最終更新日時2019/09/10

日本で1番面積が小さい香川県には、金比羅宮と、四国八十八箇所のうち23箇所があり、訪れる観光客も日本人ばかりではありません。もともと、柔軟性に長けている県民性を持ち、美味しいグルメもたくさん生まれました。全部は紹介しきれませんが、香川県で見つけた美味しいものを集めました。

まずはうどん以外の9選

1. 美奈登琴平店

琴平駅から徒歩8分ほどのところにある「美奈登琴平店」は、ご当地グルメの「骨付鳥」や新鮮な海鮮料理が美味しい一軒家レストランです。オリジナルのスパイスで味付けした骨付鳥をオーブンでじっくり焼き上げた一品は、ビールと一緒に食べても最高です。

カウンター、テーブル席、個室があるのでひとりでぶらりと入っても、ちょっとした集まりに利用しても良さそうです。また、日本酒が豊富な上に半合から頼めるので、新鮮な魚介をあてに色々なお酒をのみ比べることもできます。

名称 美奈登琴平店
住所 香川県仲多度郡琴平町246-5
営業時間 ランチ11:00〜14:30
ディナー17:00〜24:00
サイト https://tabelog.com/kagawa/A3703/A370302/37003263/

2. いただきさんの海鮮食堂

高松卸売市場から歩いて3分ほどの「いただきさんの海鮮食堂」は、瀬戸内海の本当に美味しい魚を皆さまにお届けしたい、そんな思いから魚卸と漁師が共同で立ち上げた食堂です。一見、プレハブの工場みたいで暖簾と看板がなければ、食堂とはわからない佇まいです。

プロの確かな目利きで選んだその日1番の魚を、漁師料理や家庭料理で提供するので、決まったメニューはありません。お店に入るとレーンに並べられた料理を好きなように選んで、お会計するセルフサービス形式です。天ぷらやフライは注文してから上げてくれるので、熱々のサクサクがいただけます。

名称 いただきさんの海鮮食堂
住所 香川県高松市茜町4-41
営業時間 11:00〜14:00
サイト http://www.itadakisan.com/

3. 一鶴高松店

琴電「瓦町駅」から歩いて10分のところにある「一鶴高松店」は、創業60年の骨付き鳥の専門店です。鳥のモモ肉をまるごと1本、特製のスパイスで味付けし、じっくりと焼き上げています。熱々をパリパリに焼けた皮ごとかぶり付けば、ジュワーと肉汁が溢れ出してきます。

おやどり1,008円は、かみごたえがあり、味も濃厚です。一方、ひなどり894円は、柔らかくジューシーなので、子どもからお年寄りまで無理なくいただけます。お店も元気があって、店員さんの感じもよく、気持ちよく食事のできるお店です。

名称 一鶴高松店
住所 香川県高松市加治屋町4-11
営業時間 平日 17:00〜23:00
土・日・祝日 11:00〜23:00
サイト https://www.ikkaku.co.jp/shop-area-takamatsu.html

4. おーしゃん食堂

道の駅「豊浜」内にある「おーしゃん食堂」は、地元で3代続いている鮮魚店が営む海鮮食堂です。地産地消にこだわり、旬の食材を使った料理が人気です。特に10月に解禁され1月中旬まで楽しめるオリーブハマチが人気です。

オリーブハマチとは、ハマチの養殖を日本で初めて成功させた香川県が、独自のブランドハマチを生産しようと、酸化しにくい肉質を持ったハマチを作るために、県花、県木であるオリーブの葉を餌に混ぜ与え育てたハマチのことです。

名称 おーしゃん食堂
住所 香川県観音寺市豊浜町箕浦2506
営業時間 11:00〜15:00
サイト https://tabelog.com/kagawa/A3703/A370301/37008886/

5. 麺処まはろ

JR高徳線「かんざき駅」から歩いて15分ほどのところにある「麺処まはろ」は、美味しいうどんで有名なうどん屋です。毎朝4時から手打ちされる麺、そしてスープに定評があります。特におすすめしたいのが、天ぷらです。

メニューにある天ぷらは、うどんとは別盛りの揚げたてで提供されます。特に「べえすけの天ぷら(瀬戸内海で捕れる太い穴子)」がおすすめ。天ぷらを1つ頼むと野菜の天ぷらもついてくるので、かなりお腹いっぱいになりますよ。

名称 麺処まはろ
住所 香川県さぬき市寒川町神前3970
営業時間 平日 11:00〜14:00
土日 10:30〜15:00
定休日 水曜日
サイト https://tabelog.com/kagawa/A3704/A370401/37001543/

6. 小豆島手延べそうめん作兵衛

池田港から車で8分ほど、バス停「丸山」下車。土庄方面へ下り道を歩いて8分ほどのところに「小豆島手延べそうめん作兵衛」はあります。ここでは、予約をすれば、手延べそうめん作りの体験をすることもできます。

もちろん、工場直送のそうめんを店内でいただくことも可能。特産品のオリーブを使ったオリーブそうめんやつけそうめん等があります。できたてそうめんのモチモチ感がたまらない感じです。だしつゆもおだしの味がしっかりしているので、そうめんによく合います。

名称 小豆島手延べそうめん作兵衛
住所 香川県小豆島郡小豆島町池田3936
営業時間 10:00~15:00
定休日 木~土曜
サイト http://sakube.co.jp/user_data/sakube.php

7. ステーキハウス一牛

黒毛オリーブ牛専門店の「ステーキハウス一牛」は、落ち着きのある和モダンの店内で個室、ソファー席、テーブル席と、落ち着いて食事を楽しむことができます。オリーブ牛は、店主自らが職人の確かな目利きで1頭買い付け、備長炭で各部位に合わせた焼き方で焼いています。

ステーキが1番の人気ですが、オリーブ牛100%のハンバーグもおすすめです。厚みのあるハンバーグに酸味のあるソース。サイドの焼き野菜もチーズに包まれ濃厚です。牛だけではなく、野菜も地元の野菜を吟味して使っているそうで、各所にこだわりが見られるお店です。

名称 ステーキハウス一牛
住所 香川県高松市太田下町2306
営業時間 平日 11:30~15:00 17:30~23:00
土日祝日 11:00~15:00 17:00~23:00
サイト http://www.steakhouse-ichigo.jp/

8. 酒と料理のなつ

琴電「瓦町駅」より歩いて5分ほどのところにある「酒と料理のなつ」は、一見、普通の居酒屋ですが、中に入ると落ち着いた、居心地のよい空間が拡がっています。個室もあるのでプライベートな集まりにも利用できますし、お座敷もあるので会社の飲み会等にも利用できます。

地元、四国の食材を使うことにこだわり、料理も旬を感じる小粋な日本料理。香川のお酒、地酒も豊富に取り揃えてあり、料理とともに日本酒も味わえます。また、コース料理を頼むと日本酒が呑み放題になるのも嬉しいサービスです。

名称 酒と料理のなつ
住所 香川県高松市瓦町1-4-10
営業時間 月〜土 18:00~翌1:00
日 18:00~23:00
サイト https://tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37000441/

9. エビスヤ本店喫茶部

「片原町駅」より3分くらいの「エビスヤ本店喫茶部」は、もともとは和菓子のお店で、美味しい和菓子を店内でゆっくり味わってもらおうと喫茶店も始めたそうです。店内はレトロな雰囲気の昔ながらの喫茶店。高松市内では老舗として有名です。

夏はかき氷がとても人気です。特に抹茶味のかき氷が人気。見た目は何の変哲もなくあずきも中に仕込んでいるために地味な見た目ですが、一口食べると抹茶の風味が口いっぱいに拡がります。またここでは、香川名物のあんもち雑煮も食べられます。白味噌仕立ての雑煮に金時人参と大根、かまぼこ、そしてあんもちが入っており、なんとも絶妙なお味です。

名称 エビスヤ本店喫茶部
住所 香川県高松市片原町2-2
営業時間 9:00〜18:00
定休日 水曜
サイト https://tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37002785/

柔軟性が生んだ創作グルメ5選

1. 手打ちうどんてっちゃん

昭和40年代の香川で、学校帰りの子供達がうちに帰って食べていた「ぴっぴっ飯」。それを再現したのが「手打ちうどんてっちゃん」です。うどん屋さんとしてもかなりの評判のてっちゃんですが、今回はあえてぴっぴっ飯の紹介をします。

ぴっぴっ飯とは、コシのあるうどんとごはんを自家製だし醤油で香ばしく炒めたものです。独特の食感をしていますが、ボリュームもあり、癖になるお味です。ぴっぴっとは、香川で子供用に使われるうどんのことです。

名称 手打ちうどんてっちゃん
住所 香川県坂出市西庄町578-3
営業時間 9:00〜19:00
サイト https://www.kbn.ne.jp/home/tecchan/

2. 元祖たこ判小前

大判焼きの型でたこ焼きの具材を焼く、たこ焼きとお好み焼きの中間的な存在であり、キャベツがだって入っているのでボリュームがありながらリーズナブルなたこ判の発祥の店「元祖たこ判小前」。昔ながらの駄菓子屋の雰囲気で、店内にはテーブルと椅子もあり、店内でいただくこともできます。

店舗で注文すると、それから作り始めるため30分以上かかるので、できれば電話で予約してから訪問するのをおすすめします。メニューもかなり充実しているので、目移りしますが、ボリュームがあることを忘れてはいけません。

名称 元祖たこ判小前
住所 香川県三豊市仁尾町尾辛33-9
営業時間 9:00〜19:00
サイト https://tabelog.com/kagawa/A3703/A370303/37002326/

3. ナカノヤ琴平

こんぴらさんの石段の1番近くに駐車場があり、参拝、食事、買い物にとても便利な「ナカノヤ琴平」は、楽しく讃岐うどん作りを体験できる「中野うどん学校」でも有名なお店です。そして、もう1つ「おいりソフト」も忘れてはいけません。

おいりとは、もともとは香川県の伝統的な嫁入り菓子でカラフルなあられのことです。このおいりを可愛くトッピングしたのが「おいりソフト」。濃厚なソフトクリームとパフパフのおいりがベストマッチング。インスタ映えもする上に予想以上に美味しいソフトクリームです。

名称 ナカノヤ琴平
住所 香川県仲多度郡琴平町796
営業時間 8:30〜18:00
サイト https://tabelog.com/kagawa/A3703/A370302/37004293/

4. 元祖かっしゃ焼

まぁるいフォルムの外観に、上に乗っているのはソースにカツオ粉。その姿はたこ焼きそのもの。お箸でつまむと外はふわふわ、お口に入れると、中はトロトロ、だけど中身はスパイシーで濃厚なカレー味の鶏肉なのです。これこそが「元祖かっしゃ焼」のかっしゃ焼きです。

中身の鶏肉は、カレーの下味にたっぷり3日間も漬け込んでいます。 このかっしゃ焼きは、タコが手に入りにくい香川県で、タコの代わりに鶏肉を入れて焼いていたのが始まりだそうです。鶏肉のことを「かしわ」と呼ぶので「かしわ焼き」、それが変化して「かっしゃ焼き」と呼ぶようになったそうです。

名称 元祖かっしゃ焼
住所 香川県高松市新田町甲2483-6
営業時間 10:00〜19:00
サイト http://www.kasshayaki.com/

5. 津田の松原サービスエリア

「津田の松原サービスエリア」には、うどんもあれば、お土産もあって、ちょっとしたグルメもありながら、ここにしかないものもあります。ここのうどんが美味しいことは知られていますが、瀬戸内海鮮丼ぶりや讃岐骨付き鳥も人気です。

お土産では讃岐うどんだしのきいたドレッシングや和三盆を使ったプチケーキ、さぬきおいりなども喜ばれます。だけど、忘れてはいけないのがここでしか食べられない「さぬきうどんバーガー」です。しょうが風味の醤油ダレを絡めたうどんに鶏肉ハンバーグ、ネギとカツオ節、目玉焼きをバンズでサンドしました。土日祝日だけの個数限定販売です。

名称 津田の松原サービスエリア
住所 香川県さぬき市津田町鶴羽939-1
営業時間 24時間営業
サイト https://sat.anabuki-enter.jp/outbound/

やっぱり讃岐うどんは食べたい5選

1. 山越うどん

「山越うどん」は、自然の恵み豊かな讃岐山脈のふもとで、手間ひまかけて、丹精に作られたうどんです。コシのあるモチモチ感とつるんとしたのど越し。もともとは近くの商店に卸すうどんを作っていたのが、近所の人が玉売りのうどんを買いにくることをきっかけにして、店舗として営業するようになったそうです。

駐車場は、200台分。庭に喫煙場所を設け、分煙しています。メニューは「かまたま」「かまたまやま」「つきみ」「つきみやま」「やまかけ」「かまあげ」「つけ」「かけ」の8種類です。お土産用もありますし、webからも注文できます。

名称 山越うどん
住所 香川県綾歌郡綾川町羽床上602-2
営業時間 9:00〜13:30
定休日 日曜
サイト http://yamagoeudon.com/

2. 讃岐うどん がもう

道幅の狭い田んぼ道と、やはり道幅の狭い住宅地の先に「讃岐うどんがもう」はあります。時間によってはかなりの行列ができますが、回転が早いのでさほど待つことはありません。外観からしてさほど広くはない店内なので、外のベンチでいただく人も多いです。

メニューはうどん一玉150円、うどん中(2玉)250円、うどん大(3玉)350円です。冷たいうどんか、温いうどんか、釜揚げかを注文時に言います。そして、かけ出汁か、濃口出汁か、醤油かも伝えます。サイドメニューに天ぷら100円、あげ100円、温泉卵100円、生卵50円があります。シンプルイズベストです。

名称 讃岐うどん がもう
住所 香川県坂出市加茂町420-1
営業時間 8:30〜13:30
定休日 日・月曜日
サイト https://tabelog.com/kagawa/A3702/A370201/37000019/

3. 山内うどん店

黒川駅よりタクシーに乗るか、レンタカーや自家用車でしか行けない「山内うどん」ですが、訪れる人は後を絶ちません。メニューはとってもシンプルに「あつあつ(小)200円」「ひやひや(小)200円」「ひやあつ(小)200円」「かけそば(小)250円(大)350円(特大)450円」です。

山のふもとの雰囲気のある山内うどん店では、薪を使って一気にうどんを湯がきます。そうすることで独特のコシが出るのだとか。さらに、そのコシを一層強くする地下水でしめたうどんと、温かいダシを組み合わせた「ひやあつ」が美味しいです。サイドメニューとして大きなゲソ天がおすすめです。

名称 山内うどん店
住所 香川県多度郡まんのう町十郷字大口1010
営業時間 9:00~麺終了次第
サイト https://tabelog.com/kagawa/A3703/A370302/37000007/

4. 純手打ちうどんよしや

機械を一切使わずに手で練り、足で踏んで、包丁で1本ずつ手切りする。愛情と手間を惜しまずに作られたうどん。1本、1本が個性的であり、ダシとのからみが絶妙です。メニューも豊富でどれを食べようか迷うのも贅沢。

夏はすだちひやひやが人気。冷たいおだしのひやひやうどんの上に、薄くスライスされたすだちがたくさん乗っています。夏季限定メニューで、地元の方はスライスされたすだちも皮ごと食べるんだそうです。おだしはいりこの風味と昆布の旨みがバランスよく、最後まで飲み干せてしまいます。

名称 純手打ちうどんよしや
住所 香川県丸亀市飯野町東二343-1
営業時間 7:00〜15:00
定休日 火曜
サイト https://tabelog.com/kagawa/A3702/A370202/37004606/

5. 手打ちうどん鶴丸

高松市の瓦町から歩いて5分。「飲んだあとのシメにうどんを一杯。そんな店があっても面白い。」と始めたお店も創業32年。「手打ちうどん鶴丸」では、完全手打ちの生麺で、夜中でも茹でたてを提供してくれます。

ここでのおすすめはカレーうどん。太くてモチモチ、少し柔らかめのうどんにおだしのきいたカレースープがほどよくからまり、ほろ酔い気分になった舌も目を覚まします。 高松で呑んだあとは、鶴丸のカレーうどんでしめる。それで高松に来たと実感できるのです。

名称 手打ちうどん鶴丸
住所 香川県高松市古馬場町9-34
営業時間 20:00〜翌3:00 定休日(日)
サイト https://tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37000044/

香川県民だからこそ、生まれたグルメの数々。

香川県は日本で1番小さな県ですが、災害が少なく、都市の便利さと自然の豊かさがうまく調和している県です。金刀比羅宮をはじめとして沢山の観光施設もあり、日本人だけではなく、外国からの観光客も多い県です。香川県民は、解放的で勤勉な県民性を持ち、柔軟な思考力があります。だからこそ生まれたグルメの数々。もちろん、うどんも美味しいけれども、香川県に行ったなら、他のグルメも是非お試しください。きっと初めて出会う味に感動すると思います。

【関連記事はこちら】

▷香川県に来たら訪れたい!おすすめグルメ・観光スポット40選
▷香川のご当地グルメが大集結!こんぴらさんのおすすめ最新グルメ20選

特集

2020/08/06東京の空に漂う。心解き放つ絶景ステイ──ザ・ゲートホテル雷門 by HULIC

2020/07/01鎌倉で泊まるのに便利で人気のホテル・宿泊施設10選

おすすめ記事

人気記事