最終更新日時 2019/06/03

「明治日本の産業革命遺産」がユネスコ世界文化遺産に登録され賑いをみせる萩。明治維新に活躍した名だたる志士を輩出した「維新胎動のまち・萩」の風情ある城下町の散策や、ダイナミックな自然美を堪能したりと、見どころ満載の萩の厳選おすすめスポットをご紹介します。

萩でおすすめの定番スポット10選

1. 松下村塾

吉田松陰が教育を行った場所として有名な「松下村塾」。松陰神社の中に保存されていて見学することができます。瓦ぶき平家建て8畳・10畳半の2室の私塾には、桂小五郎、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文など、明治維新の原動力となった志士たちが数多く輩出されました。

意外と狭くて驚かされますが、ここで明治を動かした豪傑達が学んでいたかと思うと感慨深いものがありますね。萩では外せない人気の名所となっていて、多くの観光客が訪れていますが、松陰神社一体が静かな雰囲気でゆっくり散策することができます。

名称 松下村塾
住所 山口県萩市椿東松本市1537
営業時間 9:00~17:00 定休日:無休
サイト http://www.city.hagi.lg.jp/site/sekaiisan/h6081.html

2. 藍場川

たくさんの鯉が優雅に泳いでいる藍場川は2.6Kmにわたり市内を縫うように流れている「藍場川」。1軒1軒の家が川沿いにハトバと呼ばれる洗い場を持つなど、川に密着した生活が感じられる歴史ある生活が色濃く残っており、風情のあるエリアです。川沿い一体は歴史的景観保存地区に指定されています。

色とりどりの鯉の中にはメートル超えの大物もいるんだとか。鯉のエサやりが出来るので子供と一緒に楽しめますね。NHK大河ドラマのロケ地にもなっている旧湯川家屋敷を見学したり、散歩やレンタサイクルで、歴史を感じつつのんびり散策するにはとてもいいスポットと言えるでしょう。

名称 藍場川
住所 山口県萩市川島67 萩循環まぁーるバス(西回りコース)「藍場川入口」バス停より徒歩約10分   藍場川駐車場を利用(徒歩約10分)
営業時間 通年
サイト http://hagishi.com/search/detail.php?d=100047

3. 萩城城下町

毛利輝元が萩城を築いて城下町として栄えた萩市。幕末の風雲児、高杉晋作や木戸孝允、別名「桂小五郎」のゆかりの地などがあり歴史好きにはたまらないスポットです。武家屋敷と商店が混在していて、当時の城下町の雰囲気がとてもよく感じられる「萩城城下町」があります。

周辺には、萩焼を扱うお店や、土産物店や古民家を改装したカフェなど、散策の途中に立ち寄りたいスポットがたくさんあります。また、着物のレンタルができるお店があり、着物を着て城下町を散策しながら江戸時代の雰囲気が味わえるので、外国人観光客にも人気があります。

名称 萩城城下町
住所 山口県萩市南古萩町付近
営業時間 店舗によって異なる
サイト hagishi.com/course/jyokamachi.html

4. 道の駅 萩しーまーと

萩漁港に隣接し、活気あふれる市場「道の駅 萩しーまーと萩」。美味しくて新鮮な海産物や地元産の野菜、果物などご当地グルメが手ごろなお安い価格で販売されています。日本海に面した萩の新鮮なイカや背つきアジ、生ウニ、サザエ、アワビなど、漁港直送で宅配もしてもらえます。

萩観光のお土産を買うならぜひ立ち寄りたいスポットです。駐車場はたくさんありますので、ドライブの途中に立ち寄って、ランチには海鮮丼がおすすめ。きっと種類が多くて目移りしてしまうことでしょう。他にもお菓子や、特産品のジュース、萩焼などお土産はここですべて揃ってしまいますね。

名称 道の駅 萩しーまーと
住所 山口県萩市椿東北前小畑4160-61
営業時間 特産品販売 
9:30~18:00(金・土・祝日 9:00~)
レストラン 11:00~19:00 
休業日 元旦 
サイト http://www.axis.or.jp/~seamart/

5. 萩・明倫学舎

明治維新150年を機に創られた「萩・明倫学舎」。2017年3月にオープンして、萩で最新の人気スポットになりました。日本最大の木造校舎を改築したモダンな造りで、内部はレトロな雰囲気を醸し出していて非常に趣があります。明治維新と萩の歴史について、学ぶことができる施設です

館内はとても広く貴重な資料がたくさん展示されていて、一日居ても飽きない見どころ満載の施設です。長州ファイブとの記念撮影ができたり、至るところでタッチパネルや液晶画面の解説があったりと、楽しく体験しながら歴史が学べるので子供にもおすすめ。

名称 萩・明倫学舎
住所 山口県萩市江向602
営業時間 9:00~17:00
サイト https://www.city.hagi.lg.jp/site/meiringakusha/

6. 萩反射炉

安政3年(1856)鉄製大砲の鋳造に必要な金属を溶解するための炉として築造された「萩反射炉」。試験的に操業されたのみで実際に製造されることはありませんでしたが、日本の産業技術史上とても貴重な遺跡として世界遺産に登録されました。

2015年に世界文化遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の一つです。反射炉が現存するのは静岡県の韮山とここ萩の2ケ所だけ。無料のガイドさんが駐在しているので詳しいお話を聞くことができます。萩は世界遺産が5か所あるので車でドライブしながら巡るのも楽しいですね。

名称 萩反射炉
住所 萩市椿東4897-7
営業時間 ガイドが常駐しています(9:00~17:00)
サイト https://www.city.hagi.lg.jp/site/sekaiisan/h6077.html

7. 須佐ホルンフェルス

約1400万年前のマグマの熱の影響を受けてできた「須佐ホルンフェルス」。青い空に白と黒のしま模様のコントラストがとても美しく映えます。「日本の地質百選」や「21世紀に残す日本の風景遺産100選」に選ばれていて、国指定の名勝・天然記念物に指定されています。

マグマの熱で変形した変成岩を割ると角のような形になるのでその様がドイツ語でホルンフェルス(角石)と呼ばれています。干潮の時は間近に近づくことができその大きさに驚きます。大自然が織りなす芸術は息をのむ絶景。車でアクセスしやすい場所にあるので山口県ではデートスポットとしても有名です。

名称 須佐ホルンフェルス
住所 萩市須佐高山北海岸
営業時間 見学自由
サイト http://www.city.hagi.lg.jp/site/hg-geo/h10467.html

8. 明神池

「明神池」は標高112mの小さな活火山「笠山」のふもとにあり、笠山と本土との間に砂州ができて陸続きになった時、埋め残されてできた大小三つの池からなり、周りの岩の割れ目から海水が入ってできた非常に珍しい塩水湖です。

淡水と海水が混ざり合い、様々な種類の魚がいて天然水族館と呼ばれています。池にタイやフグが泳いでいるところを間近に観察することができるので、とてもユニークな池として人気。魚に餌やりができるので、子供と一緒に楽しめますね。

名称 明神池
住所 山口県萩市椿東越ケ浜
営業時間 見学自由
サイト http://www.hagishi.com/search/detail.php?d=100049

9. 萩城跡指月公園

慶長9年(1604)毛利輝元が築城し指月山麓に築城したことから、別名「指月城」と呼ばれています。今は残念ながらお城はありませんが公園として整備されています。名城100選に選ばれていて、石垣はとても立派で見応えがあり、のんびり散策するにはおすすめです。

園内には600本のソメイヨシノが咲き誇る桜の名所としても有名で時期にはたくさんの人で賑わいます。中には花びらが純白の珍しいミドリヨシノの桜が1本あります。日本ではここでしか見ることのできない大変貴重な桜で、山口県の天然記念物に指定されています。

名称 萩城跡指月公園
住所 萩市堀内1-1
営業時間 4~10月 8:00~18:30
11~2月 8:30~16:30
3月8:30~18:00
サイト http://hagishi.com/search/detail.php?d=100050

10. 萩博物館

萩の歴史や産業、自然を学ぶなら、「萩博物館」がおすすめです。萩開400府年記念事業として2004年に開館した趣のある立派な武家屋敷風の建物で、館内には吉田松陰や高杉晋作はじめとして幕末や明治維新に関する資料が展示されています。とても詳しく解説されていて幕末ファンには見応えのある内容。

ボランティアガイドによる丁寧で詳しい説明があり、萩観光のスタート地にすると歴史やゆかりの人物を知ることで、より楽しくスポット巡りができます。博物館内にはレストランやショップもあるので、ちょっと一息休憩やお土産を選びもできます。

名称 萩博物館
住所 山口県萩市大字堀内355
営業時間 9:00~17:00
サイト http://www.city.hagi.lg.jp/hagihaku/

萩駅周辺でおすすめのスポット5選

1. 桂太郎旧宅

内閣総理大臣を3度務めた拓殖大学の創設者でもある「桂太郎旧宅」。1909年に新築したもので藍場川沿いにあります。一度人の手に渡ってしまいますが、その後買い戻して再構築されました。あまり派手さはなく小規模ですが、とても素晴らしい庭園や石組など立派な日本家屋だと評判です。

明倫館で勉学に励み内閣総理大臣まで登り詰めた桂太郎。歴代総理大臣の在任最長を記録しています。萩市内の有料文化財9施設(100円/1施設)共通の1日券を、310円で販売しているので周辺の見学をする時は大変お得です。ボランティアガイドさんにお話を聞くことができますよ。

名称 桂太郎旧宅
住所 山口県萩市川島73-2
営業時間 9:00~17:00
サイト https://www.jalan.net/kankou/spt_35204ae2180021540/

2. 旧田中別邸

第26代内閣総理大臣をつとめた田中義一の別邸「旧田中別邸」。かんきつ公園内にあって夏みかんなど約400本の柑橘類が植えられています。5月にはかんきつ公園内で「夏みかん祭り」が行われ夏みかんの販売や搾りたての夏みかんジュース、ステージイベントなどたくさんのひとで賑わいます。

邸宅内は建物の工夫や面白さも随所に見られ、床柱に特徴があったり、当時は今のガラスのように均一な厚みを保つ技術はなく、横から見ると波打って見える大正ガラスなど、随所に昔ながらの技法を見ることができます。また田中義一ゆかりの物が展示され一般に公開されています。

名称 旧田中別邸
住所 萩市平安古町164-3
営業時間 9:00~17:00
サイト http://hagishi.com/search/detail.php?d=100043

3. 萩往還梅林園

吉田松陰の生誕160周年を記念して開園した「萩往還梅林園」。9,611㎡の園内には、紅梅、白梅など13種類 、約300本の梅が植えられていて、1月下旬~3月中旬頃、梅の開花時期にあわせて開催される「萩往還梅林園まつり」には赤と白の花色とりどりの梅が園内で見事に咲き誇ります。

園内は駐車場から近かく遊歩道も整備されて、バリアフリーにも対応しているため、家族みんなでお花見を楽しむことができます。またレジャーシートを引いて梅を見ながらお弁当を食べたりと、観光の合間にのんびりピクニックもできますよ。

名称 萩往還梅林園
住所 萩市椿1125
サイト https://www.jalan.net/kankou/spt_35204ac2102065602/

4. 大照院

「大照院」は毛利家の偶数代藩主の墓がある菩提寺で、初代藩主の墓所から以後2代から12代まで偶数代の藩主と夫人その一族の墓があります。藩士が寄進した600基を超える石灯篭は圧巻でとても目を引きます。ちなみに奇数代藩主の墓は東光寺にあり、松陰神社の近くにありますよ。

毎年8月13日に行われる「萩・万灯会」の迎え火では、約600基の石灯篭に灯が灯り幻想的な光景が広がります。大照院はあまり手入れがされていないため華やかさはありませんが、古風な雰囲気の味わい深い石灯籠や、静かな森に厳かな趣があり、のんびり一人旅を楽しみたい方におすすめです。

名称 大照院
住所 萩市椿青海4132
営業時間 3月~11月上旬 8:00~17:00 
11月下旬~2月 8:00~16:30
サイト http://www.hagishi.com/search/detail.php?d=100076

5. 萩駅舎

1925年に登録有形文化財に指定された「萩駅舎」。レトロな雰囲気でとても絵になるスポット。萩駅の電話ボックスは大変珍しくこのタイプのものは、今は萩駅にしか現存していません。大正ロマン漂うレトロな駅舎は鉄道ファンならずとも思わず写真に収めたくなる駅舎です。

明治維新に活躍した5人の長州藩士の「長州ファイブ」の一人「井上勝」。イギリスの鉄道技術を懸命に学び、日本に鉄道をひいた「鉄道の父」と呼ばれています。駅舎の前にスコップに片足をのせた井上勝の銅像が置かれています。隣には「萩市自然と歴史の展示館」が無料開放されていて井上勝に関することが展示されています。

名称 萩駅舎
住所 萩市椿3537-3 JR萩駅前
サイト http://hagishi.com/index.html

萩でおすすめの穴場スポット5選

1. 山口県立萩美術館・浦上記念館

「山口県立萩美術館・浦上記念館」は萩出身の浦上敏朗氏のコレクションをもとに浮世絵、東洋陶磁、陶芸の作品が展示されている3つのジャンルを専門とした美術館です。旅行ガイドブック「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」では2つ星の観光施設として掲載されました。

歌川広重、葛飾北斎、歌川国芳らの浮世絵が約5.200点、東洋陶磁約500点、萩焼など陶芸約750点と種類が豊富で、日頃見ることが出ない貴重な作品の数々は芸術鑑賞が好きな方なら夢中になって見られるものばかりなので、時間を忘れて見入ってしまします。

名称 山口県立萩美術館・浦上記念館
住所 山口県萩市平安古586-1
営業時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
サイト http://www.hum.pref.yamaguchi.lg.jp/

2. 恵美須ケ鼻造船所跡

「恵美須ヶ鼻(えびすがばな)造船所跡」は、ペルーの来航で恐れた幕府の要請や木戸孝允の提案により長州藩が建設した造船所の跡地です。 「明治日本の産業革命遺産」として世界遺産に登録されました。ガイド詰所には、タブレットPCの無料貸出しを行っていて、クイズやゲームなど、楽しく学びながら観光することができます。

同じく世界遺産の萩反射炉から近くなのですが、世界遺産と書かれた看板と説明だけが立っていて、造船所跡は石組みの防波堤跡と、遺跡の発掘跡らしきものがある程度なので、「明治日本の産業革命遺産」巡りをする方には観光の穴場としておすすめのスポットですよ。

名称 恵美須ケ鼻造船所跡
住所 山口県萩市椿東5159-14
営業時間 9:00~17:00
サイト http://www.hagishi.com/search/detail.php?d=100088

3. 雲林禅寺

県道13号線沿いにある猫寺「雲林禅寺」。猫にまつわる伝説があり、とにかく何から何まで猫づくし。最近ではテレビに取り上げられたり、SNSの影響で、外国人の参拝者も増えてきて一風変わったお寺として猫好きからとても人気です。

猫のお寺だけあって、おみくじ、お守り、御朱印や、オリジナルグッズまで猫が描かれています。。あまりの可愛さについついコレクションしたくなってしまいます。萩の中心地からは離れていますが、猫好きの方はわざわざ訪れたいスポットです。

名称 雲林禅寺
住所 山口県萩市吉部上2489
営業時間 9:00~17:00
サイト http://www.hagishi.com/search/detail.php?d=1100242

4. 萩八景遊覧船

所要時間約40分の遊覧船で水路をうまく利用した萩ならではの楽しみ方ができる「萩八景遊覧船」。船頭さんの素朴な観光案内や唄が聞けたりと、船から眺める景色はとても風情があります。船には屋根があるので、夏場でも心地よい風が吹いていて快適に過ごせます。

指月川を渡り、右手に行くと乗船場があります。船中は萩の民謡が流れてのどかな雰囲気に包まれ癒やされます。遊覧船でのんびり散策すると地上とはまた違う目線で楽しめます。2人からでも船を出してくれるので、思い立った時に訪れることもできますね。

名称 萩八景遊覧船
住所 萩市堀内122-1(指月橋そば・萩城跡入口付近)
営業時間 3月~10月 9:00~16:00 11月9:00~15:30
サイト http://hagishi.com/search/detail.php?d=800031

5. 見島

山口県最北端の島「見島」。一日3便の高速船で萩から90分ほどの船旅で到着します。島自体はとてものどかな雰囲気で大自然を満喫したい方にはとっておきの穴場です。新鮮な魚介類や霜降りでとてもおいしい見牛肉など、グルメを味わうことができます。

見島は周囲18kmの小さな島ですが、釣りやダイビングなどマリンレジャーを楽しんだり、のんびりと島の散策や絶景を見に訪れる観光客に人気があります。春には渡り鳥が飛来してバードウォッチングの名所としても有名です。お店は少ないですが、都会では味わえないゆったりとした時間が過ごせますよ。

名称 見島
住所 萩市見島251-1(見島観光協会/萩市役所見島支所内)
サイト http://mishimakanko.sakura.ne.jp/

明治維新の立役者たちに会いに行こう!

萩市は幕末から明治にかけて激動の時代を駆け抜けた、長州藩の志士が残した熱い思いが色濃く残る歴史ある街です。また「明治日本産業革命」が世界遺産に登録され、歴史探訪や世界遺産見学など見どころ満載です。日本の「ものづくり大国」となる基盤を築いた萩を訪れてみてはいかがですか。

特集

2019/08/26【宿泊体験】唯一無二の宿泊体験を求めて-MAGACHABARU OKINAWA-

2019/06/21泊まる、森に抱かれた大人のためのヴィラ【伊豆高原】ー宿泊体験記vol.5ー ABBA RESORTS IZU -坐漁荘

人気記事