最終更新日時2019/07/25

自然豊かな鳥取は、素材の味を楽しむのはもちろんのこと、は珍しいB級グルメもあります。昔、魚が贅沢品だったころに生まれた「とうふちくわ」や癖があるのであまり使用されない牛骨スープにしたをラーメンなど全国的に見ても珍しいけど、美味しいグルメがたくさんあります。

大自然だからこそ味わえる鳥取グルメおすすめ10選

1. 鯛喜

リーズナブルな価格で海鮮丼を食べたいのであれば「鯛喜」がおすすめ。1日限定50食なので、予約だけで完売になる場合もある人気店です。鳥取砂丘を観に行くついでに、食事をこちらで食べるというのもツウにお決まりのコースです。

砂漠で食べる海鮮丼も珍しいですが、ボリュームの多さに驚くことでしょう。ネタの数は15種類もあり、他の店なら2000円以上払うような価格のボリュームが1150円で食べられます。砂漠で食べる海鮮丼のシチュエーションも楽しめます。

名称 鯛喜
住所 鳥取県鳥取市福部町湯山2164-449
営業時間 10:00~14:00(L.O.13:30)
定休日 木曜
サイト https://tabelog.com/tottori/A3101/A310101/31000071/

2. ベニ屋

実はカレー消費量が全国1位になったこともある鳥取県。そんなカレー王国の鳥取カレーはたくさんの種類があります。こちらの「ベニ屋」のカレーはチキンカツカレー。喫茶店で出しているカレーとは思えないほどの手の込みようです。

鳥取駅から徒歩5分という好立地にある老舗の喫茶店ですが、レトロな雰囲気が素敵です。鳥取はカレーだけでなく、らっきょうも有名ですので、カレーの付け合わせとしてもおすすめです。鳥取は、ご飯が進むおかずが多いのも魅力の県です。

名称 ベニ屋
住所 鳥取県鳥取市末広温泉町151
営業時間 8:00~19:00 (L.O.18:45)
定休日 水曜
サイト https://tabelog.com/tottori/A3101/A310101/31000257/

3. 鳥取県庁食堂

鳥取県庁でも美味しいカレーを食べることができます。味噌汁とサラダがついて500円という価格も素晴らしいですが、毎月第1、3火曜にだけ「いのししカレー」を食べることができます。地産地消をコンセプトにしているからこそ貴重な、いのししカレーを食べることができます。

いのししカレー以外にもランチが低価格で食べられるのも魅力。他のランチは400円で食べることもできるので、カレー以外にもリーズナブルに鳥取グルメを食べたいのであれば、県庁食堂に行くのがおすすめです。毎日日替わりでメニューを選べます。

名称 鳥取県庁食堂
住所 鳥取県鳥取市東町1丁目271番地 鳥取県庁第二庁舎 9F
営業時間 8:00~18:00(L.O.17:40)
定休日 土曜、日曜、祝日
サイト https://tabelog.com/tottori/A3101/A310101/31000494/

4. すなば珈琲 賀露店

鳥取の平井県知事の発言から始まった「すなば珈琲」。1号店も耐震補強をしてリニューアルオープンしました。今では鳥取にもスタバはありますが、スタバがないときから人気の珈琲店がすなば珈琲です。店内に砂が敷き詰められているのも面白い特徴です。

おすすめは、もちろん珈琲です。すなば珈琲の製法は砂焼き珈琲という製法で作られています。コンセプトをしっかりとしているのも魅力で、鳥取に行くのであれば、全国的にも店舗があるスタバよりもすなば珈琲でコーヒーを飲むのも地元ならではな楽しみ方です。

名称 すなば珈琲 賀露店
住所 鳥取県鳥取市賀露町西3-27-1 海鮮市場かろいち海陽亭
営業時間 平日 9:00~15:00
土曜、日曜、祝日 9:00~16:00
定休日 木曜
サイト http://www.sunaba.coffee/

5. 鳥取砂丘にいちばん近いドライブインレストラン砂丘会館

鳥取だからこそ味わえる変わったシーフードカレーといえば「砂丘会館」のカレー。一見普通のカツカレーのように見えますが、揚げているのは「トビウオ」です。トビウオをすり身にして揚げている手間のかかったフライです。

全国的にカレーのルーの消費量が多いからこそのオリジナルカレーが多くありますが、シーフードカレーが好きな人でいつもと違ったカレーを食べてみたいのであれば、訪れてみてはいかがでしょうか。お土産で色々買い物をすることもできるので立ち寄りやすい施設です。

名称 鳥取砂丘にいちばん近いドライブインレストラン砂丘会館
住所 鳥取県鳥取市福部町湯山2164
営業時間 8:30~17:00
サイト https://www.sakyu.gr.jp/

6. 五島

鳥取カレークラブにも加入している、少し変わったカレーを食べることができる「五島」。地元の野菜を煮込んで作られる「弥生カレー」はライスにピラフを使用していて、アクセントにホタテがトッピングされています。

ホタテの数を2つか3つのうちから選ぶことができて、ソテーされたホタテはそのままでも美味しくいただけます。朝早くから開いているので、朝カレーにもぴったりのカレーです。朝カレーをする人が多い鳥取で初心者でも朝から食べやすい味です。

名称 五島
住所 鳥取県鳥取市青谷町青谷4298-1
営業時間 8:10~18:00(L.O.17:30)
サイト https://tabelog.com/tottori/A3101/A310101/31000240/

7. 町屋 清水庵

「清水庵」だからこそ食べることができるのが、餅しゃぶ。商標登録してあり、鳥取以外では食べることが難しい倉吉だからこそのご当地グルメです。明治時代の町屋作りの店内で食事をするだけでも来る価値のあるお店です。

餅しゃぶの餅は、よもぎやゆず、とちなどが練りこまれているもので、12種類の様々な味を楽しむことができます。餅だけで足りない場合には、牛と豚をつけることもできるので雰囲気だけでなく、食事も満足することができる内容です。

名称 町屋 清水庵
住所 鳥取県倉吉市堺町1-876
営業時間 ランチ 11:00~14:00
ディナー 17:00~21:00(L.O.20:00)
定休日 火曜
サイト http://seisuian.jp/

8. かに吉

松葉ガニを食べるのであれば「かに吉」に行けば間違いありません。冬の旬の時期に行けば最高級の松葉ガニを食べることができます。大将が目利きをしているので美味しい松葉ガニばかりです。なんと、ミシュラン二つ星を獲得しているので、外国の人も訪れることもあります。

コースは基本的には3つですが、予算に応じて相談できるのもおすすめのポイント。もちろんおすすめはお任せコースです。美味しい松葉ガニを食べたいのであれば、かに吉の松葉ガニがおすすめです。1度食べたら他のカニで感動することが難しくなります。

名称 かに吉
住所 鳥取県鳥取市末広温泉町271
営業時間 17:00~22:00
サイト http://www.kaniyoshi.com/

9. 味暦あんべ

11月から2月の松葉ガニの旬な時期には必ず行列ができる「味暦あんべ」。予約をすることもできますが、予約をするのが難しいお店です。予約をしなくても当日に並べば入ることができるため、旬の時期には行列ができています。

おすすめは「親がに丼」。ズワイガニの雌を使用して作る丼は、内子と外子、味噌に身とカニのすべてを美味しく食べることができる究極のカニ料理です。1年の中でも限られた時期しか食べることができないので、11月から2月の間に鳥取に行くのであれば、ぜひ食べてもらいたい料理です。

名称 味暦あんべ
住所 鳥取県鳥取市弥生町175-2
営業時間 昼 11:00~13:30
夜 18:00~22:00
定休日 日曜
サイト https://tabelog.com/tottori/A3101/A310101/31000868/

10. あげあげ

鳥取の銘柄鳥である「大山どり」を食べられる居酒屋。鳥だけでなく、境漁港であがった新鮮な魚も楽しむことができます。大山どりのおすすめの食べ方はチューリップとして食べる調理方法です。もちろん焼き鳥としても食べることができます。

大山どり以外にも海鮮の種類も多く、フグの唐揚げまであります。お酒に関しても、オリジナルカクテルがあるほか、日本酒の種類も多く取り扱っています。お気に入りのお酒と一緒に美味しいつまみが魅力の居酒屋です。

名称 あげあげ
住所 鳥取県米子市明治町221
営業時間 土曜、金曜日 17:00~翌1:30(L.O.翌0:30)
日曜~木曜日 17:00〜翌0:30(L.O.翌0:00)
定休日 月曜(火曜が祝日の場合は火曜)
サイト https://tabelog.com/tottori/A3103/A310301/31002921/

飲んだ後に食べたい鳥取グルメ5選

1. 満洲味

牛骨ラーメンの元祖として有名なお店「満洲味」。外観は一軒家なので、初めて見ると驚く人が多いのが特徴です。中に入るともちろんラーメン屋ですが、意外と広くてまたもやビックリされます。思ったよりもさっぱりしている牛骨スープは1度飲むと病みつきになります。

1946年から続く老舗ラーメン店ですが、地元では昔から普通に食べられていたので、県外の人からしたら牛骨スープの珍しさが意外とのことです。最寄りの駅から少し離れていますが、車で行く人にとっては駐車場があるのでアクセスしやすい場所にあります。

名称 満洲味
住所 鳥取県米子市西福原9-21-15
営業時間 11:00~20:00
定休日 月曜
サイト https://tabelog.com/tottori/A3103/A310301/31000028/

2. 香味徳 赤碕店

「香味徳 」は、昔ながらの丼を使用していて懐かしい気持ちになります。入り口には50年間愛されて続けている牛骨ラーメンの暖簾もかかっていて、ご当地グルメとして人気のあるのも頷けます。ネギと卵とチャーシューといったシンプルな具なのもポイントです。

通常の牛骨ラーメンの人気ですが、実は、「牛骨ちゃんぽん」はとろみ好きにはたまらないメニュー。香味徳に来たのであれば,ぜひ牛骨ちゃんぽんは食べてもらいたいラーメンです。シンプルだけどクセになる美味しさです。

名称 香味徳 赤碕店
住所 鳥取県東伯郡琴浦町大字赤碕1979
営業時間 11:00~15:00(L.O.14:30)
17:00~21:00(L.O.20:30)
定休日 月曜
サイト http://www.kotoura-kankou.com/kamitoku/

3. まつやホルモン店

鳥取のご当地B級グルメ「モルモン焼きそば」を目の前の鉄板で調理してくれるお店「まつやホルモン店 」。居酒屋で出されるメニューなので昼から食べることのできるお店は珍しく、目の前の鉄板で調理してもらえるうれしさがありがたいところです。

鉄板の近いカウンター席は12席、掘りごたつの席も12席あります。ホルモン焼きそばは麺にタレを絡めるタイプと付けダレを付けて食べる2種類があります。昔からのホルモン焼きそばは付けダレで食べますが、まつやホルモン店では付けダレでホルモン焼きそばを食べます。

名称 まつやホルモン店
住所 鳥取県鳥取市吉方温泉4-432
営業時間 11:30~13:30(L.O.13:15)
17:00~22:00(L.O.21:30)
定休日 日曜、祝日、火曜日の昼(祝日は営業の場合有り0
サイト https://tabelog.com/tottori/A3101/A310101/31001933/

4. りき

女性店主が営む、地元に愛されている焼肉屋「りき」。もちろんおすすめはホルモン焼きそばです。プリプリのホルモンとピリ辛のタレは相性抜群でいくらでも食べてしまいそうな美味です。焼肉店なのに、りきといえばホルモン焼きそばと言われているのがわかります。

もちろん、ホルモンを頼んで焼いて食べても美味しいお店です。ホルモンとビールも相性抜群ですが、最後の〆でホルモン焼きそばを食べるのがおすすめの食べ方です。焼肉屋なのにホルモン焼きそばが有名なりきは、1度訪れておきたいお店です。

名称 りき
住所 鳥取県鳥取市片原4-106
営業時間 17:00〜22:00(L.O.21:30)
サイト https://tabelog.com/tottori/A3101/A310101/31000747/

5. すみれ

おでんも楽しめるので、2軒目にも1軒目にも使えるお店「すみれ」。もちろん〆には牛骨ラーメンがありますので、ご心配なく。おすすめのおでんは、セルフで取りに行くので、好きなタイミングで食べたいものを食べることができます。

1958年創業の老舗の牛骨ラーメンで地元からも人気があるお店。雰囲気もそのままで、店に入った瞬間から牛骨のいい匂いがします。鳥取を代表する牛骨ラーメンは飲んだ後でも別腹です。すっきりとしているので、何杯でも食べられるのでないかと思ってしまうほどです。

名称 すみれ
住所 鳥取県東伯郡琴浦町大字浦安189
営業時間 10:00~15:00(L.O.14:45)
17:00~21:00(L.O.20:45)
定休日 水曜
サイト https://tabelog.com/tottori/A3103/A310302/31000378/

最高のロケーションで食事をすることができるお店5選

1. 地元産天然お魚とアジアごはん アイワナドゥ 岩戸

鳥取砂丘と日本海を一望することができる大きな窓のある「アイワナドゥ」の店内。デートで訪れても、女子会で使用することもおすすめの地産地消のアジアン料理店です。毎月変わるメニューも魅力的ですが、大山鳥の唐揚げは1番人気の料理です。

メディアでも紹介されましたが、メニュー表が全品写真付きでランキングも搭載しています。初めて来た人にも選びやすい工夫がされています。アジアン料理が好きな人は、ナンプラー丼と春巻きもおすすめです。料理と風景で海外にいるかのような雰囲気を味わえます。

名称 地元産天然お魚とアジアごはん アイワナドゥ 岩戸
住所 鳥取県鳥取市福部町岩戸276
営業時間 11:00~22:00 (L.O.21:30)
サイト https://tabelog.com/tottori/A3101/A310101/31000101/

2. お食事処 若林

お店の目印は、外観にあるカニのオブジェ。オブジェにもあるように「松葉ガニ」を食べられるお店です。しかも価格がリーズナブルなので安心。外を見渡せば、日本海沿いにあるお店ですので、窓から海を見渡すことができます。

1868年に創業している水産加工会社なので、松葉ガニだけでなく、新鮮な海の幸を食べることもできます。鳥取名物の「もさ海老」もおすすめですので、違うところでカニを食べてきた人にも安心のお店。海老好きにもおすすめです。

名称 お食事処 若林
住所 鳥取県鳥取市賀露町北1-8-12
営業時間 月〜土曜
昼 11:00~14:00
夜 17:00~21:00
日曜、祝日
11:00~21:00
サイト http://www.waka2443.com/eating.html

3. Beach Cafe & Outdoor ”ALOHA”

透明度の高い海を見ながら食事をすることができるお店「Beach Cafe & Outdoor ”ALOHA”」。リアス式海岸の浦富海岸を見た後にくるのがおすすめで鳥取のデートコースとしても人気です。天気の良い日なら、打ち寄せる波を見ながらテラス席で食事をできます。

厚切りベーコンと卵がのっているナポリタンが有名です。店名にもあるようにハワイにいるかのように時間を忘れてくつろぐことができる空間が広がっています。サーフィンをする人にもおすすめのポイントとして人気です。

名称 Beach Cafe & Outdoor ”ALOHA”
住所 鳥取県岩美郡岩美町陸上636-22
営業時間 9:00~20:00
定休日 木曜
サイト https://tabelog.com/tottori/A3101/A310101/31004219/

4. アル マーレ

「アル マーレ 」は、夏に来ても冬に来ても日本海の絶景を楽しめる最高のロケーションのお店です。人気のお店なので、予約をして行くことをおすすめします。天気の良い日は、テラス席を利用して食事をすることができます。

豪華寝台列車の乗客向けとしても対応しているので、味は抜群です。何度も足を運びたくなるお店です。最寄りの駅と同じデザイナーが考えた建物ですので、一帯が雰囲気があります。鳥取に来たのであれば、砂丘と共におすすめの場所です。

名称 アル マーレ
住所 鳥取県岩美郡岩美町陸上34
営業時間 ランチ 11:30~14:00
カフェ 14:00~17:00
※1月、2月は16:00クローズ
定休日 水曜
サイト https://tabelog.com/tottori/A3101/A310101/31004822/

5. 天然美景ビューラウンジ

鳥取砂丘の近くにあるので寄りやすい穴場「天然美景ビューラウンジ」。普段、ゴルフをやらないのであれば縁はないですが、ゴルフしなくてもレストランを利用することができます。食事と一緒に景色を楽しむことができる、おすすめのレストランです。

実は、昭和天皇をはじめ皇室の方々も利用されているレストランです。鳥取砂丘を見た後にチーズケーキを食べて休憩することもできますが、烏賊丼に大山ポークを使用したカツカレーも人気のメニューです。鳥取砂丘も海の景色も楽しむコースとして検討するとおすすめです。

名称 天然美景ビューラウンジ
住所 鳥取県鳥取市浜坂打山1318
営業時間 8:00~17:00
サイト http://www.tottori-golfclub.co.jp/menu2.html

グルメだけでない、景色も楽しめるのが鳥取

ほとんどの場合は、美味しい料理で終わってしまいます。しかし、大自然に囲まれている鳥取だからこそ食事をしているときの景色まで楽しむことができます。もちろん料理も松葉ガニをはじめ大山地鶏、出雲そばと美味しいものがたくさんあります。居酒屋で飲んだ後にも、ホルモン焼きそばや牛骨ラーメンと〆のグルメもあります。最初から最後まで、景色から食事まで満足することができるのが鳥取の魅力です。

【関連記事はこちら】

▷砂丘だけじゃない!大人も子供も楽しめる鳥取県でおすすめの観光スポット20選
▷鳥取砂丘だけじゃない…!鳥取の温泉地で癒しのひとときを満喫する旅

特集

2020/06/01港町・函館で日本一の朝食を。温泉も夜景も味わう最高の癒し体験 ──センチュリーマリーナ函館

2020/05/18余韻を楽しむ大人にふさわしい、手の届く贅沢──京都悠洛ホテル Mギャラリー

おすすめ記事

人気記事