最終更新日時 2019/08/16

宮島に訪れる目的の多くは、厳島神社へのお詣りだと思います。しかし、宮島には他にも沢山の魅力があります。宮島中央部にある標高535mの弥山では、ハイキングや登山を楽しみながら、マイナスイオンを浴び心身ともにリフレッシュすることができます。ロープウェイからの景観も格別なものです。

海に囲まれた島で味わうグルメ9選

1. 牡蠣屋本店

宮島にある牡蠣の専門店「牡蠣屋本店」は、宮島で牡蠣を焼いて40年の職人のお店です。牡蠣屋の焼き牡蠣には余分な味付けが一切ありません。海の塩味だけの焼き牡蠣なので、牡蠣のお味そのままを楽しむことができるのです。

焼き牡蠣以外にも土釜で炊きあげた牡蠣めし。牡蠣むすび。牡蠣フライ。注文を戴いてから殻から取り出し、下味をしないでそのまま揚げる、特選牡蠣フライ等が人気です。また、牡蠣に合うお店おすすめの日本酒も一緒にぷりぷりで濃厚な味わいの牡蠣を心行くまで楽しみたいものです。

名称 牡蠣屋本店
住所 広島県廿日市宮島町539
営業時間 10:00〜18:00
サイト https://www.kaki-ya.jp

2. 焼がきのはやし

1948年創業の「焼がきのはやし」は、表参道商店街の真ん中に位置する焼がき発祥の老舗です。注文されてから焼きはじめるので、常に熱々の焼きたてをいただくことができます。ジューシーで香り豊かな焼きがきは、いくらでも入る気がします。

ミネラルたっぷりの地御前かきを使った料理の数々。焼きがきで味わうも良いのですが、生がきで牡蠣本来の味を楽しむのもおすすめです。お腹がすいているならば、かきフライが加わった定食もボリューム、お味と満足できます。かきめし、かきフライの単品もあります。かきのオイル漬け、かきの大根おろし等は広島の地酒と共にいただきたい一品です。

名称 焼がきのはやし
住所 広島県廿日市市宮島町505-1
営業時間 10:30〜17:00
サイト http://www.yakigaki-no-hayashi.co.jp

3. 加福食堂

昭和の時代を彷彿させる店構えの「加福食堂」は、宮島の桟橋を降りて、厳島神社へ向かう徒歩3分程のところにあります。観光地にありながら、地元の方もよく訪れる食堂であり、値段もリーズナブルになっています。

メニューも、地元特産の牡蠣を使ったかき丼、かきフライ、磯焼きの他に、親子丼やチキンライス、カレーライスなどもあります。観光地の喧騒から少しゆっくりとした時間が流れているかのような食堂で、何処か懐かしいお味のチキンライスやとろとろ卵の親子丼などをいただくのも楽しいです。

名称 加福食堂
住所 広島県廿日市市宮島町港町858
営業時間 9:00〜16:00
サイト https://tabelog.com/hiroshima/A3402/A340202/34006974/

4. ふじたや

あのお馴染みのミシュランガイドにおいて、宮島唯一の1つ星をいただいている穴子飯の「ふじたや」は、創業明治43年。当初は割烹料理屋だったのですが、穴子の美味しさが評判になり、40年ほど前からあなご専門店になりました。

メニューは、「あなごめし」のみの潔さ。天然の穴子にこだわり、お米も広島県産のコシヒカリ。代々受け継がれてきた特製タレの香りと熱々のごはん。ふっくらとした穴子とのコラボレーションは格別です。かなりの人気店ですから、お昼時を外して訪れるのがお勧めです。

名称 ふじたや
住所 広島県廿日市市宮島町125-2
営業時間 11:00〜17:00
サイト https://tabelog.com/hiroshima/A3402/A340202/34002045/

5. ◯錦本舗

「◯錦本舗」のもとは、大正元年創業の老舗旅館、錦水館です。この錦水館が百周年を迎える時に、その記念事業の1つとして「牛まん」「穴子まん」が生まれました。これまでに宮島にない味。広島や宮島にちなんだ蒸し饅頭を作ろうとして生まれた蒸し饅頭です。

牛肉には、広島牛を。穴子は地元の穴子を使用して、親しみやすさと懐かしさを感じる、ちょっとレトロな味のする一品です。店舗前の縁台で熱々をいただくのもよいですし、参道を歩きながらいただくのもワクワクします。お土産用もあるので、お家に帰ってのんびりといただくのも良いと思います。

名称 ◯錦本舗
住所 広島県廿日市市宮島町1133
営業時間 10:00〜18:00
サイト http://miyajimaman.com/since.html

6. 天扇

宮島桟橋から歩いて5分ほどのところにある宮島鮨「天扇」。瀬戸内海で水揚げされる旬の魚にこだわり、県内産の米、わさびも広島県、宮島にこだわりぬいています。また、鮨につける醤油も、素材の味を最大限に活かせるように吟味されています。

その、醤油の種類は4種類。たまり醤油、すだち醤油、つめ、土佐醤油。米には米酢と赤酢をブレンドし、素材とそれを取り巻く名脇役たちとのコラボレーションを堪能することができます。そして、お鮨には日本酒がお勧めです。夏なら冷やで広島の地酒、沙羅双樹がお勧めですが、地元廿日市の地酒、弥山も外しがたいと思います。

名称 天扇
住所 広島県廿日市市宮島町810-1
営業時間 ランチ 11:30〜14:00
ディナー 17:00〜22:00
サイト http://miyajima-tensen.jp

7. お食事処梅山

「大阪発!電車で行くワケあり女の開運ひとり旅2」で紹介された郷土料理のお店「お食事処梅山」です。創業100年の牡蠣と穴子料理の老舗であり、定食、麺類、一品料理も豊富にあります。店内は明るく落ち着きがあり、旅で疲れた体をゆっくり休める居心地の良いお店です。

宮島の美味しいを釜で炊き込めた「あなご釜めし」や「カキ釜めし」は、素材の味と質感がそのまま味わえる美味しさですし、お酒の好きな方には、「牡蠣の塩辛」がお勧めです。人気店なので、外で待つこともありますが、待っている間に焼き牡蠣をいただくこともできます。

名称 お食事処梅山
住所 広島県廿日市市宮島町浜ノ町844
営業時間 10:00〜17:00
サイト https://tabelog.com/hiroshima/A3402/A340201/34002676/

8. 大和屋

厳島神社の出口より歩いて3分の「お食事処 大和屋」は、ふっくらと柔らかく焼きあげた穴子めしがおすすめです。穴子めしに掛けられている自家製タレは、長年継ぎ足し作られてきており、香りゆたかで穴子の風味をうまく引き立てています。温かい穴子めしから立ち上るそのタレの香りに食欲もそそられます。

メニューには、うどんや蕎麦などの麺類などもありますが、お客さんの殆どの方が「穴子めし定食」を注文しています。完全禁煙の清潔な店内は落ち着きがあってのんびりとした気分にさせてくれます。穴子めしは、お持ち帰り用もあるので、お土産にもおすすめします。

名称 大和屋
住所 広島県廿日市市宮島16
営業時間 10:30〜16:00
サイト https://tabelog.com/hiroshima/A3402/A340202/34015553/

9. 三遊姫

にぎり天の食べられる「三遊姫」は、宮島の表参道商店街の中にあります。厳島神社にほど近いところにあり、向かい側には揚げもみじ饅頭が食べられるお店もあります。にぎり天とは、宮島名物のかまぼこを素揚げにした食べ物で、かまぼこを棒状に握って作る際に色々な食材をねじりこんで作ります。

種類は、えび、たこねぎ、アスパラガス、チーズベーコン、あなご、ごぼう等10種類があり、1本、300円ほどです。注文してから揚げてもらえるので、熱々をいただくことができます。中々ボリュームがあるので、色々なお味を楽しみたい方はお土産にされるのをお勧めします。

名称 三遊姫
住所 広島県廿日市市宮島町459-7
営業時間 営業時間、定休日はご来店前に店舗に確認ください。
サイト https://tabelog.com/hiroshima/A3402/A340202/34010952/

やっぱりお好み焼きも魅力的。お好み焼きともう1店でおすすめ4選

1. お好み焼ききしべ

表参道から一本入った通りにある「お好み焼ききしべ」は、地元の方と外国人観光客に親しまれているお好み焼き屋さんです。お店はこじんまりとしており、予約もできないので混んでいる時は少しまちます。家庭的な雰囲気で安心感を感じることができます。

メニューは、お好み焼きとラーメンがメインです。お好み焼きは、おたふくソースの甘さとキャベツのシャキシャキ感がとても良くからんでいて、ボリュームはあるのに、ペロリと食べることができます。地元の方向けのお店なので値段もリーズナブルです。

名称 お好み焼ききしべ
住所 広島県廿日市市宮島町483-2
営業時間 11:00〜14:00、17:00〜21:00
サイト https://tabelog.com/hiroshima/A3402/A340202/34014823/

2. だるまの八昌宮島店

宮島産の牡蠣を使った美味しいお好み焼きを食べたいのなら「だるまの八昌宮島店」をおすすめします。こちらのお店は古民家をリフォームしたモダンな落ち着いた店内で、その日に殻から取り出した新鮮な牡蠣を使った鉄板焼きやお好み焼きをいただくことができます。

牡蠣がたっぷりトッピングされた「カキ・肉・玉子そば」もお好み焼きの贅沢を極めているようで見逃せません。日本酒などのアルコールも充実しているので、全面禁煙の落ち着いた店内で、のんびりと旅の疲れを癒すのはいかがでしょうか。

名称 だるまの八昌宮島店
住所 広島県廿日市市宮島町久保町278
営業時間 10:30〜20:30
サイト https://tabelog.com/hiroshima/A3402/A340202/34023032/

3. お好み焼きももちゃん

宮島の桟橋からほど近いところに位置している「お好み焼きももちゃん」は、家庭的な味を大切にした親しみやすいお店です。木目を基調にした店内は暖かみがあり、落ち着いた雰囲気です。お好み焼きの種類も豊富で好みに合わせてトッピングができることも楽しいです。

この投稿をInstagramで見る

@yask0yがシェアした投稿

お好み焼き以外にもおすすめなのが、店先で白い湯気を立てている大きなセイロ。その中で蒸されているのが、「穴子竹輪」です。穴子の味は殆どわからないのですが、プルプルとした食感と旨みがくせになる美味しさです。

名称 お好み焼きももちゃん
住所 広島県廿日市市宮島町北之町浜553
営業時間 9:00〜18:00
サイト https://tabelog.com/hiroshima/A3402/A340202/34003219/

4. ぺったらぽったら本舗

厳島神社に向かう途中、思わず美味しい香りに誘われフラフラと入りたくなるお店が「ぺったらぽったら本舗」です。店先で炭火を使い焼いているので、その香ばし香りがあたり一面に拡がっているのです。新しい宮島の名物として人気です。

ぺったらぽったらとは、外はカリッと、中はもっちりの新食感。広島産のもち米とうるち米を使用し、天然の「あなご」を入れたものと、瀬戸内で育った「牡蠣」を入れたものの2種類があります。無添加、手作りにこだわり作られており、秘伝の醤油と炭火で焼きあげた旨みを楽しむことができます。

名称 ぺったらぽったら本舗
住所 広島県廿日市市宮島北之浜1183-2
営業時間 10:00〜17:30
サイト http://pettarapottara.com/info/

旅先とは言え、洋風な食事もしたい5選

1. 宮島レ・クロ

明治45年に建てられた邸宅をリノベーションしたレストラン「宮島レ・クロ」は、日本の伝統と西洋のモダンさが見事にコラボレーションされたレストランです。その空間で時代の喧騒を離れ、ほっと一息つかれてはいかがでしょうか。

お料理は地元でとれたあなごや牡蠣を使ったイタリアンが中心になります。牡蠣のクリームパスタやあなごのトマトスパゲティ、牡蠣のリゾットも最高です。広島牛のステーキもランチでいただくとリーズナブルです。日常から離れた空間で美味しい料理とともに心だけタイムスリップできる。そんなレストランです。

名称 宮島レ・クロ
住所 広島県廿日市市宮島町527-1
営業時間 カフェ11:30〜17:00ランチ11:30〜14:30ディナー17:30〜21:00
サイト http://lesclos.jp/miyajima_les_clos

2. sarasvati

厳島神社の裏から町屋通りに抜ける道沿いにある「sarasvati」は、古民家をリノベーションした趣のあるカフェです。厳島神社は、朝の6:30から参拝出来るので、前日から泊まり早朝に参拝されるのがおすすめです。

そして、参拝を済ませてからこちらのカフェでのんびりと朝食をいただくのはいかがですか?ボリュームのあるサンドイッチとオレンジジュース。香り豊かなコーヒーで始まる1日は、とても素敵な1日になるはずですよ。

名称 sarasvati
住所 広島県廿日市市宮島町407
営業時間 8:30〜19:00
サイト https://tabelog.com/hiroshima/A3402/A340202/34012090/

3. 宮島Cafe&Barバンビーノ

宮島の表参道商店街にあり、深夜まで営業している数少ないカフェバーが、「宮島Cafe&Barバンビーノ」です。旅先のお昼過ぎにのんびりとした時間を過ごしたり、夜遅くにお友達や恋人と一緒に訪れ、BGMに静かに耳を傾け旅の思いでを語るのもよいでしょう。

ランチでは、濃厚な風味の牡蠣クリームパスタがおすすめです。宮島島内の自家農園で育った野菜も彩りを添えてます。おやつには、季節の彩りが嬉しいスイーツも充実していますし、夜は、静かに音楽を楽しみながら食事とお酒も楽しめるBarとなります。厳島ジンジャエールも評判です。

名称 バンビーノ
住所 広島県廿日市市宮島町536-9中屋ビル2F
営業時間 12:00〜翌1:00
定休日 月
サイト https://miyajima-bambino.com/

4. MIYAJIMA BREWERY

静かな瀬戸内海を一望できるレストラン「MIYAJIMA BREWERY」は、時間をかけて作ったオリジナルのドラフトビールの生樽を9種類楽しむことができるビアレストランです。また、ビールや他のお酒に合う、宮島の特産品を使った料理を堪能することもできます。

もみじエールやオイスタースタウト、広島レモンエール等、広島らしいネーミングのビールは、観光客だけではなく、地元の方にも愛されています。料理も地元特産の牡蠣や穴子、広島鶏等を使った料理が人気です。広島産の蒸し牡蠣山穴子のフリッター、穴子のオムレツが人気です。

名称 MIYAJIMA BREWERY
住所 広島県廿日市市宮島町459-2
営業時間 12:00〜16:00 17:00〜20:45
サイト http://miyajima-brewery.com

5. 御茶処沖みつ

表参道から少し外れた坂の途中にある「御茶処沖みつ」は、歩き疲れた身体を休ませてあげるのに最適な甘味処です。ザル茶そばや穴子めしなどもありますが、夏の暑い時期にはこちらのかき氷や冷やしクリームぜんざい等がおすすめです。

ワラビ餅なども甘いきな粉がたっぷりかかって、わらび餅のとろけ具合が素晴らしいのです。また、もみじまんじゅうがトッピングされたパフェもボリュームがあって、ちょっと小腹がすいている時にも充分に満足できます。お値段も観光地にしてはとても良心的でリーズナブルです。

名称 御茶処沖みつ
住所 広島県廿日市市宮島町319-4
営業時間 10:00〜16:30
サイト https://tabelog.com/hiroshima/A3402/A340201/34002737/

神々と人とが共存する宮島で出逢うグルメの数々

宮島には、さまざまな観光名所があり、春夏秋冬の四季を通じて色々な表情を見せてくれます。自然豊かな土地だからこそ育まれてきたグルメ。観光地だからこそ一期一会を大切に、おもてなしの心いっぱいのこの宮島でおいしいものを沢山いただきました。また、自然の中で日頃のストレスも浄化され、神さまに少しふれる中で、心もおなかも幸せに満たされました。さて、明日からまた頑張れる。そんな元気をいただいた宮島グルメ18選です。

【関連記事はこちら】

▷宮島で美味しいものを食べよう!絶対外せない名物グルメ20選
▷広島でおすすめのお土産20選!定番なお菓子からおしゃれな小物をご紹介

特集

2019/08/26【宿泊体験】唯一無二の宿泊体験を求めて-MAGACHABARU OKINAWA-

2019/06/21泊まる、森に抱かれた大人のためのヴィラ【伊豆高原】ー宿泊体験記vol.5ー ABBA RESORTS IZU -坐漁荘

人気記事