最終更新日時 2019/04/16

今回は岡山を特集!岡山県のディープな観光スポット津山・見作・新見・高梁、そして王道の倉敷(おまけに広島県尾道)でおすすめの観光スポット40選を厳選紹介!名所から穴場まで、今すぐ行ってみたい観光スポットを口コミ調査して選定しました!最新の岡山県の観光情報をご紹介します。

岡山エリアでおすすめの観光スポット10選

1. 出石町

岡山城の城下町として栄えた出石町(いずしちょう)界隈は、レトロなまち歩きができる場所として、今注目されています。街並みは、古くからある建物を改装したカフェやアートギャラリーになっていてます。旭川沿いののんびりした風景の中、ゆっくりと散歩できる文教エリアとして親しまれています。

油問屋の邸宅を利用した「アートスペース油亀」や、元商家の建物を改装したレトロな文具店「富士商店」などはその代表的なお店で、見ているだけでクリエイティブなアイデアが生まれてきそうです。岡山県立美術館、竹久夢二郷土美術館や岡山市立オリエント美術館なども後楽園徒歩圏内に密集しています。通りの喧騒から逃れて、芸術・文化に触れてみるのも良いでしょう。

名称 出石町
住所 岡山市出石町
サイト https://www.izushi.co.jp/
なし

2. 犬島

岡山市唯一の有人島、東区東部にある犬島は、宝伝の沖約3kmにある島です。銅の採掘、精錬などで栄えたため、今はその犬島精錬所を美術館に再生した「犬島精錬所美術館」などのアートで、町おこしをしています。瀬戸内国際芸術祭(2010年)で注目された犬島は、現代アートの島として多くの観光客が訪れます。

工場跡はノスタルジックで、長崎の軍艦島のように何か時代に取り残されてしまったような雰囲気。カラミ煉瓦づくりの建物は日本の産業遺産として残っています。館内は柳幸典氏の作品を鑑賞できます。島内の集落も改修され、「犬島『家プロジェクト』」として島全体がアート作品のように鑑賞できます。

名称 犬島
住所 岡山県岡山市東区犬島
サイト https://okayama-kanko.net/sightseeing/model_course.php?id=2

3. 奉還町商店街

岡山市のショッピングストリート 「奉還町商店街」は、岡山の活気あふれる商店街です。小説「でーれーガールズ」の舞台でもあり、明治維新のあと廃藩置県で職を失った武士たちがはじめた、100年以上の歴史がある商店街です。

岡山市民の特別な乗り物、路面電車も未だ健在。現在運行している車両の中には、最古の電車をリニューアルした「KURO」も見ることができます。
庶民性と下町情緒が魅力の「奉還町商店街」は、岡山観光をおとずれた際には是非ぶらぶらしてみてください。岡山駅の西側にあります。

名称 奉還町商店街
住所 岡山県岡山市北区奉還町2
営業時間 店舗による
サイト http://www.houkancho.com/top.html

4. 岡山後楽園

300年前に岡山2代藩主池田綱政により造園された、日本庭園「岡山後楽園」。金沢市の兼六園・水戸市の偕楽園と並び、日本3名園の1つに数えられます。国の特別名勝で、総面積は約130,000平方メートルもあります。
春には茶摘み祭り、夏は夜間に特別開演される幻想庭園、秋は菊花大会、冬は初春祭りと、岡山市民の憩いの場となっています。

岡山後楽園の見どころのひとつの「中の島」は、沢の池で1番大きな島で、半円形の太鼓橋を渡っていきます。茶屋の風流な姿と沢の池の美しいコントラストは、時がたつのを忘れてしまいそう。園内の月見橋を渡れば岡山城もあり、岡山市随一の景色が楽しめます。

名称 岡山後楽園
住所 岡山県岡山市北区後楽園1-5
営業時間 休園日/年中無休
3月20日~9月30日 7:30~18:00(入園は17:45まで)
10月1日~3月19日 8:00~17:00(入園は16:45まで)
サイト http://okayama-korakuen.jp/

5. 神崎農園ぶどうの駅

岡山といえば、瀬戸内の温暖な気候の中で育つ果物が有名ですね。その中でも、特産のブドウを朝積みで食べることができるのが「神崎農園ぶどうの駅」です。桃太郎ぶどう、マスカット、ピオーネ、そして農園オリジナルぶどう「元気くんぶどう」など、各種ブランドぶどうをお店で生産直売しています。

ぶどうの収穫時期は7月から12月初旬。季節ごとにおいしい種類のぶどうを食べることができる他、岡山特産の「桃」も、7月中旬から8月中旬まで楽しめます!おいしいフルーツをたくさんたべて、岡山市で美チカラアップしてみませんか?

名称 神崎農園ぶどうの駅
住所 岡山県岡山市北区長野1056
営業時間 営業期間:7月中旬~11月末
(7月中旬~9月末) 8:00~17:00
(9月末~11月末) 9:00~17:00
定休日 火・水曜
※ 7月中旬~8月中旬は毎週水曜のみ定休。
サイト http://kanzakinouen.jp/

6. RSKバラ園

西日本で1番、といわれるほど美しいバラが咲き乱れる岡山市のバラの名所「RSKバラ園」。地元山陽放送のラジオ局、ラジオ塔のスペースを利用したバラ園で、450品種・15,000株のバラが植えられています。
5月~6月の最盛期はバラの高貴な香りで包まれ、家族連れなどでにぎわいます。

春には桜の名所として、外園広場でソメイヨシノが咲き誇る「さくら祭り」などが開催されます。季節ごとにハナミズキやつつじ、藤の花などを楽しむことができるため、開花状況はTwitterなどでチェックしてからお出かけするのがおすすめ。レストランやバーベキューテラスもあります。

名称 RSKバラ園
住所 岡山県岡山市北区撫川1592-1
営業時間 開園時間
9:30~17:00(入園は16:30まで)
休園日 水曜
※4月~6月・10月~11月は無休
サイト https://www.rsk-baraen.co.jp

7. 岡山市サウスヴィレッジ

南欧風の農業公園でゆっくりぶどう狩り・いちご狩りが楽しめる「サウスヴィレッジ」は、南ヨーロッパをモチーフにした建物がランドマークの公園。いちご狩りはしゃがまずに収穫できるので楽ちん!ハウス栽培で屋根があるので、天候を気にせずいちご狩りが楽しめます。

園内にはその他、子供プールや宿泊施設などもあり、1日中じっくり楽しめます。
お腹がすいたら、地元生産者が出店するロードサイドマーケットで野菜や果物、お弁当・お総菜などを購入することができます。地産地消のマーケットを利用して、体の内側から元気になりましょう。

名称 岡山市サウスヴィレッジ
住所 岡山県岡山市南区片岡2468
営業時間 9:00~17:00
定休日 火曜
ロードマーケット 7:00~17:30
サイト http://www.southvillage.jp/

8. 池田動物園

日本最大規模の私設動物園「池田動物園」は、レッサーパンダやカピバラなどがいる岡山市にある動物園です。岡山キッズは遠足で一度は訪れる場所ですが、2018年には入園者数の低迷で経営が苦しくなり、「池田動物園をおうえんする会」が懸命に公営化や寄付を呼びかけ、いまも動物園の存続活動を行っています。

毎日、動物園にいるレッサーパンダやペンギン・カピバラなどにエサを与える体験プログラムや、フラミンゴのぴーちゃんとの散歩など園内イベントも多く開催されている「池田動物園」。訪れる子供たちがみんな笑顔になれる動物園です。

名称 池田動物園
住所 岡山県岡山市京山2-5-1
営業時間 4月~10月 9:30~17:00
  11月~3月 9:30~16:30
※入園受付は閉園の1時間前まで
休園日
11/21~2/20の毎週水曜、5/21~7/20の毎週水曜
サイト http://www.urban.ne.jp/home/ikedazoo/index.html

9. 岡山桃太郎温泉

「岡山桃太郎温泉」は岡山市にある源泉かけ流しの温泉。アルカリ性単純温泉の、肌に優しい天然日帰り温泉です(宿泊可)。温泉の種類も豊富で、岩風呂・寝湯・ジェットバスなどたくさんのお風呂があり、1日中楽しめる温泉です。

旅芝居を見るなら桃太郎温泉、というほど人気なのが月替わりで上演する大衆演劇。毎月選りすぐりの一座が出演し、観客たちを盛り上げます。お風呂より大衆演劇、という熱烈ファンもいるほど。
食事は岡山ローカルの有名処「割烹料理店ひなせ」ですので、温泉・観劇、食事とのんびりするにはもってこいの温泉です。

名称 岡山桃太郎温泉
住所 岡山県岡山市牟佐2915-1
営業時間 10:00~23:00
サイト http://www.momotaro-hotel.co.jp/

10. 岡山駅周辺

岡山グルメが揃う岡山駅周辺は、岡山B級グルメの代表格が勢ぞろい。デミカツ丼・えびめし・ぶたかば重など、個性派グルメが堪能できるお店がたくさんあります。
もちろん岡山名物の果物を使ったフルーツパフェを、置いているカフェなどもあり、食事をするなら岡山駅周辺がなんでもそろって便利です。

また、岡山名物「ばらずし」の店も多く、タコ・ママカリ・さわら・シャコなど瀬戸内海産の新鮮な魚介を使った郷土料理店も岡山駅周辺には多くあるので、駅周辺もじっくり歩いてみるのも良いでしょう。ちょっと足を延ばして倉敷へも移動可能。岡山駅から倉敷駅までは、JR山陽本線で16分です。

名称 岡山駅周辺
住所 岡山県岡山市北区駅元町1-1
サイト https://www.jr-odekake.net/eki/top.php?id=0650608

倉敷・尾道エリアでおすすめの観光スポット10選

1. 大原美術館

「大原美術館」は、世界的な名家の宝庫現代アートを満喫できる、ギリシャ神殿のようなインスタ映えしそうな美術館。児島虎次郎の生涯を感じるコレクションや、草間彌生(やよい)や横尾忠則など現代アートも所蔵する美術館は、国内だけでなく海外からのお客様も多い美術館です。

エル・グレコの「受胎告知」やクロード・モネの「睡蓮」などの銘柄を大原美術館ではコレクションしているため、美術ファンは絶対に外せない鑑賞マストスポットです。土日は学芸員が説明する鑑賞会もあり、とてもにぎわいます。

名称 大原美術館
住所 岡山県倉敷市中央1-1-15
営業時間 9:00~17:00
定休日 月曜
サイト http://www.ohara.or.jp/

2. 三井アウトレットパーク 倉敷

View this post on Instagram

@yu.___.aがシェアした投稿

「三井アウトレットパーク倉敷」は、JR倉敷駅から徒歩3分の巨大モールです。100店舗以上のお店が大集合し、隣県からも週末になると多くのお客さんが訪れます。
2011年倉敷チボリ公園の跡地にオープンしてから、地元の人からも大人気。岡山生まれの日用雑貨店、三宅商店も出店があります。

ここにしかない岡山ならではのお店として、「プレミアムジェラートみさお」があります。ここは、みさお牧場直営のジェラート店!ここでしか食べられないジャージー牛乳をベースにしたきびだんご、桃、と岡山らしいフレーバーが揃っています。
また、アウトレットは駐車場は1700台停められるので、家族連れも一安心ですね。

名称 三井アウトレットパーク 倉敷
住所 岡山県倉敷市寿町12-3
営業時間 10:00~20:00
サイト https://mitsui-shopping-park.com/mop/kurashiki/

3. 倉敷美観地区

林源十郎商店(旧林薬品)や井上家住宅・倉紡記念館などの、白壁の屋敷や街の建築が美しいエリアが「倉敷美観地区」。江戸時代に幕府直轄の領地だったため、物資の集積地として栄えた雰囲気がそのまま残り、倉敷川を中心に当時の街並みが残っています。

江戸情緒と今を生きる生活感があいまっているため、新しいアート的センスが際立つ街です。ランチやディナーも瀬戸内の美味しいものを使用したメニューが豊富です。友人・カップル・ファミリー、どんな組み合わせでも十分に楽しめるのが倉敷美観エリアです。

名称 倉敷美観地区
住所 岡山県倉敷市本町
サイト https://www.kurashiki-tabi.jp/

4. 水島コンビナート工場

瀬戸内海の島々の美しさ、夕日と瀬戸大橋のコントラストが美しい「水島コンビナート」は、倉敷にある工業地域。工場夜景の美しい場所としても知られています。
中でも三菱自動車工業水島製作所・東洋化学水島工場がメインスポット!鷲羽山スカイラインからの眺めが美しい場所です。

鷲羽山公園線(旧鷲羽山スカイライン)は無料で通行することができ、全長約15kmあります。
ここから見る水島コンビナートは「夜景100選」にも選ばれています。恋人とのデートにも最適です!キラキラの夜景を楽しんでください。

名称 水島コンビナート工場
住所 岡山県倉敷市水島川崎通1
営業時間
サイト https://www.kurashiki-tabi.jp/see/237/

5. 児島ジーンズストリート

地元ジーンズメーカーのショップが集まり、「ジーンズの日本の都」を築いている「児島ジーンズストリート」。ミシュラングリーンガイドに認定掲載があるほど、魅力たっぷりの街です。
世界から注目されている児島ジーンズ、その魅力を間近でご覧ください。

「ジーンズの聖地」と呼ばれる理由は、アメリカ生まれのジーンズを初めて国産化したのが児島だから。質やデザインの良さも評価されて、国内最大級のデニムの祭りも行われるほどです。直営ショップもぜひのぞいてみてください。

名称 児島ジーンズストリート
住所 岡山県倉敷市児島味野
営業時間 店舗による
サイト http://jeans-street.com/

6. 尾道・千光寺山公園周辺

「千光寺公園」は、尾道のNO.1観光スポットで、春はさくらが美しく咲く「さくらの名所100選」にも選ばれている公園。千光寺山ロープウェイを使えば、公園まで3分で登っていけるので便利!ロープウェイから見る尾道の眺めは絶景です。夜は夜景も美しいので、デートスポットとしても人気。

公園内では、尾道のお土産を購入することも可能です。尾道の特産「尾道オードパルファム」や「アロマグッズ」がおすすめです。
お食事もとることができ、尾道ラーメン、そして千光寺名物特製「みかんソフト」などが人気です。

名称 尾道・千光寺山公園周辺
住所 広島県尾道市西土堂町19
営業時間 年中無休
サイト https://www.senkouji.jp/

7. 尾道本通り商店街

「尾道市本通り商店街」は、しまなみ海道の玄関口、尾道市にあり、おだやかな瀬戸内の海の景色を風を感じながら楽しめる商店街です。JR尾道駅から、東に5つの商店街があり、1.2km約400軒が軒を連ねています。

ランドマーク的存在は、大和湯。商店街のノスタルジックさがこの外観だけで満喫できます。その他商店街で購入できるおすすめのお土産は、「はっさく」と「猫グッズ」!はっさくは因島の特産品で、はっさくのゼリーやソフトクリームは、食べ歩きにおすすめです。そして「猫の街尾道」。かわいいネコちゃんグッズを探しておみやげにどうぞ。

名称 尾道本通り商店街
住所 広島県尾道市東御所町3-17
営業時間 各店舗による
サイト https://www.okaimonomichi.com

8. JR尾道駅

2019年3月10日に新駅舎がオープンしたJR尾道駅は、明治24年の尾道駅舎のイメージをを受け継いだデザインで、スタイリッシュで機能的な駅です。尾道水道が望める眺望デッキや尾道グルメを食べることのできる食堂、ホテルやバーが備わっています。

尾道のおいしいもの、お土産品なども「おのたびゲート」と呼ばれる階段に展示され、一目で尾道の特産品や工芸品がわかるようになっています。招き猫のオブジェもキュートです。

名称 JR尾道駅
住所 広島県尾道市東御所町1-1
営業時間 みどりの窓口(南口) 6:00~22:00
きっぷうりば(北口) 7:15~18:00
(窓口閉鎖時間) (北口)9:00~10:10、11:00~16:40
(みどりの券売機) 4:30~23:20
サイト https://www.westjr.co.jp/index.html

9. 尾道ウォーターフロントビル

尾道港直結の 「尾道ウォーターフロントビル」は、フィッシャーマンズワーフ(アメリカ)をイメージさせるオシャレな雰囲気のビル。ホテル、オフィス、飲食店、ショップなどが入っています。地元の物産などを扱う複合交流施設で、海から尾道に移動してくる玄関口にもなっています。瀬戸内の海風も爽やかで、尾道の新しいスポットとして注目されています。

その尾道ウォーターフロントビルのなかでもイチオシなのが、「尾道WHARF(ワーフ)」。新鮮な広島の牡蠣や魚介類がメインのレストランで、お店から尾道水道や向島を眺めながら食事が楽しめます。尾道駅から歩いて3~4分、尾道ウォーターフロントビルの1階にあります。

名称 尾道ウォーターフロントビル
住所 尾道市東御所町9-1 尾道ウォーターフロントビル
営業時間 平日:11:30~22:00(LO21:30)
金・土・祝前日:11:30~24:00(LO23:30)
サイト http://onomichi-wfkk.jp/floor/

10. ONOMICHI U2

「ONOMICHI U2」は、サイクリングに特化した、自転車ごと宿泊可能なホテルやレストランなどの複合施設。海辺の海運倉庫を改装して作られているので、尾道の自然や風景をそのままに、邪魔せずに尾道の新観光拠点として溶け込んでいます。しまなみ海道をサイクリングしたい方は、要チェックのスポットです。

雑貨やショップが購入できるハイセンスなSHIMASHOP、天然酵母のふわふわの焼き立てパンが人気のButtiBakeryなどが入っているのも見どころの一つ。お天気が良く、風が穏やかな日は尾道水道に面したテラス席で、まったり過ごしたい居心地の良い場所です。

名称 ONOMICHI U2
住所 広島県尾道市西御所町5-11
営業時間 年中無休(ショップは各店舗による)
サイト https://www.onomichi-u2.com/

津山・美作エリアでおすすめの観光スポット10選

1. 湯原温泉

ダムを見上げる、旭川の河原に湧く露天風呂「砂場」が有名な「湯原温泉」。河原を岩で囲った、野趣あふれる露天風呂は、自然を感じられる空間です。豊富な源泉湧出量を誇り、アルカリ性の高い泉質は石鹸いらずの美人の湯として知られ、各地から多くの人々が訪れます。

この温泉の「砂湯」という名は川底の砂を巻き上げながら湧き上がった温泉であることから「砂湯」と呼ばれるようになりました。湯温の違う三つの温泉が湧く湯船があり、ゆったりと自分の好きな温度の温泉につかることが可能となっています。

名称 湯原温泉
住所 岡山県真庭市湯原温泉
サイト http://www.yubara.com

2. あいゆうわいえ

パン屋さんが併設された、可愛い外観のカフェテリア「あいゆうわいえ」。ブラウンとオフホワイトを基調とした落ち着いた店内には、焼きたてのパンのいい匂いが漂っています。パンが大好きというオーナー夫婦が、こだわりの素材を使用して焼き上げたパンはまさに絶品!

こだわりの天然酵母を使用したパンは、保存料・添加物は一切不使用、小麦は国産限定のものを使うという徹底ぶり。オーナーのパンにかける愛情が垣間見えます。
アイス羅漢果、羅漢果オーレといったドリンクメニューも充実しており、ゆったりとした時間を過ごせる場所となっています。

名称 あいゆうわいえ
住所 岡山県美作市湯郷328-10
営業時間 10:00〜18:00
サイト http://www.iyouwaie.com

3. 喫茶ゴンベ

地元で人気の、昔ながらの喫茶店「喫茶ゴンベ」。なんとこのお店、湯郷にお店を開いてから40年!長い歴史を持ったこのお店は地域の人だけではなく、観光客からも熱い支持を受けています。長い歴史の中で洗練されてきた軽食やドリンクの、気取らない味やお店の雰囲気が多くの人に愛されています。

女子サッカーの人気チーム「岡山湯郷Belle」の選手やファンの集う場所としても知られており、店内には選手の写真や活躍の載った新聞などが飾られています。大きなグラスに入った濃厚なバナナジュースは、ファンや選手の間で定番の飲み物として親しまれているそうです。

名称 喫茶ゴンベ
住所 岡山県美作市湯郷860-13
営業時間 9:00〜20:30
サイト https://tabelog.com/okayama/A3304/A330402/33003638/

4. 津山城

圧巻の風景を見ることができる平城「津山城」のある公園、鶴山公園。津山城の初代藩主・森忠政が13年の歳月をかけて築城したとされています。明治時代の廃城で全て取り壊されてしまいましたが、国指定史跡として選ばれており、その名に恥じない名所となっています。

2005年には畳敷の「備中櫓」が復元され、歴史の趣ある風景をさらに感じられるようになりました。桜祭りの期間には、西日本有数の美しさを誇る桜並木が咲き乱れます。もちろん紅葉も例に漏れず、秋には美しい赤色の葉が公園いっぱいに色づきます。

名称 津山城
住所 岡山県津山市山下135
営業時間 8:40〜19:00
サイト https://www.city.tsuyama.lg.jp/city/index2.php?id=3449

5. 衆楽園(旧津山藩別邸庭園)

「衆楽園」は、広大で美しい大名庭園として人気を誇っています。津山藩2代目藩主・森長継の命によって造られた池泉回遊式庭園で、国の名勝として名高いです。
夏は睡蓮、秋は紅葉を楽しめる色あざやかな自然の美しさを、散策の中でゆったりと感じることができます。

南北に長い池を中心に構成された庭園では、島の配置や水面に映る島影の美しさ、四季折々の樹木の枝ぶりにも、洗練された美を感じることができます。季節ごとに調和の取れた美しさは、市街の喧騒とは打って変わって幽玄な世界を醸し出しています。

名称 衆楽園(旧津山藩別邸庭園)
住所 岡山県津山市山北628
営業時間 7:00〜20:00
サイト https://www.city.tsuyama.lg.jp/city/index2.php?id=522

6. 道の駅 蒜山高原

「道の駅 蒜山高原」は、蒜山高原の特産品を買うことができるスポット。乳製品や名物の漬け物など、お土産に最適な品がずらりと並んでいます。レンタサイクルの拠点もあり、蒜山のサイクリングロードの中継地としても便利な場所となっています。

中でもオススメは、ブルーベリーソフトクリーム!蒜山産のジャージー牛から採れる新鮮な牛乳と、敷地内にある畑で育てた摘みたてのブルーベリーをたっぷりと使用した、自家製ブルーベリーの濃厚ソフトは、口当たりなめらか、しかしさっぱりとした味わいで、ドライブ休憩のリフレッシュにぴったりです。

名称 道の駅 蒜山高原
住所 岡山県真庭市蒜山富山根694-129
営業時間 9:00〜17:00
サイト http://cms.top-page.jp/p/maniwa/3/1/47/

7. 蒜山倶楽部Nadja

「蒜山倶楽部Nadia」は、蒜山の地で採れた新鮮な素材を生かしたメニューが人気のカフェレストラン。外観は周囲の豊かな自然に溶け込む、優しく可愛らしい雰囲気を醸し出しています。季節ごとの美しさを見せる雑木林の中で、街中の喧騒を忘れゆっくりとした時間の流れを楽しむことができます。

併設するギャラリーでは、銅細工や食器、絵画や小物といった心温まる様々な芸術作品や、自然あふれる庭園を楽しむことができます。オーベルジュタイプの、1日1組限定のゲストハウスも併設されており、蒜山の珪藻土と蒜山の黒土で創った温かみのある建物は、オーナーのこだわりが細部まで多く込められており、楽しいひと時を過ごせることでしょう 。

名称 蒜山倶楽部Nadja
住所 岡山県真庭市蒜山下福田1-303
営業時間 11:00〜17:00
サイト http://hiruzennkurabu.sakura.ne.jp

8. IL RICOTTARO

View this post on Instagram

@popolushjwがシェアした投稿

岡山県の北部、上蒜山スキー場近くにある森の中の農家カフェ「IL RICOTTARO」。緑の景観が映える蒜山の麓で羊や山羊を放牧し、春から秋にかけて搾ったミルクで作るリコッタを中心にチーズ、パンといった様々な食品の販売を行なっています。

その他にも、自家製のパンやピザ、お菓子といった様々なメニューが提供されており、中でも濃厚リコッタと一緒に自家製天然酵母を使った焼きたてパンをいただくことができる「チーズと田舎パンのセット」は大人気の一品となっています。

名称 IL RICOTTARO
住所 岡山県真庭市蒜山中福田960-31
営業時間 12:00〜16:00
サイト https://ricottaro.exblog.jp

9. ひるぜんジャージーランド

「ひるぜんジャージーランド」は、ジャージー牛の育成と乳製品の製造を行う蒜山酪農直営の施設です。ガラス張りのレストランからは、広大な牧場を一望することができます。子供からお年寄り、ペットまで楽しい!という言葉を掲げる通り、ジャージー牛とのふれあい体験や絶景の散策ポイントなど、様々なイベントが開催されており、まさに楽しい!の集まったスポットとなっています。

レストランでは絶品のチーズフォンデュをいただくことができます。蒜山ジャージーを使用したゴーダチーズをふんだんに使用した、濃厚なチーズフォンデュは様々な具材と相性抜群!乳製品を販売するショップも併設されており、蒜山ジャージー牛乳や蒜山カフェオレといった、新鮮なジャージーミルクを使用した製品が人気となっています。

名称 ひるぜんジャージーランド
住所 岡山県真庭市蒜山中福田956-222
営業時間 9:00〜17:00
サイト http://jerseyland.hiruraku.com

10. WOOD PAO

三木ヶ原沿いに建つ、レストラン&ショップがこの「WOOD PAO」。緑豊かな高原の心地よい風に当たりながら、ジンギスカンが楽しめます。空調の効いたテラス席や無煙ロースターが設置された席など、大満足のサービスが提供される中で食事をすることができます。人気のジンギスカンセットの他に、蒜山ジャージー牛を贅沢に使ったカレーや丼ものなど、食事メニューも豊富。

数あるメニューの中で一番人気は、やはりジンギスカンセット。新鮮なラム肉のほか、高原キャベツなどたっぷりの野菜を加えたセットでボリュームも満点。毎週土曜日と水曜日には生ラムが提供されますので、曜日指定で遊びに行きましょうね。

名称 WOOD PAO
住所 岡山県真庭市蒜山上福田1201-7
営業時間 9:00〜16:00
サイト http://ww81.tiki.ne.jp/~hiruzen/pao-menu.html

新見・高梁でおすすめの観光スポット10選

1. 御殿町(新見市)

城下町の街並みが残る「御殿町(新見市)」は、新見藩主 関長治によって築かれた街です。時代的にお城は建設できなかったので、御殿を建てたのがこの町の始まりです。御殿町センターから、寿福松原~四軒幅の道~元鉄問屋・造り酒屋「津国屋」内蔵までプチ散歩がおすすめ。

全国路地百選に選ばれた新見御殿町の三味線横丁も、風情があって素敵。また、豪華な着物や三味線・琴などを見ることができる元料亭の「松葉」なども見どころたっぷりでおすすめ。是非巡ってみてください。明治時代にタイムスリップした感覚に覆われるでしょう。

名称 御殿町(新見市)
住所 岡山県新見市新見851番地
営業時間 10:30~17:30
定休日 火・水曜
サイト http://gotenmachi-niimi.net/

2. JR伯備線 布原駅

「秘境駅」として今も鉄道ファンの心を躍らせる「JR 伯備線 布原 (ヌノハラ)駅」は、D51型の蒸気機関車(3両)をけん引する姿が見られる、撮り鉄の撮影名所です。周りは山と川、自然がたくさんある場所ですが、この風景に蒸気機関車が走ると映画のようなワンシーンになります。岡山県の県北、新見にあります。

本当に何もない無人駅で、普通列車は平日3時間毎にしか来ません、周辺には日本一の親子孫水車、紙の館があります。誰にも会いたくないセンチメンタルな日やひとりになりたい時、そっと「JR伯備線 布原駅」へ訪れてみてはいかがですか。

名称 JR伯備線 布原駅
住所 岡山県新見市西方
サイト https://www.jr-odekake.net/eki/timetable.php?id=0650415″

3. 城山公園

春には県内外からたくさんの人が訪れる新見市の「城山公園」は、300本の桜が咲き乱れる桜の名所。約45mの高台に位置する公園は、新見の市街地を望めて爽快感があるので、1日のんびりゆっくり過ごすことができます。もちろん桜だけでなく紅葉シーズンもおすすめです。

公園までは、石畳があり散歩中に風情を感じることができます。杵築城跡を公園とした城山公園は、珍しい石塔や石仏もあり、遺跡の発掘作業をしている方の姿も見られる日もありますよ。
のどかで上品な城下町を堪能してください。公園からは海も見えますよ。

名称 城山公園
住所 岡山県新見市新見1077
サイト https://www.city.niimi.okayama.jp/kanko/spot/spot_detail/index/22.html

4. 干子農村リゾート

新見市の哲西町、最北端にある「干子農村リゾート」は標高4,500mの山で囲まれた谷間にあり、干子川が流れるアウトドアスポットです。「川で遊びたい!」というお子様がいるファミリーや、大学のサークル合宿に人気のリゾートで、干子農村リゾート内の焼き肉ハウスも、使用料が手頃で、簡単にバーベキューや燻製ができます(屋根あり)。

干子農村リゾート周辺は、棚田が点在し季節ごとにフォトジェニックな写真を撮影することができます。何もない贅沢を味わってください。干子川では渓流釣りも楽しめます。周辺には民家を改修したかじかの宿やログハウスなどもあるので宿泊も可能です!

名称 干子農村リゾート
住所 岡山県新見市哲西町上神代干子
サイト https://www.okayama-kanko.jp/spot/10940

5. 神郷温泉

「神郷温泉」は新見市にあるアルカリ性単純温泉の天然温泉。露天風呂やサウナがあります。決して賑やかではありませんが、あたたかい人の心に触れられる昔ながらの温泉地です。グランドや体育館を所有していますので、スポーツ系の合宿におすすめです。

神郷温泉には露天風呂、サウナ、高温・中温の内湯があり、11時からお湯を楽しむことができます。ドライブで行きたい場合は最寄りの新見ICから車で40分です。温泉の入浴料金は大人は620円、小学生以下は310円(税込)。

名称 神郷温泉
住所 新見市神郷高瀬3188-1
営業時間 宿泊棟(緑の館)8:30~17:30
温泉棟 11:00~21:00(最終受付20:30)
休館日 水曜(祝日の場合は営業)
サイト https://shingo-onsen.com/

6. ハイランドマウンテン

冒険気分を味わえる、ワクワクドキドキ満載の大型遊具が多数揃えられた「ハイランドマウンテン」。公園と大型遊具が無料で楽しめる、キッズ大喜びのスポットで、子どもだけではなく大人も、一緒になって楽しめる遊具が取り揃えられた場所となっています。

View this post on Instagram

@utako1011がシェアした投稿

大型遊具は高梁市の自然がモチーフになっており、トンネルやはしご、スライダーなどがある「お城山」など6つのコーナーが木製回廊でつながれています。緑の生い茂る自然の中、一度子どもの心に立ち返りわんぱくで純粋な気持ちに浸ってみるのも楽しそうですね。

名称 ハイランドマウンテン
住所 岡山県高梁市松原町神原2281-11
営業時間 9:00〜22:00
サイト
http://takahasikanko.or.jp/modules/spot/index.php?content_id=11

7. 紺屋川美観地区

約630年にわたって栄えた城下町には、由緒あるお寺や武家屋敷など数多くの文化遺産が点在します。紺屋川美観地区も例に漏れず、往時の華やかさ、美しさを残した美しい街並みを見ることができます。春には綺麗な桜が咲き乱れ、街並みは桜と柳で彩られたより美しいものとなります。

かつて備中松山城の外堀の役目を果たしていた紺屋川。高梁基督教会や藩校有終館跡などが立ち並び、桜と柳の立ち並ぶ並木道は「日本の道100選」にも選ばれています。川底の両端にある石畳の遊歩道を歩くのも、オススメです。

名称 紺屋川美観地区
住所 岡山県高梁市鍛冶町
サイト https://www.okayama-kanko.jp/spot/10872

8. 植田菓子店

「植田菓子店」は創業以来の54年間、高梁で永きにわたって親しまれてきた駄菓子屋さんです。いまでは珍しい木組みケースの中には塩せんべいやそばぼうろといった、色とりどりの約100種類もの駄菓子が並んでいます。袋詰めの最中には、気さくな店主との楽しい会話を楽しめ、地域に愛される場所での楽しい時間を過ごすことができます。

100g単位の計り売りで、好きな分量だけお菓子を買うことができます。美味しそうなお菓子や好みのものを見つけたら、店主に声をかけ小さなスコップですくってもらい紙袋に入れてもらいます。
昭和を思い出すノスタルジックな雰囲気の中、子ども時代に立ち返ってみてもいいかもしれませんね。

名称 植田菓子店
住所 岡山県高梁市東町1889
営業時間 8:00〜19:00
サイト https://tabelog.com/okayama/A3303/A330301/33007935/

9. 頼久寺

「頼久寺」は、枯山水とサツキが美しい国指定名勝の庭園。安穏とした空気を求めて県内外から多くの人が訪れる場所です。足利尊氏が諸国に命じて建設させた安国寺のひとつであり、蓬莱式の枯山水庭園は日本を代表する江戸初期の庭園と知られ、「鶴亀の庭」と呼ばれています。

白砂に鶴島、亀島、サツキを絶妙に配置した枯山水は、まさに侘び寂びの世界。定期的に演奏会も開催され、侘び寂びの世界の中に流れる美しい音楽は、俗世に疲れた心を少しずつ浄化していきます。見事な借景の庭園を望む縁側で、穏やかなひとときを過ごしたい方にオススメです。

名称 頼久寺
住所 岡山県高梁市頼久寺町18
営業時間 9:00〜17:00
サイト http://raikyuji.com

10. 備中松山城

「備中松山城」は、かつての難攻不落の岸壁に建てられた壮大な城郭です。聳え立つ城はまさに天空の城、とも呼べるほどの山城となっています。城を囲むようにして積み上げられた石垣の大スケールに、とても驚かされますよね。
現存する天守の中では最も高い場所に位置しており、名実ともに日本一の山城となっています。

城へ向かう坂の周囲には、高さ10m以上の切り立った巨大な岩壁がそびえ立ち、難攻不落の名城の面影や往時の堅牢さを、うかがい知ることができます。秋には大手門付近の木々が紅葉し、岩壁が燃えるような朱色に覆われて圧巻です。

名称 備中松山城
住所 岡山県高梁市内山下1
営業時間 9:00〜17:30
サイト https://www.city.takahashi.lg.jp/soshiki/9/shiro4240131.html

王道のプチ旅行に飽きたら、岡山へ!

自然いっぱいの昭和テイストが色濃く残る岡山県。観光客でいっぱいの旅行はもう飽きてしまった!という方には新たなビタミン旅になること間違いなしです。海・山・川、自然の恵みをカラダで味わいたいみなさん、次のプチ旅行は岡山県をチョイスしてみてください。思い出に残る旅があなたを待っています。

岡山県のおすすめ旅館・ホテルをさがす

【関連記事はこちら】
▷倉敷・美観地区で巡る、人気のおさんぽグルメ20選
▷豊歴史あふれる松山!おすすめの観光スポット30選

特集

2019/06/21泊まる、森に抱かれた大人のためのヴィラ【伊豆高原】ー宿泊体験記vol.5ー ABBA RESORTS IZU -坐漁荘

2019/06/18泊まる、歴史と異国の風が薫る宿【有馬】ー宿泊体験記vol.4ー 有馬山叢 御所別墅

人気記事