最終更新日時 2019/02/06

鳥取県米子にある日本最大級のフラワーパーク、「とっとり花回廊」。毎年冬の時期になると、『フラワーイルミネーションinとっとり花回廊』」が開催されます。花と光が織りなす、幻想的な光の旅を楽しみませんか。

『フラワーイルミネーションinとっとり花回廊』とは

画像素材|PIXTA

『フラワーイルミネーションinとっとり花回廊』は、冬期にとっとり花回廊で開催されているイルミネーションイベント。パーク全体を、140万球の光で彩られ、さらにイルミネーションと連動した音楽が来園者を楽しませてくれます。
またセンサーに触れると音楽とイルミネーションが連動するショータイムを体験型で楽しむこともできますよ。

140万個のLED照明が演出する光の旅

画像素材|PIXTA

2018年の「フラワーイルミネーションinとっとり花回廊」のテーマは、「宇宙イルミネーション」。パークの年間植栽テーマ「花の小宇宙」と鳥取件が掲げる「星取県」と同調して、惑星・銀河・星屑の宇宙空間をイメージしたコンテンツです。
フラワーパークならではの「花と光」が織り成す、幻想的な宇宙旅行をしている気分になります。
なかでもフラワードームの展望回廊は、1周1kmと大規模な仕掛けが施されています。また、イルミネーションと水景反射する演出など趣向を凝らしたエリアがたくさんあります。

メイン会場は、フラワードームの「光の宇宙センター」で、大好評の音楽とイルミネーションが連動したスペース。
「光の宇宙センター」はフラワードームを地球に設定しています。このフラワードームから宇宙への光の旅がスタートします。フラワードームの天井には約1,670万色のLED電球を使用した、宙に浮かぶオーロラカラーのイルミネーションタワーが登場します。
タワー専用のセンサーに触れると音楽とイルミネーションのコラボレーションがスタート。宇宙から降り注ぐイルミネーションを堪能できます。

「霧の宇宙センター」は、霧の庭園が舞台です。イルミネーションの旅の中継場所「宇宙ステーション」を連想させてくれます。中央から放出される霧とイルミネーションが幻想的な世界をつくり、宇宙への旅の想像力を膨らませます。

「光の宇宙船」は、宇宙船の発着場をイメージが景色が印象的なイルミネーションです。
「並木のイルミネーション」は宇宙船が離着陸する誘導灯をイメージさせています。誘導灯は一直線に130m続きます。地上に照射したコラボライトは、宇宙船の離着陸ポイントをイメージし、何十年後の世界を描いた空間がより一層ひきたちます。

「スターライトガーデン」はヨーロッパ風のガーデンにイルミネーションで彩り、左右対称の形状が美しく表現されています。「スターライトガーデン」は、週末に開催する冬花火の鑑賞ポイントになっています。

水上花壇にある「ファンタジック流星群」は、その広大さが圧倒的。
「水上花壇」に渦巻きイルミネーションを演出し、時空を超えた旅と周囲に彩る流星群を表しています。

ハーブガーデンの「土星の光」は、惑星に掛かる衛星群をイメージします。
「土星の光」は文字通り、太陽系惑星の土星の輪をイメージしたイルミネーションです。土星から地球「フラワードーム」を望む宇宙空間を演出しています。

「宇宙回廊」は、1周1kmと長距離のイルミネーションとなっています。
1kmに渡り天井にイルミネーションを施され、イルミネーションの輪となり各会場をつないでいます。

異世界に迷い込んだような感覚になれるのは、旅空間を演出した光のトンネル「スターゲート」です。
「フラワードーム」を地球に設定してあり、宇宙空間から地球への連絡空間をイメージしたイルミネーションです。

「スペーストラベル」は銀河をイメージした空間に、星座をかたどっていてお子様におすすめのイルミネーションです。宇宙船に乗りUFOや宇宙人に遭遇できる、宇宙旅行気分を味わえます。

イベント開催場所 鳥取県西伯郡南部町鶴田110
イベント日時 2018年11月9日(金)〜2019年1月14日(祝月)
URL http://www.tottorihanakairou.or.jp/site/page/hanakairou/business/moonlight/

花と光に包まれた世界で、特別な体験を

画像素材|PIXTA

日本最大級となる規模のイルミネーション「フラワーイルミネーションinとっとり花回廊」。花と光に包まれる世界で、大切な人と非日常な体験を味わってみませんか。

特集

2019/09/27大人を楽しむふたりのためのシークレットステイ。 ──グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾート

2019/08/26【宿泊体験】唯一無二の宿泊体験を求めて-MAGACHABARU OKINAWA-

人気記事