最終更新日時 2019/07/19

下関に行ったことはありますか?下関には世界的にも珍しい歩いて渡れる海峡トンネルやCMに何度も登場している大きな橋などここだけでしか体験できない観光スポットが数多くあります。この記事では下関の魅力をたっぷり味わえる、おすすめの観光スポットをご紹介します。

下関駅周辺で定番の観光スポット5選

1.海峡ゆめタワー

下関駅から徒歩10分、1996年に誕生した関門海峡のランドマーク「海峡ゆめタワー」。日本有数の143mという高さにある最上階には全面ガラス張りの展望室があり、ここからは関門海峡をはじめ、宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘で有名な巌流島、九州の連山、響灘(日本海)と360度の雄大なパノラマを楽しむことができます。

こちらは山口県初の「恋人の聖地」として認定された場所でもあります。28階には「縁結び神社」や、ハート形の南京錠を恋人と一緒にかけると幸せになるというジンクスがある「ラブネット」など、恋人達を盛り上げる仕掛けがたくさんあります。また、響灘に沈むサンセットや煌めく夜景などロマンティックな雰囲気を楽しむこともできるので、まさにデートにオススメのスポットと言えるでしょう。

名称 海峡ゆめタワー
住所 山口県下関市豊前田町3丁目3-1
営業時間 9:30〜21:30(最終入場時間21:00)
サイト http://www.yumetower.jp/

2.下関漁港閘門

下関市にはギネスブックに登録された世界一があります。それがここ、下関漁港にある「下関漁港閘門」。こちらの水門は、世界一小さなパナマ運河式水門として登録されています。また、水産庁の「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」にも選出されており、漁港の魅力、文化を伝える場所でもあります。

こちらは珍しい橋を見ることができる場所として知られる、穴場スポットです。なぜかというと船の通過時に橋が吊上げられ、その下を船が通るという他では見ることができない珍しい光景を見ることができるからです。橋が上がるタイミングは8:40、12:10、15:00の1日3回のみ。ぜひタイミングを合わせて、橋が吊上げられる瞬間、船が通る様子までをご覧ください。

名称 下関漁港
住所 山口県下関市大和町1-16-1

3.厳島神社

「厳島神社」というと広島の「厳島神社」をイメージされる方も多いのではないでしょうか?名前からご想像の通り、広島の厳島神社からの分霊を祀っているのが、こちら下関にある「厳島神社」です。下関駅から徒歩10分ほどの所にある神社です。かつて平家が安芸の厳島神社の守護神として船中に祀っていた分霊が壇ノ浦の戦い後、磯辺に漂着し、それを祀りだしたことが由来なのだとか。

こちらは平氏ゆかりの分霊を祀っている神社でもあり、また幕末の歴史を感じることができるスポットとしても有名です。こちらにある鼓楼の大太鼓は、第二次長州征伐の小倉口の戦いで高杉晋作が指揮する長州軍が幕軍を破った戦利品として持ち帰り、奉納した物です。迫力満点の大太鼓はぜひ見ていただきたいです。高杉晋作ゆかりの地を巡るなら外すことができないスポットの一つです。

名称 厳島神社
住所 山口県下関市上新地町1-1-11
サイト http://itukushima.or.jp/

4.日和山公園

下関駅から徒歩15分、高台にある絶景スポット「日和山公園」。大正天皇即位の記念公園として作られた、歴史ある公園です。こちらは桜の名所としても知られています。春は桜、秋は紅葉と美しい自然を楽しむことができます。また、夜はライトアップされ幻想的な雰囲気も楽しむことができるため、家族連れはもちろん、デートスポットとしてもオススメです。

また、こちらは歴史好き、高杉晋作ファンにはぜひ訪れてほしいスポットでもあります。というのも、1956年に没後90年を記念して建立された地元の偉人・高杉晋作の陶像を見ることができるからです。高杉晋作像は他の場所でも見ることができますが、こちらの像が下関市内で一番大きく、迫力満点と人気なのだとか。

名称 日和山公園
住所 山口県下関市丸山町5
サイト https://shimonoseki.travel/spot/detail.php?uid=154

5.白石正一郎邸跡

皆さんは下関の勤王商人・白石正一郎をご存知ですか?高杉晋作や坂本龍馬など藩内外の志士を金銭的に支援した明治維新の陰の功労者と言われる人物で、その邸宅跡地がこの「白石正一郎邸跡」です。現在、邸宅があった場所は下関駅から徒歩5分。現在は、中国電力下関営業所になっており、敷地内で「白石正一郎邸跡」の碑を見ることができます。

そして、こちらは有名な高杉晋作の提案で創設された奇兵隊が結成された場所でもあります。「白石正一郎邸」は奇兵隊の隠れ家でもあり、この場所を本拠地に活動していたのだとか。また、「白石正一郎邸跡」の石碑と共に「奇兵隊結成の地」の石碑を見ることもできますよ。

名称 白石正一郎邸跡
住所 山口県下関市竹崎町3-8-13
サイト http://www.oidemase.or.jp/tourism-information/spots/15289

下関駅周辺でおすすめの定番スポット5選

1.長府庭園

長府庭園

こちらは長府毛利藩の家老格であった西運長の所有していた庭園です。31,000平米の広大な敷地内には大きな池を中心に四季折々の花々が咲き誇り、気兼ねなく散策することができます。散策中に出会う書院や茶屋では季節ごとに様々なイベントが催されます。特に一般家庭では飼育の難しいサギソプの育て方のアドバイスは園芸好きにおすすめのイベントです。3つある大きな蔵には、内部が売店やギャラリーになっており、地元下関の銘菓や市内で活動している作家の作品を見ることができます。他にも観光資料を展示した蔵や無料のギャラリーもあり、ぜんざいや抹茶をいただくこともできます。入園料も大人200円とお得なので、観光の合間にぜひ、お立ち寄りください。

長府庭園

長府庭園は下関ではじめての「回遊式日本庭園」で、広い庭園内は池を中心とした庭エリア、滝の流れと草花のエリア、森の石仏などの鑑賞エリア、総合広場の4つのエリアがあります。庭園に隣接して下関市立美術館があり、地元長府で生まれ「近代日本画家の父」と称される狩野芳崖の作品をはじめとして、長州と縁のある高島北海、香月泰男などの作品、約3,000点が所蔵されています。城下町長府の玄関口にあたる長府庭園と市立美術館、長府散策にはまず2つの施設に出かけてからがオススメです。

施設名 長府庭園
所在地 山口県下関市長府黒門東町8−11
営業時間 9:00~17:00
サイト http://s-kanrikousha.com/teientop.html

2.角島

角島

「角島」は手付かずの大自然が多く残されており、ハマユウやダルマギクなどの貴重な植物を見ることもできます。夏季にはエメラルドグリーンのビーチを求めて多くの海水浴客やサーファーが訪れます。平成10年には「角島大橋」付近で「ツノシマクジラ」という新種のクジラも発見されており、「つのしま自然館」にはその骨格標本のレプリカが展示されています。映画「四日間の奇跡」の舞台でもあり、「大浜海水浴場」には撮影に使用された礼拝堂のロケセットがそのまま残されています。

角島大橋 (12)

角島の名は、角島灯台がある西側の夢崎と、奈良時代から牛の放牧場があった東側の牧崎の二つの岬が、牛の角のように突き出ていることから付けられたとされています。角島は周囲17.1km、響灘にぽっかりと浮かんでいる玄武岩台地の島で、周辺はアカイカ、サザエ、アジなどの好漁場となっています。島の観光拠点、角島サイクルポートもある「しおかぜの里 角島」には、お食事処もあるので角島の新鮮な魚介類をふんだんに使った食事を、海を眺めながら味わうことができます。

施設名 角島
所在地 山口県下関市豊北町大字角島

3.角島大橋

角島大橋

「角島大橋」は全長1,780メートルの角島と本州とを結ぶ通行無料の道路です。CMにも何度も使用されており、このコースを走る自動車を見て購入を決断された方もいるのではないでしょうか?夜間にはライトアップもされ、昼間とはまた一味違った幻想的な光の道が広がります。毎年10月に開催される「つのしま夕やけマラソン」ではマラソンコースにも指定されており、優しい潮風を感じながら徒歩で渡ることができます。エメラルドグリーンの海を背景に、どこまでもまっすぐに続く道をドライブで走るも良し、マラソンで走るのも良しのおすすめの観光スポットです。

角島大橋

角島大橋は無料通行できる橋のうち、沖縄本島と古宇利島とを結ぶ全長1,960mの古宇利大橋に次いで、日本第二位の長さとなっている橋です。コバルトブルーの海の中を爽快に走ってゆき、角島に渡ったら角橋大橋のたもとにある瀬崎陽の公園から美しい海に囲まれた橋と海士ケ瀬の絶景を一望しましょう。角島からの帰りには、再び角島大橋を渡り、本州側にある海士ヶ瀬公園から橋と角島の姿を眺めて、素晴らしい角島の思い出を一層深いものにしましょう。

施設名 角島大橋
所在地 山口県下関市豊北町大字神田~角島
サイト http://www.oidemase.or.jp/tourism-information/spots/11030

4.光明寺

光明寺

「光明寺」は浄土真宗本願寺派の寺院です。近年では大河ドラマ「花燃ゆ」の主人公・文の旦那である久坂玄瑞縁の地として知られており、観光スポットとしても人気を集めるようになりました。久坂玄瑞自身はこちらの寺院を中心に、後の騎兵隊の母体となる「光明寺党」を結成しました。寺院の柱には彼らが付けた刀傷が残されており、寺院内の墓地には騎兵隊の墓もあるので、観光の際には墓地にも訪れることをおすすめします。他にも明治初期の教育家・廣井良図の縁の地としても知られており、寺院内には「廣井良図顕彰碑」があります。一風変わった体験としてはお供え物を持参することで寺院でお勤め体験をすることができます。

画像素材|PIXTA

光明寺は安永3年(1774)から関門海峡を望む現在の地にあり、山門はレトロ感のある「晋作通り」の愛称を持つ豊前田商店街に面しています。光明寺の本堂奥にある金色の天人様の彫刻は、大正末期から昭和初期に活躍した童謡詩人の金子みすゞが、「天人」という詩を創るにあたって影響を受けたとされています。光明寺の山手には桜の名所として知られている日和山公園があり、久坂玄瑞と共に松下村塾の双璧と称された高杉晋作の、晋作像、備前焼陶像として日本一の陶像があります。

施設名 光明寺
所在地 山口県下関市細江町1丁目7−10
サイト http://komyouji.com/index.html

5.市立しものせき水族館 海響館

水族館

古来より海と深く関わりのある下関にて「海のいのち・海といのち」をコンセプトにしいるのが「海響館」です。館内には世界一の展示数を誇るフグ目魚類の展示や様々な種類のペンギンやイルカを見ることができる他、1階の入り口すぐには世界に数体しかないシロナガスクジラの完全な全身骨格標本も展示されています。ペンギンの展示ルームでは野生の生活環境がそのまま再現されており、野生のままのいきいきとした姿を見ることができます。ペンギンが群れで泳ぐ「ペンギン大編隊」などのイベントも実施されています。「オープンラボ」では子ども向けに海の謎や生物の仕組みについて学ぶことができます。「海響館」目玉のショーでは国内では珍しいイルカとアシカの共演ショーを見ることができます。

R0013090

海響館は地上4階地下1階の5フロアあり、3・4階には海響館最大の「関門海峡潮流水槽」があります。潮の流れが速くあちこちに渦が見られる関門海峡を再現するために、最大の深さ2mにもなる渦を水槽両サイドに交互に発生させるというこだわりようです。2階の「環境と生き物」コーナーには、第1回日本動物大賞・功労動物賞を受賞したスナメリの「ひびき」がいます。ペンギンの飼育にとても力を入れており、2階には「フンボルトペンギン特別保護区」、1階・地下1階には「亜南極に生きるペンギン」があり、いずれも必見のコーナーとなっています。

施設名 市立しものせき水族館 海響館
所在地 山口県下関市あるかぽーと6−1
営業時間 9:30~17:30
サイト http://www.kaikyokan.com/

下関でおすすめのおしゃれスポット5選

1.下関市立美術館

下関駅からバスで20分のところにある「下関市立美術館」。こちらの最大の特徴と言えば、長府出身で近代日本画の祖と言われる狩野芳崖をはじめ、下関と縁の深い高島北海などの他、藤田嗣治、岸田劉生など日本美術を代表する画家の作品が多数収集、保管されていることです。下関の定番観光スポット「長府庭園」のすぐ横にあるので、ぜひ併せて訪れていただきたいスポットです。

こちらでは常設展示はなく、年に数回、所蔵作品を入れ替えて展示しています。そのため所蔵作品約2,200点のうち、どの作品を見ることができるかは分からないのだとか。貴重な日本画作品が多数所蔵されていることから、地方にも関わらず全国の日本画ファンに注目されている美術館です。

名称 下関市立美術館
住所 下関市長府黒門東町1-1
営業時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
サイト http://www.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/bijutsu/

2.酒庵 空カフェ

< script async src="//www.instagram.com/embed.js">

こちらの「酒庵 空カフェ」は大吟醸・関娘で有名な下関酒造が経営しているカフェです。創業当時の建物を改装した落ち着く雰囲気の店内では、ジャズを聞きながらゆっくりとした時間を過ごすことができます。こちらのカフェは中学生以下のお子様は利用することができない、文字通り大人のカフェなのです。また、同じ建物内には下関酒造の直売所が併設されています。有名な関娘やふくのひれ酒をはじめ、限定商品を試飲・購入することができます。

View this post on Instagram

@_____.md__がシェアした投稿

< script async src="//www.instagram.com/embed.js">

こちらでは酒造ならではの酒粕や甘酒を使ったスイーツをいただくことができます。特にオススメは大吟醸の酒粕を使った「大吟醸チーズケーキ」。大吟醸の香りが楽しめる濃厚なチーズケーキと評判の一品です。飲み物は利き酒セットなど下関酒造自慢の日本酒を楽しめる他、甘酒を使ったノンアルコールドリンクも楽しめるのが嬉しいですね。

名称 酒庵 空カフェ
住所 山口県下関市幡生宮の下町8-23
営業時間 10:00〜17:00
サイト http://www.sekimusume.co.jp/smartphone/page1.html

3.カフェ音

こちらの「カフェ音」は火の山の麓、老舗旅館・みもすそ川別館の敷地内にある、かつて美術館だった場所を利用したカフェです。店内には安土桃山時代から江戸時代にかけての多数のアンティークが多数展示されており、落ち着いた時間を過ごすことができます。なかでも注目は豊臣秀吉が愛用していた大火鉢や映画「ラストエンペラー」でおなじみの皇帝が座った玉座。ぜひこちらのお席でゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

こちらのオススメはフランス北西部の郷土料理、蕎麦粉100%のガレットです。ランチタイムでは卵やチーズなどの具材が乗ったお食事ガレット。カフェタイムではデザートガレットをいただくことができます。サクサク、モッチリの生地が具材と絡み合い絶妙と評判の高いメニューです。1杯1杯サイフォンで淹れる美味しいコーヒーと一緒にお楽しみください。

名称 カフェ音
住所 山口県下関市みもすそ川町23-15
営業時間 11:00~17:00(L.O.16:30)
サイト http://mimosusogawa.jp/lecafeoto.html

4.バグダッド・カフェ

こちらの「バグダッドカフェ」は地元民から愛されている古民家カフェです。レトロで落ち着いた雰囲気のこちらのカフェは、何時間でも過ごすことができる居心地の良い空間を楽しむことができます。2Fはインテリアショップになっていて、北欧、アジアなど様々な雑貨が販売されていて、雑貨好きな方にも人気なのだとか。また、中地下にはお一人様用のセルフサービスカフェもあり、一人でゆっくりとした時間を過ごしたい方にオススメのスペースとなっています。

こちらのオススメは週替わり、1日10食限定の五穀米のご飯ランチです。身体に優しい、ヘルシーなランチを楽しむことができます。また、毎日でも食べたい優しい素材を使用した手作りのサンドウィッチや菓子パンの販売もしています。こちらのパンはテイクアウトはもちろん、中地下でいただくこともできます。

名称 バグダッド・カフェ
住所 山口県下関市上田中町2-17-25
営業時間 [Cafe time] 11:00~17:30
[Bar time] 17:30~23:00 (L.O.22:30)
サイト http://bagdadcafe1999.com

5.ANTIQUES&OLDIES

View this post on Instagram

@chisato____05がシェアした投稿

「ANTIQUES&OLDIES」は下関駅から車で約20分。長府藩の武家屋敷群の一角にあり、アンティークショップが併設されているカフェです。店内はアンティークがところ狭しと飾られ、優雅で非日常的な時間を楽しむことができます。また、この辺りは自然豊かな場所なので、気候が良ければテラス席で自然を感じながら過ごすのもオススメです。

こちらの名物は坂本龍馬や高杉晋作の顔が描かれた「龍馬ラテ」「晋作ラテ」です。クリーミーでほんのり甘い抹茶ラテをいただくことができます。また是非食べていただきたいのが「焼きバナナ」。こちらは焼いたバナナをキャラメルでコーティングしているシンプルなデザートですが、病み付きになる美味しさです。食器は全てお店自慢のアンティーク食器を使用しているため、目でも楽しめること間違いなしです。

名称 ANTIQUES&OLDIES
住所 山口県下関市長府川端2-3-22
営業時間 11:00~18:00(LO 17:30)
サイト https://aando-since1993.com

下関でおすすめの穴場スポット5選

1.リフレッシュパーク豊浦

菜の花

「リフレッシュパーク豊浦」は四季折々の花を見られる公園です。園内には四季折々の花々の咲き誇る「四季の園」や「バラ園」、「日本庭園」、「ワイルドフラワー園」などのゾーンに分かれており、川棚温泉の「青龍伝説」をモチーフにしたローラーコースターやロープウェイ、スプリングシーソーなどの遊具もあります。築山と芝生広場もあるので、小さな子ども連れの家族にもおすすめです。「昆虫エリア」ではチョウチョ小屋が置かれており、10数種類のチョウチョの幼虫から成虫までを観察することができます。近年では70キロ離れたアサギマダラが見つかることもあるようなので、訪れた際には園内で見つかることもあるかもしれません。「菜の花まつり」などの季節の花々のイベントも実施されているので、訪れる前にはぜひ、HPで確認してみてください。

IMG_6785

リフレッシュパーク豊浦は、古くから関門エリアの奥座敷として知られている、800余年もの歴史がある川棚温泉のすぐ近くにあります。リフレッシュパークで散策したり花を愛でたりしたあとは、お腹が空いたら川棚温泉名物の瓦そばを食べたり、歩き疲れたら川棚温泉でリラックスしたりしましょう。川棚温泉の中にある妙青寺には「涙でネズミを描いた」ことで知られる禅僧の雪舟が作庭した、四季折々のお庭の草木が美しい妙青寺雪舟庭園があります。

施設名 ハイジの村
所在地 山口県下関市豊浦町大字川棚2035−9
営業時間 8:30~17:00
サイト http://www.refreshpark.jp/

2.角島灯台公園

角島灯台公園

「角島灯台」は明治9年に初めて灯された洋式灯台です。130年経過した現在でも現役の灯台として利用されており、らせん階段を登れば、踊り場までいくこともできます。遮るもののない絶景はきっと忘れない思い出になることでしょう。隣接した「灯台記念館」は職員の休憩所だったものを改造したもので、日本各地の灯台や角島の歴史を学ぶことができます。周辺にはベンチも数多くあるので、休憩する場所が多いのも嬉しいポイントです。駐車場ではイカやサザエの屋台が出ていることもあるので、ぜひ立ち寄った際には訪れてみてください。

画像素材|PIXTA

角島灯台公園の中心となっている角島灯台は、わが国の「灯台の父」と呼ばれるリチャード・ヘンリー・ブラントンの設計による最後の灯台で、日本海側では初の洋式灯台として建設されました。総御影石造りの白亜の円形灯台は、その優美な姿から「あなたが選ぶ日本の灯台50選」に選ばれています。今でも日本海・響灘の海の安全を守っている灯台は29.6mの高さがあり、105段のらせん階段を上った先には360度の大パノラマが広ります。

施設名 角島灯台
所在地 山口県下関市豊北町角島2343-2
営業時間 9:00~16:00(季節によって異なります)
サイト http://www.oidemase.or.jp/tourism-information/spots/10844

3.関門トンネル人道

関門トンネル人道

本州と九州を結ぶのが「関門トンネル人道」です。表面からでは分かりにくいですが、地下と地上の二重構造になっており、地下を通れば海峡を歩いて渡ることもできます。こちらの歩行者用海底トンネルは世界的にも稀で、徒歩の場合には通行料は無料なので、観光の際にはぜひ、立ち寄ってみてください。地元の方もジョキングや買い物のために利用しているので、女性でも安心して利用していただけます。山口県と福岡県の県境で記念撮影をするのもおすすめの楽しみ方です。また、下関側と門司側の両方のエレベーターホールで記念スタンプを押せば、「JR下関駅」か「JR新下関駅」、「JR門司港駅」のいずれかで記念賞をもらうことができます。

関門トンネル人道

本州と九州との間にある関門海峡には、3つのトンネルと1本の橋が通っていて、関門トンネル人道がある関門国道トンネルは2番目に歴史のある本州と九州を結ぶ交通路です。関門トンネル人道は、2層構造になっているトンネルの下層で、上層は国道2号線の自動車トンネルとなっています。人道の下関側入口は壇ノ浦古戦場跡として知られるみもすそ川に、対岸の門司側入口は和布刈神社近くにあります。人道の地上出口西側には関門橋が通り、下関側のその先には壇ノ浦の戦いにゆかりの深い、安徳天皇が祀られている赤間神宮があります。

施設名 関門トンネル人道
所在地 山口県下関市みもすそ川町
営業時間 6:00~22:00
サイト http://www.oidemase.or.jp/tourism-information/spots/10471

4.巌流島

DSC00637

宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘で知られる「巌流島」。現在では海上公園として整備され、園内には2人の銅像が立っています。また、かつては坂本龍馬がこっそりと上陸し、花火を打ち上げたという逸話から坂本龍馬縁の地でもあります。島内には巌流島の上陸を記念した記念看板や撮影用顔出し看板もあるので、記念撮影に適したスポットも数多くあります。島へは唐戸から航路で10分程度で渡ることができ、「巌流島」自体も30分前後で回ることができるので、観光の合間に訪れてみることもおすすめです。

巌流島

巌流島は正式な島の名前は船島で、周囲約1.6kmの無人島です。巌流島の名は決闘で敗れた佐々木小次郎の剣術流儀「巌流」から付けられたものです。雁島への定期船が発着している唐戸桟橋のすぐ近くには、「関門の台所」として知られる地方卸売市場の唐戸市場があります。週末と祝日には「活きいき馬関街」という飲食イベントが行われていて、市場が寿司の街に変身します。河豚をはじめとした関門エリアの新鮮な魚貝を、にぎり寿司や丼などで手軽に味わうことができます。

施設名 巌流島
所在地 山口県下関市大字彦島字船島648
サイト http://www.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/kanko/ganryujima/

5.大歳神社

檜原神社 三ツ鳥居

その由緒は壇ノ浦の戦いに臨む源義経が戦勝祈願を行ったことにあります。幕末には騎兵隊旗揚げの際に使用された軍旗が奉納されました。神社の入り口にある「大鳥居」は攘夷成就を祈願する白石正一郎により、寄贈されたものです。祀られている「御歳神」はお年玉の由来となった神でもあり、新年に豊作を約束することから正月には大勢の観光客で賑わいます。境内には黒御影石に弓を引く源義経が描かれた画碑や、政変を逃れるために京から下向した貴族を描いた「七卿顕彰画碑」などがあります。売店では源義経にあやかった勝運祈願のお守りや祀神にちなんだ安産祈願のお守りなどを販売しています。

画像素材|PIXTA

大歳神社は下関駅からほど近いところ、「晋作通り」と呼ばれている豊前田商店街の入口左側に大鳥居があり参道がはじまります。神社の始まりは壇ノ浦の戦いの翌年、1186年に地元の漁民4人が、源義経を畏敬して神祠を祀ったことに由るとされています。神社の祭神は、桜を象徴する美しい女神、安産の神様として知られる木花咲耶姫と、五穀豊穣の神様となる大歳神、御年神、若年神です。大歳神、御年神、若年神の3神は、親神、子神、孫神の関係となっています。

施設名 大歳神社
所在地 山口県下関市竹崎町1丁目13−10
サイト http://ootoshinomori.sakura.ne.jp/

下関でおすすめのホテル・温泉10選

1. 下関グランドホテル

画像素材|PIXTA

「下関グランドホテル」は、下関観光や門司観光を気軽に楽しみたい人におすすめのホテルです。JR下関駅から車で約5分、対岸の門司港レトロ地区へは船で約5分とアクセス抜群。海峡に広がる美しい夜景が楽しめ、シーサイドならではの、耳に心地よい波の音を間近に実感できます。

画像素材|PIXTA

部屋のタイプは、ビジネス旅行のために一人で利用するのに便利なシングルから、贅沢な気分を満喫できるロイヤルスイートまで全部で9種類。和洋室もあるので、子供連れの家族にもおすすめです。館内には、眼下に雄大な海峡を眺めながら、フランス料理や日本料理が堪能できるお店が充実。下関に宿泊の際に、多くの人におすすめできるホテルです。

名称 下関グランドホテル
住所 山口県下関市南部町31-2
サイト http://www.sgh.co.jp

2. 一の俣温泉グランドホテル

「一の俣温泉グランドホテル」は、大自然の中ゆっくりと温泉を満喫したい人におすすめのホテルです。自慢の温泉は「にっぽんの温泉百選」の選ばれた一の保温泉。しっとりと肌が潤う美肌の湯を満喫できます。内風呂のほかに、自然を間近に感じられる露天風呂や、カップルや家族で周りに気兼ねなく温泉が楽しめる、檜風呂と石風呂の2種類の家族風呂があります。

部屋のタイプは、温泉情緒が感じられる和室に、広々としたバリアフリーの洋室、「1日1室」限定のモダン客室の3種類。人数や目的に応じて好みの部屋が選択できます。夕食は、下関ならではのふぐ料理を部屋でゆっくり味わえます。どこか懐かしさえ感じられる「一の俣温泉グランドホテル」へ、一度宿泊してみてはいかがでしょうか。

名称 一の俣温泉グランドホテル
住所 山口県下関市豊田町大字一の俣字湯の原15番地
サイト https://ichinomata.co.jp

3. 「東京第一ホテル下関」

「東京第一ホテル下関」は、明治維新に、伊藤博文や高杉晋作が集まったことで知られる「大坂屋」の跡地に建つ、歴史情緒が感じられるホテルです。JR下関駅から車で約8分、下関近海の海の幸が揃う唐戸市場へも徒歩約5分とアクセス抜群です。

落ち着いたデザインの客室でゆっくりくつろぎましょう。全室Wi-Fi完備なので、ホームページなどをチェックしながら、次の日の旅の計画などをたてられます。館内にはふぐ、うに、いか、たこなど。下関ならではの海の幸のグルメを満喫できるレストランを完備。ビジネスから観光まで多くの人におすすめのホテルです。

名称 「東京第一ホテル下関」
住所 山口県下関市赤間町6-2
サイト http://www.tdhs.co.jp

4. 海峡ビューしものせき

「海峡ビューしものせき」は、その名の通り、客室からは関門海峡が眺められる、全室オーシャンビューのホテルです。部屋は、ゆっくり足を伸ばしてくつろげる和室や、シンプルで落ち着いたデザインの洋室に、バリアフリーの洋室があります。素敵な眺望を目の当たりにしながら心ゆくまでくつろぎましょう。

ホテル自慢の大浴場は、関門海峡や関門橋が一望できる露天風呂を完備。海峡を行き交う船を眺めながらゆったりとお湯に浸かれば、いつの間にか旅の疲れを忘れます。下関名物ふぐをはじめ、ご当地の旬の食材を味わいながら贅沢なひと時を満喫しましょう。下関に来たことを心から実感できるホテルです。

名称 海峡ビューしものせき
住所 山口県下関市みもすそ川町3番58号
サイト http://www.kv-shimonoseki.com

5. 春帆楼(しゅんぱんろう) 本店

「春帆楼 本店」は、かつて、昭和天皇皇后両陛下が御宿泊された由緒ある宿です。館内に一歩足を踏み入れれば、長い歴史が感じられる和の空間が広がります。大小全部で10室の部屋は、くつろぎのひと時を過ごせる趣きある和室が中心。2つの家族風呂もあり、下関での旅の贅沢気分が一層盛り上がります。

食事は、本格的なふぐ料理が堪能できる「ふぐフルコース」がおすすめです。とらふぐ薄造り菊盛りやとらふぐ唐揚げなど、地元ならではのご当地グルメを心ゆくまで味わいましょう。下関で昭和の歴史に触れられ、ちょっと贅沢な気分に浸れるおすすめの宿です。

名称 春帆楼(しゅんぱんろう) 本店
住所 山口県下関市阿弥陀寺町4-2
サイト https://www.shunpanro.com/location/shimonoseki/

6. ヴィアイン下関

「ヴィアイン下関」は、JR下関駅から徒歩約3分と、ビジネスや観光でフットワークを軽く、下関観光を楽しみたい人におすすめのホテルです。客室は暖かな色合いの、落ち着きあるシンプルなデザイン。セミダブルベッド完備のシングルから、カップルや小さな子供連れの家族が宿泊できるツインまで全6タイプがあります。

夕食は、館内の居酒屋でふぐ刺しを味わうも良し、徒歩圏内にある繁華街に繰り出すも良し。そして、1日のスタートは、ホテルで無料のバイキング形式の朝食が味わえます。お腹いっぱい朝食を食べて、ビジネスや下関観光へと颯爽と出かけましょう。

名称 ヴィアイン下関
住所 山口県下関市竹崎町4-2-33
サイト https://www.viainn.com/shimonoseki/

7. 川棚グランドホテル

「川棚グランドホテル」は、風光明媚な自然の中、ゆっくり温泉を満喫したい人におすすめのホテルです。ホテル自慢の温泉は、弱アルカリ性ナトリウムイオンの「ラジウム泉」。肌に優しいサラとしたお湯が特徴です。大浴場「山頭火」のほか、豊かな自然に囲まれながら、殿様気分を満喫できる家族風呂「御殿湯」があります。

そのほか、ジャグジーや遠赤外線サウナも完備で、旅の疲れを体の芯から癒せます。部屋は全室10畳以上の、ゆったりとした和室と和洋室が中心。いつでも入れる天然温泉露天風呂付きの部屋も完備で、子供連れの家族も周りに気兼ねなく温泉を満喫できます。下関の旬の味も堪能できる「川棚グランドホテル」なら、下関観光に一花添えてくれること間違いなしです。

名称 川棚グランドホテル
住所 下関市豊浦町川棚温泉
サイト http://www.kgh-otafuku.co.jp

8. 天然温泉関門の湯 ドーミーインPREMIUM下関

「天然温泉関門の湯 ドーミーインPREMIUM下関」は、JR下関駅から徒歩約8分とアクセスの良いホテルです。最上階にはホテル自慢の天然温泉大浴場「関門の湯」があり、関門海峡や下関の町並みを一望できます。開放感溢れる露天風呂完備で、旅の疲れをゆっくりと癒しましょう。

部屋は快適さを追求したシックなデザイン。全室Wi-Fi完備なので、仕事や旅のチェックを気軽にできます。毎晩21時30分〜23時に食べられる、無料の夜鳴きそばが人気。小腹を満たすのに最適です。朝食は地元の海の幸をふんだんに使った和洋食バイキングを楽しみましょう。朝からふぐ飯、ふぐの唐揚げなど、下関ならではのご当地グルメが味わえます。

名称 天然温泉関門の湯 ドーミーインPREMIUM下関
住所 山口県下関市細江新町3番40号
サイト https://www.hotespa.net/hotels/shimonoseki/

9. 関門の宿 源平荘

「関門の宿 源平荘」は、全室19室のみの部屋数で、広々とした空間の中、ゆったりした時間を過ごせる下関の宿です。落ち着きのある純和室や、おしゃれな雰囲気の洋室など、人数や目的に合わせてお好みの部屋を選べます。

料理は、厳選された素材を使った、プロの料理人が調理するふぐ会席料理がおすすめです。ふぐ刺しはもちろん、ふぐ鍋、ふぐの唐揚げなどの下関グルメを堪能できます。お子様ランチも用意されているので、子供連れの家族も安心。下関で、関門海峡を眺め、新鮮なふぐを満喫できるホテルとしておすすめです。

名称 関門の宿 源平荘
住所 山口県下関市みもすそ川町8-8
サイト https://www.genpei-sou.com

10. 小天狗さんろじ

「小天狗さんろじ」は、下関の奥座敷として知られる川棚温泉にある、全ての部屋が離れのホテルです。12歳未満は宿泊できないので、落ち着いたと大人の時間を楽しみたい人におすすめです。8つのみの全ての客室には、源泉かけ流しの露天風呂が併設。日常の喧騒から解放された、贅沢で優雅なひと時を満喫できます。

夕食は地元の新鮮な素材を中心の会席料理に舌鼓。下関ふぐや川棚の瓦そばをはじめとした、5つの中からお好きなコースが選べます。朝食は山陰の幸をふんだんに使った和食メニューが味わえます。個室での食事なので、周りを気にせずゆっくりと朝の優雅なひとときを満喫しましょう。

名称 小天狗さんろじ
住所 山口県下関市豊浦町川棚5153
サイト https://koteng-sanroji.com

下関でおすすめのグルメ5選

1. 「ふぐ刺し」やぶれかぶれ

「下関といえば、やはり、ふぐ」そんな印象を持つ人は多くいるのではないでしょうか。中でも、新鮮なふぐが堪能できる「ふぐ刺し」を食べるなら、ぜひ、一度下関に足を運ぶことをおすすめします。下関には、「ふぐ刺し」をはじめとしたふぐ料理を扱うお店がたくさんあります。

「やぶれかぶれ」はJR下関駅から、徒歩約10分の場所にあるふぐ料理専門店。名前はユニークですが、安い価格で美味しいふぐ料理が食べられると評判のお店です。「ふぐ刺し」はもちろん、ふぐちり、焼きふぐなどのコースメニューが堪能できます。下関にお出かけの際には、ぜひ、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

名称 「ふぐ刺し」やぶれかぶれ
住所 山口県下関市豊前田町2-2-5 はぎわらビル
営業時間 11:00~14:00 17:00~21:00
サイト http://yaburekabure.jp

2. 「海鮮丼」おかもと鮮魚店(居酒屋)

下関は近海で獲れる魚介類や海鮮料理が、安い価格で食べられる場所として知られています。中でも、それらの新鮮な具材を一度に楽しめる「海鮮丼」は、味はもちろんボリュームもたっぷりで、下関を代表するご当地グルメの一つに挙げられるでしょう。

「おかもと鮮魚店」は、新鮮な魚料理が楽しめると、下関では人気の居酒屋です。名前が示すように、鮮魚店が経営する居酒屋なので、素材の新鮮さはお墨付き。ボリューム満点な上に価格もリーゾナブルなので、いつも店は満席状態です。下関に行った際には、予約をしてでも訪れることをおすすめします。

名称 「海鮮丼」おかもと鮮魚店(居酒屋)
住所 山口県下関市竹崎町2-7-4
営業時間 11:00~23:00
サイト https://tabelog.com/yamaguchi/A3502/A350201/35006414/

3. 「瓦そば」たかせ

「瓦そば」とは、熱々に焼いた日本瓦の上に、風味豊かな茶そば、細切りの牛肉、錦糸卵、海苔、もみじおろし、レモンなどをのせ、特製の温かいつゆにつけて食べる、下関市発祥のご当地グルメです。山口県では家庭料理として食べるほどポピュラーな食べ物。瓦を使わなくとも、ホットプレートやフライパンなどで調理して食べる、日常的なメニューとして定着しています。

「たかせ」は、熱々の瓦で茶そばを食べる「瓦そば」を考案した、川棚温泉にあるお店。美味しい瓦そばが食べられると、ランチタイムには連日多くのお客さんで賑わいます。ほかにも、国産うなぎを使ったうなめしも、「瓦そば」と並ぶ「たかせ」の名物料理。元祖ならではの本場の味を味わってください。

名称 「瓦そば」たかせ
住所 川棚本館 山口県下関市豊浦町大字川棚5437
営業時間 9:00~17:00
サイト https://www.kawarasoba.jp/index.php

4. 「とんちゃん鍋」焼肉やすもり

「とんちゃん鍋」とは、下関市民に50年以上も愛され続けるもつ鍋です。使用される具材は、黒毛和牛のホルモンにたっぷりの野菜、そしてお店独自の秘伝の甘辛タレでじっくりと煮込みます。鍋とは言っても水は一切使わず、野菜から出る水分のみ。深みのある鉄板を使ってグツグツと煮込まれる、下関ならではの料理です。

「とんちゃん鍋」は、焼肉店や韓国料理店で提供されることが多いメニュー。「焼肉やすもり」は、1950年創業の店で、美味しい「とんちゃん鍋」が食べられるお店として、下関市民に親しまれる焼肉店です。焼肉のシメや、美味しい地酒のつまみとして食べていただきたい、下関のご当地グルメです。

名称 「とんちゃん鍋」焼肉やすもり
住所 下関グリーンモール本店 山口県下関市竹崎町2-1-13
営業時間 11:00~24:00
サイト

5. 「ラーメン」ラーメン馬鹿うま

豚骨ラーメンといえば、関門海峡を渡ったお隣福岡の博多ラーメンや、熊本ラーメン、あるいは、鹿児島ラーメンなどの、九州地方のラーメンを連想する人は多くいるのではないでしょうか。ここ山口県下関市にも、美味しい豚骨ラーメンが食べらるお店が数多くあります。

「ラーメン馬鹿うま」は、絶品の豚骨ラーメンが食べられるお店として、下関市民に愛されるラーメン店です。豚骨醤油系の乳白色のスープは、見た目以上にまろやかでクセがないと評判。ランチタイムには多くのお客さんが、この味を求めて訪れます。食べやすい味で、子供や女性にもおすすめの下関で人気あるラーメンです。

名称 「ラーメン」ラーメン馬鹿うま
住所 山口県下関市一の宮町3-2-28
営業時間 11:00~14:30 18:00~21:00
サイト https://tabelog.com/yamaguchi/A3502/A350201/35001000/

下関でおすすめのふぐが食べられるお店5選

1. 「ふくの河久 唐戸店」

「ふくの河久 唐戸店」は、下関ICから車で約15分の場所にあるふぐ料理店です。ご当地グルメのふぐ料理を比較的安い価格で楽しめると、地元の人や観光客に人気です。下関港が近いためロケショーンが良く、海を眺めながら美味しいふぐ料理を堪能できます。

「ふくの河久 唐戸店」のおすすめは、ご飯の上に並べたまふぐの刺身に、ふぐの皮と刻んだネギをのせた「ふぐ刺しぶっかけ丼」。少し辛めのポン酢をかけて食べる、河久の人気メニューです。価格は880円ととてもお手頃。そのほかにも、美味しいふぐ料理がたくさんあるので、思いっきりふぐを食べたい人におすすめのお店です。

名称 「ふくの河久 唐戸店」
住所 山口県下関市唐戸町5-1
営業時間 10:00~18:00
サイト http://www.kawaku.com

2. 「市場食堂 よし」

「市場食堂 よし」は、下関ICから車で約10分、唐戸市場にある市場の中の食堂です。お店は市場の2階にあるので、セリなどが行われている時間には、その活気ある様子を高い場所から眺めながらふぐ料理が味わえます。

「市場食堂 よし」では、歯ごたえのある新鮮な「ふぐ刺し定食」がリーゾナブルな価格で食べられます。また、エビフライ、ふぐ唐揚げ、その日仕入れた魚が並ぶ刺盛、小鉢がついた「よし定食」もこの店の人気メニュー。また、市場ならではの新鮮な具材がのった「海鮮丼」など、下関の海の幸を満喫できるメニューが揃っています。

名称 「市場食堂 よし」
住所 山口県下関市唐戸町5-50 唐戸市場 2F
営業時間 月~金 6:00~14:00(L.O.13:30) 土6:00~15:00(L.O.14:30) 日・祝8:00~15:00(L.O.14:30)
サイト http://www.karatoichiba.com/stores/261/

3. 「ふく料理 しのだ」

「ふく料理 しのだ」は、JR下関駅から徒歩約5分と、アクセスに優れたお店です。近くに専用駐車場もあるので、車での来店でも便利です。店内は一般的なテーブル席のほか、子供連れの家族にも便利な個室や、大人数にも対応した宴会場が完備されています。

「ふく料理 しのだ」では、ふぐの中でも厳選された最高級のとらふぐを使用。コース料理は鮮度や味はもちろん、ボリュームもたっぷり。下関に出かけたら、腕の良い本場の料理人による、本格的なふぐ料理が堪能できる「ふぐ料理 しのだ」を訪れてみてはいかがでしょうか。

名称 「ふく料理 しのだ」
住所 山口県下関市今浦町7-9
営業時間 12:00~15:00(L.O. 14:00) 17:30~22:00(L.O. 21:00)
サイト http://www.fuku-shinoda.jp

4. 「三枡」

「三枡」は、1927年創業の下関に古くからある、店主と女将が切り盛りする大衆酒場です。JR下関駅から徒歩約2分とアクセス抜群。駅を降りて気軽にふぐ料理が食べられるお店として、多くのお客さんに親しまれています。

「三枡」のふぐのメニューは豊富で、天然のとらふぐを使ったふぐ刺しやふぐちり、ふぐの唐揚げなどを安い価格で味わえます。魚介類は、地元や萩の漁師さんから仕入れた天然のみを使用。下関で天然ふぐやくじら料理を食べたくなったら、ぜひ、「三枡」に足を運んでみてください。

名称 「三枡」
住所 山口県下関市竹崎町2-13-11
営業時間 15:00~23:00(LO23:00)
サイト http://mi-masu.com

5. 「ふくの関 カモンワーフ店」

「ふくの関 カモンワーフ店」は、JR下関駅から車で約5分の場所にあるふぐ料理店です。この地域一帯は、地元の市場である「唐戸市場」やしものせき水族館「海響館」などがある、下関の人気観光スポットそして知られています。

複合施設カモンワーフ内にある「ふくの関 カモンワーフ店」は、近くに唐戸市場あるということから、毎日新鮮なふぐやクジラが味わえるお店として人気があります。中でも「どっさりとらふぐ膳」は、とらふく刺身やふく唐揚げなどが堪能できる贅沢メニュー。下関に出かけた際には、ぜひ味を確かめてみください。

名称 「ふくの関 カモンワーフ店」
住所 山口県下関市唐戸町6-1
営業時間 11:00~21:00
サイト http://www.fukunoseki.com/facility/

バカンスに行くなら下関がおすすめ!

いかがでしょうか?下関には歴史遺産以外にも巌流島や角島大橋など遠くても足を運ぶ価値のあるスポットが多くあります。中には近年見つかった新種の動物などもいるので、ぜひ、一度、下関に行ってみてください!

【関連記事はこちら】
▷下関で迷ったらここ!おすすめのグルメスポット10選
▷中国地方のおすすめ観光スポット30選!コバルトブルーの絶景や穴場も!

特集

2019/08/26【宿泊体験】唯一無二の宿泊体験を求めて-MAGACHABARU OKINAWA-

2019/06/21泊まる、森に抱かれた大人のためのヴィラ【伊豆高原】ー宿泊体験記vol.5ー ABBA RESORTS IZU -坐漁荘

人気記事