最終更新日時 2019/12/02

広島県内の観光地といえば、原爆ドームや宮島などを思い浮かべる方が多いですよね。修学旅行で訪れたことのある方も多いでしょう。そんな広島から、新幹線で約20分。アクセス抜群の三原には、歴史溢れる史跡や、新幹線の駅から一番近い離島など見どころ満載。三原でおすすめしたい観光スポット20選をご紹介します。

三原でおすすめの定番スポット10選

1. 三景園

まず最初にご紹介するのは、広島空港からも歩いて行ける「三景園」。広島空港の開港を記念してつくられ、広さは約6ヘクタール。大人ひとり260円と入園料も安く、フライトの待ち時間にも気軽で行けることから三原の名所となっています。

広島の里・山・海の自然を表現した庭園が、園内には広がります。3月には梅まつり、6月には100種類約10,000本のあじさいが咲く花まつり、11月にはもみじまつりが開催。数寄屋造りの潮見亭では鯉の餌やりも楽しめます。

名称 三景園
住所 広島県三原市本郷町善入寺64-24
営業時間 4月~9月 9:00~18:00
10月~3月 9:00~17:00
URL
http://www.chuo-shinrin-koen.or.jp/sankei/sankei.html

2. 白竜湖スポーツ村公園

1969年に完成した椋梨ダムによって出来た湖は、白竜湖の相性で親しまれています。白竜湖の上流にある「白竜湖スポーツ村公園」は、野球やサッカー、テニスコート、ランニングコースなどが完備され、市民はもちろん観光客にも人気の運動スポット。

三原市屈指の桜の名所でもあり、川沿いに並ぶ桜並木は圧巻。花火大会も開催され、なかなか見られない桜と打ち上げ花火のコラボレーションが楽しめます。花火大会当日は、白竜湖近くの道の駅でもイベントが行われるので、ぜひ併せて立ち寄ってみてはいかがでしょう。

名称 白竜湖スポーツ村公園
住所 広島県三原市大和町和木周辺
営業時間 白竜ドーム・野球場・総合運動場 8:00~22:00
テニス場・フットサル場 8:00~19:00
URL
http://www.kajioka-la.co.jp/hakuryuko/index.html

3. 瀑雪の滝

三原市は歴史の偉人に関係したスポットも多く残されています。かつて三原を治めた小早川隆景は、あの有名な武将、毛利元就の息子。毛利元就も訪れ、涼をとったとされるのが、船木峡にある幅4m、高さ30mの「瀑雪の滝」です。

「瀑」とは、水しぶきをあげる滝のこと。高さ30mの高さから水が滝つぼに落ちる際、常に水しぶきがあがり、その様子はまるで雪が降っているよう。近くにある小早川家ゆかりの棲眞寺まで登山道が整備されています。迫力満点の三原の自然を体感できるスポットです。

名称 瀑雪の滝
住所 広島県三原市本郷町船木
営業時間 24時間
URL
https://www.city.mihara.hiroshima.jp/soshiki/25/hongou-bakusetsu.html

4. 棲眞寺公園

先ほどご紹介した瀑雪の滝から、登山道でつながる「棲眞寺公園」。棲眞寺は、土肥小早川氏の始祖である土肥実平、遠平親子によってつくられました。遠平の妻は源頼朝の娘とされ、彼女は若くして亡くなります。その弔いとして創建されたのがこの棲眞寺です。

棲眞寺を中心として、周辺は公園として整備されています。4月には棲眞寺まつりが開催され、演芸奉納などが行われます。夏には蓮の花が咲き、とても幻想的な雰囲気に。蓮の花の見ごろは早朝です。また、日本一のアーチ橋「広島空港大橋」が一望できる様子は必見です。

名称 棲眞寺公園
住所 広島県三原市大和町平坂2033
営業時間 9:00~17:00
URL
https://www.city.mihara.hiroshima.jp/soshiki/25/seishinjipark.html

5. 三原市すなみ海浜公園

2002年に開園したばかりの「三原市すなみ海浜公園」。2019年は7月13日に海開きが行われ、例年多くの海水浴客が訪れる人気スポットです。砂浜まではスロープも設置され、障害のある方や高齢者の方も一緒に海からの絶景が楽しめます。

小さな子供は海を怖がったりして、まだ海水浴デビューできない、ということもありますよね。この公園には無料で利用できるプールも完備。水深は50mと70m、泳ぐのが怖いという子供でも楽しめる、噴水の出る水遊びコーナーも。親子三世代快適に過ごせる公園です。

名称 三原市すなみ海浜公園
住所 広島県三原市須波西1-7-1
営業時間 散策 24時間
海水浴場・プール 9:00~17:00
URL
https://www.city.mihara.hiroshima.jp/soshiki/25/sunamikaihin.html

6. 筆影山

三原駅から徒歩5分、そこは磯の香漂う三原港。瀬戸内海に浮かぶ島々とをつなぐフェリーの発着場所でもあります。そこを一望できるのが、標高311mの「筆影山」です。海に映る山の形が筆に見えることから、その名前がつけられました。

春には約2,000本のソメイヨシノが咲き、桜の名所としても知られています。その風景を楽しむのなら、筆影山展望台がおすすめ。瀬戸内海を一望できるだけでなく、夕陽が沈む姿や海霧はロマンチックでデートにもぴったりです。

名称 筆影山
住所 広島県三原市須波町
営業時間 24時間
URL
https://www.city.mihara.hiroshima.jp/soshiki/25/fudekage.html

7. 佛通寺

「佛通寺」は、1397年に小早川春平が、中国に渡って修行した愚中周及禅師を迎えて建てたお寺です。日本屈指の禅道場としても知られており、礼儀作法を身につけ、集中力を上げるために学生や企業が研修を行っています。

最盛期には山内に88か所、全国に3,000寺以上と大きな規模を誇っていた佛通寺。応仁の乱後は火災や荒廃、そして再興を繰り返してきました。杉木立が立ち並ぶ様子は、日本人はもちろん外国人観光客もその風情に惹かれるでしょう。秋には紅葉の名所となり、境内を色鮮やかに彩ります。

名称 佛通寺
住所 広島県三原市高坂町許山22
営業時間 8:30~17:00
URL
http://www.buttsuji.or.jp/

8. 八天堂カフェリエ

今やクリームパンといったらこのお店、とも呼ばれるほど大人気の八天堂。実は、1933年に和菓子屋として広島みはら港町にオープンしたのがはじまりです。当時は世界恐慌の影響を受け、生活が苦しい時代。甘い和菓子を通じて、人々に元気を与えたいとお店を開き、現在では全国的に人気のお店となりました。

「八天堂カフェリエ」は、見て作って食べるスイーツパン工房。自分で生地を使って形を作り、オリジナルの包装紙に絵を描き、焼きあがったパンにクリームを入れる工程が体験できます。また、八天堂のクリームをたっぷり使ったパンケーキはインスタ映え間違いなし。女子旅にも、子供連れの家族にもおすすめです。

名称 八天堂カフェリエ
住所 広島県三原市本郷町善入寺用倉山10064-190
営業時間 平日 10:00~17:00
土日祝 10:00~18:00
URL

カフェリエ


9. 昇雲の滝

2019年6月現在、豪雨災害によりいまだ立ち入り禁止が続く「昇雲の滝」。先ほどご紹介した佛通寺のすぐそばの、川沿いをのぼった場所に位置します。滝の落差は約80m。その壮大な光景は、その名の通り龍が天に上るよう。

滝つぼにつながる道、展望台につながる道に分かれており、好きな角度からの写真撮影も可能。案内板からはすぐですが、道が狭い部分もあるため、歩きやすい服装や、濡れてもいい靴を履いて出かけましょう。三原市公式サイトから、最新の情報をチェックできます。立ち入り禁止解除が待ち遠しい、三原の名所です。

名称 昇雲の滝
住所 広島県三原市高坂町許山
営業時間 24時間
URL
https://www.city.mihara.hiroshima.jp/soshiki/25/syouun.html

10. 久井の岩海

1964年に、国の天然記念物に指定された「久井の岩海」。標高699mの宇根山のふもとに位置し、別名「ごうろ」とも呼ばれています。ゆるい谷に沿って1mから7mまで、大小さまざまな岩がゴロゴロと並んでいます。

なぜこのような姿になったのでしょうか。それは、岩石にできた割れ目から空気や水が入り、風化したから。訪れた際はぜひ、岩に耳を当ててみましょう。水の流れる音が聞こえるはずです。その水源や流れ行く先は分かっておらず、未だに謎の残る不思議なスポットです。

名称 久井の岩海
住所 広島県三原市久井町吉田
営業時間 24時間
URL
https://www.city.mihara.hiroshima.jp/site/kyouiku/gankaii.html

三原駅周辺でおすすめのスポット5選

1. 三原城跡

三原城は、毛利元就の三男である小早川隆景によって1567年に建てはじめたとされています。そこは、大島と小島をつなぐ埋め立て地でした。当時は東西約900m、南北は700mもの大きさだったとされ、現在は「三原城跡」となり天主台や入舟櫓が残っています。

最大の見どころは、アブリ積みという特殊な技法でつくられた石垣。400年以上経った今も、当時のまま残る姿は必見です。また、三原城は満潮時、海に浮いて見えることから別名「浮城」とも呼ばれ、三原市を代表する史跡として多くの観光が訪れます。

名称 三原城跡
住所 広島県三原市城町
営業時間 6:30~22:00
URL
https://www.city.mihara.hiroshima.jp/site/450nen/aboutmiharacastle.html

2. みはら歴史館

先ほどご紹介した三原城は1567年に建てられはじめ、それから2017年で450年が経ちました。それを記念し、2016年11月にオープンしたのが「みはら歴史館」です。戦国の知将とも呼ばれた小早川隆景を中心に、三原城の歴史、当時の城下町の様子などを分かりやすく展示しています。

館内に入ると、ひときわ目を引くのが甲冑の展示。このほかにも、常設展示は80点以上、期間限定のイベントも開催されます。また、マンホールファン必見のカードも配布。JR三原駅周辺には、三原城が描かれたマンホールがあります。詳しい場所は、ぜひ足を運んで確認してみてはいかがでしょう。

名称 みはら歴史館
住所 広島県三原市城町1-2-1 ペアシティ三原西館1階
営業時間 9:00~17:00
URL

HPなし

3. お食事処 蔵

三原沖には小さな島が点在しており、水質も綺麗で水温もあまり変わらない海域です。タコが好む餌が集まる岩場もあり、三原沖はタコにとって絶好のすみかとなっています。三原のご当地グルメは、そんなタコを使った料理。一番におすすめしたいのが、JR三原駅から徒歩4分の「お食事処 蔵」。

三原のタコは足が太く短いのが特徴。高級食材であるエビやカニを餌にしているのだそう。このお店でおすすめなのがコリコリ食感を味わえるタコ刺身。毎日とれたてのタコを使っているので、とっても新鮮。お店オリジナルの限定品タコ酒は、お酒好きの大人にぴったりです。

名称 お食事処 蔵
住所 広島県三原市港町1-4-14
営業時間 11:30~13:00、17:30~21:30
URL
http://kura-mihara.com/

4. おはぎの店 こだま

おしゃれなカフェやレストランが続々とオープンする昨今。そんな中で、地域に愛されたおふくろの味が楽しめるのが「おはぎの店 こだま」です。JR三原駅から徒歩2分、周辺散策でお腹が減ったらぜひ立ち寄りたいお店。

おはぎをはじめ、天ぷらや唐揚げ、オードブルなどを販売するお店です。タコの街三原だからこそ、タコの足丸々一本を使ったタコ天が人気。ずっしり重くて大きなおはぎは、一つ食べただけでもおなかいっぱいに。人気商品は夕方には売り切れてしまうので注意してください。

名称 おはぎの店 こだま
住所 広島県三原市城町1-6-1
営業時間 平日・土曜日 7:00~21:00
日祝 7:00~20:00
URL
https://tabelog.com/hiroshima/A3403/A340303/34010236/

5. 三原だるま工房

春には大きなだるまを設置し、多くの出店が立ち並ぶ三原神明市が行われるなど、三原を代表する伝統工芸品のだるま。三原だるまの特徴は、頭にはちまきが巻いてあること、最初から目が描かれていること、中に鳴り物が入っていること、指で動かすと起き上がること、だそう。

「三原だるま工房」では、特徴的な三原だるまの制作体験が楽しめます。絵付けはなかなか難しいですが、出来上がっただるまは世界に一つだけのもの。旅のお土産にいかがでしょう。三原だるまに入った鳴り物は、願い事が「成る」にちなんでいます。気持ちを込めて、オリジナルのだるまをつくってみませんか?

名称 三原だるま工房
住所 広島県三原市城町1-1-1
営業時間 月・木 13:00~16:00
土 10:00~12:00
URL

HPなし

三原でおすすめの穴場スポット5選

1. ゑびす家

JR三原駅は、在来線だけでなく山陽新幹線の停車駅。アクセスもよくなり、出張などで訪れる方も増えました。そんな時必要になってくるのが、ご当地のお土産。三原のタコは有名ですが、生ものなので長時間持ち歩けませんよね。そんな時におすすめしたいのが、「ゑびす家」のたこもみじ。

広島県の銘菓もみじまんじゅうと、三原のタコのコラボはこのお店の看板商品。タコが入っているので一見おいしいの?と心配になる方も多いそうですが、マイルドなクリームチーズとの相性は抜群です。このほかにも、たこせんやケーキも充実。お土産はもちろん、ホテルでほっと一息つくのにいかがでしょう。

名称 ゑびす家
住所 広島県三原市城町1-8-2
営業時間 8:00~19:30
URL
https://tabelog.com/hiroshima/A3403/A340303/34001757/

2. 御調八幡宮

御調とかいて「みつき」と読む「御調八幡宮」。三原は城下町として栄える前から、文献等にも記載される歴史ある街です。教科書で、道鏡事件という言葉を目にした方もいらっしゃるかもしれません。和気清麻呂の姉・広虫が失脚し、配流されたのがこの場所とされています。

あの徳川秀吉も、朝鮮出征の際にこの神社へ参拝したとされています。そんな御調八幡宮は随所に風情を感じ、自由気ままな一人旅で訪れるのもおすすめ。静寂に包まれた境内、苔むした灯篭、春の桜や秋の紅葉もお見逃しなく。

名称 御調八幡宮
住所 広島県三原市八幡町宮内7
営業時間 24時間
URL
https://www.city.mihara.hiroshima.jp/soshiki/25/mitsugi.html

3. 極楽寺

1737年に建立された「極楽寺」は浄土真宗の寺院です。三原城築城に際して何度か移築を繰り返し、1661年から1672年の間の寛文年間に、城主浅野家の家臣によって現在の場所へと移築されました。本堂は広島県の重要文化財に指定されていて、日本でも注目される仏教建築です。

先ほどご紹介した三原神明市。その見どころでもある大きなだるまの下をくぐると、この極楽寺につながっています。境内にはかわいらしいだるまの絵馬や、その数日本一とされるだるまが展示された「青山コレクション達磨記念堂」も。極楽寺の駐車場は6台分と小さめなので、公共交通機関の利用をおすすめします。

名称 極楽寺
住所 広島県三原市東町3-5-1
営業時間 24時間
URL
http://www.mihara-gokurakuji.com/

4. 女王滝

用倉川の中流に掲載された「女王滝」。高さ25m、幅9mで、三段に分かれているのが特徴です。流れ落ちる水が、女王が身につける白い袴のように、美しく広がることからその名がつけられました。雄大な自然美を、間近で堪能することができます。

広島空港の開港にともなって、隣接する県立森林公園の駐車場から続く遊歩道が整備されました。しかし、瀑雪の滝、昇雲の滝と同様に、豪雨災害のため現在は立ち入りが禁止されています。その絶景を次回見られるのはいつになるのか、公式サイトの情報はお見逃しなく。

名称 女王滝
住所 広島県三原市本郷町船木
営業時間 24時間
URL
https://www.city.mihara.hiroshima.jp/soshiki/25/jooutaki.html

5. 大野浦海水浴場

最後にご紹介する三原の穴場スポットは、三原市の離島・佐木島にある「大野浦海水浴場」。三原港からフェリーで約25分、新幹線停車駅から日本一近い離島ともされています。佐木島につくと「鷺島」と書かれた看板が目に入りますが、表記が異なるだけ。場所を間違えたわけではないので安心してください。

この投稿をInstagramで見る

@epa521がシェアした投稿

白い砂浜、真っ白なパラソル、そしてエメラルドグリーンに輝く海。離島だからこその、ゆったりとした時間が流れます。海水浴期間中にも、あまり人が訪れない穴場。シャワーも利用できるので、気軽にバカンス気分を味わいたい方はぜひ佐木島へ訪れてみてはいかがでしょう。風景はもちろん、人のぬくもりにも感動するはず。

名称 大野浦海水浴場
住所 広島県三原市鷺浦町757-4
営業時間 24時間
URL

HPなし

歴史と絶景溢れる三原で気分リフレッシュ旅へ

史跡から気軽に行ける離島まで!三原でおすすめしたい観光スポット20選

特集

2019/11/29【宿泊体験】ドーミーインの和風プレミアムブランド – 天然温泉 凌雲の湯 御宿 野乃 浅草 –

2019/09/27大人を楽しむふたりのためのシークレットステイ。 ──グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾート

人気記事