最終更新日時 2019/04/03

倉敷といえば、白壁の美観地区を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?趣のある街並みはまるで時間が止まったような感覚に。近年、帆布やデニムはもちろんアウトレットパークなどもできショッピングもとっても楽しめますよ!ぜひ、倉敷観光を心ゆくまで堪能してくださいね!

1 大原美術館

画像素材|PIXTA

まるでギリシャ建築の神殿のような建築物の「大原美術館」は、事業家の大原孫三郎が設立した日本最初の西洋美術中心の私立美術館です。エル・グレコやゴーギャン、モネやマティスなどの作品を倉敷で楽しめたのも彼のおかげとも言えます。現在は絵画のみならずギャラリーコンサートなども愉しめます。倉敷で外せないスポットの1つです。

大原美術館は、前年に死去した大原孫次郎がその才能に理解を示し、援助を行った画家児島寅次郎が前年に亡くなったことを偲んで昭和5年(1930)に設立したものです。美術館の中核となっている作品には、画家児島寅次郎が修行のために孫次郎の勧めに応じて渡欧し、絵画の修行をしながら大家による作品を選定して購入したものが数多くあります。大原美術館は大原孫次郎と児島寅次郎の共同作業によって生まれ、多くの人達に感動を与え続けている素晴らしい美術館です。

名称 大原美術館
住所 岡山県倉敷市中央1−1−15
電話番号 086-422-0005
公式URL http://www.usuitouge.com/bunkamura/

2 倉敷アイビースクエア

倉敷

アイビーの美しい装いが印象的な「倉敷アイビースクエアー」は、アンティークオルゴールや児島寅次郎記念館などの文化施設。中では、陶芸なども体験できる教室もあり立ち寄りにおすすめです。素敵な空間でお茶もできますよ。ちょっと休憩などにもおすすめです。

倉敷アイビースクエアはクラボウの名で知られている倉敷紡績の発祥工場跡です。価値ある倉敷の史跡として、工場建物外観や立木から建物内の柱、梁、硝子まで、可能な限り生かして生まれたホテルを中心とした複合施設です。児島寅次郎記念館の建物は工場付属倉庫だったもので、大原孫次郎と共に大原美術館の生みの親とも言える児島画伯の代表作が展示されています。大原美術館を見学して、美術館生みの親ともなった児島画伯の作品と収集画の数々に触れることで、大原美術館をより深く理解することができます。

名称 倉敷アイビースクエア
住所 岡山県倉敷市本町7-2
電話番号 (086)422-0011(代)
公式URL http://www.ivysquare.co.jp/

3 倉敷美観地区

倉敷

白壁が美しく、柳が揺れる姿に趣がある「倉敷美観地区」。倉敷川がゆるやかに流れ、カフェや飲食店、お土産などのお店が並びます。伝統的な日本の建築を心ゆくまで楽しめる人気エリアです。

20120820_120218.jpg

美観地区をそぞろ歩きして街の雰囲気を楽しむなら、まず前神橋から倉敷川沿いを北に向かってゆきます。倉敷川の先にある「奈良萬の路地」と呼ばれている小路は、美観地区一番の美しい路地と呼ばれているので欠かせません。奈良萬の路地から少し戻って大原邸裏路地から有隣荘裏、旅館鶴形西の路地を通ったり覗いたりして、本町通を東にぶらぶら歩きましょう。時間があれば、日中だけでなく夕方から夜にかけて倉敷川沿いをもう一度散策するのもオススメです。

名称 倉敷美観地区
住所 岡山県倉敷市本町
電話番号 086-426-3851
公式URL http://www.city.kurashiki.okayama.jp/6219.htm

4 帆布

倉敷

倉敷市は、綿帆布の生産量が日本一です。日本製のちょっと大人っぽく丈夫でおしゃれな帆布のバックを自分のお土産にいかがですか?極太の糸を平織するとできるセルヴィッジ付きの帆布が倉敷帆布の特徴。お店は、に管竹や市街地にありますよ。お気入りのバックが見つかるといいですね!

倉敷で帆布といえば「倉敷帆布」。倉敷市児島地区で古くから作られ続けて来た自慢の一級帆布を、帆布工場が共同して「倉敷帆布」として登録商標の上で製造、販売されるようになりました。「倉敷帆布」には直営ショップが倉敷帆布 本店と倉敷帆布 美観地区店の2店舗あります。本店と美観地区店で「倉敷帆布セミオーダートート」のオリジナルトートデザイン体験が行われていて、本店では工場見学をすることもできます。倉敷帆布の世界でひとつだけのトートバックのデザイン体験してみたらいかがでしょうか?

名称 帆布

5 三井アウトレットパーク 倉敷

JapanKurashiki032

JR倉敷駅北口からすぐの場所にある「三井アウトレットパーク 倉敷」。国内外の有名ブランドが多数入る本格的なアウトレットです。併設されているARIOでは倉敷グルメも楽しめますよ!駐車場スペースも広く家族旅行の立ち寄りスポットとしてもおすすめです!

三井アウトレットパーク 倉敷はデンマークのチボリパークをモデルにした倉敷チボリパークの跡地にできました。倉敷チボリパークの跡地は、アウトレットパーク、アリオ倉敷と二つの建物の間を流れる倉敷用水を中心にしている倉敷みらい公園になっています。倉敷みらい公園は広々とした芝生広場、倉敷用水沿いには四季折々に草木が咲き、のんびりとくつろげるイスが置かれたデッキや子ども達が喜ぶツリーハウス、複合遊具などがあります。倉敷観光あとの一休みやピクニック気分での昼食にはちょうど良い場所です。

名称 三井アウトレットパーク 倉敷
住所 岡山県倉敷市寿町12-3
電話番号 086-423-6500
公式URL http://www.31op.com/kurashiki/

6 阿智神社

阿智神社

大藤棚に咲く岡山県天然記念物の「阿知の藤」が美しい「阿智神社」。春にかけて咲き誇る藤の美しい姿は一見の価値があります。落ち着いた神社の少し長い階段を上ると倉敷の景色が一望できますよ。おすすめです。

KURASHIKI-倉敷-11.jpg

阿智神社は美観地区の北側に位置している鶴形山の山頂にある古社で、応神天皇20年(291)に阿知使主の一族が渡来定住したことが地名、社号の由来と伝えられています。境内には数多くの磐境・磐座があり、古のころから神宿る地として尊崇を受けていた場所と考えられます。倉敷市の市花は「藤」で、そのもととなったのが「阿知の藤」です。アケボノフジという種類では日本一大きいとされており、幹周り約1.5m、根元周り2.2mは樹齢300~500年という巨樹です。

名称 阿智神社
住所 岡山県倉敷市本町12−1
電話番号 086-425-4898
公式URL http://achi.fem.jp/event/

7 鷲羽山ハイランド

Washuzan Highland 鷲羽山ハイランド

日本初の後ろ向きに進むジェットコースター「バックナンジャー」が楽しめる「鷲羽山ハイランド」鷲羽山の山頂にあり眺めもすばらしいですよ。サンバのショーやバンジージャンプなども楽しめます。家族や恋人、仲間と年代問わず楽しめます。

瀬戸内海の多島美と瀬戸大橋をのんびりと眺めるなら1周15分の大観覧車、上空222mの高さに達するレインボーワープがいちばんです。ちょっとスリルを楽しみたいなら地上高15mを素晴らしい景色を眺めながら自転車をこぐスカイサイクルがオススメです。子ども達が楽しめる木製複合遊具のジャンゴーやふれあい動物園、夏にはスパイラルスライダープールがあります。ブラジリアンパークと名付けられている園内には、サンバショーだけでなくブラジルの雰囲気あふれるスポットがいくつもあります。

名称 鷲羽山ハイランド
住所 岡山県倉敷市下津井吹上303−1
電話番号 086-473-5111
公式URL http://www.w-highland.co.jp/

8 鷲羽山

瀬戸大橋@鷲羽山

鷲が羽を広げた様子に似ていることから名づけられた「鷲羽山」は、日本初の国立公園である瀬戸内海国立公園の景勝地。四季折々の美しい風景と瀬戸内海を楽しめます。家族旅行にもおすすめですよ。

鷲羽山には鍾秀峰、第一展望台、第二展望台という3つの展望スポットがあります。標高133mの鷲羽山山頂となる鍾秀峰は、文豪徳富蘇峰が「内海の秀麗ここに集まる」絶賛した場所で、播磨灘から水島灘まで250度のパノラマ絶景を楽しめます。第一展望台は鷲羽山ビジターセンター下にあり、スケールの大きな瀬戸大橋の姿が迫ってくるようです。第二展望台は駐車場に近い場所で、瀬戸内海の多島海美と瀬戸大橋をゆったり眺められます。そのほかのスポットには、瀬戸大橋を正面に見られるあずまやがあります。

名称 鷲羽山
住所 岡山県倉敷市下津井田ノ浦

9 大橋家住宅

瀬戸内旅-5.jpg

倉敷を代表的する町屋「大橋家住宅」。見ごたえのある所蔵品があり江戸時代にタイムスリップしたかのような感覚に。江戸時代に建てられた長屋門や倉敷窓・倉敷格子など倉敷ならではの町家をぜひご見学ください。

瀬戸内旅-1.jpg

大橋家住宅は寛政8年(1796)に建てられた主屋をはじめとして、表門、米蔵、内蔵が国指定の重要文化財となっていて、いずれも建てられてから220年を越えています。大橋家は天領倉敷では新興勢力となる新禄派の大地主として、金融業も行いながら栄えた旧家です。主屋正面にある5つの「倉敷窓」や表通りに面した窓に設けられた「倉敷格子」は、倉敷独特の建築様式となっていて見逃せません。また火災に遭った際に被害を防ぐための「塗屋造」や「なまこ目地瓦張」といった耐火設備を見ることができます。

名称 大橋家住宅
住所 岡山県倉敷市 阿知3-21-31
電話番号 086-422-0007
公式URL http://ohashi-ke.com/

10 くらしき川舟流し

倉敷

美観地区の倉敷川を渡し船に揺られて観光する「くらしき川舟流し」。ゆっくりと船頭さんの楽しいお話を聞きながら趣のある街並みを船流しで楽しめますよ。老若男女問わず楽しめるので、3世代旅行などには特におすすめです!

瀬戸内旅-156.jpg

「くらしき川舟流し」の乗船場所は、下流の高砂橋と上流の今橋の中間、中橋の下流側左岸にあります。白壁通りから倉敷川沿いを右岸を上流に向かい、今橋から左岸を戻って中橋へと向かいます。そして川舟に乗ってゆらゆらとおよそ20分の舟遊びを楽しみましょう。倉敷駅前観光案内所では川舟きりえのうちわを販売していますので、倉敷駅に降り立ったら倉敷観光の前にうちわを買い求めて、暑い日にはうちわを仰ぎながら、のんびり風流を味わいながら散策しましょう。

名称 くらしき川舟流し
住所 岡山県倉敷市倉敷川・中橋たもとから出航
電話番号 086-422-0542
公式URL http://kankou-kurashiki.jp/recommend/funenagashi/

11 新渓園

DSC05165.jpg

倉敷を代表する企業である倉敷紡績の初代社長大原孝四郎氏の別荘として建設された「新渓園」。現在は一般公開され。本格的な茶室でお茶会などが開催されています。純和風家屋の素晴らしい建築は一見の価値ありですよ。

「新渓園」は大原美術館本館と分館の間にあり、大原孝四郞氏の還暦祝の別邸として庭園と和風建築の建物が明治26年(1893)に建てられ「向邸」と建設当時は呼ばれていました。大正11年(1922)に大原美術館を開館した氏の長男孫三郎が倉敷市に寄付し、向邸は氏の雅号「新渓」にもとづいて新渓園と名付けられました。大原美術館の本館を見学したあとに、新渓園に立ち寄り庭園を眺めるなどして寛いで、そのあと分館に向かうのがオススメです。

名称 新渓園
住所 岡山県倉敷市中央1丁目1−20
電話番号 086-422-0338
公式URL http://www.kurashiki-tabi.jp/see/6299/

12 星野仙一記念館

画像素材|PIXTA

岡山県倉敷市生まれの星野仙一さん。岡山県立倉敷商業高等学校の野球部に所属した歴史を振り返りながら記念館をめぐります。お母さまから初めて買ってもらったグローブや高校、大学時代のユニフォームなどの展示もあり野球ファンならずと一見の価値あり!ですよ。

倉敷川右岸に並んでいる蔵造りのお店の間にある路地を入ると倉敷デニムストリートになり、突き当たりの建物2階に「星野仙一記念館」があります。『燃える男』、『闘将』と呼ばれ親しまれ、中日ドラゴンズ、阪神タイガース、楽天イーグルス監督を歴任し、北京オリンピック代表監督も務めました氏ですが、2018年1月に惜しまれながら亡くなりました。今でもその人柄を慕うと共に、功績を偲ぶために多くの人達が記念館を訪れています。

名称 星野仙一記念館
住所 岡山県倉敷市中央1丁目10−11
電話番号 086-426-1001
公式URL http://1001-kinenkan.jp/

13 瀬戸大橋架橋記念公園

瀬戸大橋

瀬戸大橋架橋を記念してつくられた総合公園である「瀬戸大橋架橋記念公園」は、下津井城跡を中心に開放的な広場があり、子供連れの家族旅行には特にオススメの場所。瀬戸内海の眺望も素晴らしく見ているだけで癒されることでしょう。

瀬戸大橋架橋記念公園は、かつて北前船の寄港地として賑わった下津井港の北側高台に位置し、戦国大名の宇喜多氏が築城したとされる下津井城跡を中心とした公園です。広い公園内は4つのゾーンに分かれていて、レクリエーションゾーンと景観ゾーンとの間には、かつて茶屋町から下津井まで走っていた下津井電鉄線路跡が自転車道となって通っています。児島駅でレンタサイクルを借りて、「風の道」と名付けられた自転車道をサイクリングして、下津井の町へ向かう前に公園で一休みして瀬戸大橋と瀬戸内海の景色を楽しみましょう。

名称 瀬戸大橋架橋記念公園
住所 岡山県倉敷市児島吹上2丁目369−2
電話番号 086-473-1116
公式URL http://www.city.kurashiki.okayama.jp/4712.htm

14 瀬戸大橋

瀬戸大橋

岡山県早島と香川県坂出市を結ぶ「瀬戸大橋」。毎年春と秋に2回開催される「瀬戸大橋スカイツアー」では、普段は立ち入ることができない橋台内の見学や、瀬戸大橋を走る列車の真横を駆け抜ける管理用通路などを歩いて見学できます。旅行のスケジュールが合えばご体験されることをお勧めします!申込期間などは必ずwebサイトでチェックしてくださいね!「瀬戸大橋スカイツアー」http://www.jb-honshi.co.jp/customer_index/customer_kanko_event/customer_event/

鷲羽山からの眺めがすばらしい瀬戸大橋は、海峡部が9.4kmの長さがある世界最大級の道路・鉄道併用橋です。海峡部には岡山側から下津井瀬戸大橋、櫃石島橋、岩黒島橋、与島橋、北備讃瀬戸大橋、南備讃瀬戸大橋の6つの橋が架けられています。橋の種類は、吊橋が3本、斜張橋が2本、トラス橋1本となっていて、橋の途中は鷲羽山から櫃石島、岩黒島、羽佐島、与島と架けられ香川県側の番の州に至ります。日中の瀬戸内海を渡るスケールの大きな姿もすばらしいですが、ライトアップされた幻想的な姿も魅力的です。

名称 瀬戸大橋
住所 岡山県倉敷市下津井田之浦
公式URL http://www.jb-honshi.co.jp/seto-ohashi/info/index.html

15 観龍寺

倉敷 (173)

約1000年前より倉敷市西岡に開院された「観龍寺」。山門のくぐり門に残る長州奇兵隊士の槍の傷跡は見ごたえあり。美観地区から近く、観龍寺から阿智神社へも行くことができますよ。効率の良いルートでお寺巡りを愉しんでくださいね。

観龍寺は京都の仁和寺が総本山になる真言宗御室派の別格本山とされる寺院で、現在の地に移転して宝寿山観龍寺と改名されたのは寛永元年(1624)のことでした。観龍寺への参道は鶴形山をくぐり抜ける鶴形山トンネルの南側入口左にあります。観龍寺は江戸時代は妙見宮と称していた現在の阿智神社の別当寺でした。観龍寺境内にある妙見堂は、江戸時代には阿智神社の境内にあり倉敷村の氏神様として尊崇を受けていました。鐘楼は美観地区が一望出来る、知る人ぞ知るビュースポットとなっています。

名称 観龍寺
住所 岡山県倉敷市阿知2丁目25−22
電話番号 086-422-0357

16 吉備津神社

廻廊

桃太郎のモデルといわれる、大吉備津彦命が祀られている「吉備津神社」。日本でもパワーのあるスポットとしてとても有名です。本殿に続く石垣や長い回廊は一見の価値あり。倉敷観光では外せないスポットの1つです。

画像素材|PIXTA

吉備津神社は吉備国を開いたとされる大吉備津彦大神を主祭神とし、吉備国一宮としても尊崇を受けた格式高い代謝です。荘厳勇壮な姿を見せる比翼入母屋造の神社社殿は、唯一吉備津神社のみに用いられた建築様式であることから「吉備津造」と呼ばれています。吉備津神社がいつ造営されたかは明らかではなく、現社殿となっている本殿・拝殿は、応永32年(1425)に室町幕府第3代将軍の足利義満の命により再建されたもので国宝に指定されています。

名称 吉備津神社
住所 岡山県岡山市北区吉備津931
電話番号 086-287-4111
公式URL http://kibitujinja.com/

17 三宅商店

三宅商店

美観地区の本町通りにある「三宅商店」古民家は江戸後期に建てられた、趣のある懐かしい建物です。季節ごとに変わるフルーツパフェが特に人気!晴れの国、岡山は果物がとてもおいしいですよね。大人気店なのでハイシーズンは行列必至。時間に余裕をもって訪れることをお勧めします。

倉敷 三宅商店

町屋喫茶となっている三宅商店は軒上の看板にあるとおり、この地で戦前から営業していた日用雑貨・荒物を卸小売販売していた店舗建物をリノベーションしたものです。屋号をそのまま喫茶店名にして、土間や坪庭、お蔵から、間取りに掲示物などまで残しています。三宅商店の姉妹店として三宅商店がある本通りには、三宅商店と同じく屋号そのままにリノベーションされた林源十郎商店内に、生活デザインミュージアム倉敷 ミュージアムカフェ&ショップがあります。

名称 三宅商店
住所 岡山県倉敷市本町3-11
電話番号 086-426-4600
営業時間 “[月~金] 11:30~17:30
[土曜日] 11:00~20:00
[日曜日] 8:00~17:30
※詳しくはお店のHPを参照”
定休日 月曜日(祝日の場合は営業) ※3・7・8・9月は無休
公式URL http://www.miyakeshouten.com/

18 倉手工布店

倉敷

倉敷川沿いにある「倉手工布店」。蔵をそのまま活用したお店には、センスの良いかわいらしい雑貨品が並びます。倉敷の工芸品のひとつである倉敷帆布を使った、鞄や小物入れなどがおすすめです!

名称 倉手工布店
住所 岡山県倉敷市本町5
電話番号 086-425-3935
営業時間 9:30~17:30
定休日 月曜日
公式URL http://www5c.biglobe.ne.jp/~kura/index.html

19 喫茶エル・グレコ

大正ロマン漂う喫茶店「喫茶エル・グレコ」は、外観のとおり店内もセンスが良く、どこか懐かしい大正ロマンの雰囲気が味わえます。丁寧にネルドリップされたコーヒーと県外からもお客さんがわざわざ食べに来るというレアチーズケーキをセットでご賞味あれ!おすすめです。

倉敷川沿いの美観地区に倉敷駅方面から向い、倉敷川を左手に見ながら進んでゆくと、白壁の町屋がとぎれた大原美術館本館手前、ここまでとは趣の違う蔦の絡まる建物が喫茶エル・グレコです。お店は大正15年(1925)に大原孫三郎氏が建てた事務所だったもので、昭和34年(1959)に事務所が移転したあと、孫三郎氏の長男総一郎氏の発案で喫茶店に改装されたものです。店内には事務所当時そのままの窓や天井、大原家の家紋が入った扉が残されています。

名称 喫茶エル・グレコ
住所 岡山県倉敷市中央1丁目1−11
電話番号 086-422-0297
営業時間 10時00分~17時00分
公式URL http://www.elgreco.co.jp/

20 加計美術館

日本画や陶器、倉敷工芸品などが展示されている「加計美術館」。学生による素晴らしい作品や、絵葉書や備前焼などお土産コーナーも充実。大原美術館のすぐそばなのでぜひ立ち寄ってみてくださいね。

倉敷川に架かる中橋の上流右岸、倉敷館に隣接して蔵造りの加計美術館はあります。美術館は倉敷芸術科学大学の学生や卒業生、地元で活躍している若手作家の作品発表の場として、リアルな倉敷の芸術文化も発信しています。作品展示室は4階を除く各階にあり、1階にはミュージアムショップがあります。ミュージアムショップには「備前焼ガチャガチャ」というオリジナルガチャガチャがあり、備前焼の箸置き、ブローチなどが入っていて、当たりは備前焼となっています。

名称 加計美術館
住所 岡山県倉敷市中央1丁目4−7
電話番号 086-427-7530
営業時間 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜、祝日は開館(※12月26日~1月4日休館)
公式URL http://www.kake.ac.jp/kakebi/

趣があり歴史情緒漂う倉敷の街並みと倉敷工芸品に癒されて。

倉敷のおすすめ観光スポットは、歴史ある街並みや工芸品をはじめ目にも癒される素晴らしい時間を過ごせることでしょう。観光スポットが凝縮された美観地区や少し足を伸ばして神社仏閣巡りなど観光スポット満載の倉敷旅を楽しんでくださいね!

倉敷エリアのおすすめ旅館・ホテルをさがす
【関連記事はこちら】
▷ 倉敷・美観地区で巡る、人気のおさんぽグルメ20選
▷倉敷に行ったら訪れたい!地元で人気のおすすめ絶品ランチ20選

特集

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー本が彩る私の時間ー 川端里恵さん【後編】

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー 本が彩る私の時間 ー 川端里恵さん【前編】

人気記事