最終更新日時 2018/12/22 18:24

桃太郎や吉備津神社で有名な岡山県。自然にも恵まれたこの地は、昔からの温泉地が数多くあることから、観光目的でなくとも温泉目的に訪れる方も多い場所です。そこで今回は、岡山県のオススメ温泉地や温泉旅館をご紹介します。

湯郷温泉(ゆのごうおんせん)

画像素材|PIXTA

最初にご紹介する、岡山県の温泉地「湯郷温泉」は、1200年の歴史を有する温泉です。平安時代に慈覚法師がシラサギに導かれて発見したとされています。泉質はナトリウム、カルシウム塩化物泉で、消化器系、リュウマチ、婦人病、皮膚病などに効果があります。また美肌の湯としても知られており、女性に人気です。温泉街には気軽に入れる足湯もあるので、温泉巡りや足湯を楽しみながら、散策するのもオススメです。

画像素材|PIXTA

湯郷温泉の南端、吉野川にかかる「湯~らぎ橋」も合わせて訪ねてみて下さい。毎時0分になると橋の中央からシラサギの羽ばたく姿を表現した大噴水が噴出します。夕暮れ時にはライトアップされたりと幻想的です。季節によっては鯉のぼりが見れることも。この辺りはゆ~らぎ公園と呼ばれ、散策にも便利です。次からは、湯郷温泉のゆったり寛げるオススメ温泉宿をご紹介します。

季譜の里(きふのさと)

季譜の里(きふのさと)出典:Relux|季譜の里(きふのさと)

コンセプトは「花を楽しむ、なごみの宿」という季譜の里。季節ごとの花を楽しみ、自然を楽しみ、パワーをもらい癒され、元気になれる宿、という日本人としての贅沢が沢山詰まった宿です。日本海と瀬戸内海の丁度真ん中という立地を生かし、両方の海で採れる海産物を毎日仕入れ、海と山の両方の幸を生かした料理を提供します。

季譜の里(きふのさと)出典:Relux|季譜の里(きふのさと)

お湯はもちろん、お肌がすべすべになる湯郷温泉のお湯です。季譜の里では、美しい庭を眺めながら入れる内湯と露天風呂や、女性に人気の低温(45度)サウナ「薬石蒸風呂」があります。サウナの床は13種類の天然石の小石が沢山敷き詰められています。岩盤浴のようにタオルを敷いてゆっくり寝転がれば、美肌促進、デトックス効果はもちろん、腰痛、関節痛も楽になります。また、2つの貸切露天風呂もあるので、家族やカップルでゆったり寛ぐこともできます。

やさしさの宿 竹亭

やさしさの宿 竹亭出典:Relux|やさしさの宿 竹亭

訪れる方に、気軽にのんびり過ごしてもらいたい、というやさしさの宿竹亭。竹に囲まれた落ち着いた雰囲気、館内に飾られた生け花や山野草。地元の自然が育んだお料理の数々に、硬くなった肌を柔らかくしてくれる優しい温泉。日頃のストレスを忘れて、のんびり落ち着ける空間がそこにはあります。天然温泉露天風呂付きの客室から14畳の広々としたお部屋まであります。さらに、犬と泊まれる離れの館「わんこ家竹亭」もオープンし、ペットと一緒に旅行を楽しむこともできます。

やさしさの宿 竹亭出典:Relux|やさしさの宿 竹亭

最上階にある大浴場からは、町並みと山々の眺望を楽しめます。一方、竹林に包まれた場所にあります露天風呂では、心地良い竹林のそよぐ音に耳を傾けながらリラックス。肌も滑らかに、心も体も癒されます。ぽかぽかと露天風呂で温まった後は、茶室に立ち寄るのがオススメ。湯郷名産の黒豆を使った黒豆茶を、暖炉を囲みながら頂けます。他にも、家族で楽しめる2種類の貸切風呂や、誰にも気兼ねすることなく入れる露天風呂付きのお部屋があります。

ポピースプリングス リゾート&スパ

ポピースプリングス リゾート&スパ出典:Relux|ポピースプリングス リゾート&スパ

西洋風の雰囲気が漂うポピースプリングス リゾート&スパ。大型施設で湯郷温泉を楽しみたい方には、こちらがオススメです。カリフォルニア建築様式を取り入れた館内、吹き抜けのアトリウムには天井から優しい光が差し込みます。岡山の恵みを凝縮したフレンチ料理や、自慢の温泉スパ、心と体を解きほぐす本格アロマエステなど、特別な時間を過ごせます。ゲストルームも洋風ながら、落ち着いた木のインテリアを中心として眠りを妨げません。

ポピースプリングス リゾート&スパ出典:Relux|ポピースプリングス リゾート&スパ

弱アルカリ性である湯郷温泉のお湯は、デトックスや血行促進、脂肪燃焼に効果的と言われています。女性用の大浴場は、嬉しいジャグジー付きの温泉です。また、ホテルから徒歩3分にある湯郷グランドホテルの大浴場と露天風呂にも入ることが出来ます。雰囲気が正反対、自然岩で作られた岩風呂も楽しめます。

湯原温泉郷

画像素材|PIXTA

次にご紹介する温泉地は「湯原温泉郷」です。湯原温泉は昔から、自噴する温泉が多くあり人々に親しまれてきました。ここは古墳時代から「たたら場」として製鉄が盛んだった場所です。過酷な労働で疲れた体を癒す目的として、湯原温泉は利用されました。泉質はアルカリ性単純温泉。神経痛、筋肉痛、関節痛、冷え性、疲労回復などに良いとされています。15の源泉から推定毎分6000リットルのお湯が湧き出します。これらの源泉は全て自噴というから驚きです。

砂湯出典:Relux|湯原温泉 八景

湯原温泉の共同浴場「砂湯」には混浴の露天風呂が3つあります。男女別の脱衣所を利用して湯舟につかると、湯の底からコポコポと湧き出すお湯を感じられます。タオルを巻いての入浴も可能です。24時間無料で入ることが出来ますが、安全上の理由から深夜は避け、明るいうちにご利用下さい。砂湯は湯原温泉の中でも名所です。観光ついでに立ち寄ってみたい場所ですが、やはり混浴露天風呂に抵抗がある方も多いはず。そこで湯原温泉のオススメの宿を次にご紹介します。

さらに岡山の温泉地をご紹介します

特集

2018/12/21【連載】過ごす、代官山 -忙しい日々の合間を縫って- 佐藤杏里さん【後編】

2018/12/21【連載】過ごす、代官山 -忙しい日々の合間を縫って- 佐藤杏里さん【前編】

人気記事