最終更新日時 2019/03/15

海に囲まれ、独自の文化や伝統が息づく四国。豊かな自然を存分に満喫できる「四国の宿」は自分の時間を大切に過ごせる極上の癒しを満喫できるでしょう。各県から「今」おすすめの宿をご紹介します。

別邸朧月夜(愛媛)

Relux|別邸朧月夜

日本最古湯とも言われる温泉郷《道後温泉》にある隠れ宿。
客室は7室のみの露天風呂付きスイートルームのお部屋のみといった贅沢なお宿。
愛媛ならではの風土を生かした山や海の幸を堪能できるお料理まで、余すところなく趣向が凝らせれており、極上のひと時が本来の自分を取り戻してくれるようです。

別邸朧月夜の詳細をみる

瀬戸内リトリート青凪(愛媛)

Relux|瀬戸内リトリート青凪

安藤忠雄建築の7組のゲストのためだけに用意された2フロアのメゾネットタイプの客室では、ジャグジータイプのバスルームや寝湯を備えた「半露天温泉」が楽しめます。
目の前に広がる瀬戸内の海、風、光をひとりじめできる今までにない特等席を体験してみてはいかがでしょうか?

瀬戸内リトリート青凪の詳細をみる

土佐和紙工芸村QRAUD(高知)

Relux|土佐和紙工芸村QRAUD

高知県の土佐和紙の名産地「いの町」の道の駅より生まれた当ホテルは
清流「仁淀川」のせせらぎを感じる、シンプルで癒しの空間を味わえる客室となっています。
地元の野菜を使った料理や地酒、仁淀川の水を薪で沸かしたお風呂、土佐とのふれあいが心温まる時間を提供いたします。
土佐和紙の紙すき体験やカヌーなどアクティビティが充実していることも嬉しいですね。

土佐和紙工芸村QRAUDの詳細をみる

星野リゾート うとこオーベルジュ&スパ (高知)

Relux|星野リゾート うとこオーベルジュ&スパ

室戸岬を一望できる、全室東向きのオーシャンビューの窓は1日の始まりをエネルギッシュに迎えてくれます。レストランももちろんオーシャンビューで、洗練された空間が料理さらに彩ります。
オススメは「ディープシーセラピー」は室戸の温暖な気候の中、海洋深層水を使って行う自然療法で、忙しい日常から体の芯まで癒してくれます。
過ごす時間の全てが自分を癒してくれる旅をご希望の方は必見です。

星野リゾート うとこオーベルジュ&スパの詳細をみる

琴平花壇(香川)

Relux|琴平花壇

400年の時を超えて与謝野晶子ら文豪も逗留した数寄屋造りの離れと近代建築が融合したお宿です。四季折々の楽しみを与えてくれる回遊四季和風庭園はいにしえの不思議な空間、広々としたガーデンラウンジでは、足湯に浸かりながらJAZZをバックミュージックに讃岐富士、琴平の街並み、象頭山のパノラマを一望できます。
長い歴史を持つ老舗ながら、モダンな佇まいはただ過ごしやすさを追求し続けているようです。

琴平花壇の詳細をみる

リゾートホテル オリビアン小豆島(香川)

Relux|リゾートホテル オリビアン小豆島

日本の夕陽百景にも選ばれる絶景を眺めながら、極上の時間を過ごしたい方へ。
景色の見える美人の湯や島の食材を使ったライブキッチン付きのバイキングなど施設も充実。
ペットOKの部屋があったり、どんな方でも楽しめるような気遣いが万全です。
大自然に囲まれのんびりするもよし、豊富な小豆島のアクティビティを楽しむもよし、
訪れた人それぞれにあった癒しの空間を感じることができるでしょう。

リゾートホテル オリビアン小豆島の詳細をみる

鳴門パークヒルズ ホテルリッジ(徳島)

Relux|鳴門パークヒルズ ホテルリッジ

瀬戸内海国立公園の自然に佇むホテルリッジは、源泉掛け流し温泉付きの
1日わずか10組だけに許された極上のお宿です。
カウンター越しに見える鳴門大橋が切り取った絵のように美しく光り、美味しいお酒とともに穏やかな夜を締めくくります。築80年の有形文化財「ダイニング」では、朝日に輝く瀬戸内海を眺めながら和朝食をいただきます。この旅では、四季折々、時間折々が魅せる鳴門の自然を存分に味わうことができます。

鳴門パークヒルズ ホテルリッジの詳細をみる

リゾートホテル モアナコート(徳島)

Relux|リゾートホテル モアナコート

「海・山両方の自然を雄大に感じ、自然と共演できる」
まさに、そんな特別な時間が流れる大人の別荘です。
シックな家具や照明、BGMがそんな時間をいっそう引き立てます。
手作りの客室入口の部屋ナンバー、ドルフィン・クジラなど部屋によって違う特注のルームキーなど、細かいところまで施された遊び心がかっこいいのです。
全室露天ジャグジー付きで、24時間お好きな時間に絶景を楽しめます。
星降るジャクジーなんでいかがでしょうか。

リゾートホテル モアナコートの詳細をみる

特集

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー本が彩る私の時間ー 川端里恵さん【後編】

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー 本が彩る私の時間 ー 川端里恵さん【前編】

人気記事