最終更新日時 2018/12/22 18:24

岡山県の3つの名湯が集まった「美作三湯」。西日本屈指の温泉地でもあるこの三湯を、力を合わせて担い合う女将たちがいます。今回のSPIRAでは、その3人の女将たちにお話を伺いました。

(左から上塩女将、佐々木女将、鈴木女将)
●湯原温泉 八景 上塩女将
湯原温泉 八景の女将、上塩浩子です。大阪生まれ、兵庫育ちです。生粋の関西人ですが、父親の無茶ぶりから岡山県の湯原温泉で女将をしています。大学生の4年間でキャンプリーダーをしていたこともあり、20年にわたって白いエプロンを付けてお料理もお出しする、どちらかといえばカジュアルなスタイルでお仕事をしております。
●季譜の里 佐々木女将
湯郷温泉 季譜の里の女将、佐々木裕子です。女将歴、およそ35年です。お花が好きで、館内では生花を60ヶ所程生けており、まるで花展のようだと喜ばれています。また、ゴルフ、社交ダンス、乗馬、旅行と趣味がたくさんあります。
●名泉鍵湯 奥津荘 鈴木女将
名泉鍵湯 奥津荘の女将、鈴木和枝です。友人との旅行で、冬に奥津温泉を訪れたことが始まりです。奥津渓を抜ける国道がまるで雪のトンネルのようで、その美しさに感動しました。そして奥津荘の温泉での何ともいえない不思議な感覚に、神秘を感じました。
数年後、縁あって奥津荘に嫁いでいました。以来40年、お客さまと共に過ごしてきました。

美作三湯での活動ストーリー

私たちの地域を総称して「美作三湯(みまさかさんとう)」と言いますが、当時交流していたのは経営陣ばかりで、本来お客さまに接している女将同士は他の温泉のことを全く知らない状況でした。それでは寂しいな、ということで交流することになりました。さらに親睦を図るだけでなく、地域の良さを活かした交流やおもてなしの向上に力を注ごうと「美作華の会」を立ち上げました。

季譜の里の佐々木女将は親分肌、八景の上塩は補佐向き。奥津荘の鈴木女将は笑顔で見守ってくれるよき理解者ということで、会の活動を通じて何度もお会いするうちに意気投合しました。今では互いのお客様も行き来されるようになったり、個人的に旅行をしたりする友だちでもあります。「私たちが楽しんでいるとお客さまも喜んでくださる」という想いはいつも同じです。お客さまが喜んでくださることが、私たちにとっても一番のハッピーのもと。シンプルでフットワークが軽く、本当にみんな笑ってばかりなので、ついに「笑女の会」を作ったほどです。(談・八景 上塩女将)

女将たちイチオシ!岡山のおすすめスポット

出典:ぱくたそ

東京から岡山は多くの交通手段があり、お値打ちで旅を楽しんでいただけます。岡山県・県外エリアで展開されている、瀬戸内のアートな旅や自転車の旅とジョイントすれば県北の温泉地まで1時間半でお越しいただくことができ、海と山の旅を1度にお楽しみいただけます。
温暖な瀬戸内エリアは、夏が旬の白桃をはじめ、マスカット・シャインマスカット・ピオーネなどのぶどう・いちご・みかんと年中果物狩りが楽しめるフルーツ王国。なまこ壁の倉敷美観地区は歴史と品格ある観光スポットにパワースポットと言われる神社も数多く存在し、食べる、見る、体験するが豊富にございます。何がしたいと目的が決まれば、ご提案は案外スラスラとできてしまうのが岡山の旅です。県北の温泉からは出雲大社・鳥取砂丘へも1時間半圏内。周遊されるにもたいへん便利な宿泊基地としてオススメです。

湯原温泉

写真提供:岡山県観光連盟

湯原のトレードマークは何といっても「名泉・砂湯」です。こちらは800年以上の歴史を誇っており、24時間365日無料で入れる混浴露天風呂です。pH9.3のお湯はとろっとしていて無色透明、味も香りもありません。右側にある70メートルの湯原ダムを望み、迫力満点の絶景を真正面からお楽しみいただけます。お肌つるつる間違いなしの名泉、もちろん赤ちゃんも安心して一緒にご入浴いただけます。
地元のせせらぎには、特別天然記念物のオオサンショウウオが生息していて、はんざきミュージアムでご覧いただけます。すぐ近くに夏でも涼しい蒜山高原や、歩きたくなる道大賞に選ばれたのれんの街である勝山、キュレーターが面白い新見美術館もあります。出雲大社まで1時間半、鳥取砂丘まで1時間半、松江まで1時間15分。倉敷美観地区までも1時間15分と、アクセスが便利です。

湯原温泉 八景

出典:Relux|湯原温泉 八景

食事を美味しく召し上がっていただき、楽しい時間を過ごしていただくために。湯原温泉 八景の心のこもった料理の数々が、まるでふるさとに戻ってきたかのような気分にさせてくれます。

湯原温泉 八景

季譜の里 佐々木女将からのメッセージ

出典:Relux|湯原温泉 八景

上塩女将は、お客さまにいかに楽しく過ごしていただくか、常に想い努力されています。館内では、八景らしい催しが盛りだくさん。コンサートなどをたびたび開催されていて、宿泊者だけでなく、地域の方も楽しんでいます。人とのつながりをとても大切にされている旅館です。

奥津荘 鈴木女将からのメッセージ

出典:Relux|湯原温泉 八景

八景は、丁寧に作り上げられた野菜いっぱいのお料理がとても美味しいです。まるで田舎の故郷に帰ったような優しい雰囲気も魅力の一つ。

湯郷温泉

出典:Relux|季譜の里

湯郷は、1200年の歴史ある温泉です。昔から湯治湯として栄えていました。今ではカラクリ時計、 オルゴール館、鉄道模型館、昭和館など見どころも多く、ガラス工房、陶芸、アクセサリー、革製品などの工房があり、ゆっくりと時間を過ごす事が出来ます。登山コース、サイクリングコースも近くにあり、乗馬体験、キャンプなどアクティブな楽しみもあります。

季譜の里

出典:Relux|季譜の里

花を楽しむなごみの宿ーーそれがここ、季譜の里のコンセプトです。美しい自然に触れて四季を感じながら、ごゆっくりとおくつろぎください。

季譜の里

八景 上塩女将からのメッセージ

出典:Relux|季譜の里

宿中に生けてあるお花は、うちには真似ができない圧巻の美しさです。トータルクオリティが高く安心。そしていつも前向きでノリノリな女将さん、ほんわかした社長。みんな人柄が良くて、互いに信頼して長いお付き合いをさせていただいています。

奥津荘 鈴木女将からのメッセージ

出典:Relux|季譜の里

まず玄関の佇まい、正面の大きな生け花におもてなしの心を感じます。
お花が大好きな女将さんで、館内いたるところに丁寧に生けられた花があります。お客さまに非日常のゆったりした空間で過ごしていただきたいという、季譜の里の心遣いをひしひしと感じます。
またスタッフさんも丁寧で穏やかに接してくださり、時がゆっくり流れるような気がします。

奥津温泉

出典:ぱくたそ

奥津温泉はそれぞれの宿が自家源泉です。アルカリ単純泉で無味無臭、なによりも肌をすべすべにする美肌効果に優れています。また、酸化還元作用により体力の回復にも効果があり、女性のみならず男性からも愛されています。ゆっくり、のんびりしてリフレッシュするための温泉地として、多くのリピーターに愛されています。川岸に湧き出る温泉を利用した「足踏み洗濯」は、奥津温泉ならではの情景として有名です。

名泉鍵湯 奥津荘

出典:Relux|名泉鍵湯 奥津荘

創業80余年の伝統を誇る、名泉鍵湯 奥津荘。あまりの気持ち良さに藩主が鍵をかけたという伝説を持つこの名湯は、なんと重要文化財への登録が決定されています。そんな名湯を、贅沢にも源泉掛け流しでお楽しみいただけるチャンスです。

名泉鍵湯 奥津荘

季譜の里 佐々木女将からのメッセージ

出典:Relux|名泉鍵湯 奥津荘

奥津温泉の魅力は、なんといっても「鍵湯」です。丁度良い温度の自噴の温泉は羨ましい限りです。玄関の雰囲気もおもむきがあって素敵です。

八景 上塩女将からのメッセージ

出典:Relux|名泉鍵湯 奥津荘

江戸時代より歴史ある「鍵湯」を含め、底からぽこぽこ湧く温泉は素晴らしいの一言。また、秋に色づく庭の大銀杏は必見です。そして何よりご家族が仲良しで、皆さんで迎えてくれる温かい宿です。

岡山の誇る魅力を楽しめる、極上の宿

写真提供:岡山県観光連盟

いかがでしたでしょうか?いつもとは違う、ゆったりとした時間の流れを楽しめる岡山県。Reluxでは今回ご紹介した宿以外でも、岡山県の一流宿を数多くご紹介しています。ぜひ次の旅先を見つけてみてください。

特集

2018/12/21【連載】過ごす、代官山 -忙しい日々の合間を縫って- 佐藤杏里さん【後編】

2018/12/21【連載】過ごす、代官山 -忙しい日々の合間を縫って- 佐藤杏里さん【前編】

人気記事