最終更新日時 2019/11/29

ゆったりとした朝食の時間は、旅の楽しみのひとつ。その楽しみを平日の朝にも体験してみませんか? ぜひ押さえておきたいのが、東京都内のホテルで味わえる絶品たち。特に、ブッフェなら自分のペースで好きなものを好きなだけ味わえるので、いつもより贅沢な朝を過ごすことができます。

少し早起きをしてホテルに寄り道。ひとりでのんびり過ごしたり、久しぶりに同僚とゆっくり語り合ったり――。適度にフランクで心地よい雰囲気のなかで「朝食ミーティング」をすれば、より良いビジネスのチャンスに繋がるかもしれません。

いつもの朝をとっても贅沢にしてくれる朝食ブッフェを味わえる、都内の高級ホテルを紹介します。

シェラトン都ホテル/『四川』

出典:Relux|シェラトン都ホテル東京

「心に安らぎを与えてくれる場所」。そんな言葉がぴったりな閑静で洗練された大人の街・白金台に佇むのが、シェラトン都ホテル東京です。この豊かな緑に恵まれた都会のオアシスでは、日本庭園を望むスタイリッシュなレストラン「四川」にて、バラエティに富んだ朝食をご用意しています。

出典:Relux|シェラトン都ホテル東京

和・洋・中の数々や、さわやかな朝にぴったりなフルーツ類など、どなたにもご満足いただける品揃え。オススメはお粥(かゆ)です。お好みの具材を入れて、オリジナルの味を作り出してみてください。

宿泊施設名 シェラトン都ホテル
レストラン 四川
アクセス 地下鉄南北線・三田線白金台駅・白金高輪駅より徒歩約5分 。山手線目黒駅から車で約5分。品川駅よりタクシー利用約7分
時間・料金 6:30~10:00 (洋食ブッフェ)
2,970円(税・サービス料込み)

銀座グランドホテル/『NORTHERN TERRACE DINER TOKYO』

kamayangさん(@kamayang)が投稿した写真

銀座グランドホテルのブレックファーストは、おいしさを手作りする朝ごはん。いろいろな和洋食の食材を組み合わせて、お好きなトッピングで、ご自由にアレンジしていただけます。お料理は、レストラン内の地図が作られるほど充実した品揃え。銀座の地で、贅沢で優雅な朝を過ごしませんか。

宿泊施設名 銀座グランドホテル
レストラン NORTHERN TERRACE DINER TOKYO
アクセス JR 新橋駅・銀座口より徒歩約3分。地下鉄・銀座線新橋駅 出口3番より徒歩約1分。新交通システム・ゆりかもめ新橋駅より徒歩約5分。
時間・料金 7:00〜10:00
2,160円~(税・サービス料込み)

ホテルニューオータニ/『SATSUKI』

赤坂見附駅や永田町駅などの駅から、徒歩約3分のところに位置するホテルニューオータニのレストラン「SATSUKI」。ここでは、“健康”と“発酵”をテーマに、シェフの情熱から用意されたあわせて約180種類もメニューが揃うブッフェを味わえます。その名も、「新・最強の朝食」!

SA朝食元卓1出典:Relux|ホテルニューオータニ ザ・メイン

美と健康を助ける、こだわりの食材やスーパーフードがいただけます。「ピエール・エルメ・パリ」のヴィエノワズリーやヨーグルト、無農薬のピタヤのシャーベットは種類を楽しめるよう小さめのサイズで。シェフが目の前で調理するふわふわの玄米卵のオムレツ、専用の畑で収穫される無農薬サラダ、スーパーフードでカスタマイズできる「ヨーグルトバー」など、思わず迷ってしまいそうな充実のメニューをお楽しみください。

宿泊施設名 ホテルニューオータニ
レストラン SATSUKI
アクセス 赤坂見附駅・永田町駅より徒歩3分、麹町駅より徒歩6分、四ツ谷駅より徒歩8分
時間・料金 7:00~10:00
「新・最強の朝食」5,000円(税・サービス料別)

パレスホテル/『グランドキッチン』

大手町駅直結の便利な立地が魅力のパレスホテル。そのロビーフロアにある、開放的なメインダイニングが「グランドキッチン」です。オープンキッチンから活気あふれる調理のライブ感が伝わってきます。テラス席では緑を眺めながらゆったりと過ごせます。

azumi0130さん(@azumi0130)が投稿した写真

ハード系からデニッシュまで豊富にそろったパンは釜で温めなおしてくれるので、ふんわりと温かいままで味わえます。数種類のジャムやバターが用意されるほか、ホイップクリームがあるのも嬉しいですね。エッグステーションでは、オムレツやポーチドエッグなど好きな卵料理をその場で調理。「パレス・モーニング」では、通常のブッフェメニューのほかにエッグベネディクトやポトフ―などのスペシャルメニューも注文できます。

宿泊施設名 パレスホテル東京
レストラン グランドキッチン
アクセス 大手町駅地下直結、東京駅より徒歩8分
時間・料金 6:00~10:30
「グランドキッチン・ブレックファスト」3,600円
「パレス・モーニング」4,800円(税込/サービス料別)

パークハイアット東京/『ジランドール』

パークハイアット ジランドール出典:Jun Seita

天井までの高い壁に埋め尽くされた、モノクロームの写真が印象的なダイニング。窓から新宿の高層ビル街を一望できる、パークハイアット東京のレストランが「ジランドール」です。

焼き立てのパンは各自トーストできるバケットからブルーベリーパイと言ったスイーツまで多彩。卵料理はオーダー方式で、出来たてが席まで運ばれてきます。木製の台に仕込んだハニーコームからとる新鮮なハチミツは、パンにつけるだけでなく、ヨーグルトやシリアルと一緒に楽しみたい一品。紅茶が5種類も用意されているところも、心憎いサービスです。

宿泊施設名 パークハイアット東京
レストラン ジランドール
アクセス 新宿駅より徒歩12分
時間・料金 6:30~10:30
「ジランドールブレックファストブッフェ」4,200円(税・サービス料別)

コンラッド東京/『セリーズ』

コンラッド東京出典:SPIRA編集部

汐留駅直結の立地が便利なコンラッド東京。大きな窓から汐留の街を見渡しながら朝食を頂けるのが、高層階にあるレストラン「セリーズ」です。レストランに入ると、まず右手にはパンのコーナー。バケットからデニッシュまで、お好みでどうぞ。

コンラッド東京出典:hirotomo t

風景を眺めながら頂けるのはもちろん、和洋中、そして食事からデザートまでたっぷり揃っているのも魅力です。何度も訪れて、すべてのメニューを味わってみたいですよね。汐留駅直結で新橋駅からも徒歩7分ほどとアクセスも良いので、平日の朝にはぴったりです。

宿泊施設名 コンラッド東京
レストラン セリーズ
アクセス 汐留駅直結、新橋駅より徒歩7分
時間・料金 平日6:30~10:30/土日祝7:00〜11:00
「コンラッド・ブッフェブレックファースト」2,600円(税・サービス料別)

シャングリ・ラ ホテル東京/『ピャチェーレ』

シャングリラ東京出典:Relux|シャングリ・ラ ホテル東京

イタリアのダイニングサロンをモダンに表現した、ラグジュアリーな雰囲気のダイニングサロン「ピャチェーレ」。シャングリ・ラ ホテルの朝食からスタートしたなら、素晴らしい1日になるはず。地産地消の旬の新鮮な素材を取り入れた朝食を展開しているのが、このレストランの特徴です。

オムレツは卵を3個も使い、スモークサーモンなどの具材をオーダーすることもできます。エッグベネディクトは黒トリュフ入り・オマール海老入りなど6種類、パンケーキも5種類あり、オーダーするのに迷ってしまいそうです。朝日を浴びながらフレッシュフルーツを楽しめるのも贅沢ですね。

宿泊施設名 シャングリ・ラ ホテル東京
レストラン ピャチェーレ
アクセス 東京駅より徒歩1分、大手町駅より徒歩2分、日本橋駅より徒歩3分
時間・料金 平日6:30~10:00/土日祝6:30〜10:30
「ファームフレッシュ」3,900円(税・サービス料別)

ザ・リッツ・カールトン東京/『タワーズ』

レストランは45階に位置し、大きな窓からは東京タワーとスカイツリーを一望できます。ブッフェテーブルにずらりと並んだ料理は約60種類。「シェフズエッグステーション」では、エッグベネディクトなどの卵料理をオーダーできます。

四川出典:Relux|リッツカールトン東京

ぜひ味わいたいのはザ・リッツ・カールトン東京のプライベートヨーグルト。ホルスタイン種の生乳を100%使用し、複数の乳酸菌で低温発酵させたこだわりの逸品です。他にも、ジャムは英国王室御用達のウィルキン&サンズのものが8種類用意されています。

ザ・リッツ・カールトン東京 ザ・リッツ・カールトン東京
レストラン タワーズ
アクセス 六本木駅地下直結、乃木坂駅より徒歩3分
時間・料金 平日6:30~10:30/土日祝6:30〜10:00
「”タワーズ”ブッフェ」3,900円(税・サービス料別)

帝国ホテル/『インペリアルバイキング サール』

「バイキング」という食のスタイルを日本で誕生させたのが、ここ帝国ホテルのインペリアルバイキングです。現在のメニューでは「ブフェ」と呼ぶのが特徴。広々としたオープンキッチンではシェフが料理を仕上げるのを見ることが出来ます。
ベルギーワッフルやパンケーキも目の前で調理。出来立てアツアツが食べられるのが嬉しいですね。伝統的な和朝食のメニューも充実しています。

宿泊施設名 帝国ホテル
レストラン インペリアルバイキング サール
アクセス 日比谷駅・内幸町駅より徒歩3分、銀座駅より徒歩5分
時間・料金 7:00~9:30LO
「朝食ブフェ」3,800円(税込・サービス料別)

マンダリンオリエンタル東京/『ケシキ』

マンダリンオリエンタル出典:Norio NAKAYAMA

マンダリンオリエンタル東京の最上階・39階に位置する「ケシキ」。店内からは丸の内のオフィス街や皇居の森、晴れた日には箱根から秩父へと続く山並みまで見ることが出来ます。

朝食ブッフェは種類の多さが特徴。グルテンフリーのものまでそろえたパンや4種類ものベーコン、お粥や温野菜のサラダなどがスタイリッシュな大理石のカウンターにずらりと並びます。点心やチャイニーズヌードルも用意してあるところにホテルのオリジナリティを感じます。

宿泊施設名 マンダリンオリエンタル東京
レストラン ケシキ
アクセス 三越前駅直結、日本橋駅より徒歩7分
時間・料金 6:30~10:30LO
「エナジーブレックファースト」3,800円(税・サービス料別)

忙しい毎日に、素敵な朝を。

忙しい毎日が続くと、ゆっくりと朝食を味わうことは少ないかもしれません。だからこそ、朝をとっても贅沢に過ごせる都内の高級ホテルの朝食ブッフェで、素晴らしい1日のスタートを切ってみませんか?

TOP画像出典:Norio NAKAYAMA

特集

2019/11/29【宿泊体験】ドーミーインの和風プレミアムブランド – 天然温泉 凌雲の湯 御宿 野乃 浅草 –

2019/09/27大人を楽しむふたりのためのシークレットステイ。 ──グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾート

人気記事