com/

4. 海峡ビューしものせき

「海峡ビューしものせき」は関門海峡の絶景を一望できる全室オーシャンビューのホテルです。客室だけでなくレストランや大浴場からも海峡を行き交う船や空と海のコントラストを満喫することができます。観光で人気のロープウェイ乗り場までも徒歩5分、下関散策の拠点としてもおすすめです。

開放的な露天風呂のほか、サウナも完備。旅の疲れをゆっくりと癒すことができます。食事は本場下関のふぐをふんだんに使った「ふく一番プラン」がおすすめです。刺身や鍋、空揚げ、雑炊までフルコースで堪能できます。カップルや女子会、ファミリーでの利用にもおすすめの口コミ評価の高い宿です。

名称 海峡ビューしものせき
住所 山口県下関市みもすそ川町3-58
営業時間 温泉利用(宿泊のお客様)
15:00~24:00
朝風呂6:00~9:00
日帰り入浴可
サイト http://www.kv-shimonoseki.com/

5. 公共の宿 下関市 満珠荘

「公共の宿 下関市 満珠荘」は瀬戸内海国立公園火の山山麓に位置する公共の宿です。建物は関門海峡の眺望にこだわった造りとなっており、全面ガラス張りのレストランや浴室、客室からいつでも絶景を楽しめるのも魅力。展望浴場からは関門海峡をすぐ目の前に望むことができます。ライトアップされた夜の関門海峡はまた格別です。

絶景風呂はタオル一枚あれば日帰りでも利用可能です。地産地消を基本とした旬の下関の味を堪能できる食事もおすすめ。下関ならではの海の幸、山の幸を心ゆくまで味わい尽くすことができます。リーズナブルな料金設定なので女子会や子供連れでの利用にもおすすめです。

名称 公共の宿 下関市 満珠荘
住所 山口県下関市みもすそ川町みもすそ川町3-75
営業時間 チェックイン 15:00
チェックアウト 10:00
大浴場 
宿泊利用 15:00~23:00 6:00~10:00
日帰り利用 9:00~22:00(最終入場21:00)
サイト http://shimonoseki-manjuso.jp/

関門海峡の眺望と温泉が楽しめるのは下関だけ!

古くから九州や中国大陸からの本州の玄関口として栄えた下関。歴史の舞台になることも多い情緒豊かな街並みと関門海峡の雄大な景色が大きな魅力です。そんな下関には海や海を行き交う船を眺めながら贅沢な時間を過ごすことができる温泉宿が数多くあります。また、地元の人との会話も楽しめる気取りのない銭湯で温泉を楽しむことも可能です。さらにふぐをはじめとするグルメが堪能できるのも大きな魅力。下関を訪れた際にはぜひ温泉宿や銭湯に足を運んでみてください。

【関連記事はこちら】

▷気軽にリフレッシュできる!気軽に行ける都内でおすすめの温泉施設20選

特集

2019/08/26【宿泊体験】唯一無二の宿泊体験を求めて-MAGACHABARU OKINAWA-

2019/06/21泊まる、森に抱かれた大人のためのヴィラ【伊豆高原】ー宿泊体験記vol.5ー ABBA RESORTS IZU -坐漁荘

人気記事