最終更新日時2019/02/26

今回は、潮待ちの港の魅力をご紹介します。広島県福山市の港町、鞆の浦は「潮待ちの港」として万葉集の時代から愛されてきました。ジブリ映画「崖の上のポニョ」の舞台になったことでも知られます。都会の喧騒を離れ、海が見える街でステキなひとときを過ごしてみませんか?

1. 常夜灯 / 広島県福山市

emikoさん(@emirin1107)が投稿した写真


鞆の浦の1番のシンボルである、常夜灯。1859年に建造されました。江戸時代の施設である常夜燈、雁木、波止場、焚場跡、船番所跡がほぼ完全な形で現存しているのは、全国でも鞆港だけです。日本1の大きさを誇る常夜灯は港町の海上安全を支え、この地域の古き良き時代を感じさせます。

所在地 広島県福山市鞆町鞆843-1
駐車場 あり
詳細情報 http://www.kankou.pref.hiroshima.jp/sys/data?page-id=5429

2. 医王寺 / 広島県福山市

santaさん(@suke0704)が投稿した写真


坂道や階段を登った先にある、鞆の浦で2番目に古いお寺です。このお寺は826年に弘法大師・空海によって開かれた伝えられています。医王寺からの眺めも素晴らしいですが、太子殿からの展望はこれまた素晴らしく、鞆湾の全景が一望の下に見渡せます。1826年には、オランダ商館の医師シーボルトもツツジや松の観察のために登ったとされています。

所在地 広島県福山市鞆町後地1396
営業時間 常時
定休日 なし
料金 無料
駐車場 なし
詳細情報 http://www.sawasen.jp/tomonoura/annai/iouji/iouji.html

3. 仙酔島 / 広島県福山市

kiiさん(@photo_____gram)が投稿した写真


仙酔島は、鞆の浦から連絡船で5分の無人島です。「仙人が酔ってしまうほどの美しさ」ということから仙酔島と呼ばれるようになりました。外周は5kmほどでいまだ青々とした自然の原生林が残り、野生のたぬきなども生息しています。島内には国民宿舎やキャンプ場などがあります。白い砂浜からエメラルドグリーンの海を眺めたり、瀬戸内の夕陽を眺めたりと、時間を忘れて過ごすことができます。

所在地 広島県福山市鞆町後地
営業時間 鞆の浦から仙酔島 連絡渡船:7:00〜21:00
定休日 無休
料金 大人1名往復:240円、子ども:120円
駐車場 周辺にあり
詳細情報 http://www.tomonoura.co.jp/sen/

趣きのあるカフェ 鞆の浦@cafe >>

特集

2020/03/30世界が注目するリゾートアイランド宮古島で、リュクスな大人のバカンスを──ホテル シギラミラージュ

2020/03/26私らしいオシャレ女子旅のススメ。箱根の森の奥深く、思わずため息が出るフォトジェニックな絶景宿 ──箱根・芦ノ湖 はなをり

おすすめ記事

人気記事