最終更新日時2019/07/26

カツオ、ゆずなどご当地食材に恵まれている高知県。そんな高知県のおいしいおみやげを、定番商品から地元の方おすすめの限定品まで20選ご紹介します!これを見れば必ずぴったりのおみやげが見つかるはず。高知名物を、ぜひおみやげで持ち帰って。

定番の高知のおみやげ10選!

1. 塩けんぴ

まずご紹介したいのは「塩けんぴ」。カリカリに揚げたジャガイモに塩をまぶしたお菓子です。塩のみで味付けしたシンプルなお菓子ですが、なぜだか手が止まらなくなるおいしさです。奥深い味わいに全国的にファンも多く、おみやげに渡すととても喜ばれます。

水のきれいな四万十川の近く、土佐四万十郷の「水車亭」の元祖塩けんぴが特に有名です。ほかの地域にもある「芋けんぴ」を新しい発想で作り直した「水車亭」の塩けんぴは、ぜひ一度ご自身でもその味を確かめてほしい逸品です。安心食材のおやつとして、小さなお子さまのいるご家庭へのおみやげにもぴったりです!

2. 土佐銘菓かんざし

「土佐の高知のはりまや橋で坊さんかんざし買うを見た」という「よさこい節」の一節から生まれた「土佐銘菓かんざし」。当時は珍しかった僧侶の恋心をつづったロマンティックな歌詞にちなんだ、かんざしを模したお菓子です。

仏像や仏教のブームがじわじわと広がってきている今、改めてお坊さんの恋心をモチーフにしたお菓子をおみやげに送るのはいかがですか。ただのおみやげとしてでもぴったりですが、好きな人への想いをロマンティックに伝える贈りものとしてもおすすめです。

3. 土佐銘菓土佐日記

紀貫之の書いた「土佐日記」を偲んでつくられた、昭和29年から愛されている和菓子「土佐銘菓土佐日記」。紀貫之の土佐日記は、全国に土佐の名前を広めることにつながり、高知県民もまた紀貫之をとても慕っていたことから、今でも愛され続けているお菓子です。

高知県が今でも観光地として人気なのは、坂本龍馬はもちろんのこと、土佐日記が有名であることも要因のひとつです。歴史と郷土愛の味わえる優しい甘さの土佐銘菓土佐日記は、幅広い年代の方に愛される高知おみやげです。

4. 卵かけご飯専用極上宗田節

高知といえば、やっぱりカツオは外せません。「卵かけご飯専用極上宗田節」は、全国の卵かけご飯好きに届けるために卵かけご飯好きの方によって開発された極上の宗田節ダシ醤油。毎日の朝ごはんを彩るのにぴったりな贈りものです。

「卵かけご飯専用」と名前がついているだけあって、卵かけご飯によく合う少し甘めのコクのある味わいです。冷や奴にかけても絶品です。大切な人やお世話になった人への贈りものはにはもちろん、自分用のおみやげ用にもぜひご購入ください!

5. だしがよく出る宗田節

「だしがよく出る宗田節」は、自宅でかんたんに美味しいダシ醤油が作れる優れもの。美味しい高知のカツオ節を、日常的に味わうことができます。お料理をされる方や、美味しいものが好きな方への気の利いたおみやげにぴったりです。

高級だしとして料亭や専門店でも使われている宗田節がご家庭で楽しめる、だしがよく出る宗田節。テレビや雑誌でもよく取り上げられているので、首都圏では品薄状態です。贈りものとして、自分へのおみやげとして。ぜひ宗田節のダシ醤油を試してみてください。

6. ごっくん馬路村

全国各地にファンのいる高知のご当地ジュース「ごっくん馬路村」。昭和62年の秋、柚子が豊作となった高知県馬路村で「自分の子どもに飲ませたいジュースを作ろう」と農協のおじさんによって開発されたのが始まりです。他に類を見ない美味しさのジュースとして、現在ごっくん馬路村の名前は全国に広まりました。

27年を超えるロングセラー商品のごっくん馬路村は、無農薬の柚子とハチミツだけで作られています。安心して飲めるおいしいジュースとして、お子さまのいるご家庭や健康に気をつかわれている方へのおみやげにもぴったりです。

7. ぽん酢しょうゆ ゆずの村

こちらも全国的に有名となった高知名物「ぽん酢しょうゆ ゆずの村」。メディアで取り上げられた影響で首都圏のスーパーでは在庫切れ続出の大人気ポン酢しょうゆですが、高知市内であれば安定して購入することができます。

まろやかなカツオダシと馬路村のゆずをかけ合わせた自慢のポン酢は、お鍋やお刺身はもちろん、餃子や冷奴にもマッチ。「このポン酢じゃないとダメ」と言う熱烈なファンも多い逸品です。贈りものに、おみやげにぜひ!

8. 土佐の赤かつお

続いてご紹介するのは「土佐の赤かつお」。ごはんの友日本一を決める、「めし友グランプリ」(TBSテレビ)で全国353品の中から第1位を獲得したこともある実力派です。ごはんだけでなくパスタにもぴったりな土佐の赤かつおは、幅広い世代の方に喜ばれるおみやげです。

高知の明治初年創業の魚屋さんが本気で作る土佐の赤かつおは、おいしいカツオの食べかたがとことん研究された奥深い味わいです。日本で一番カツオを食べる県・高知県自慢のごはんのお友を、大切な方へのおみやげにぜひお選びください。

9. かつおの塩たたきチップス

高知といえば、高知市の中心にある「ひろめ市場」でいただける「かつおのわら焼き」が有名です。わら焼きにした大きなかつおを塩とにんにくでいただく名物ご当地グルメが、「かつおの塩たたきチップス」として手軽に食べられるおみやげになりました!

かつおの塩たたきの再現度が高いため、「お子さまのおやつ」としていただくよりは「ビールのおとも」にするのがおすすめです。口当たりが軽くかつおの旨みが濃く出ているので、男性から特に人気をあつめるお菓子です。お世話になっている方への気の利いた贈りものとしていかがでしょうか。

10. 筏羊羹

高知名物として「土佐銘菓かんざし」や「土佐銘菓土佐日記」に並ぶ和菓子が「筏羊羹」です。一見すると単なる細長い羊羹のようですが、四万十川の美しい水でじっくりと炊き上げられた餡子をそのまま羊羹にしているんです。シンプルながらにとても美味しいため、特に上の年代の方に大変喜ばれるおみやげです。

「筏羊羹」(いかだようかん)という名前の通り、複数本セットで売られているのが特徴です。1本1本が小さく、小分けにして配れるので職場などへのおみやげにもぴったり。独自の製法で高知でしか作れない繊細な味わいを、ぜひおみやげとして持ち帰ってみてはいかがでしょうか。

オシャレで喜ばれる高知のお土産5選

1. じゅわっと半熟たまごカステラ

高知の特産として意外と知られていないのが、コラーゲンのたっぷり入ったコラーゲンネッカリッチ卵<炭たま>です。たまご本来の風味やコクに加えて、コラーゲンが豊富に含まれているのが特徴です。女性への贈りものにもぴったり!

そんな<炭たま>をふんだんに使用したのが「じゅわっと半熟たまごカステラ」です。高知のたまご屋さん「たまごファミリー」がこだわり抜いたたまごカステラは、見た目はもちろんのこと味もバツグンです。安心・安全な食材で作られています。どんな方にも喜ばれるおみやげです。

2. きびなごフィレ

高知の自慢の特産品「きびなごフィレ」は、その味わいがじわじわと全国的に人気を集めています。またなにより、地元の方から「お料理に加えると美味しい」と大人気の商品です。子持ちきびなごの獲れる時期限定の、特別なおみやげです。

「むらおこし特産品コンテスト」で審査員特別賞を受賞したこともあるきびなごフィレは、高知の新名物。高知の魚というとかつおを思い浮かべますが、そこは港町高知。まだまだたくさん美味しい魚が眠っています。きびなごフィレは、新しいものや美味しいものが好きな方へのおみやげに最適です。

3. 鰹のオリーブオイル漬け

「鰹のオリーブオイル漬け」は、お料理をする方への贈りものとしてとてもおすすめの一品です。身体にやさしく美味しく食卓を彩るオリーブオイルに高知の不動の名物鰹を合わせた、スタイリッシュで気の利いた一品です。

サラダにかけても、パスタにしても。トーストやサンドウィッチにもよく合います。もちろん、そのままおつまみとしても絶品。かつおを一番食べる県、高知県。そんな高知県で愛されている逸品は、おみやげや贈りものにぴったりです。

4. ジャージー乳のアイスブリュレ

おかずだけではなく、スウィーツにも隠れた高知名物があります。「ジャージー乳のアイスブリュレ」は、第3回ニッポン全国ご当地おやつランキングで1位を獲得したグランプリスウィーツ。本当においしいアイスブリュレです。

NHKの番組で「日本一しあわせなジャージー牛」と紹介された高知・土佐山田の「雪ヶ峰牧場」のジャージー牛。そのジャージー牛の牛乳をふんだんに使って作られるアイスブリュレは、高知のおみやげの定番になりつつあります。全国の甘いものが好きな方に、ぜひ届けて欲しい高知の新しい名産品です。

5. ポテトフレークサブレ

「さつま芋」は鹿児島・薩摩の名産品ですが、そこはやはり高知・土佐もしっかりと受け継いでいます。「ポテトフレークサブレ」は、地元の方に愛される名店「芋屋金次郎」のつくる美味しいお芋のおやつでとてもおすすめです。

主に芋屋金次郎の近くにお住いの方を中心に、じわじわと人気を拡大しているポテトフレークサブレ。素朴なのに後を引く味わいが特徴で、次世代の「芋けんぴ」になる可能性を秘めています。パッケージもとてもかわいいので、女性への贈りものとしてぴったりな高知新名物です。

地元の方のおすすめ高知のおみやげ5選!

1. 満点の星

ほうじ茶大福「満点の星」は、四万十川源流の町「津野町」で長く愛されてきた絶品和菓子。地元の方におすすめを聞くと「土佐日記」や「かんざし」よりも先に名前が上がる、知る人ぞ知る本当においしい高知おみやげです。

津野町名物のほうじ茶を使った満点の星は、やさしい甘さとホッとする香りが特徴。小さい子からお年寄りまで、老若男女問わず愛される逸品です。ちょっとしたお礼や贈りものに、上品なほうじ茶大福はいかがですか。本当に美味しいので、おすすめです。

2. 都まん

和菓子「都まん」は、高知っ子にはおなじみのお菓子です。白あんがたっぷり入った無添加の都まんの日持ちは7日間。焼きたてであればあるほど素材の味わいが感じられるので、高知旅行から帰ったら、すぐに食べることをおすすめします。

都まんの正式名称は「都まんじゅう」と言い、その昔福岡の和菓子メーカーが全国各地に拠点をつくり、東京都で最初に販売したのが由来と言われています。高知の美味しい卵やお水をつかった都まんとほかの地域の「都まんじゅう」を食べ比べてみるのも、楽しいかもしれません。

3. 八百蔵竹輪

この投稿をInstagramで見る

@nagi34がシェアした投稿

竹に巻かれた状態で売られている、隠れた名産「八百蔵竹輪」は、高知県民から美味しい竹輪としてずっと愛されてきました。竹輪が名産の地域は多いものの、八百蔵竹輪の特徴はなんといってもその太さ。通常の竹輪と比較すると全く違います。

竹から外したら、立派な太い竹輪が存在感ばつぐん。焼いたときの香ばしい香りがそそられます。そのまま食べても、お醤油をつけておつまみにしても、料理につかっても。万能でどんな方にも喜ばれる、鉄板のおみやげです。

4. ぼうしパン

日本全国にその地域で愛されている「ご当地パン」はありますが、高知の場合はそれが「ぼうしパン」。メロンパンの生地のまわりにカリカリのぼうしのつばがついた、見た目もとってもかわいいご当地パンとして人気です。

高知県全域で売られているぼうしパンは、メーカーやパン屋さんによってそのサイズや味もさまざま。お気に入りのぼうしパンを見つけたら、高知っ子になったつもりでぜひご家族や恋人、友人へおすすめしてあげてください!

5. リープル

栃木で言えば「レモン牛乳」、札幌で言えば「ソフトカツゲン」に代表される、ご当地乳飲料。高知ではひまわり乳業の「リープル」が古くからその立ち位置でずっと親しまれてきました。この懐かしい味わいに地元高知ではファンが多いです。

アイスにもなっているリープルは、素朴な甘さでハズレません。かつおや和菓子のように高知ならではといったご当地感や、目立つおいしさはないものの、どこかほっとする味わいです。高知のさりげない思い出として、リープルを自分へのおみやげにしてみるのもおすすめです。

高知にはおいしいおみやげがたくさんあります!

ここまで高知のおすすめおみやげを20選紹介してきました。カツオだけでなく、たくさんのご当地グルメがある高知県。坂本龍馬が生まれたこの地には、まだまだ知られていない魅力がたくさんあります。高知県へ観光しに来た際は、ひろめ市場などの観光名所などでカツオを食べていただきたいのはもちろんですが、おみやげにもぜひこだわってみてください!

【関連記事はこちら】
▷絶景とパワースポットがいっぱい!子連れの方も楽しめる高知の観光スポット20選
▷日本人なら一度は行かないと!全国の「踊る」夏祭り10選

特集

2020/07/01鎌倉で泊まるのに便利で人気のホテル・宿泊施設10選

2020/06/29愛犬と一緒に初めてのリゾートホテルステイ ──あてま高原リゾート ベルナティオ

おすすめ記事

人気記事