最終更新日時2019/10/08

琴平と言えば、こんぴらさんや金刀比羅宮で知られる香川県有数の人気の観光スポットです。長い石段を上がるこんぴら参りの後は、美味しい琴平グルメを楽しみたいもの。香川・琴平には名物のうどんが味わえるお店がたくさんあります。ここではご当地うどんが楽しめるおすすめうどん店をご紹介。

琴平でご当地うどんが楽しめるうどん店10選

1.こんぴらうどん本店

「こんぴらうどん本店」はこんぴらさん参道沿いにあるご当地うどんで知られる名店です。創業65年の歴史を持つ老舗で、お店の建物は築100年以上もあり、登録文化財にも指定されています。当時のままの面影を残す外観は歴史的な価値を感じる味わい深い佇まいです。

全100席のテーブル席と小上がりがあり、広々とした空間が広がる店内。年季の入った調度品が置かれ、入り口正面にはうどんを抱えた大黒様が鎮座していて、訪れる人々を迎えてくれます。粉の状態から麺が茹で上がるまで全ての工程を店内で行い、こだわりの名物うどんを提供するおすすめ店です。

おすすめメニューは琴平のコシのあるうどんを楽しめる「ぶっかけうどん」です。口に入れるとプリプリの弾力を感じることができます。また、お出汁をかけずに特製醤油をかけて食べる讃岐うどんならではの「しょうゆうどん」や讃岐米をブレンドした「炊き込みご飯」もぜひ味わってみてください。

名称 こんぴらうどん 本店
住所 香川県仲多度郡琴平町810-3
営業時間 8:00~17:00
サイト http://www.konpira.co.jp/

2.てんてこ舞

「てんてこ舞」は琴平駅から徒歩10分、こんぴらさんに登る参道の入り口近くにあります。お店は1850年の江戸時代に建てられ、築150年の歴史を持ち、風格漂う立派な建物が自慢。うどん作り体験で有名な中野うどん学校の系列で、店先の可愛い青鬼キャラクターがお出迎えしてくれます。

お店は完全セルフスタイルで、まずカウンターでうどんを注文し、丼ぶりを受け取ったら天ぷらコーナーで好きな具材を選択。最後に会計を済ませ、全60席ある広い店内でゆっくりと名物のうどんを楽しめます。朝9時半から16時まで、売り切れ次第終了となりますので早い目の来店がおすすめ。

定番人気のうどんメニューは、「かけ」「しょうゆ・ぶっかけ(温・冷)」があり、それぞれ麺の量の小(350円)と大(450円)を選択できます。イリコと昆布の旨みがギュッとつまったお出汁と喉越し爽やかな中細のストレート麺が抜群の相性。リーズナブルに美味しい琴平グルメを堪能できます。

名称 てんてこ舞
住所 香川県仲多度郡琴平町717
営業時間 9:30~16:00(売切れ次第終了)
サイト http://www.nakanoya.net/tentekomai/

3.将八うどん琴平店(しょうはちうどん)

「将八うどん 琴平店 (しょうはちうどん)」は琴電琴平駅から徒歩2分、琴平エリアでは駅近のお店です。入り口両端の白い提灯と紺色の大きな暖簾が印象的。香川県の西讃地域で有名な老舗として知られており、アットホームな雰囲気の店内で美味しいうどんを楽しめます。

セルフ式ではなくオーダー式で、席についてゆっくりと美味しいうどんを味わえます。大きな一軒家のうどん店で、店内は約30席ほどのテーブル席があり、昔なつかしい雰囲気が漂う落ち着く空間です。営業時間は10時から15時のランチタイムのみとなります。

お得なサービスランチは、Aしょうゆうどん(冷)、Bかけちくわうどん、Cゆだめうどん、Dカレーうどん(各550円)です。それぞれおむすび1個とおでんが付いていてボリューム満点。お店のおすすめはしょうゆうどんで、途中から柚子酢を入れて味変しても美味しくいただけます。

名称 将八うどん 琴平店 (しょうはちうどん)
住所 香川県仲多度郡琴平町郵便局前664-14
営業時間 10:00~15:00
定休日 火曜日
サイト https://tabelog.com/kagawa/A3703/A370302/37001456/

4.ナカノヤ琴平

「ナカノヤ琴平」は、建物の2Fに取り付けられた大きな樽が印象的な有名店です。1Fは地産のこんぴらさん土産売り場となっており、右手には名物「おいりソフトクリーム」売り場があります。「うどんグミ」など、うどんを扱った珍しい商品も販売している創業100年を誇る老舗です。

2Fには自分で小麦粉から練ってうどんを打つことができる「中野うどん学校琴平校」があります。団体はもちろん、個人でも申込み可能で、自分で切って食べることができる「讃岐巻物うどん」も人気。琴平でうどん打ち体験をしてみたいという方はぜひ挑戦してみてください。

自分で手打ちしたうどんを味わった後は、こちらのお店の名物「幸せを呼ぶ嫁入りおいりソフト」もおすすめです。おいりとは、柔らかくてフワッと口で溶けるカラフルな米菓子のこと。上品な甘さの濃厚なソフトクリームにパフパフのおいりがよく合います。インスタ映えするソフトとして女性に大変人気です。

名称 ナカノヤ 琴平
住所 香川県仲多度郡琴平町796番地
営業時間 8:30~18:00
サイト http://www.nakanoya.net/

5.狸屋(たぬきや)

「狸屋 (たぬきや)」は琴電琴平駅から徒歩5分、「宗家 金毘羅饂飩」と書かれた大きな木の看板が目印のお店です。琴平エリアではグルメスポットとして知られており、旅行者や海外観光客も多く訪れます。コシの強いご当地うどんを楽しみたい方におすすめしたいお店です。

広々として落ち着いた和式の店内には全100席ものスペースが用意されています。テーブル席と座敷席があり、柔らかい光の間接照明がゆったりとした空間を演出。完全フルサービスのお店で、うどんをはじめ、定食メニューや一品メニュー、おにぎりなどもあります。

お店自慢のメニューは「金比羅饂飩」です。牛肉と油揚げ、山菜、ワカメなど具がたっぷりトッピングされボリューム満点。また、シンプルに讃岐うどんを味わうなら、麺の仕上がりを感じることができる基本の「かま玉」「釜揚げ」「ぶっかけ」「生じょうゆ」がおすすめです。

名称 狸屋 (たぬきや)
住所 香川県仲多度郡琴平町700-8
営業時間 9:00~17:00
サイト https://tabelog.com/kagawa/A3703/A370302/37000707/

6.おがわうどん

「おがわうどん」は、琴平駅から土讃線沿いに南へ徒歩6分程の場所にある讃岐うどんのお店です。こんぴらさんの参道方面ではないため飲食店や土産物店で賑わうエリアではありませんが、細麺のうどんで知られる名店。琴平でゆっくり落ち着いてご当地グルメを味わいたい方は、ぜひ立ち寄ってみてください。

店内はテーブル席のみで、讃岐うどんスタイルのセルフ式ではなく、一般的なアットホームな食堂といった雰囲気。丁寧で物腰柔らかな接客で、訪れる人を優しく出迎えてくれます。うどんの麺は太麺と細麺から選択でき、細麺はプラス100円です。他の讃岐うどんとまた違った食感を楽しめます。

お店の看板メニューは「しっぽくうどん(細切り)」です。鶏肉や人参、ちくわにしめじ、小芋、ネギなどが入っているのが大きな特徴。けんちん汁のようにたくさんの具が入る香川県ならではのご当地グルメです。プリッとした麺の食感と、具材のお出汁を吸った豊かな味わいを堪能できます。

名称 おがわうどん
住所 香川県仲多度郡琴平町旭町154
営業時間 9:00~17:00
定休日 水曜日
サイト https://tabelog.com/kagawa/A3703/A370302/37000309/

7.カントリーうどん店

「カントリーうどん店」は、琴平町下櫛梨にある、地元の人が通う美味しいと評判の隠れた名店です。琴平駅と善通寺駅の中間あたりにあり、それぞれ車で7~8分でアクセスできます。駐車場も完備されており、徒歩ではかなり遠くなってしまうため、車での来店がおすすめです。

お店はシンプルに「手打うどん」と書かれた外観で、昔ながらの雰囲気が漂います。店内にはテーブル席と小上がりがあり、こちらは讃岐うどんらしくセルフ式のお店なので、湯煎やお出汁などもセルフサービス。琴平でうどん巡りをするのであれば、ぜひ加えてほしいおすすめ店です。

おすすめメニューはうどんそのものの味を味わえる「かけうどん」や「ぶっかけうどん」です。特大・大・小とありますが、コスパの良さを考えるなら200円程で食べれる小がおすすめ。ぶっかけ用の薬味は別売になっていますので一緒に購入する必要があります。モチモチ・シコシコの歯ごたえを堪能してください。

名称 カントリーうどん店
住所 香川県仲多度郡琴平町下櫛梨1020-5
営業時間 10:45~19:00
定休日 木曜日
サイト https://tabelog.com/kagawa/A3703/A370302/37001558/

8.手打ちうどんむさし

「手打ちうどんむさし」は、琴平町五條の319号線沿いにあるスーパーマルナカ琴平店の横にあるうどん屋です。本格派カレーうどんが美味しいと評判のお店。榎井駅から徒歩で6~7分の場所にあり、観光客をはじめ、うどん好き・カレー好きが国内外から訪れます。

店内は広々とゆったりしており、カウンター席とテーブル席があります。お店はセルフ式ではなく、一般的な食堂のように注文をするうどん店です。メニューは生じょうゆ、かやく、とじ、ざる、ゆだめ、釜上、冷やしなどがあり、350円~500円台とリーズナブルに味わえます。

お店の看板メニューの「カレーうどん」は、通常のカレーうどんのように和風出汁のカレーではなく、本格派のカレーを使用しています。見た目も通常より濃い茶色をしており、辛さはあまりなく甘口です。かなり煮込まれてトロミがあるルーは、あとでご飯を入れて食べると美味しいと評判ですので試してみてください。

名称 手打ちうどん むさし
住所 香川県仲多度郡琴平町五條637-2 小出ビル 1F
営業時間 10:00~21:00(L.O.20:30)
定休日 火曜日
サイト https://tabelog.com/kagawa/A3703/A370302/37000722/

9.たこ寿司

「たこ寿司」は琴電琴平駅から南へ徒歩4分程の場所にある富士旅館にあるお店です。古い歴史を感じさせる佇まいの和式の建物の2Fに設置されている、たこ焼き店を思わせる大きなタコが目印。このお店は幕末から営業している老舗旅館で、讃岐うどんとおでんが有名です。

以前は寿司コーナーも設置されていたため、その名残で「ふじ旅館」と「たこ寿司」という看板がかかっているのが特徴。店内も和モダンな雰囲気が漂うシックで落ち着いた雰囲気があり、ゆっくりと食事ができます。素朴で味わい深い佇まいで、琴平でうどん巡りをするならぜひ足を運んでほしいおすすめ店です。

定番人気のうどんメニューは「ぶっかけ」や「しょうゆ」「釜揚げ」です。他はかけ出汁系の「かけ」「わかめ」「きつね」「つきみ」などが揃っています。価格も300円~400円がメインとなりますのでとてもリーズナブル。少し細めの麺でコシも柔らかめ、シンプルにうどんの味を楽しめます。

名称 たこ寿司
住所 香川県仲多度郡琴平町613 富士旅館
営業時間 10:00~16:00
サイト https://tabelog.com/kagawa/A3703/A370302/37006638/

10.いわのやうどん

「いわのやうどん」は、琴平駅から線路沿いに南へ徒歩5分の場所にある駅近店です。金刀比羅宮にも近いため、平日でも多くの観光客が訪れます。木の箱のような四角い建物で、大きく「うどん」と書かれた暖簾がかかった外観。店先には「セルフうどんいわのや」という看板が出ています。

店内はとても広々としており、天井も高くゆったりとした印象を受けます。カウンター席とテーブル席があり、お一人様でもグループでも利用可能。地元の人も利用する人気店で、讃岐うどんらしくセルフサービス。お値段も良心的でお昼時には学生さんも多く訪れます。

美味しいと評判のうどんメニューは一般的な「ぶっかけ」「釜揚げ」「かけ」などが人気です。ちくわ天やとり天、コロッケなどのトッピングをのせて食べると、さらにコクがプラスされて美味しさアップ。中太でしっかり角がある麺は、コシ弱めで小麦の味をしっかり味わえます。

名称 いわのやうどん
住所 香川県仲多度郡琴平町291-10
営業時間 11:00~15:00(うどん終了次第閉店)
定休日 日曜日
サイト https://tabelog.com/kagawa/A3703/A370302/37006081/

こんぴらさんへ行くなら琴平のうどん巡りがおすすめ

香川県の琴平は、四国でも有数な観光スポットとして、国内外から数多くの観光客が訪れる人気のエリアです。中でも讃岐うどんが有名で、長い歴史を持つ老舗もたくさんあり、ご当地グルメが味わえると連日大賑わい。うどん県として知られる香川・琴平へ行く人の中には、何軒もうどん屋を回るうどん巡りをする方も大勢います。ここで紹介したお店は地元の人からも美味しいと評判のお店ばかりなので、琴平でうどん巡りをする際にはぜひ立ち寄ってみてください。

【関連記事はこちら】

▷【香川うどん以外に最新お土産も豊富】高松の人気のおすすめのお土産16選

特集

2020/06/01港町・函館で日本一の朝食を。温泉も夜景も味わう最高の癒し体験 ──センチュリーマリーナ函館

2020/05/18余韻を楽しむ大人にふさわしい、手の届く贅沢──京都悠洛ホテル Mギャラリー

おすすめ記事

人気記事