最終更新日時 2019/02/27

岡山県は「吉備の国」として古代から栄え、北の中国山地から南の瀬戸内海、東の倉敷市から、西の備前市まで魅力的な場所がたくさんあります。県庁所在地の岡山市は、関西〜中国四国へのターミナルとなっており、中継地点としても便利です。今回は、岡山の高級宿を6つご紹介します。

季譜の里

季譜の里出典:Relux|季譜の里

県北にある美作三湯の名湯、湯郷温泉を楽しめるのは「季譜の里」です。季節が音楽の譜面のように巡り流れる様子を表す名前の通り、四季の自然が感じられる宿になっています。客室はいずれも季節の絵巻等に触れる和風のお部屋で、広々とした室内に木の香りが漂い心地よい気分にしてくれます。露天風呂のついた和室や、リビングのあるスイートで快適に過ごすことができます。リゾートホテルのスイートルームのような快適さと、和室の心地よさの両方が味わえる、「旅館ラグジュアリー」は一度宿泊したらまた行きたくなる居心地の良さがあります。

季譜の里出典:Relux|季譜の里

湯郷温泉は鷺の湯とも呼ばれ、優しい弱アルカリ性の湯で、「美人の湯」として知られています。庭園風呂は大浴場に大きなガラスが施され、広くとられた露天風呂からも庭園を眺めることができます。湯処のほかには、薬石蒸風呂があります。体に優しい低温サウナで、治癒力の高い13種の天然鉱石が放つ放射線で体を温めることにより、美肌促進、デトックス効果に加え、腰痛などの体の痛みにも効果があります。有料で家族で楽しめる貸切風呂も岩風呂と御影石の石風呂の2タイプあります。リラクゼーションとして、スリランカのジャングルの薬草や薬樹から抽出した最高級オイルを使ったエステも受けることができます。

季譜の里出典:Relux|季譜の里

お料理は、瀬戸内海の幸、日本海の幸、里山の幸と自然の恵みが並べられ、量よりも質にこだわった多彩な料理を味わえます。岡山と鳥取のいずれの港からもアクセスが良いため、山間部でありながら、海産物も充実しています。

季譜の里の詳細を見る

ポピースプリングス リゾート&スパ

ポピースプリングス リゾート&スパ出典:Relux|ポピースプリングス リゾート&スパ

湯郷温泉に佇む「ポピースプリングス リゾート&スパ」は、異国情緒漂うスパリゾートホテルです。カリフォルニア・ミッション・スタイルの建築様式で、豊かな素材感と柔らかな色調のインテリアで統一されています。木や手作りタイルといった温かみのある素材を使った館内は、バリアフリー設計でどなたにも優しい工夫がされています。客室はベッドルームスタイルで、くつろげるような空間となっています。露天風呂のジャグジー付きのお部屋もあり、外国の気分で優雅なひと時を過ごすことができます。

ポピースプリングス リゾート&スパ出典:Relux|ポピースプリングス リゾート&スパ

1200年もの歴史を誇る天然温泉を利用したスパは、米国サンノゼのタイル職人達によって設計されたスパ空間です。温泉から引いた弱アルカリ性のお湯は美肌やデトックス、血流改善、脂肪燃焼に効果が期待できます。4階にある露天ジャグジーは温泉ではありませんが、水着を着用して入ります。夜はライトアップされた雰囲気をジャグジーで楽しめます。水着を持っていない場合はレンタルもできます。さらに、徒歩3分の場所にある湯郷グランドホテルの温泉や大浴場も利用できるので、湯めぐりをしてみるのも良いかもしれません。リラクゼーションは、オリジナルのエッセンシャルオイルをブレンドしたアロマテラピーと、プラセンタを中心にエイジングに効果的な機器・成分を用いたエステが利用できます。健康をコンセプトとしたアロマやリラクゼーションなど、体と環境に優しい商品を扱うショップでお買い物も楽しめます。

ポピースプリングス リゾート&スパ出典:Relux|ポピースプリングス リゾート&スパ

食事は、有機野菜にこだわった創作フレンチがいただけます。夕食では、前菜に好きなものを選べる「ハーフブッフェスタイル」で、地元契約農家さんより届く安心な野菜中心のメニューが並びます。前菜だけでなく、スープと季節のデザートも好きなだけいただけるのはうれしいです。朝食は有機野菜のサラダ、自家製パンやこだわりコーヒー、地元産のヨーグルトといった身体に優しいお料理をいただけます。野菜や果物、卵など地元で採れる食材を存分に楽しめます。

ポピースプリングス リゾート&スパの詳細を見る

湯原温泉 八景

湯原温泉 八景出典:Relux|湯原温泉 八景

湯郷温泉よりも西に位置する湯原温泉の原風景である砂湯の真向かいにあるのが「湯原温泉 八景」です。「砂湯」は西の横綱とも称される有名な混浴露天風呂で、客室からも砂湯や吊り橋など位置によって異なる景色が楽しめます。和室でありながらベッドが設置されているためくつろぎやすく、連泊で滞在したくなるお部屋ばかりです。しかも、客室に付く露天風呂だけでなく、ユニットバスのお湯も源泉を引いているとても贅沢な温泉宿です。

湯原温泉 八景出典:Relux|湯原温泉 八景

大浴場「川の湯」は砂湯の正面にあるため川のせせらぎが聞こえ、自然のリラクゼーション空間ともいうべき場所になっています。貸切風呂もあり、露天風呂「空の湯」では、朝と昼は森林浴を、夜は満点の星を仰ぎげる開放感を、「和みの湯」はひのき造りの湯舟を楽しむことができます。さらにお子様優先の「わらべの湯」や、体の不自由な方のための「えがおの湯」など家族旅行にもうれしいお風呂が備えられています。エステルームもあるため、相談すれば女性向けのアロマトリートメントを受けることもできます。

湯原温泉 八景出典:Relux|湯原温泉 八景

お料理は、大きな釜戸が印象的な食事処でいただきます。料理長のこだわり溢れる「50種の野菜を味わう里山会席」として、夕食と朝食で50種もの野菜をいただくことができます。メイン料理となる「野菜の焚き合わせ」で、「元気な野菜」の味をしっかりと味わえます。朝食は和食か洋食か選び、多彩なメニューをいただくことができます。ラウンジはスタインウェイのピアノが置かれ、どこか懐かしくついつい寛いでしまう空間になっています。暖炉のある暖かなラウンジで手作りのケーキやコーヒー、本格派の紅茶がいただけます。

湯原温泉 八景の詳細を見る

名泉鍵湯 奥津荘

名泉鍵湯 奥津荘出典:Relux|名泉鍵湯 奥津荘

美作よりもさらに鳥取に近い奥津温泉にある「名泉鍵湯 奥津荘」は、創業90年を超える歴史ある宿です。「鍵湯」と呼ばれる源泉かけ流しの温泉は、400年前に津山藩主であった森忠政公の時代から珍重されています。日本建築の古くも丁寧に手入れされた木目や、窓格子が心地よさを作りだしています。世界的版画作家である棟方志功も度々訪れ、その作品が館内に飾られています。客室は、離れ・和室・洋室とそれぞれ表情の異なる5つのタイプのお部屋から選ぶことができます。鍵湯を心ゆくまで満喫できる露天風呂付きのお部屋や、マッサージチェアの設置されているお部屋、どなたでも移動のしやすい1階で眺めの異なる和室など、滞在の仕方を選ぶのも楽しいです。

名泉鍵湯 奥津荘出典:Relux|名泉鍵湯 奥津荘

奥津荘の温泉は、湯船の底から湧き出てる「足元自噴」と呼ばれる、国内でも希少な温泉です。そのため空気に触れることがなく、加熱・加水もせずに、温泉本来の自然の状態そのままで入浴できます。大浴場は24時間いつでも、貸切風呂も空いていれば何度でも時間制限なく利用できます。

名泉鍵湯 奥津荘出典:Relux|名泉鍵湯 奥津荘

ラウンジではチェックイン後に抹茶と和菓子をいただくことができるほか、鍵湯の源泉で淹れるコーヒーをいただくことができます。お料理はそのすべてが丹精込めた手作りで、温泉で蒸したおこわや骨の周りの肉を使った「そずり鍋」などの郷土料理を楽しめます。作州牛の牛肉にもかかわらずあっさりとした味わいは絶品です。

名泉鍵湯 奥津荘の詳細を見る

ANAクラウンプラザホテル岡山

ANAクラウンプラザホテル岡山出典:Relux|ANAクラウンプラザホテル岡山

JR岡山駅に直結する「ANAクラウンプラザホテル岡山」は駅からのアクセスも良く、岡山コンベンションセンターとも隣接しているため、岡山市街の観光にはとても便利なホテルです。客室は様々なタイプが用意されています。高層階で大きな窓から岡山の街を臨めるプレミアムフロアには、全室シモンズ製のデュベスタイルベッドが設置され、ドリンクやスナックをいただける20階のバーラウンジも利用できます。

ANAクラウンプラザホテル岡山出典:Relux|ANAクラウンプラザホテル岡山

快眠コンサルタント・岩田アリチカ氏のアドバイスによる、快適な眠りのためのサービスも充実しています。オリジナルのアメニティには、入浴剤やアイウォーマー、オリジナルブレンドのお茶が揃えられています。さらには、手作りの素焼きアロマディフューザーでアロマを楽しむことができます。

ANAクラウンプラザホテル岡山出典:Relux|ANAクラウンプラザホテル岡山

館内には素材本来の味を生かした和食ダイニングや季節のオリジナルカクテルを味わえるバーがあります。岡山駅に近いので、市街地に出かけて地元グルメを楽しみたい方にも便利です。朝食ビュッフェには、地産地消にこだわった地元の食材を使ったメニューが並びます。豆腐や味噌にもこだわり、岡山ならではの日替わりの魚介のあぶりもいただけます。野菜とフルーツを使った特製のミックスドリンクもあり、ヘルシーで美味しい朝食を最上階の見晴らしとともに堪能できます。

ANAクラウンプラザホテル岡山の詳細を見る

ホテルグランヴィア岡山

ホテルグランヴィア岡山出典:Relux|ホテルグランヴィア岡山

「ホテルグランヴィア岡山」もJR岡山駅に直結する、アクセスの良いホテルです。駅直結のホテルでありながらも、ドアマン・ベルマンがおり快適な滞在をサポートしてくれます。客室はデザインと機能にこだわった多彩なタイプが用意され、窓からの夜景が美しい広々とした空間で過ごすことができます。シモンズ社製ベッドやテンピュール社製のコンフォートピローで心地よい眠りに誘われます。15階以上はフロアごとのテーマに沿ったカーペットとライティングが施されています。18階は最上階ならではの眺めが大きな窓から臨むことができ、開放的な空間となっています。

ホテルグランヴィア岡山出典:Relux|ホテルグランヴィア岡山

館内には充実した施設が備えられ、プール・サウナ・ジャグジーなどが設置された「グランヴィアリゾートクラブ」も有料で利用できます。自然の光がふりそそぐ20m×3コースの温水プール・遠赤外線サウナ・ミストサウナ・ジャグジーで汗を流すのも気持ちが良さそうです。運動の後は、タイ伝統のマッサージを受けられるリラクゼーションサロンでリフレッシュすることもできます。

ホテルグランヴィア岡山出典:Relux|ホテルグランヴィア岡山

レストランも充実しており、フランス料理、日本料理、鉄板焼き、中国料理、カフェレストランと気分に合わせてチョイスできます。ラウンジはロビーと最上階にあり、最上階にはスカイラウンジとメインバー「リーダーズ」があります。歴史を彩った各界の偉人たちのポートレートが飾られ、雰囲気ある店内で世界の銘酒に酔いたくなります。朝食は、和洋の料理が並ぶバイキングスタイルで和洋の充実したメニューを楽しめます。岡山の食材を、野菜だけでなく味噌や醤油、牛乳まで味わえます。前日までの予約で、ルームサービスでアメリカンブレックファーストや和定食もいただけます。

ホテルグランヴィア岡山の詳細を見る

岡山の美味しい食材を味わおう!

県北の温泉を楽しめる温泉宿を4つ、岡山駅直結のホテルを2つご紹介しました。岡山は、味噌や醤油、黄ニラやマッシュルームなど野菜、蒜山高原の牛乳、ブドウなどの果物といった食材豊富な土地です。「晴れの国おかやま」で育った素材を味わい、温泉や快適なお部屋でリラックスしたひと時を過ごしに出かけてみてください。

特集

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー本が彩る私の時間ー 川端里恵さん【後編】

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー 本が彩る私の時間 ー 川端里恵さん【前編】

人気記事