最終更新日時2019/08/05

牡蠣の産地、備前市日生町で取れる新鮮で濃厚、他では食べられない肉厚な牡蠣がお好み焼きにたっぷりの入った絶品グルメ。作り方は日生地区独自のものである点が特徴で生地と混ぜ合わせる関西風、キャベツの切り方は広島風の関西と広島の中間のこの地だからこそできる両方いいとこ取り。ご賞味あれ!

岡山でおすすめのかきおこ10選

1. タマちゃん

「タマちゃん」では目の前でジューと美味そうな音で焼かれるお好み焼きはカリッとした香ばしい表面の中はふわっとした食感。半分は岩塩、半分はソースで味付けされ、2通りの味を楽しめます。そして焼かれても縮んでいない牡新鮮な蠣がこれでもかとばかりにたっぷりと入ってます。

寒河駅から徒歩約2分というアクセスの良さからいつも大勢のお客さんで賑わっていて、店構えはTHE昭和な大衆的な雰囲気。壁には、有名人のサイン多く飾られていてこの雰囲気がたまらない。極上のカキオコでキンキンに冷えたビールなんていかがですか?

名称 タマちゃん
住所 岡山県備前市日生町寒河1118
営業時間 11:00~20:00(L.O.19:30)
定休日 火曜、第2第4水曜日
サイト https://tabelog.com/okayama/A3305/A330501/33000431/

2. うまうま

美人ママさんが芸術的に目の前の鉄板で焼きあげてれるカキオコ。 生地にざく切りの甘いキャベツを混ぜ込んだ日生風で柔らかい生地と実家が漁師であるこの店の新鮮な牡蠣の相性はばっちりです。ソースは自家製ブレンドの旨辛ソース。とてもバランスのとれた上品な味わいのカキオコです。ここの「うまうま」を一番にあげる地元の人も多いとか。

ぷりぷりの牡蠣と青ネギを醤油で炒めた漁師焼きもオススメです。牡蠣の塩気とネギの苦みがマッチしたおつまみにぴったりな一品。余談ですがこのお店、漁師の娘さんである美人で気さくな看板お姉さんが迎えてくれますよ!!

名称 うまうま
住所 岡山県備前市日生町寒河2572-3
営業時間 11:00~17:00
定休日 火曜日
サイト https://tabelog.com/okayama/A3305/A330501/33006800/

3. 浜屋 みっちゃん

大量のプリプリな牡蠣を投入してジューと美味しそうな音と共に豪快に焼いてくれるお店です。甘すぎないソースをたっぷりと塗られ、ビックサイズのふんわりしたカキオコはどこを掘っても牡蠣がゴロンゴロン。腹ペコでも大満足のボリューム満点のカキオコです。

店名にもなっている肝っ玉おかあちゃん「みっちゃん」が大きな鉄板で手際よくお客さんの様子にあわせてちゃっちゃと焼き上げてくれます。あまりにもボリュームがあるので、パックにいれてお持ち帰りするお客さんも多いとか。

名称 浜屋 みっちゃん
住所 岡山県備前市日生町日生859
営業時間 11:00~15:00
定休日 火曜(11~3月は営業)
サイト https://tabelog.com/okayama/A3305/A330501/33000461/

4. お好み焼き もり

「お好み焼き もり」ではご主人が一枚ずつカウンターで丁寧に焼いてくれるスタイルです。ご自慢のカキオコにはまるまると太った牡蠣が6~7個入っており、生地は空気をたっぷりと抱き込んでいてフワッとして軽い食感。粗めのキャベツと甘めのソースが濃厚な牡蠣の旨みとのバランスを整えています。

カキオコの美味しさはもちろんですが、ホルモンうどんも絶品!脂の甘みプリっプリのホルモンにうどんとモヤシ、キャベツなどの野菜もたっぷり。麺にはむらなくやや甘めの味噌だれソースがかかっていてます。口に入れるとぷるんぷるんのホルモンがとろーと溶けて食べ口がとてもいいかんじ。ビールはもちろん、白ごはんにも間違いなく合いそうです。

名称 お好み焼き もり
住所 岡山県岡山市北区奉還町1-6-9
営業時間 11:00~13:30 17:00~21:30
定休日 要確認
サイト https://tabelog.com/okayama/A3301/A330101/33000348/

5. お好み焼 もりした

牡蠣を直接生地の上にのせる店が多いですが、「もりした」では単独で少し多めの油で牡蠣をカリッと焼き、その後お好み焼きに入れて焼くのが「もりした」のスタイル。その結果、牡蠣にも程よく火が入り、ふんわり、やわらかな生地に牡蠣のプリッとした食感がよく合います。

味付けは醤油ベースとソースベースの2種類。醤油ベースの半分はそのまま食べ、残り半分は山椒を振りかけて食べるのおすすめです。また、ソースベースの半分もそのまま食べ、残り半分は七味をかけて食べるやり方もあります。合計4種類の味を一度に楽しむことが出来ることができるのも特徴です。

名称 お好み焼 もりした
住所 岡山県備前市日生町日生630-2
営業時間 11:00~17:00
定休日 木曜日
サイト https://tabelog.com/okayama/A3305/A330501/33001118/

6. まるみ

「まるみ」のカキオコはプリップリでクセの無いミルキーな牡蠣がどっさり山盛りで入っています。生地に挟まれて蒸されたような感じの牡蠣の火加減が絶妙で、カキのエキスでトロトロなカキオコを甘さを控えたソースとマヨネーズで食べます。

テーブルが2つにカウンター。お客は10人入れるかどうかの小さなお店ですが、満足そうにカキオコを食べるお客さんが隙間なく座っていていい雰囲気。元気なお姉さんが手際良くお好みを焼いてくれます。ここ日生では、お好みを焼いてくれる女性を年齢を問わず、「お姉さん」と呼び、リピート率は高いです!

名称 まるみ
住所 岡山県備前市日生町日生886
営業時間 10:00~19:00
定休日 不定休
サイト https://tabelog.com/okayama/A3305/A330501/33001379/

7. お好み焼き ほり

1962年(昭和37年)創業、カキオコの元祖と言われる老舗 です。広島風より厚めに生地を伸ばしその上にキャベツを置いて生牡蠣をそのまま乗せて焼くスタイル。ソースは岡山のタイメイソースを使っており甘さ控えめでキリッとした酸味が特徴。ソース自体の味が濃すぎず、牡蠣の味わいが活かされ素材を感じることができます。

「お好み焼き ほり 」は日生カキオコを提供しています。お店は 昭和の香りが残る昔ながらのお好み焼き屋さん。店舗改装をした新しい店内でとても整理整頓されて厨房も衛生的。黄緑色の可愛いお店は美味しいカキオコと丁寧な接客でいつもたくさんの人を笑顔にさせています。

名称 お好み焼き ほり
住所 岡山県備前市日生町日生886-5
営業時間 10:30~16:00
定休日 水曜日
サイト https://tabelog.com/okayama/A3305/A330501/33000402/

8. 花門S

岡山の繁華街でも駅寄りの場所にあるお店で店内は木目とレンガの壁紙で鉄板付きのテーブルが7席並んでいる小さなお店です。ここで出されるカキオコはたくさんの牡蠣からでたエキスが吸われて全体が牡蠣の風味をまとっていて口の中にひと切れ入れるごとに、牡蠣の味が広がります。紅生姜が入っていて生地は甘めでソースはサラッとしているのもこの店の特徴。

岡山のご当地グルメであるホルモンうどんも「花門S」の名物。ピリリとした辛さの中に、岡山牛のホルモンの脂からでたクセのある旨味が感じられます。濃いめの味が千切りキャベツとモヤシのシャキシャキ感を伴いながらうどんに絡みついて美味しいです。続いてプルプルな食感のホルモンが口の中に…もうビールが止まらない。

名称 花門S
住所 岡山県岡山市北区本町2-22 錦ビル 1F
営業時間 12:00~22:00
定休日 月曜
サイト https://tabelog.com/okayama/A3301/A330101/33002214/

9. お好み焼 あらた

昭和37年創業の老舗の「お好み焼 あらた」の カキオコは鉄板に少し厚めの生地を敷き の上からキャベツなどの具材を乗せていく広島風の焼き方に近いです。牡蠣を別に火を通し、お好み焼きの上に乗せその上から生地をかけひっくり返して蒸し焼きにしていきます。プリっプリの牡蠣が濃厚で、具材とソースが絡んでくる贅沢なお好み焼。

カキオコの完成度は言うまでもないですが、このお店のもうひとつの名物、おっぱい焼きもオススメ。牡蠣と青ねぎをさっといためて、仕上げに醤油をたらすだけのシンプルな一品ですが、焼いても縮まらないプリプリの牡蠣の美味しさが焼いた青ねぎと醤油の香ばしさと共に堪能できます。お値段も600円とリーズナブル。

名称 お好み焼 あらた
住所 岡山県備前市日生町日生825-2
営業時間 10:00~16:00(L.O.)
定休日 月曜日
サイト https://tabelog.com/okayama/A3305/A330501/33000403/

10. 泉富久 (せんぷく)

「泉富久 (せんぷく) 」のカキオコは関西風でもなく広島風でもありません。薄目の生地にたっぷりのシャキシャキのキャベツが敷かれ、その上にプリプリの新鮮な大振りの牡蠣が10個ほど並べられます。天かすを投入後、生地を乗せひっくり返すと牡蠣のエキスが全体に広がります。再びひっくり返し、自慢の特製ソースがたっぷりと塗られ、ネギと紅ショウガが添えられて完成!!箸でつつくたびに牡蠣がゴロゴロと出てきて大満足な一品。

この店ではカキオコはもちろん。牡蠣焼きそばもオススメです。広島風に近くソースは甘めで 麺もあまり太くなく丁度いいかんじ。牡蠣が程度よく炒められていて、外は香ばしく中はプリプリで歯応えもありとてもジューシー。当然ビールによく合います。

名称 泉富久 (せんぷく)
住所 岡山県備前市日生町日生890
営業時間 10:00~23:00
定休日 不定休
サイト https://tabelog.com/okayama/A3305/A330501/33003879/

プリップリな牡蠣がゴロゴロなカキオコ。岡山へGO!

いかがでしたか?岡山、最新厳選カキオコ10選。どのお店のカキオコもそれぞれの特徴があって魅力的たっぷり。牡蠣の旬は毎年11月ごろから春先までで、それ以外のシーズンは冷凍物を使用しているため、ぜひ旬の時期に出かけることをオススメします。他の地域でカキオコを食べようと思っても、残念ながらそう簡単に食べられるお店がないのも事実。気になるお店があったら是非チェックして岡山に出かけてください。それだけの価値がありますよ!

【関連記事はこちら】
▷岡山の絶品B級グルメ!おすすめのえびめし12選
▷岡山を訪れたらぜひ見て欲しい!おすすめのお土産を20選を紹介

特集

2020/03/30世界が注目するリゾートアイランド宮古島で、リュクスな大人のバカンスを──ホテル シギラミラージュ

2020/03/26私らしいオシャレ女子旅のススメ。箱根の森の奥深く、思わずため息が出るフォトジェニックな絶景宿 ──箱根・芦ノ湖 はなをり

おすすめ記事

人気記事