最終更新日時 2019/06/11

須崎市は「カワウソ」で有名な地域です。絶滅しているはずだった「日本カワウソ」が1974年に須崎市で発見されたのが始まり。そこからカワウソを守るための保全活動を精力的に行ったことにより須崎市は「カワウソの町」で有名になりました。今回はそんなカワウソがシンボルの須崎の観光名所を10選ご紹介します。

須崎でおすすめの定番スポット5選

1. 鳴無神社

国の重要文化財に指定されている「鳴無神社」。浦ノ内湾にその存在をアピールするかのようにたたずむ姿がなんとも幻想的。鳴無神社は1663年に第2代土佐藩主の山内忠義により再建されました。そして、参道が海から入るように作られているため、「土佐の宮島」とも呼ばれています。この風景が珍しいとのことで、外国人観光客も多く訪れる観光名所の一つです。

ご祭神が縁結びの神様であることから、縁結びのパワースポットとしても有名です。またさらに特徴的なのが、「引いたおみくじは神社前の海に流す」こと!一般的な神社ならば木にくくりつけて運気が良くなるようにお願いしますが、鳴無神社では浦ノ内湾におみくじを流す方法です。透き通った海に流すことで、おみくじが綺麗に透けて見えるので女性からも人気のスポットです。女子旅にもぴったりな場所なので、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

名称 鳴無神社
住所 高知県須崎市浦ノ内東分
サイト http://susakishikankou.com/susaki_info/history/757/?lang=ja

2. 千年の美湯 そうだ山温泉 和

桑田山の麓にある「千年の美湯 そうだ山温泉 和」。大自然に囲まれた和の旅館に、湯治目的で一人で訪れるお客様もいるとのこと。半露天風呂付の人気客室もあり、予約が途絶えないようです。温泉だけでなく、料理にもこだわっているのがそうだ山温泉。「山くじら」と呼ばれているイノシシの肉を使った鍋や、高知県の名物「カツオのたたき」など須崎ならではのこだわりの料理が豊富です。安らぎの空間を求めるなら桑田山温泉で間違いないでしょう。

「美湯」とも言われる人気のそうだ山温泉。平安時代に弘法大師が薬泉として開泉したことが始まりとされています。アルカリ性単純硫黄泉の温泉は、トロトロで肌がしっとりとするのが特徴。自然に囲まれた大浴場では、源泉掛け流しの樽風呂があり、贅沢な時間を過ごすことができます。癒しを求めて女子旅をするのにふさわしい旅館なのではないでしょうか。

名称 千年の美湯 そうだ山温泉 和
住所 高知県須崎市桑田山乙1122
営業時間 9:00〜21:00(年中無休)
サイト http://sondayama.com/

3. かわうその里 すさき

この投稿をInstagramで見る

@zenk0uがシェアした投稿

須崎のご当地グルメを堪能できるのが「道の駅 かわうその里 すさき」です。かわうその里すさきでは高知名物の「藁」で焼いた「かつおのたたき」を味わうことができます。豪快な炎で炙ったかつおのたたきをシンプルに「塩」でいただきます。他にも土佐丼と呼ばれるかつおのどんぶりや、佐川の地乳アイスクリームなど、観光客で賑わっています。

そして、須崎のご当地グルメが「鍋焼きラーメン」。1945年代に須崎に店を構える谷口食堂が発祥。昭和から受け継がれる鍋焼きラーメンをかわうその里すさきで食べられるのは魅力的ですね。須崎の鍋焼きラーメンはネギ、たまご、ちくわがトッピングされており、鶏ガラだしの醤油スープというシンプルな料理です。そのシンプルさが美味しさの秘訣。ぜひ熱々の鍋焼きラーメンを口にしてみてください。

名称 かわうその里 すさき
住所 高知県須崎市下分甲263-3
営業時間 1F直営店 9:00〜18:00
2Fレストラン 11:00〜18:30(18:00L.O.)
サイト https://michinoeki-susaki.com/

4. 樽の滝

須崎の定番名所である「樽の滝」。大きな樽をひっくり返したかのような勢いのある滝のため、このように呼ばれるようになりました。高さ37mから流れる滝のダイナミックな迫力が訪れる人をうならせます。高知県市内からは車で50分ほどの距離で、入り口から樽の滝までは車で入ることができないため、徒歩での移動となります。歩きづらい場所もあるためできるだけ動きやすい服装と靴を身に着けましょう。

樽の滝は「裏見の滝」とも呼ばれ、滝を裏側から見ることが可能です。滝というと正面から見物するのが通常だと思いますが、樽の滝の場合は滝壷周辺が人が入れるくらいの空間があるため、裏側から見ることができます。滝の裏なんて滅多にみることのできない景観ですので、目に焼き付けたいところですね。また、運がよければ虹がかかった樽の滝に出会えることもあるでしょう。

名称 樽の滝
住所 高知県須崎市上分甲
サイト https://www.city.kochi.kochi.jp/soshiki/63/hobo77.html

5. 雪割桜

須崎市の桑田山で2月に咲き誇る「雪割桜」。正式名称は「椿寒桜(ツバキカンザクラ)」と言われ、雪がまだ残る2月に咲く桜であることから「雪割桜」という愛称で呼ばれています。2月中旬から3月中旬が見頃となっており、約1000本の雪割桜が桑田山一面に広がります。2月下旬だと菜の花も咲き始めるので、雪割桜と菜の花のコラボレーションを楽しむことができおすすめです。

毎年2月下旬には「雪割桜キャンドルナイト」というイベントが開催されます。満開に咲き誇った雪割桜の近くに、キャンドルが灯され、その景色は芸術そのもの。デートにもぴったりなロマンチックな雰囲気ですので、素敵な時間を過ごせそうですね。場所によっては、星空と菜の花、そして雪割桜を同時に楽しむことができ、多くの観光客を魅了しています。桑田山が桜で彩られるこの季節をお見逃しなく。

名称 雪割桜
住所 高知県須崎市桑田山乙
サイト http://susakishikankou.com/susaki_info/nature/578/?lang=ja

須崎でおすすめの穴場スポット5選

1. すさき観光農園 ハレル

「すさき観光農園ハレル」はいちご狩りができる須崎市の穴場スポット。ここは制限時間1時間でいちごが食べ放題!摘みたてのいちごをその場で食べられるなんて贅沢ですよね!子供も大人も楽しめるいちご狩りスポットは家族旅行に良いですよね。別料金とはなりますが、収穫したいちごをお持ち帰りすることもできるので、帰りの車の中でパクパク食べるのもドライブの醍醐味なのではないでしょうか。

いちご狩りで思う存分楽しんだあとは、いちごを使ったデザートを堪能することができます。こちらの写真はいちごを使ったスムージー。ヨーグルトとアイスを一緒に混ぜて、上にはこれでもか!というほどいちごの果肉がたっぷり乗せられています。その他にもいちごの味が濃厚なソフトクリームも販売されています。家族旅行やデートなど、誰でも楽しめるハレルのいちご狩りを思い出にいかがですか?

名称 すさき観光農園 ハレル
住所 高知県須崎市下分甲287
営業時間 10:00〜17:00
定休日:水曜日
サイト https://businesssatsuki.web.fc2.com/hareru/hareru.html

2. THREE COFFEE BREWERS

須崎市最新のおしゃれなコーヒースタンドが「THREE COFFEE BREWERS」です。さまざまな豆の種類を取り扱っており、焙煎具合も浅煎りから深煎りまで、自分好みのコーヒーをお願いすることができます。「インスタ映え」するカフェということで若い世代を中心におしゃれな写真が多く投稿されています。また、こだわりのあるカフェにも関わらずカフェラテは350円と安いので、気軽に立ち寄れますね。

こちらのカフェは一般的なカフェではなく、「雑貨」も販売しているお店でもあるのです。店内のおしゃれな落ち着いた雰囲気に合った雑貨が陳列されています。コーヒーが出来上がるのを待っている間は雑貨を見て過ごすのもありですね。雑貨は店頭だけでなく、インターネット販売も行っているので好きな時に購入することができます。午後のティータイムはTHREE COFFEE BREWERSで決まりですね!

名称 THREE COFFEE BREWERS
住所 高知県須崎市妙見9-7
営業時間 6:30〜8:30/11:00〜17:00
定休日:土曜日
サイト http://three.strikingly.com/

3. 土佐魚菜市場

練り物を製造している株式会社けんかまが営業している「土佐魚菜市場」。ここでは事前予約をすれば練り製品の製造過程を見学することもできます!また、天ぷらやちくわを手作り体験することも可能で、さらに終了後は卒業証書の発行もしてくれます。子供も喜ぶ充実したサービスがとても人気です。

土佐魚菜市場で味わえるおすすめグルメが「清水さば漬け丼」。新鮮なさばをしっかりとタレに漬けているので、味が濃くご飯が進みます。タレにしっかりと漬けたさばにも関わらず、あっさりとしていて食べやすいのが人気の理由。さばをタレに漬ける料理なんて珍しいですよね。他にも須崎名物の鍋焼きラーメンやかつおのたたきも食堂で食べることができます。

名称 土佐魚菜市場
住所 高知県須崎市下分乙805-1
営業時間 食堂 11:00〜15:00
売店 9:00〜17:30
定休日:元旦
サイト http://www.kenkama.co.jp/

4. レモレモカヤックス

「レモレモカヤックス」はシーカヤックを楽しむレジャー施設です。ベテランのインストラクターもついているので、初心者でも安心して楽しめます。シーカヤックを楽しみながら、高知の大自然を近くで感じられるのはレモレモカヤックスだけと言っても過言ではありません。晴れた日には太陽に照らされた海の綺麗さに癒されることでしょう。

ツアーメニューはまったり自然を楽しむことができる「のんびり安和コース」や横浪三里をひたすら漕いで楽しむ「ガンガン横浪三里コース」など、さまざまなコースメニューが用意されています。他にもお客様の体力や好みに合わせてコースをカスタマイズすることも可能なので、いつ来ても飽きないのが魅力的です。また、コースによっておやつやランチも付いてくる小さなサプライズがあるのも嬉しいですよね。小さな子供ももちろん参加できるので、家族でシーカヤックを楽しむのも思い出の一つになるはずです。

名称 レモレモカヤックス
住所 高知県須崎市安和1171-8
営業時間 7:00〜19:00
サイト http://www.remoremo.com/

5. Cona-Cafe

「暮らしのねっこ」という素泊まりゲストハウスに併設しているのが「Cona-Cafe」。1Fがカフェスペースで、ゲストハウスとカフェがつながっているお店ってなかなか個性的ですよね。Cona-Cafeのパンが毎日大人気で、朝早く行かないとすぐ売れ切れになってしまうそうです。この、きのこの看板がとてもかわいらしくて、毎日通いたくなってしまいますね。

Cona-Cafeはデザートやランチメニューが充実しているのが魅力的。ドリンクについてはマイカップを持参すれば50円引きにしてくれるというサービスもあります。また、バースデーケーキのご注文も承っているようなので、地元の方からの人気も高いです。カフェでほっと一息して、2Fの暮らしのねっこで一泊するのんびりした旅もいいかもしれませんね。まさに穴場のカフェと言えるでしょう。

名称 Cona-Cafe
住所 高知県須崎市青木町5-14
営業時間 10:00〜17:00
定休日:月火水、その他臨時休業有
サイト https://www.facebook.com/Cona-Cafe-1289299301096348/

須崎でまったりとした休日を過ごしませんか

高知県の定番観光スポットである「鳴無神社」を始め、穴場のカフェやレジャーをご紹介しましたが、お気に入りの観光地は見つかりましたか?家族旅行や女子旅、デートなど、どんな人とでも楽しめそうなところばかりでしたね。高知県に旅行したことがない方も、初めての高知を須崎で味わうのもおすすめです。須崎の自然を思いっきり肌で感じることで、日頃の疲れが吹っ飛ばして気分転換できるといいなぁと思います。自然豊かで、グルメも満喫できる須崎に、大切な人との思い出を残していきませんか。

関連記事

絶景とパワースポットがいっぱい!子連れの方も楽しめる高知の観光スポット20選
見どころ満載!自然や歴史の名所あふれる徳島のおすすめ観光スポット20選

特集

2019/06/21泊まる、森に抱かれた大人のためのヴィラ【伊豆高原】ー宿泊体験記vol.5ー ABBA RESORTS IZU -坐漁荘

2019/06/18泊まる、歴史と異国の風が薫る宿【有馬】ー宿泊体験記vol.4ー 有馬山叢 御所別墅

人気記事