最終更新日時 2019/02/22

今回は岡山県に行ったら必ず訪れたい、おすすめの夜景スポットをご紹介します。穏やかな気候の瀬戸内海沿岸にあり、きびだんごと桃太郎、そして、桃やマスカットなどの果実で知られているのが岡山県です。岡山県には、風光明媚な瀬戸内海やそれを横切る瀬戸大橋、人工的な造形美を見せる水島コンビナートに、ゆったりとした時間の流れる倉敷など、夜景が美しい観光スポットがたくさんあります。

鷲羽山

画像素材|PIXTA

波穏やかで風光明媚な瀬戸内海から眺めると「鷲が羽を広げた姿のように見える」ことから名付けられた鷲羽山は、岡山県ばかりか瀬戸内海国立公園随一とも言われる景勝地として知られています。鷲羽山から眺める瀬戸内海の夜景は、美しくライトアップされた瀬戸大橋の全景が一望出来るだけでなく、ぐるっと見渡すと瀬戸内海に沿って広がる街や、瀬戸内海に散らばる島々、往き来する船などの灯りを楽しむことができます。

画像素材|PIXTA

鷲羽山には、かつて文豪徳富蘇峰が「内海の秀麗ここに集まる」と絶賛したという、今では瀬戸大橋と瀬戸内海の絶景が眺められる標高133mの頂上となる「鍾秀峰」のほか、鷲羽山ビジターセンターのある第一展望台、鷲羽山レストハウスがある第二展望台があります。鷲羽山は「日本の夕陽百選」に選ばれており、夕暮れの時間に出かけることで、第二展望台から暮れゆく美しい瀬戸大橋の人工美と瀬戸内海の多島海の自然美とを堪能して、山頂に登って優雅な雰囲気ある夜景を堪能したいものです。

倉敷美観地区

画像素材|PIXTA

岡山県の観光スポットの中で国内外に広く知られ、誰もが一度は訪れて見たいと思うのが倉敷の街。倉敷には、大原美術館や倉敷アイビースクエア、倉敷美観地区といったノスタルジックを味わいながら散策を楽しめるスポットが数多くあります。特に倉敷美観地区の中心となっている倉敷川の掘割りに沿って並ぶレトロでノスタルジックな白壁の建物の光景は、倉敷を訪れたらまず訪れたいスポットとなっています。

画像素材|PIXTA

倉敷美観地区は、美しい街並みを楽しみに日中訪れる人がとても多く、夕暮れが近くになると潮が引くように人の姿も少なくなって行くとのことです。ところが、夜になると景観照明の柔らかで穏やかな灯りによって、白壁の建物が美しく照らされ、さらに倉敷川の川面に姿を写す光景が広がります。その光景は、日中のレトロでノスタルジックな雰囲気に加えて、幻想的な美しさが加わって、穏やかな時の流れに身を任せたくなるような情緒を感じさせてくれるでしょう。

岡山城

画像素材|PIXTA

戦国大名として知られる宇喜多秀家が築城し、慶長2年(1597)に完成した岡山城は、独特な漆黒の外観を見せる三層六階建ての天守の姿から烏城と称された城で、江戸時代には岡山池田氏の居城となっていました。烏城と呼ばれる岡山城は、毎夜ライトアップされており、その姿を夜空の下に浮かび上らせることで、畏怖をも感じさせる堂々とした光景となっています。

岡山城天守の特徴となっているのは、漆黒の外見板を用いた外観だけでなく、天守台の形が国内唯一となる不等辺五角形となっています。そのため、天守一階は天守台と同じく五角形をしており、外観ばかりかその形まで独特な天守となっています。ライトアップされた岡山城天守の周りをぐるっと巡って行き、天然の外堀となっていた旭川河畔に向かうと、対岸から眺める烏城の姿は、その姿形の故にか、旭川に映る灯りや姿と共に、どこか幻惑的な情景を見せてくれます。

後楽園

画像素材|PIXTA

岡山のシンボルとも言える岡山城と、城の外堀の役割を果たしていた旭川をはさんだ対岸には、兼六園、偕楽園と共に、日本三名園のひとつとされ、国の特別名勝にもなっている岡山後楽園があります。岡山後楽園は岡山池田家4代となる池田綱政が造園させた池泉回遊式の庭園で、普段は日中のみの開園となっていますが、春・夏・秋のそれぞれの季節に「幻想庭園」と名付けられた夜間特別開園が行われています。「幻想庭園」での後楽園の夜景は、静寂の中に浮かび上がる庭園の、その名のとおり幻想的な光景を楽しむことができます。

画像素材|PIXTA

後楽園は、烏城と呼ばれる岡山城や岡山平野をとりまく山々などを借景としており、日中は借景と共に趣ある庭園美を楽しめます。夜ともなれば、特別開園期間に限られますが、昼の風情とは違ったライトアップされた岡山城の凜とした姿が借景となり、「幻想庭園」の夜景をさらに味わい深いものにしています。さらに、岡山桃太郎まつり納涼花火大会の時に出かけると、ちょうど後楽園からは岡山城の向こう側に花火が上がるので、幻想的な光景に華やかさが加わり、より魅惑的な夜景を楽しむことができます。

水島展望台

画像素材|PIXTA

水島コンビナートの夜景は、「鷲羽山スカイライン」の夜景として、夜景百選にも選ばれています。水島コンビナート東側を沿うようにある山上に走る鷲羽山スカイラインは、かつては全長15kmの有料道路でしたが、今では県道393号線鷲羽山公園線となっています。鷲羽山スカイラインにある展望台のうち、煌々と輝く水島コンビナートの灯りが美しい、魅惑的な光景が眺められる場所として知られているのが水島展望台です。水島展望台は夜景ファンはもちろんのこと、倉敷や鷲羽山へと観光に出かけたら必見の夜景スポットとなっています。

画像素材|PIXTA

倉敷観光をして水島を経て鷲羽山に向かうには、日本百名道にも選ばれているこの道路を使うのが、景色を楽しみながらのドライブをするには好適でしょう。そして、鷲羽山から眺める瀬戸内海と瀬戸大橋の風景を楽しんだ後に、トワイライトタイムを狙って水島展望台に向かえば、夕闇が深まって行く中で、刻々と姿を変えて行く水島コンビナートの光景に、息を呑み魅入られることは間違いないでしょう。

様々なタイプと楽しみ方ができる夜景がある岡山県

散策をしながら夜景をじっくり楽しんだり、快適なドライブをしながら、自然美と人工美による夜景を、贅沢にも一度に楽しめる。様々なタイプの夜景が楽しめて、ちょっとリッチな気分になれるひとときを過ごすことができます。

岡山県の観光地で楽しんだあとは、上質な宿泊体験を楽しみませんか?Reluxでは今回お届けした、岡山県のホテル・旅館を旅のプロが厳選してご紹介しています。あなたもReluxで、今までにない特別な旅をご体験ください。

岡山県のおすすめホテル・旅館をさがす

特集

2019/09/27大人を楽しむふたりのためのシークレットステイ。 ──グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾート

2019/08/26【宿泊体験】唯一無二の宿泊体験を求めて-MAGACHABARU OKINAWA-

人気記事