最終更新日時2019/09/10

出張など仕事で新横浜へ行く際、気軽に入れるおいしいラーメン店を知っていたら便利です。新横浜は遊ぶ場所やお買い物をする施設も多いので、ランチにラーメンもいいでしょう。新横浜にはラーメン・中華店が多数あります。デートやお買い物、また仕事で新横浜に行く時など、利用してみてはいかがでしょう。

新横浜でデートランチにおすすめのラーメン店9選

1. 支那そばや新横浜ラーメン博物館店

「支那そばや 新横浜ラーメン博物館店」は新横浜ラーメン博物館のB1Fにあります。レトロなお店の入り口には店名が書かれた赤い提灯。店内には木のテーブルと椅子が、昭和のイメージ。大きな梁や柱が印象的で、昔の住宅のような雰囲気が新横浜ラーメン博物館のイメージによく似あいます。

醤油らぁ麺はこのお店独自に掛け合わせている、山水地鶏を使ったコクのあるスープが特徴。国産小麦をオリジナルブレンドして作っている麺も小麦の香りが高く、しなやかでつるつると食べられます。三元豚を利用したチャーシューと長めのメンマ。スープによく合う鮭節ごはんと共に食べるのもおすすめ。

名称 支那そばや 新横浜ラーメン博物館店
住所 神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21新横浜ラーメン博物館B1F
営業時間 月~金 11:00~22:00(L.O.21:30)
土・日・祝 10:30 or 11:00~22:00 or 22:30 L.O.は閉館時間の30分前です。
サイト https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140206/14000084/

2. 揚州商人新横浜店

「揚州商人 新横浜店」は入口の色ガラスやレトロな雰囲気のある、木のドアが印象的なラーメン店。看板の下にぶら下がる電球タイプの照明も、お店の雰囲気とよく合っています。どこかの市場内にあるような内装の店内は、異国に来たようなイメージです。

スーラータンメンは酸味のあるスープに太目の麺がよくからみ、お腹にもどっしり来るラーメンです。酸っぱさと辛さのバランスがよく、辛いラーメンが好きな人におすすめ。麺は刀切麺、柳麺、揚州麺の3種類からチョイスできます。サイドメニューのチャーハンと一緒に食べるのもいいでしょう。

名称 揚州商人 新横浜店
住所 神奈川県横浜市港北区新横浜3-7-7 いちご新横浜アリーナ通りビル1F
営業時間 11:00~翌5:30(L.O.翌5:00)
サイト http://www.yousyusyonin.com/

3. 一風堂 キュービックプラザ新横浜店

「一風堂 キュービックプラザ新横浜店」は、新横浜駅から歩いて2、3分の場所にあるラーメン店。駅チカのお店なので、新横浜周辺で働くサラリーマンやOLさんも訪れます。RAMEN IPPUDOと書かれた看板と縦長のちょうちんが目印。カウンター席もテーブル席もあるので、カップルにも仲間とのランチにもおすすめ。

一風堂は赤丸、白丸のラーメンが基本ですが、初めて食べるなら白丸元味がおすすめ。ラーメンスープとよく合うハカタノチカラメシ(ごはんに温玉のせ)を合わせるのもいいでしょう。ネギ、きくらげの細切り、シャキシャキのもやし。豚骨がまろやかで麺ともごはんともよく合います。

名称 一風堂 キュービックプラザ新横浜店
住所 神奈川県 横浜市 港北区 篠原町2937
キュービックプラザ新横浜 ぐるめストリート
営業時間 10:30~22:30(L.O.22:00)
サイト https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140206/14066971/

4. 横濱ハイハイ樓新横浜店

「横濱ハイハイ樓 新横浜店」は駅チカのラーメン店。デートで新横浜駅を利用する方にもアクセスがよくおすすめのお店です。月曜日から土曜日まで翌2時までの営業なので、飲みデートの〆にもいいでしょう。お店の看板文字が昭和初期というイメージ。店内のカラフルな椅子がキュートです。

こちらのお店のおすすめは、ハイカラ麺にネギをトッピングしたネギカラ麺、お値段は750円です。濃厚タイプの豚骨スープがトッピングで増量したネギとよく合います。極細麺なので硬めでもするするといいのど越し。替え玉も80円とリーズナブルです。

名称 横濱ハイハイ樓 新横浜店
住所 神奈川県横浜市港北区新横浜2-3-11 第2徳永ビル 1F
営業時間 月~土 11:00~翌2:00(L.O.翌1:50)
日・祝 11:00~24:00(L.O.23:50)
定休日 無休
サイト https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140206/14003135/

5. 麺家千晃 新横浜店

「麺家千晃 新横浜店」はJR新横浜駅から歩いて3分、駅チカなので観光客の方にもおすすめのお店です。カウンターが6席、テーブル席が32席あります。店内は黒い壁に木のテーブルで、大人っぽいモダンな雰囲気です。カフェバーのような雰囲気を持っているお店なので、デートランチやディナーにもおすすめ。

麺家千晃 新横浜店では千晃特しびれまぜそば、880円がおすすめ。花椒が効いたまぜそばはピリピリとしびれる辛さが魅力です。温泉卵に分厚いチャーシュー、キャベツと具材もボリュームがあります。辛い物が好きな方は、一度食べてほしいメニューです。

名称 麺家千晃 新横浜店
住所 神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-24新横浜プリンス会館1F
営業時間 ランチ11:00~15:00(L.O.15:00)
ディナー17:00~23:00(L.O.22:30)
土日祝及びアリーナスタジアムイベント開催日は休憩時間無
サイト http://menyachiaki-shinyokohama.jp/index.html

6. つけ麺 鐵匠

「つけ麺 鐵匠」の店頭にはおすすめのメニューサンプルがあり、どんなメニューがあるのかわかります。新横浜駅から歩いて3分と近いため、駅を利用する人や観光客の方にも便利なお店です。店内は木のカウンターとテーブルが温かな印象。唐揚げや枝豆などのおつまみもあるので、飲んでからラーメンを食べるのもいいでしょう。

つけ麺鐵匠の濃厚魚介つけ麺は、2玉分の麺量があるボリュームある一品。別皿でチャーシューなどの具材が盛り付けられているスタイルで、お値段は780円です。魚介スープには豚ガラなども利用され、深くコクのある味。最後に割りスープでつけ汁を割り、最後の一滴まで楽しめます。

名称 つけ麺 鐵匠
住所 神奈川県横浜市港北区新横浜2-4-4 ウィズ新横浜 1F
営業時間 11:00~24:00(L.O.23:45)
定休日 無休
サイト https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140206/14037092/

7. 利尻らーめん味楽 新横浜ラーメン博物館店

「利尻らーめん味楽新横浜ラーメン博物館店」は、新横浜ラーメン博物館のB2Fにあります。お店は新横浜ラーメン博物館の雰囲気に合わせるように、昭和レトロな外観です。店内は木のカウンターに装飾、壁にも木材が利用されています。店内に長く立派な利尻昆布が飾られているのも、このお店の特徴でしょう。

こちらのお店は北海道の利尻町に本店があるお店。利尻昆布をふんだんに利用したスープが魅力です。焼き醤油ラーメン(900円)は利尻昆布の効いた優しいスープと醤油の香ばしさが人気。トッピングにとろろ昆布100円があるのも、このお店ならではです。

名称 利尻らーめん味楽 新横浜ラーメン博物館店
住所 神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21 新横浜ラーメン博物館 B2F
営業時間 月~金11:00~22:00(L.O.21:30)
土11:00~22:30(L.O.22:00)
日・祝10:30~22:00(L.O.21:30)
定休日 不定休(新横浜ラーメン博物館に準ずる)
サイト https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140206/14066708/

8. アスリート中華ダイニングYI-CHANG

「アスリート中華ダイニングYI-CHANG」は新横浜駅から、徒歩で10分ほどの所にあるお店です。緑の看板でハンバーガーや、コーヒーのマークが目立つためすぐわかります。中国料理でありながらも、フレンチな内装は女性も利用しやすい環境ですので、女子会やデートの時に利用してみてはいかがでしょうか。

アスリート中華ダイニングYI-CHANGのメニューは体を思う料理で、お店にはたくさんのトップアスリートが訪れます。血糖値に注意したメニューを用意したり、野菜は通しではなく湯通ししたり、食材、調理法に工夫を凝らした料理です。おすすめは正宗担々麺(汁なし 880円)。四川の花山椒を利用ししびれる辛さが人気です。

名称 アスリート中華ダイニングYI-CHANG
住所 神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-25 アポロ新横浜第二ビル2F
営業時間 ランチタイム 月~土 11:00~17:00
ディナータイム 月~金 17:00~23:00 土 17:00~22:00
サイト http://www.gisho.co.jp/

9. 龍上海 横浜店

「龍上海横浜店」は、新横浜ラーメン博物館にあるラーメン店です。店内は木を活かした造りが落ち着いた雰囲気。カウンターの上に赤場からみそラーメンという小さいのれんがかかっています。お店の入り口には博物館のレトロなイメージに合わせた、店名の入った看板。昭和の雰囲気が漂います。

唐辛子が入った味噌を溶かしながら食べる赤からみそラーメンに、麺が見えないほどチャーシューが覆う、辛みそチャーシュー麺がおすすめ。辛みそを溶かしたスープとチャーシューがよく合います。肉好き、辛いものが好きな人に人気のラーメンです。

名称 龍上海 横浜店
住所 神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21 B2F
営業時間 月~金 11:00~22:00(L.O.21:30)
土 11:00~22:30(L.O.22:00)
日祝 10:30~22:00(L.O.21:30)
定休日 無休。ただし新横浜ラーメン博物館休業日などでの休みあり。
サイト https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140206/14003644/

お一人様でのんびりしたい時におすすめの新横浜ラーメン店5選

1. 無垢ツヴァイテ

「無垢 ツヴァイテ」は国内だけではなくヨーロッパでも注目されるラーメン店。店内は木の温もりを感じながらもモダンな印象です。カウンター上に見える換気扇の箱部分に、おつまみなどのメニューが書かれているのもおしゃれ。店内のあちこちにヨーロッパの雑貨などが置かれています。

こちらのラーメンは、ドイツの食材を利用して作られています。おすすめは無垢ツヴァイテラーメン、1,200円。ザワークラウトとベーコンが利用されている珍しいラーメンです。酸味のあるザワークラウトがいいアクセントになったラーメンには、揚げた豚肉入り。麺はピザ用の小麦などが利用されています。

名称 無垢ツヴァイテ
住所 神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21 新横浜ラーメン博物館 B2F
営業時間 月~金11:00~22:00(L.O.21:30)
土11:00~22:30(L.O.22:00)
日祝10:30~22:00(L.O.21:30)日によって営業時間が変わります。新横浜ラーメン博物館にご確認ください。ラストオーダーは閉館時間の30分前です。
サイト https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140206/14054874/

2. 琉球新麺 通堂

「琉球新麺 通堂」は、新横浜ラーメン博物館B2Fにあります。お店の入り口には店名が書かれた真っ赤な看板。夜になると居酒屋に変わるので、店名が書かれたのれんの上にある看板には、居酒屋りょう次と書かれています。沖縄のビール、オリオンビールも楽しめるお店です。

琉球新麺通堂のおすすめラーメンは、通堂ラーメンおとこ味、900円です。背脂が浮かぶ白濁豚骨スープとストレート細麺がよく合います。チャーシューも柔らかく、口に入れると溶けるようです。もう少しパンチが欲しいという人は、黒焦がしニンニクが入った、おとこ味ブラック970円がいいでしょう。

名称 琉球新麺通堂
住所 神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21新横浜ラーメン博物館B2F
営業時間 月~金 11:00~15:00 17:00~22:00(L.O.21:30)
土 11:00~15:00 17:00~22:30(L.O.22:00)
日祝 10:30~15:00 17:00~22:00(L.O.21:30)
ラストオーダーは閉館の30分前です。営業時間は都合により、変更になる場合があります。
定休日 新横浜ラーメン博物館に準じる
サイト https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140206/14069947/

3. 舎鈴キュービックプラザ新横浜店

「舎鈴 キュービックプラザ新横浜店」は、金色の文字が入った立派な金の看板が目印です。入口に背をむけるようにカウンター席があるので、お一人様もさっと入りやすいでしょう。店内のお品書きも木札で、木材が多く利用されているお店の雰囲気ともよく合っています。

特製つけめんは880円から、麺の量を小盛から特盛まで選ぶことができます。麺は極太、もちもち食感があり食べ応えのある麺です。つけ汁はあっさり系、魚介と動物系のだしがしっかり効いています。チャーシューや味玉などがついて、かなりのボリューム。

名称 舎鈴 キュービックプラザ新横浜店
住所 神奈川県横浜市港北区篠原町2937 キュービックプラザ新横浜別館1階
営業時間 10:30〜23:00(L.O. 22:30)
サイト http://www.tsukemen-sharin.com/

4. RYUS NOODLE BAR

「RYUS NOODLE BAR」は、新横浜ラーメン博物館のB2F、博物館の昭和の街並みに合わせた外観です。のれんに店名、その上に麺や颯という看板があります。白い壁に厚みのある板を使ったカウンター。壁には写真が飾られていい雰囲気です。バンクーバーの永住権を持った店主が作る、日本+カナダの味が融合したラーメンが魅力。

RYUS NOODLE BARではRYUS鶏白湯ラーメン900円がおすすめです。カナダのトロントで開発し、日本に逆輸入する形になったこのラーメン。鶏と野菜のスープが特徴的なラーメンです。豚バラのチャーシューと低温調理の鶏チャーシュー、ゴマがスープに浮かびます。野菜のコクをしっかり感じる1品です。

名称 RYUS NOODLE BAR
住所 神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21 新横浜ラーメン博物館 B2F
営業時間 月~金・日 11:00~22:00
土 11:00~22:30
サイト https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140206/14073195/

5. 珍彩楼

「珍彩楼」はビルの1階、角地にあるラーメン店。赤い大きな看板が目立ちます。店内は角地という事もあり、自然光がしっかり入り、昼間は照明がいらないくらいです。2人掛けのテーブル席があるので、お一人様も安心。近隣はオフィスも多いため、サラリーマンやOLさんのランチタイムにもおすすめです。

ランチタイムに訪れるなら、ネギそば+半チャーハンがおすすめ。こちらは750円で杏仁豆腐などデザート付で、リーズナブルなセットです。中華料理店らしい、周囲が赤いチャーシューに細切りネギ。細めのストレート麺にあっさりタイプのスープと、レタスチャーハンがよく合います。

名称 珍彩楼
住所 神奈川県横浜市港北区新横浜3-16-14 三協ビル1F
営業時間 11:00~23:30(ランチメニューは15時まで)
サイト https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140206/14008439/

新横浜でおすすめの穴場ラーメン店4選

1. 壱鵠堂新横浜店

「壱鵠堂新横浜店」は、店名が書かれた大きな看板と、古い木戸の入り口が印象的。木戸のガラスにはおすすめメニューが貼られています。内装も古びたお店のような造りで、テーブルも古い木材が利用され、レトロな雰囲気です。飾り棚に作りつけられている店名の看板もお店の雰囲気に合っています。

こちらのお店は味噌ラーメンが専門のお店です。醤油ラーメンなどもありますが、おすすめは味噌ラーメン白 630円。お値段もリーズナブルです。もやし、ネギ、メンマに豚バラのチャーシューがトッピングされ、味噌ラーメンの中ではすっきりした味わい。

名称 壱鵠堂 新横浜店
住所 神奈川県横浜市港北区大豆戸町365-1 石井ビル 1F
営業時間 11:00~翌3:00
サイト https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140206/14009258/

2. こむらさき新横浜ラーメン博物館店

「こむらさき 新横浜ラーメン博物館店」は熊本ラーメンのお店。外観は新横浜ラーメン博物館のイメージに沿って昭和風です。赤く大きなのれんに店名が書かれています。入口の上には店名入りの大きな看板。店内の赤い壁の部分には黒文字で火の国熊本と書かれ、その横に熊本のポスターなどが貼られてます。

こむらさきは香ばしく揚げたニンニクチップが香る、王様ラーメン800円がおすすめ。食べやすい臭みのないとんこつスープに、ニンニクチップがパンチを与えます。博多ラーメンとの違いは「麺」です。こちらのラーメンは麺が持っちりした食感。ニンニクチップが入っていてもマイルド系で、食べやすいラーメンです。

名称 こむらさき新横浜ラーメン博物館店
住所 神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21 新横浜ラーメン博物館 B2F
営業時間 11:00~21:30(日・祝10:30~)ラストオーダーは閉館時間の30分前休館日年末年始
サイト https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140206/14000087/

3. 八ちゃんラーメン新横浜ラーメン博物館

「八ちゃんラーメン新横浜ラーメン博物館」の入り口には、博多とんこつと書かれた白い看板と、店名が書かれた大き目のちょうちん。清潔感のある白いのれんをくぐると、白木のカウンターと白いテーブルが目に入ります。壁も白木やごく薄いグレーが利用されているので、全体的にさわやかな空間です。

八ちゃんラーメン新横浜ラーメン博物館は、シンプルな「ラーメン750円」がおすすめ。博多とんこつの濃厚なスープは少しとろみがあります。トロッとしていますが臭みはなく、食べやすいとんこつです。卓上トッピングにニンニク、紅ショウガなどが置かれているので、味変を楽しめます。

名称 八ちゃんラーメン 新横浜ラーメン博物館
住所 神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21 新横浜ラーメン博物館 B1F
営業時間 平日 11:00~22:00(L.O.21:30)
土 11:00~22:30(L.O.22:00)
日祝 10:30~22:00(L.O.21:30)
サイト https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140206/14074442/

4. 自家製麺鍛錬場瀧ざわ

「自家製麺鍛錬場 瀧ざわ」の外観は、木の看板と自家製麺というのぼりがなければ、何かの販売所かな?と思ってしまう程です。お店の前にらーめんと書かれたのれん、そこから店内に入ると、お友達の家、親戚の家に来たような雰囲気。食器棚があったり、カウンターの椅子も種類が違うものがあったり、アットホームで温かなお店です。

自家製麺鍛錬場瀧ざわでは、吟醸味噌麺がおすすめ。黒っぽさがあるスープはコクがり、濃厚過ぎないところが魅力です。肉みそを溶かして食べると、スープの濃厚さが増していきます。サイドメニューの唐揚げを頼んでトッピングして食べればがっつり系。熱々揚げたての唐揚げとラーメンがよく合います。

名称 自家製麺鍛錬場 瀧ざわ
住所 神奈川県横浜市港北区北新横浜2-5-13
営業時間 月、火、木~日 11:30~14:00
木~日 8:00~21:00まで夜間営業
夜間営業は昼間とはメニューが違う場合有り
定休日 水曜
サイト https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140206/14074129/

新横浜で人気ラーメンの食べ歩きを楽しもう

新横浜のラーメン店も様々で、カップルデートに人気のお店、お一人様でも安心して入れるお店、一度は行ってほしい名店など色々です。ラーメン博物館などもあるので、ミニラーメンなど、少しずつ食べ比べしてもいいですし、新横浜の街の中でお目当てのラーメンをがっつり食べるのもおすすめ。豚骨や醤油、味噌、それに沖縄や熊本のご当地ラーメンを楽しめるお店もあるので、新横浜のラーメン店食べ歩きでお気に入り店を見つけてみてはいかがでしょう。

【関連記事はこちら】

▷横浜駅周辺でゆっくりできる、おすすめのおしゃれなカフェ18選
▷横浜で美味しいランチを食べるならここ!おすすめのランチ店20選
▷横浜でおすすめのパン食べ放題のお店11選をご紹介!

特集

2020/02/17泊まってよかった!Reluxが紹介する部屋自慢の宿5選

2020/02/14プール付きヴィラと美食を楽しむ “プライベートで贅沢”なファミリーステイ──ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ

人気記事