最終更新日時 2019/02/28

今回は広島に行ったら必ず訪れたい、おすすめのパワースポットをご紹介します。瀬戸内海や中国山地など、豊かな自然や景勝地がたくさんある広島県は、世界遺産が2つもあることでも有名ですね。そんな広島には有名なお寺や神社はもちろん、大自然が生んだパワースポットがたくさんあります。その中から、一度は訪れたい強力なパワースポットを厳選しましたので、いつもとは違う広島の魅力をぜひご覧ください。

厳島神社

DSC_0507

日本三景のひとつである宮島は、島全体が強力なパワースポットです。その宮島にある厳島神社(いつくしまじんじゃ)は、1996年に世界遺産に登録されました。潮の満ち引きでその姿を変える大鳥居は有名ですが、本殿を始めとする境内の建物には、国宝や重要文化財に指定された建造物が数多くあり、訪れる人を楽しませてくれます。回廊をゆっくり歩いて本殿まで進めば、神様のパワーをたっぷりと頂けるはずです。

厳島神社

国宝であるご本社には、市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)田心姫命(たごりひめのみこと)湍津姫命(たぎつひめのみこと)の宗像三女神(むなかたさんじょしん)が祀られていて、海の神様として信仰されています。航海の安全や交通安全はもちろんのこと、勝負運や福運、縁結びのご利益もあると言われています。

住所 広島県廿日市市宮島町1-1
電話番号 0829-44-2020
拝観時間 6:30~17:30(年末年始や季節によって変動あり)
アクセス JR西日本 宮島口駅 又は広島電鉄 広電宮島口駅よりフェリーに乗船
フェリー:宮島口桟橋から宮島桟橋下車(約10分)
拝観料 神社:大人300円 高校生200円 中小学生100円
宝物館との共通:大人500円 高校生300円 中小学生150円
公式URL http://www.itsukushimajinja.jp/index.html

大願寺

大願寺山門

厳島神社から徒歩1分のところにある大願寺(だいがんじ)のご本尊は、日本三大弁財天のひとつである、厳島弁財天です。学業や芸能の神様として知られていますが、毎年6月17日に行われる厳島弁財天大祭では御開帳され、一般の人も拝観することができます。また、境内にある池には弁財天の使いとされる厳島龍神が祀られており、こちらの池も強力なパワースポットです。本堂には国の重要文化財に指定されてる仏像が4体もあり、そのお姿には圧倒されると思います。

大願寺 嚴島(Itsuku-shima)広島 Hiroshima

仏像のなかでも本堂の片隅にある「なで仏」は、自分の体の悪いところが良くなるとされている仏様です。膝が痛いのであれば仏様の膝をさすり、その手で自分の膝を改めてさすると、よくなるという言い伝えがあるのです。また、境内にある九本松も必見。一番高いもので18メートルもあるという9本もの松は圧巻です。なんと伊藤博文が手で植えたのだそうです。もうひとつぜひ見ていただきたいのは、本堂の軒の下にある「錦帯橋」の模型です。「錦帯橋」といえば山口県岩国市にある技術と芸術的要素を結集した橋です。実際の25分の1という大きさではありますが、かなり精巧に作られているのだとか。行ったことがある方もない方もぜひご覧になってくださいね。

名称 亀居山放光院大願寺(ききょざんほうこういんだいがんじ)
住所 広島県廿日市市宮島町3番地
電話番号 0829-44-0179
拝観時間 8:30~17:00
アクセス 宮島桟橋から徒歩15分
拝観料 無料
参考URL http://www.miyajima.or.jp/sightseeing/ss_daiganji.html

豊国神社

DSC_0194

厳島神社の入口手前にある豊国神社(ほうこくじんじゃ)は、別称を千畳閣(せんじょうかく)と言います。豊臣秀吉の命により大経堂として建立されましたが、秀吉の死により工事が中断され、現在も未完成のままになっています。国の重要文化財に指定されている千畳閣は、宮島の中で最も大きな建物で、畳857枚分の広さを誇ります。豊臣秀吉と加藤清正が祀られていて、出世の願いが叶うと言われています。

DSC_0276

豊国神社の敷地内、千畳閣の隣には五重塔(ごじゅうのとう)があります。和と唐様式が巧みに調和された、細工が大変美しい五重塔です。内陣の天井には龍が、外陣の天井には葡萄唐草の模様が描かれています。現在は外からの見学しかできませんが、こちらも国の重要文化財に指定されています。

住所 広島県廿日市市宮島町1番1号
電話番号 0829-44-2020
拝観時間 8:30~16:30
アクセス 宮島桟橋から徒歩約10分
拝観料 大人100円 中小学生50円
参考URL http://www.miyajima.or.jp/sightseeing/ss_goju.html

仙酔島

Untitled

仙酔島(せんすいじま)は、広島県福山市の鞆の浦に浮かぶ島で、「仙人も酔ってしまうほど美しい島」という意味を持ち、西日本屈指のパワースポットと言われています。島には願いが叶うと言われる「龍神橋」があります。龍神橋を渡る時には決して騒がず、息を潜めて静かに渡り、渡り終わったら願い事をひとつだけ唱えると叶うそうです。島全体のパワーを感じてみてください。

ちなみに仙酔島には、連絡船を使えばわずか5分で渡ることができます。太古の自然が今も残り、不思議と安らぎを得られる島でもあります。実際に体感したい方におすすめなのがハイキング。季節の花を楽しむコースや海岸線を見下ろせるコースなど、全部で5つのコースがあります。海と山からのパワーでエネルギーをチャージできますよ。また島内には趣向を凝らしたお風呂がいっぱい。日帰り入浴も可能な「江戸風呂」では洞窟内の蒸し風呂でデトックスが可能。女性専用ではありますが、下半身を蒸し上げるよもぎ蒸しの座浴もあります。一方、海水をくみ上げて天日干しで塩を製造している「塩工房」では、塩づくりを体験できるイベントも開催されています。自然に触れて癒やされて、さらにアクティビティも楽しめる島なので、眺めるだけでなくぜひ渡ってくださいね。

住所 広島県福山市鞆町後地
拝観時間 8:30~16:30
アクセス JR福山駅からバス 鞆の浦下車(約30分)鞆の浦~仙酔島 連絡船(約5分)
大人往復240円 子供往復120円
参考URL http://www.sensuijima.jp/

清神社

清神社

清神社(すがじんじゃ)は郡山山麓にある神社ですが、周辺には樹齢700年以上の樹々がそびえ立っていて、山全体がパワースポットになっています。特に勝負運に強く、サンフレッチェ広島が毎年必勝祈願として参拝していることも話題になっています。勝負の神様がバックアップしているので、仕事運はもちろん、恋愛成就にもおすすめです。毎年5月5日に行われる清神社の例祭は「吉田の市入り」としても有名です。

ちなみに戦国武将としては有名な「毛利元就」も、この神社に訪れていたということでも知られています。彼が子供たちにした「三本の矢」の話は大変有名ですが、この神社で必勝祈願を申し込むと、その話にちなんだ「三本の破魔矢」をもらえるのです。何か困難に立ち向かう予定がある方はぜひ参拝を。また、境内に湧いている湧き水は、お水取りすることができます。郡山に降った雨などが土や岩の間を通ってきたもので、透明度の高い軟水となっています。予めペットボトルを用意すると良いでしょう。

住所 広島県安芸高田市吉田町吉田477
電話番号 0826-42-0123
アクセス 広島バスセンターから吉田出張所行き(約1時間30分)安芸高田市役所前下車 徒歩5分
拝観料 無料
参考URL http://akitakata-kankou.jp/navi/591/

つづきを読む >>

特集

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー本が彩る私の時間ー 川端里恵さん【後編】

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー 本が彩る私の時間 ー 川端里恵さん【前編】

人気記事