最終更新日時 2019/10/08

広島には様々な観光スポットがあり、観光旅行を計画している人も多いのではないでしょうか。観光旅行をする際の拠点として、観光スポットに近い立地などの魅力を持った温泉宿や、立ち寄って疲れを癒すのに最適な銭湯なども広島には多く、その中からおすすめのスポットを紹介していきます。

観光スポット安芸の宮島へアクセス抜群!広島の温泉宿&日帰り温泉10選

1.国民宿舎 みやじま 杜の宿

「国民宿舎 みやじま 杜の宿」は、世界遺産に登録された宮島にある宿です。宿の部屋からは宮島の雄大な自然を眺める事ができ、宮島水族館も近いので観光の拠点としておすすめできる温泉宿。厳島八景のひとつである大元桜花にも近いこちらの宿は、観光旅行に訪れた人におすすめです。

国民宿舎 みやじま 杜の宿の客室は、洋室と和室が用意されており、宮島へ訪れた外国人の方も過ごしやすい客室を選べます。それぞれの部屋は海側と宮島鎮守の杜に面した部屋がそれぞれあるため、どういった景色を眺めながら過ごしたいのかに合わせて、客室を選ぶ楽しみもあるでしょう。

国民宿舎 みやじま 杜の宿では、広々とした大浴場でゆったりと旅の疲れをほぐす事ができます。こちらの大浴場は日帰りでの入浴も可能なので、宿泊以外でも大浴場を楽しめるでしょう。宿泊する場合は朝6時から夜11時まで利用でき、観光帰りや観光に行く前に入浴してさっぱりするといった利用もできて便利です。

名称 国民宿舎 みやじま 杜の宿
住所 広島県廿日市市宮島町西大西町 大元公園内
営業時間 チェックイン16:00〜
10:00(最終チェックアウト)
サイト https://www.morinoyado.jp

2.リブマックスリゾート安芸宮島

「リブマックスリゾート安芸宮島」は、2人から4人で利用できる客室があり、一人旅から恋人との旅行、家族旅行まで幅広いシーンで利用できます。客室の設備も充実しており、寛いで過ごしやすい部屋ですので、旅行の拠点として非常におすすめしたい場所でしょう。

リブマックスリゾート安芸宮島には、レストラン以外にBBQスペースも用意され、子供と一緒に旅の思い出を作りたいというご両親におすすめです。また、屋上の吸帯テラスからは周囲の自然を眺める事ができ、他の温泉宿では見る事のできない絶景を堪能する事ができるでしょう。

リブマックスリゾート安芸宮島の温泉は開湯してから50年という歴史を持った温泉。日本三景として有名な宮島を眺める事ができるお風呂で、大浴場はもちろん客室全てに露天風呂が用意されているので、家族一緒にお風呂を楽しみたいという方、恋人とプライベートに温泉を楽しみたいという方にもおすすめです。

名称 リブマックスリゾート安芸宮島
住所 広島県廿日市市宮浜温泉2-6-18
営業時間 チェックイン15:00〜22:00(最終チェックイン)
10:00(最終チェックアウト)
サイト https://www.livemax-resort.com/hiroshima/akimiyahamaonsen/

3.安芸グランドホテル

「安芸グランドホテル」は、貸切露天風呂やご当地食材を使った料理を楽しむ事ができるホテルです。様々な宿泊プランが用意されていて、観光旅行だけでなく恋人とのデート、家族での思い出作りなど多くのシーンで観光の拠点としてだけでなく、旅を楽しむという目的でも利用できます。

安芸グランドホテルには屋外プールがあり、夏季期間中は温泉だけでなくプールで楽しむ事もできます。また館内にはスタンドバーやショッピングプラザもあるので、恋人とのひと時を過ごしたり、旅の思い出に宮島のお土産を購入したりと、様々な事をホテル内で行う事ができて観光した後でも楽しめるでしょう。

安芸グランドホテルでは複数のお風呂が用意されていて、景色を眺めながらお風呂を楽しんだり、貸切露天風呂で家族と一緒に楽しんだりと、誰と一緒に訪れたとしてもお風呂が楽しめます。利用時間は朝5時から夜12時までとなっているため、観光前と後にそれぞれ楽しめるのも魅力です。

名称 安芸グランドホテル
住所 広島県廿日市市宮島口西1-1-1-17
営業時間 チェックイン15:00〜
チェックアウト10:00
24時間在中のフロントがいるため、門限はありません。
サイト https://www.akigh.co.jp

4.ホテルみや離宮

「ホテルみや離宮」では、一人から複数人まで対応できる客室を用意しています。和室、洋室の両方が用意されているので、過ごしやすい環境の部屋を選べるため、日本人の方はもちろん外国人の方にも魅力的です。各種設備、アメニティも充実しているため不自由を感じず、のんびりと過ごせます。

ホテルみや離宮ではご当地名産の牡蠣や、穴子を使った会席料理が魅力で、季節ごとに旬の食材を使うため、いつ訪れても新鮮な味を楽しむ事ができます。子供用のお子様ランチもありますから、小さい子供と一緒の家族旅行の際にも、子供と一緒に料理を楽しめるのでご家族でぜひ利用してみてください。

ホテルみや離宮の温泉は、朱塗りの大鳥居を望む浦島の湯、一日を通して瀬戸の風景を楽しめる乙姫の湯があり、雄大な景色を眺めながら入るお風呂は格別。大浴場は午前5時から利用でき、午後11時30分まで楽しめるため、早朝から深夜まで好きなタイミングでお風呂に入れます。

名称 ホテルみや離宮
住所 広島県廿日市市宮島町浜之町849
営業時間 チェックイン15:00〜
10:00(最終チェックアウト)
サイト http://www.miyarikyu.com

5.庭園の宿 石亭宮島対岸の旅館

「庭園の宿 石亭宮島対岸の旅館」は、母屋にあるサロンから瀬戸の風景を眺める事ができ、さらに手入れされた庭も眺める事ができるというのが魅力です。さらに様々な施設があるので、宿泊する事で普段とは違った生活をする事ができ、旅の疲れを癒すだけでなく新しい思い出作りにもなるでしょう。

庭園の宿 石亭宮島対岸の旅館では、全ての部屋にお風呂が付いており、大浴場では人の目が気になるという方も、リラックスして入浴を楽しむ事ができます。また、部屋からは瀬戸の風景と庭を眺める事もでき、日本ならではの風景を楽しめるので、外国人の方が観光で訪れた時にもぜひ宿泊して欲しい宿です。

庭園の宿 石亭宮島対岸の旅館は、ご当地グルメの旬の食材を楽しめるのが大きな魅力で、ここでしか食べられない様々な食材を楽しめます。大浴場は内湯と露天風呂とが選べ、開放的な空間に作られた庭と瀬戸の景色を眺められる露天風呂は、旅の疲れを癒し、気分をリフレッシュさせてくれるでしょう。

名称 庭園の宿 石亭宮島対岸の旅館
住所 広島県廿日市市宮浜温泉3-5-27
営業時間 チェックイン15:30〜21:30(最終チェックイン)
10:20(最終チェックアウト)
アーリーチェックイン・レイトチェックアウトも承っております
サイト https://www.sekitei.to/index.html

6.宮島潮湧温泉湯本錦水館

「宮島潮湧温泉湯本錦水館」は厳島神社へ徒歩3分、目の前に宮島のシンボルでもある大鳥居と瀬戸内海を望む、景観を楽しむのに是非おすすめしたい宿。宮島でよりより旅の思い出を作るためのお手伝いとして、宮島痛のスタッフが様々な体験プランを提案してくれるという点も魅力です。

宮島潮湧温泉湯本錦水館の料理は、広島や宮島のご当地食材を一流の料理人が厳選した上で作っています。また、広島のご当地名物である牡蠣や穴子料理も別で注文する事ができ、地酒や焼酎、ワインなども楽しむ事ができるでしょう。恋人や夫婦の記念日など、プライベートな楽しみ方も可能です。

宮島潮湧温泉湯本錦水館にある宮島潮湯温泉は、海水を含んだ天然温泉で地下浴槽で楽しむ事ができます。入浴のみの利用も可能なので、家族旅行など日帰りの旅行をする際に旅の疲れをとってリフレッシュしてから帰宅するという事もでき、子供も大人も手頃な価格で利用できて便利です。

名称 宮島潮湧温泉湯本錦水館
住所 広島県廿日市市宮島町1133
営業時間 チェックイン15:00〜19:00(最終チェックイン)
10:00(最終チェックアウト)
サイト https://kinsuikan.jp

7.旅館かんざき

「旅館かんざき」は、安芸の宮島の対岸に位置する宿で、日本庭園を囲む造りの建物からは立派な日本庭園を眺める事ができます。一人から家族まで幅広いお客様に対応できる客室と、美人の湯として知られる温泉は、家族旅行から一人旅まで多くの人が立ち寄って休める、憩いの宿でしょう。

旅館かんざきの客室は、一人用の6畳から家族でゆったりと過ごせる16畳まで、すべて和室。こちらの宿自慢の日本庭園を望む部屋と海を見る事ができる部屋があり、どちらの景色を眺めたいかで選ぶ事ができます。テーブル席で食事をする事が可能な部屋もあるので、予約の際に聞いてみると便利です。

旅館かんざきには2種類の大浴場があり、どちらも内湯ですが外の景色を眺めながら入る事ができるでしょう。そしてお料理はご当地の食材を使った和会席で、岩牡蠣や広島牛ステーキといった、ご当地ならではの新鮮な食材を楽しむ事ができるので、グルメ通にもおすすめです。

名称 旅館かんざき
住所 広島県廿日市市宮浜温泉1-21-42
営業時間 チェックイン16:00 (最終チェックイン18:00)
10:00(最終チェックアウト)
サイト http://web-kanzaki.net

8.宮島グランドホテル 有もと

「宮島グランドホテル 有もと」は、様々なニーズに対応できる客室が用意されています。館内施設には宴会場や食事処、カラオケルームなどがありますので、多くの人が利用しやすいでしょう。一人旅から家族旅行、恋人同士や女子会など友人同士など、様々なシーンで利用しやすくおすすめです。

宮島グランドホテル 有もとでは、露天風呂付の客室や和室、洋室、和洋室など様々なタイプの客室が用意されています。一人で宿泊しやすい広さから、家族など大人数でもゆったりと過ごせる部屋まで揃っているので、誰と訪れても過ごしやすい宿。設備が充実しているのも魅力的です。

宮島グランドホテル 有もとでの食事は、瀬戸内海の旬の幸を楽しめる懐石料理、そしてここならではの追加メニューが人気です。追加メニューではご当地食材を楽しめますし、A5ランクの広島牛会席プランなどもあり、ご当地グルメを心ゆくまで楽しみたいという方にも魅力的でしょう。

名称 宮島グランドホテル 有もと
住所 広島県廿日市市宮島町南町364
営業時間 チェックイン15:00〜19:00(最終チェックイン)
(19:00以降宮島航路の便数が少なくなります。遅くなる場合は当館にご連絡ください)
10:00(最終チェックアウト)
(チェックアウト後も荷物のお預かりを致しますのでフロントにてお申し付けください)
サイト https://www.miyajima-arimoto.co.jp

9.潮原温泉 松かわ

「潮原温泉 松かわ」は、強ラドンの温泉が魅力で、バリアフリーの新館では車椅子などをお使いの方でも過ごしやすく、訪れた人が気分良く宿泊できるように工夫がされています。電話とネットでの予約申し込みが可能なため、誰でも気軽に予約ができるので利用しやすく便利です。

潮原温泉 松かわでは、様々なプランを用意しており、宿泊プランや日帰りプラン、送迎付きや宴会付きなど、一人での旅行から家族一緒の旅行まで幅広く利用しやすいです。さらに子供から大人まで楽しめるゴルフグラウンドもあり、こちらでゴルフを家族や友人と楽しむ事もできておすすめ。

潮原温泉 松かわの食事はご当地の名産品を使った郷土料理で、温泉鍋やお刺身、焼き魚などご当地だからこそ食べられる様々なメニューが魅力です。日帰りで食べる事もでき、さらにお弁当の販売も行っているなど、宿泊する場合だけでなく、旅の途中で食事を楽しむという目的でもおすすめできます。

名称 潮原温泉 松かわ
住所 広島県廿日市市吉和391-3
サイト http://www.ushiobara.co.jp/index.html

10.天然温泉 宮浜 べにまんさくの湯

「天然温泉 宮浜 べにまんさくの湯」は、日帰りで温泉を楽しみたいという方に、ぜひおすすめしたい温泉。子供から大人まで安い価格で気軽に立ち寄る事ができ、宮島から一番近い温泉施設なので、宮島観光をした帰りに立ち寄って疲れを癒したり、観光前に立ち寄るなどもしやすく便利な施設です。

天然温泉 宮浜 べにまんさくの湯では岩風呂や檜風呂、泡風呂など様々な9種類のお風呂を楽しめます。どの温泉からも瀬戸の海を眺める事ができ、他では見る事ができない景色と共に入浴を楽しめるでしょう。疲労回復の効果がある温泉は、誰と訪れたとしても楽しめるおすすめの温泉です。

天然温泉 宮浜 べにまんさくの湯には温泉以外にも様々な魅力があり、瀬戸内海を一望できるテラスガーデンは、景色を楽しみながら旅行の予定を立てるのに便利です。さらにご当地食材を使った食事が楽しめるレストランもあるので、お風呂を楽しんだ後に食事も一緒に楽しめて重宝するでしょう。

名称 天然温泉 宮浜 べにまんさくの湯
住所 広島県廿日市市宮浜温泉2-2-1
営業時間 入浴10:00~23:00 (最終入場22:30)
レストラン 11:00~22:00 (L.O.21:30)
定休日 毎月第3火曜日 (第3火曜日が祝日の場合は翌日が休業)
サイト http://benimansaku.jp

広島の観光スポット安芸の宮島に近い温泉宿や銭湯

広島に訪れた際、多くの人が安芸の宮島への観光を考えますが、その際にアクセスがしやすくおすすめの温泉宿や旅の途中で立ち寄れる銭湯も、宮島の周辺には多くあります。瀬戸内海を望む事ができる部屋や、ここだからこそ食べられるご当地グルメを楽しめる宿は子供から大人までおすすめできます。恋人、女子会の旅行、一人旅など旅行の仕方は様々ですが、多くの温泉宿はそんな幅広い旅行に対応してくれており、誰と一緒に訪れたとしても素敵なひと時を楽しむ事ができるでしょう。

【関連記事はこちら】

▷広島駅周辺で美味しいランチを楽しむことができるおすすめのお店10選
▷お好み焼きや牡蠣など有名な食べ物がある広島でおすすめする居酒屋19選

特集

2019/09/27大人を楽しむふたりのためのシークレットステイ。 ──グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾート

2019/08/26【宿泊体験】唯一無二の宿泊体験を求めて-MAGACHABARU OKINAWA-

人気記事