最終更新日時 2019/03/01

四国には、「うどんの香川県」、「秘境がいっぱいの徳島県」、「伊予の国、愛媛県」そして「大自然の恵、高知県」の4県から成り立ちます。それぞれ各県には特徴的な観光スポットやご当地グルメが豊富にあります。瀬戸内海に太平洋と四方を海にも囲まれていて新鮮な魚介の水揚げも有名です。また、近年はパワースポットや健康増進の為にお遍路巡りに人気があり、自分に合った目的やプランでお遍路巡りも四国ならではの観光のひとつです。そこで今回は四国の各県ごとにオススメする観光名所をご紹介させていただきます。

香川県

瀬戸内海に面し、四国の北東にある香川県。面積は日本最小ですが、うどんだけではない魅力がたくさん溢れています。香川は魚も野菜も豊富で食材の宝庫として、さぬき郷土料理も味わえます。平家の面影を辿たどる旅ができる香川県で思い出作りの旅行ができます。

1.丸亀城

丸亀城

日本の百名城にも選ばれ、高さ60メートルの石垣が見事な丸亀城は、瀬戸内海と讃岐平野が一望できる高台にあります。室町時代に造られたお城は400年の歴史があり、深さ65mの日本一深い井戸「二の丸井戸」も見逃せない観光スポットです。

施設名 丸亀城
所在地 香川県丸亀市一番丁
営業時間 9:00~16:30 天守閣
定休日 12月25日~31日

2.丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

香川県出身の国際的画家・猪熊弦一郎氏の約2万点ある作品を堪能できる「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館」は、全国でも珍しい駅前に建っている美術館です。子供たちにも美術を楽しんでもらうためのプログラムやワークショップなども開催しており、子供と一緒にも楽しめます。

施設名 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
所在地 香川県丸亀市浜町80-1
営業時間 10:00~18:00 入館は17:30まで
定休日 12/25~31、展示替えのため臨時休館あり

3.栗林公園

栗林公園

百年余りの歳月をかけて築庭された「栗林公園」は、ガイドブックにもわざわざ訪れる価値のある場所として掲載されるほどの見事に手入れされた庭園が広がる空間です。300年に渡り手入れをされた「箱松・屏風松」の枝は圧巻で、見るだけで心が癒され、見惚れてしまうほどです。

施設名 栗林公園
所在地 香川県高松市栗林町一丁目20-16
営業時間 7:00~17:00(季節により変動)
定休日 無休

4.エンジェルロード(天使の散歩道)

エンジェルロード

小豆島にある1日に2回だけ干潮の時に現れる、長さ500mの砂の道エンジェルロードは、大切な人と手をつないで渡ると、願いが叶うとされるロマンチックな観光スポットです。近くにある約束の丘展望台はこのエンジェルロードを見下ろす高台にあり、永遠の愛を誓い合う恋人たちが鳴らす鐘の音が響きわたる場所もあり、恋人たちの人気スポットのひとつにもなっています。

施設名 エンジェルロード(天使の散歩道)
所在地 香川県小豆郡土庄町

5.金刀比羅宮

金刀比羅宮

香川県を代表する「金刀比羅宮」は、こんぴらさんとして親しまれ、海上交通の守り神として地域の方々にも愛される神社です。1368段もの長く続く階段がある参道には、様々な食事処や休み処があり、石段で疲れた足腰を癒してくれます。例大祭では、この石段をメインにした「こんぴら石段マラソン」も開催され、参拝だけではなく違う楽しみ方もできる場所です。

施設名 金刀比羅宮
所在地 香川県仲多度郡琴平町892

愛媛県

愛媛県は、瀬戸内海に面した北西にあり、四国最大の人口を擁する大都市です。市街地をレトロな路面電車が走り、松山城や夏目漱石の『坊っちゃん』でおなじみの、開湯三千年の歴史を誇る道後温泉もあります。瀬戸内海に浮かぶ小さな島々を眺めながらの徒歩や自転車での「海の道散策」は、愛媛の旅ならではの楽しみもあります。

1.道後温泉本館

道後温泉本館

日本書紀にも登場するわが国最古の温泉とされている「道後温泉」は、和の趣溢れる作りの本館上の振鷺閣には伝説の白鷺を据え、歴史ある温泉情緒を感じられる作りになっています。歴代の皇族や、夏目漱石も訪れたことのある温泉街は3000年以上の歴史があり、重要文化財にも指定されている場所です。是非、一度は訪れてみたい温泉です。

施設名 道後温泉本館
所在地 愛媛県松山市道後湯之町6-8
営業時間 6:00~23:00
定休日 無休

2.松山城

Matsuyama castle 松山城 天守閣

日本で12か所しか残っていない、江戸時代以前に建造された天守を有する城郭の一つの松山城は、別名「金亀城」や「勝山城」とも呼ばれています。城跡の主要部分が公園として整備され、大天守を含む21棟の現存建造物が国の重要文化財で、城郭遺構が国の史跡に指定され、歴史ある優雅なお城観光ができます。

施設名 松山城
所在地 愛媛県松山市丸之内1
営業時間 9:00~17:00(季節により異なる)
定休日 12月29日(大掃除)

3.タオル美術館ICHIHIRO

タオル美術館

タオルの生産量が日本一の今治市にある「タオル美術館ICHIHIRO」は、タオルをテーマにした世界で唯一の美術館です。タオルの製造工程を見学できるコットンロードや豊富な品揃えのタオルコレクションショップもあります。広大なヨーロピアンガーデンや、館内のレストラン・カフェもあるので一日中楽しめる施設になっています。

施設名 タオル美術館ICHIHIRO
所在地 愛媛県今治市朝倉上甲2930
営業時間 9:30~18:00(季節により異なる)
定休日 年中無休

4.来島海峡大橋

来島海峡大橋

愛媛県今治市と瀬戸内海に浮かぶ大島を結ぶ「来島海峡大橋」は、来島海峡にかかる世界初の三連つり橋です。この来島海峡大橋には、自転車や歩行者専用の道もあるので、急潮や渦潮を眺めながらサイクリングやウォーキングもでき、渡りきった場所には来島海峡大橋が一望できる「来島海峡展望館」もあります。瀬戸内海の海を一望できるるので、是非訪れたい観光スポットです。

施設名 来島海峡大橋
所在地 愛媛県今治市小浦町2丁目5

5.別子銅山

IMG_4285.jpg

かつては、銅の産出量が世界一を誇り、日本の貿易や近代化に寄与した別子銅山は、天空の歴史遺産とされ東洋のマチュピチュと呼ばれています。東平マイン工房では、銅版レリーフなどを遊びごころで体験し、手づくりの楽しさを体感でき、東平歴史資料館では、鉱山の町として賑わった東平の往時の生活文化や銅及び別子銅山の歴史に触れることもできます。

施設名 別子銅山
所在地 愛媛県新居浜市別子山

高知県

四国の南部、太平洋側に位置し、東西に長い高知県。土地の約85%を占める豊かな緑に囲まれ、そこから流れる最後の清流四万十川はあまりにも有名です。坂本龍馬をはじめとする幕末の英雄や、たくさんの偉人達を高知は輩出し、歴史探訪、雄大な自然や郷土料理、熱気溢れる祭りや日曜市など、高知県にはたくさんの魅力が溢れています。

1.仁淀川(中津渓谷)

仁淀川

愛媛県と高知県を流れる一級河川の仁淀川。上流の安居渓谷は最も美しい場所と呼ばれ、「みかえりの滝」や「飛龍の滝」はヒーリングスポットとしても有名な場所です。季節や時間で色が変わる水晶淵は、青やエメラルドグリーンに色が変わり幻想的な空間が広がります。

施設名 仁淀川(中津渓谷)
所在地 高知県高岡郡越知町越知甲

2.足摺岬

四国の最南端

四国最南端、土佐清水市にある足摺岬は、日本初の竜串海域公園があり、黒潮海流の潮の流れを見る事も出来ます。灯台の下ではアオウミガメが泳ぐ姿や、サンゴの群落や奇岩群も見られ、そこからの展望台からは270度以上の視界が広がり、地球の丸さが実感できるほのの絶景が眼に焼き付きます。

施設名 足摺岬
所在地 高知県土佐清水市足摺岬

3.桂浜

桂浜

龍頭岬と龍王岬の間に、弓状にひろがる海岸の桂浜は、高知県の民謡「よさこい節」にも唄われ、緑の松と五色の小砂利、紺碧の海のコントラストで、見事な景勝地です。東端の龍頭岬には、坂本龍馬の銅像が太平洋を見下ろし、近くには坂本竜馬記念館や、水族館もあり楽しめる観光スポットです。

施設名 桂浜
所在地 高知県高知市浦戸6

4.高知城

高知城3

四季彩あふれる南海の名城の「高知城」は、築城400年、再建から250年の歴史ある国の重要文化財に指定されているお城です。当時の息吹が感じられ、天守閣と追手門が1枚の写真に無理なく収まる数少ないお城なので、絶好の撮影スポットにもなります。

施設名 高知城
所在地 高知県高知市丸ノ内1-2-1
営業時間 9:00~17:00
定休日 年末年始 (12月26日~翌1月1日休)

5.ひろめ市場

Entrance to Hirome Ichiba

高知に来たらぜひ訪れたい場所が平成浪漫商店街「ひろめ市場」です。様々な飲食店や物産展等が60件程混在している大きな屋台村のような施設で、高知県の土佐の食を心ゆくまで堪能できます。お土産屋さんも多くあるので、家族やお友達へのお土産も選ぶのに迷ってしまうほど楽しめます。

施設名 ひろめ市場
所在地 高知県高知市帯屋町2-3-1
営業時間 8:00~23:00
定休日 店舗により異なる

徳島県

四国の東部に位置し雄大で豊かな水量を誇る四国三郎吉野川や豪快な鳴門の渦潮がある徳島県。穏やかな瀬戸内海と黒潮寄せる太平洋を併せ持つ海岸線、急峻で緑深き山岳地帯もあり自然豊かな県です。

1.阿波おどり会館

阿波おどり会館

徳島県と言えば阿波踊りですね。一年を通じて阿波おどりが体験できるスポット「阿波踊り会館」では、1日に4回程阿波踊りの上演があり、間近で阿波踊りを楽しめます。館内には衣装や鳴り物など実物の展示もあり、阿波踊りミュージアムでは歴史を学べるミニ博物館もあります。物産販売の「あるでよ徳島」では、まずは徳島県を満喫できる旅のプランが揃っています。

施設名 阿波おどり会館
所在地 徳島県徳島市新町橋2-20
営業時間 9:00~21:00
定休日 2/28〜1/1、2月,6月,10月の第2 水曜日

2.眉山ロープウェイ

DSC05356

徳島市の眉山にある徳島市営のロープウェイでは、約6分かけて万葉集に詠まれている、その名のとおり柔らかな眉のかたちの眉山山頂へゆっくりと登っていきます。標高290mの山頂からは徳島市街を見渡しながら空中散歩ができ、その景色は一見の価値があります。山頂広場では、自然を楽しみながらぐるりと散策したり、思い思いの時間が過ごせ、夜景は美しく広がり幻想的な空間が楽しめます。

施設名 眉山ロープウェイ
所在地 徳島県徳島市新町橋2-20
営業時間 9:00 – 17:30(季節により時間延長あり)
定休日 無休(2月に点検のため臨時運休あり)

3.大塚国際美術館

IMG_1394

ピカソ、ルノワール、ダ・ヴィンチなど世界的に有名な西洋絵画1000点以上のレプリカが展示されている「大塚国際美術館」は、海外に行かなくても本格的な美術品を見られます。館内にはレストランやカフェもあり、モネの池を眺めながら優雅なティータイムのひと時も過ごせます。ミュージアムショップでは、ここでしか手に入らないオリジナルミニ陶板やアートグッズもあり、思い出作りのひとつになります。

施設名 大塚国際美術館
所在地 徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65-1
営業時間 9:30~17:00
定休日 月曜休館、ただし月曜が祝日の場合は、翌日が休館

4.とくしま動物園

とくしま動物園

四国で最大級の動物園の「とくしま動物園」は、動物園の他に植物園と遊園地も一緒にたのしめる観光スポットです。迫力あるホッキョクグマや可愛らしいレッサーパンダ、日本では珍しいオオカミが出迎えてくれ、餌やり体験もできます。売店やレストランもあるので、動物園オリジナルグッズなど子供と一緒に満喫した一日を過ごせます。

施設名 とくしま動物園
所在地 徳島県徳島市方上町・渋野町
営業時間 9:30~16:30
定休日 月 (祝日の場合は翌日)、12月29日~1月1日

5.鳴門の渦潮

鳴門の渦潮_11

徳島県を代表する観光スポットと言えば、やはり「鳴門の渦潮」です。渦潮が見れるのは、満潮と干潮それぞれ前後一時間の間しか見られません。徳島県鳴門市と兵庫県南あわじ市の間にある鳴門海峡で発生する渦潮は、観潮船や海上45mの高さから眼下から見られる「渦の道」でも観察できます。迫力ある渦潮で地球の神秘に触れ、貴重な時間を過ごせます。

施設名 鳴門の渦潮
所在地 徳島県鳴門市鳴門町

魅力あふれる四国の旅を満喫してみてはいかがでしょうか

今回は、四国を丸ごと楽しめる旅の観光スポットをご紹介させていただきました。温暖な気候で四季を通して旅を楽しめ、海と山の新鮮な食材にも恵まれている四国にお出かけしてみてはいかがでしょうか。

特集

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー本が彩る私の時間ー 川端里恵さん【後編】

2019/02/14過ごす、代々木・渋谷 ー 本が彩る私の時間 ー 川端里恵さん【前編】

人気記事