最終更新日時 2019/02/28

今回は島根県に行ったら必ず訪れたい、おすすめの温泉地をご紹介します。神々が集う出雲大社で知られる島根県には、神の湯とされる「玉造温泉」や宍道湖の湖畔に広がる「松江しんじ湖温泉」など、各地に様々な温泉地が点在しています。山海に囲まれた自然豊かな土地柄は、心から安らげる場所が満載です。出雲大社をはじめとする、パワースポットを巡りながら温泉を満喫すれば、喧騒な日常を忘れて心身ともにリセットできますよ。今度の週末は島根県にある温泉地で体と心を癒す、上質な旅へ出かけてはいかがでしょうか?

玉造温泉

画像素材|PIXTA

玉湯町玉造に位置する玉造温泉 は、日本で最も古い温泉のひとつ。平安時代にはすでに親しまれていたようで、清少納言の枕草子に、榊原温泉、有馬温泉とともに三大名泉の一つとして名を連ねています。また、出雲国風土記には、その効能の高さから “神の湯”と呼ばれていたと書かれており、古くから多くの人々の癒しの場として使われてきたことがわかります。現在では足湯を楽しめるスポットもあり、気軽に温泉を楽しむことができますよ。

画像素材|PIXTA

泉質はナトリウム・カルシウム・硫酸塩・塩化物泉で、アンチエイジングや保湿など美肌効果が期待できます。その効果は、2016年に環境省・観光庁が開催した温泉総選挙で、うる肌部門1位を獲得するほどです。実際に製薬会社による科学的な根拠もあり、名実ともに美肌の湯と言えるでしょう。温泉巡りを楽しめむなら、1,000円で8ヶ所の温泉に入浴できる「姫神さまの湯めぐりチケット」がおすすめ。対象旅館に宿泊した方限定で利用できるチケットなので、温泉宿はしっかりと確認してください。

松江しんじ湖温泉

画像素材|PIXTA

宍道湖のほとりにある松江しんじ湖温泉 は、美しい湖のロケーションが楽しめる温泉地です。日本夕日100選にも選ばれた光景は、見るものの心を掴んで話しません。JR松江駅から車で10分とアクセスも良く、観光の拠点としての利用にも良いでしょう。泉質は、ナトリウム・カルシウム硫酸塩・塩化物泉で、神経痛や筋肉痛、冷え症などへの効能が期待できます。

画像素材|PIXTA

松江しんじ湖温泉がある宍道湖では、宍道湖で獲れる代表的な7種類の魚介類を“宍道湖七珍”と呼んでいます。なかでもしじみの漁獲量は全国一で、しじみ館という観光スポットもあります。新鮮なしじみが購入できる直売所もあり、観光客からも評判です。しじみ館には足湯が併設されているので、散策に疲れたら足を休ませに訪れるのもいいかもしれませんね。

また、温泉街の玄関である松江しんじ湖温泉駅にも足湯があり、こちらも気軽に温泉を楽しむことができます。足湯に浸かりながら、どこへ行こうか計画を練るのも良いですね。

温泉津温泉

画像素材|PIXTA

島根県太田市に位置する温泉津温泉は、レトロな情景が広がる温泉地。その町並みは、国の伝統的建造物群保存地区にも指定されており、タイムスリップしたかのような感覚が味わえます。夜になると電灯が付き、あたり一帯が幻想的な雰囲気に。昼間とはまた一味違った情景にうっとりとするはずです。そんな情景を眺めながら、ゆっくりと散策を楽しむのもいいでしょう。

画像素材|PIXTA

温泉津温泉の歴史は古く、約1,300年も前。僧侶が温泉で傷を癒すタヌキを見つけたことがきっかけとも言われています。現在、温泉津温泉には「薬師湯」と「元湯泉薬湯」の2ヶ所に外湯があり、多くの人々から親しまれています。どちらの外湯も湯の花が堆積した風格のある浴槽が魅力。高い効能を誇る温泉を目当てに、地元だけでなく多くの観光客が訪れています。

有福温泉

画像素材|PIXTA

1350年以上前に発見されたと言われている有福温泉は、美人の湯として知られる江津市の温泉地。昔ながらの風体の街並みにこんこんと温泉が湧いています。泉質は、アルカリ性単純泉で、神経痛、関節痛、五十肩などに効能がありますよ。有福温泉に行ったら見ておきたいのが神楽。温泉街にある神楽殿では、月1回ほどのペースで石見神楽の上演が開催。間近で迫力ある伝統芸能を目にできます。料金は小学生以上500円とお手頃なのも嬉しいポイントです。

続きを見る>>

特集

2019/06/21泊まる、森に抱かれた大人のためのヴィラ【伊豆高原】ー宿泊体験記vol.5ー ABBA RESORTS IZU -坐漁荘

2019/06/18泊まる、歴史と異国の風が薫る宿【有馬】ー宿泊体験記vol.4ー 有馬山叢 御所別墅

人気記事